ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Gas Street Basin - Wikipedia

ガスストリート・ベイスンの Google map (衛星写真)。中央にウスター・バーが見える。 ウスター・バーの上の方が BCN 本線で、下の方がウスター・バーミンガム運河です。 地図には英文表記で Birmingham Canal Old Line (旧バーミンガム運河) と書かれており、 現在は「バーミンガム運河」と呼ばれる運河はありません。


大きな地図で見る
ガスストリート・ベイスン(Gas Street Basin)

ガスストリート・ベイスンはバーミンガムの中心地の運河のベイスン (船溜まり) である。 ここでウスター・バーミンガム運河BCN 本線 (BCN = Birmingham Canal Navigations = バーミンガム運河水路網) と接続する。 これは、ガスストリートのそばにあり、ブロード・ストリートから離れ、 メールボックス (the Mailbox) とブリンドリープレース (Brindleyplace) の 運河沿い開発地の中間にある。

     
ガスストリート・ベイスンで BCN が開始。
ウスター・バーの橋から北西の
ブリンドリープレースを見る。
オールド・ターン・ジャンクションは
ブロード・ストリートの短いトンネルを
越えた所。
ウスター・バー、北東を見る。 ガスストリート・ベイスンで
ウスター・バーミンガム運河が開始。
ウスター・バーの橋から南東の
メールボックスを見る。
  1. 歴史
  2. ギャラリー
歴史

バーミンガム運河は 1773 年に完成し、ブリッジ・ストリートの向こうにある オールド・ワーフで終了していた。 ウスター・バーミンガム会社が後にガスストリート・ベイスンとして知られる場所で 運河の建設を開始したときに、 BCN (バーミンガム運河水路網会社) はウスター・バーミンガム運河に水が流出することを 防止するために物理的な障壁を作ることを主張した。 (その結果) ウスター・バー -- 幅が 7 フィート 3 インチで長さが 84 ヤードの直線状の障壁 -- が 2 つの運河の流れに直行するように建設された。 荷物は (ウスター・バーの) 両側の船の間を骨を折って手作業で積みかえる必要があった。

ウスター・バーミンガム運河は 1795 年 10 月 30 日にバーミンガムとセリー・オーク の間が開通した。しかしウスターまで完成したのは 1815 年であった。 この時、製鉄業者や炭鉱業者がウスター・バーミンガム運河会社と共に多大な運動をした結果、 ウスター・バーを開放するための議会法が通過し、ウスター・バーに水門が建設された。 ウスター・バーの両側に料金所があって、どちらの会社も運河を利用するボートから料金を徴収した。 ウスター・バーは今でも存在し、この両側にボートが係留している。 ウスター・バーはガス・ストリートと歩道橋で接続し、この歩道橋は 19 世紀の ホースリー鉄工場のデザインに建設しなおされている。

1990 年代にベイスンの周りの地域は再開発され、古い建物は改装されている。

ガスストリートからの坂道と壁、「タップ & スパイル・パブ」 (Tap and Spile Pub)、そして近辺の建物は、 グレード II の指定建造物に指定されている。 これはブロード・ストリート・トンネルの上に建設されている「マーティン & チェンバレン (Martin & Chamberlain) の建物」と 同様である。

1973 年に、ベイスンはクリフ・リチャード (Cliff Richard) の映画テーク・ミー・ハイ (Take Me High) の中で 顕著な呼び物となった。 ベイスンの運河のそばの小屋は、長期間続いたソープ・オペラ Crossroads (クロスロード、岐路) の登場人物の家となった。

ギャラリー
  
ガスストリートからの
ステップと壁。
グレード II の指定建造物
ウスター・バーの 停止水門
(ゲートは取り除かれている)