ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Bordesley Junction - Wikipedia
ボーデスリー・ジャンクション
(Bordesley Junction)

ボーデスリー・ジャンクションはグランド・ユニオン運河が英国バーミンガムのボーデスリーの近くで分岐する箇所にある 運河のジャンクションである。 このジャンクションは 1844 年に開通し、 この時、バーミンガム・ウォリック・ジャンクション運河がファーマーズ・ブリッジ連続水門の渋滞を迂回する計画の 一部として建設された。

キャンプ・ヒル連続水門を通過してウォリック
に至る本線はまっすぐ正面である。サルフォード・
ジャンクションへの迂回路は曳舟道の橋の下で曲がる。
ボーデスリー・ジャンクション周辺の概念図
  1. 歴史
  2. 位置
歴史

グランド・ユニオン運河は 1929 年に運河会社 8 社の合併によって形成された。 ボーデスリーを通るルートは、元々ウォリック・バーミンガム運河が建設し、 (それ以前に) ウォリック・バーミンガム運河はジャンクションのすぐ北西にある バーミンガム運河水路網の ディグベス支線と接続していた。 ウォリック・バーミンガム運河は 1793 年の議会法で認可され、1799 年の 12 月 19 日に公的に開通した。 これはウォリック・ナプトン運河と同様で、ウォリック・ナプトン運河はウォリック・バーミンガム運河の 南端とオクスフォード運河の接続を提供した。 これらの運河は開通時には完全ではなかったかもしれない。というのは最初の本当の輸送が 1800 年の 3 月 19 日に 実施されているからである。ディグベス支線は、1768 年のバーミンガム運河議会法に含まれる権利を使用して、 1799 年に建設された。

訳注
当初は次のように順に接続していた。
  1. バーミンガム運河水路網本線
  2. バーミンガム・ファゼリー運河 (バーミンガム運河水路網の一部)
  3. ディグベス支線 (バーミンガム・ファゼリー運河の一部)
  4. ウォリック・バーミンガム運河 (現在はグランド・ユニオン運河の一部)
  5. ウォリック・ナプトン運河 (現在はグランド・ユニオン運河の一部)
  6. オクスフォード運河

ファーマーズ・ブリッジ連続水門の渋滞は 1793 年以来の問題で、 ウォリック・バーミンガム運河の開通により度を増した。 ウォリック・バーミンガム運河はバーミンガムの複数の運河とロンドンへのルートの主要な接続を提供していたのである。 1829 年に完成したバーミンガム運河の本線の改良と、 北西からバーミンガム運河網に交通を引き入れるバーミンガム・リバプール・ジャンクション運河 【訳注:現在はシュロップシャー・ユニオン運河の一部】の 1835 年の完成により、 渋滞の緩和は緊急を要することになり、1839 年に議会法が獲得され、テイム・バレー運河 (の建設) が認可された。 同時に、1830 年に提案されていたサルフォード・ジャンクションからキャンプ・ヒル連続水門に至る運河のアイデアが 復活した。 テイム・バレー運河は 1840 年に第二の議会法を獲得し、 バーミンガム・ウォリック・ジャンクション運河も同じ日に議会法を獲得した。 6 基の水門 (これには停止水門が含まれる) がサルフォード・ジャンクションとボーデスリーにおける 新しいジャンクションの間に建設され、 運河とジャンクションは 1844 年の 2 月 14 日に開通し、テイム・バレー運河も同様であった。

訳注
テイム・バレー運河とバーミンガム・ウォリック・ジャンクション運河はバーミンガム運河水路網の 本線を迂回するルートで、これによりファーマーズ・ブリッジ連続水門の渋滞が回避できた。
位置

(ジャンクションの) 南方向への支線はロンドンに至るグランド・ユニオン運河の本線である。 この運河はキャンプ・ヒル 6 層連続水門を通って、長さが10.4 マイル (16.7 km) の頂上区間に到達し、 頂上区間はノウル (Knowle) 8 層連続水門で終了する。 キャンプ・ヒルの水門とは違い、ノウルの水門は幅が広く、1930 年代に 14 フィート (4.3 m) のハシケ を収容するために拡張され、ハシケは 70 トンを輸送することができた。 (ジャンクションの) 北東方向への支線は元々はバーミンガム・ウォリック・ジャンクション運河で、 北東に進み、次に北西に進んでサルフォード・ジャンクションに至っている。 この支線は 5 基のギャリソン連続水門 (Garrison Locks) を下り、長さが 2.6 マイル (4.2 km) である。 (ジャンクションの) 北西方向への短い支線はウォリック・バー停止水門に至り、 この停止水門はディグベス (あるいはプルーフ・ハウス) ジャンクションに近く、 (さらに進めば) バーミンガム運河水路網のディグベス支線運河に至り、 バーミンガムの主要な波止場であるガスストリート・ベイスンに至り、 更に進めば、ウスター・バーミンガム運河を経由してセバーン川に至る。