ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Shropshire Union Canal - Wikipedia

以下の文章を読む時に 運河の地図シュロップシャー運河の地図を参考にすると読みやすくなります。 但し、ブラウザーが FireFox でないと地図のスクロールがスムースでない。

シュロップシャー・ユニオン運河
(Shropshire Union Canal)

シュロップシャー・ユニオン運河はイングランドの航行可能な運河である; ランゴレン運河モンゴメリー運河は シュロップシャー・ユニオン運河 (以下 SU と略記) の現在の支線の名前であり、 部分的にウェールズに属している。


シュロップシャー・ユニオン運河
ノーベリー・ジャンクションの近く

この運河は イングランドの北西ミッドランズの スタッフォードシャー (Staffordshire)、シュロップシャー (Shropshire) そしてチェシャー (Cheshire) の各州に属している。 この運河はウォルヴァーハンプトン (Volverhampton) でウエスト・ミッドランズ州の運河システムと接続し、 エレスメア・ポートでマージー川とマンチェスター船舶運河と接続し、 これらの接続点間の距離は 66 マイル (106 km) である。

SU 本線はマージー川沿いのエレスメア・ポートから南東に進み、 ウォルヴァーハンプトンにあるオーサーリー・ジャンクションで、 スタッフォードシャー・ウスターシャー運河 (Staffordshire and Worcestershire Canal) に至っている。 他にはランゴレン運河への接続 (ハーレストン (Hurleston) ジャンクション) と ミドルウィック (Middlewich) 支線への接続 (バーブリッジ (Barbridge) ジャンクション) があり、 ミドルウィック支線自身はワ―ドル (Wardle) 運河を経由して、 トレント・マージー運河と接続し、 更に SU 本線はチェスターでディー (Dee) 川と接続している。 SU は (ミドルウィック支線と スタッフォードシャー・ウスターシャー運河を経由して) トレント・マージー運河と 2 箇所で接続しているため、 SU は重要な休日の循環ルート -- 4 州循環ルート (Four Counties Ring) の一部となっている。

訳注
ワードル運河は長さ 47 m の非常に短い運河 (英国で最も短い運河) で、 トレント・マージー運河とシュロップシャー・ユニオン運河の接続を与えている。 通常、運河の接続部には 停止水門があるが、ここでは運河の水位がかなり違っているようで、 そのため本格的な水門 (ワードル水門) が建設されている。 ワードル運河はこの水門を建設するためのものと思われる。 水門を建設したのはトレント・マージー運河で接続を自社の管理に置くため。

SU 本線はイングランドで建設された最後のナロウ幹線運河である。 これは 1835 年に至るまで完成されることがなく、 トーマス・テルフォードの土木工学の最後の重要な偉業である。

「シュロップシャー・ユニオン」の名前は 色々な会社 (エレスメア運河バーミンガム・リバプール・ジャンクション運河モンゴメリー運河) の合併に由来し、これにより「シュロップシャー・ユニオン鉄道・運河会社」が設立された。 ナントウィッチ (Nantwich) とオーサーリー・ジャンクションの間はほとんど鉄道として建設されることになっていたが、 間もなく水路として建設されることが決定された。

  1. ルート
  2. ギャラリー
  3. 「シュロップシャー・ユニオン」会社の設立
  4. 復元
ルート
ウィラル・ルート

運河はマージー川沿いのエレスメア・ポートから出発し、ウィラル半島を横断してチェスター に到達する。 この区間は、1797 年に完成し、 元々は未完成のエレスメア運河の一部であった。 この産業水路は マージー川沿いのリバプール港とセヴァーン川沿いのシュルーズベリー を、北東ウェールズの炭田を経由して接続することを目的としていた。 しかしながら、ネザープール (Netherpool) とチェスター間の地形に沿った 運河の完成後わずか 8 年で、 提案された計画は非経済的なものとなった。 これにより、チェスターから レクサム (Wrexham) の近くの トレバー (Trevor) ベイスンまでの 計画された 25 km (16 マイル) の本線は決して建設されることがなかった 【訳注:トレバー・ベイスンは現在はランゴレン支線のベイスン】。 この代わりに、北のウィラル区間は既存のチェスター運河に接続され、 まもなくシュロップシャー・ユニオン運河の一部となった。 エレスメア運河は意図されたように完成しなかったが、 エレスメア運河の中心部は建設された。 これらの区間は現在では水路の一部 -- ランゴレン運河、 モンゴメリー運河 -- となっている。 ランゴレン運河モンゴメリー運河のどちらも実際にはシュロップシャー運河の支線であるが。 レジャー目的には分離した運河と見なされている。

訳注
エレスメア・ポートの町は運河の建設でできた町。 運河は当初ネザープール村とチェスターを結んでいた。
チェスター運河

チェスターではディー川につながる小支線のトップから、 SU は 1772 年に建設された昔のチェスター運河を追い、 チェスターとナントウィッチを接続する。 運河はチェスター市の壁に沿い、 深い垂直な赤い砂岩の掘割を進む。 チェスター以後、ほとんど平坦なチェスター平原を横切る時には、 わずかな数の水門しかなく ビーストン城 (Beeston Castle) を通過し、 バーブリッジとハーレストンのジャンクションを通過し、 ナントウィッチのベイスンに到着する。ここが元々の運河の終点である。

この区間の 2 つのジャンクションはイングランド/ウェールズの接続された運河網において、 極めて重要な接続である。

バーミンガム・リバプール・ジャンクション運河

ナントウィッチ・ベイスンと SU の次の区間のなす奇妙な角度が示すことは、 南方への進路がより新しい (ナロウ) 運河で、元々、バーミンガム・リバプール (ナロウ) 運河として建設されたことであり、 これはチェスター運河の終点からスタッフォード・ウスターシャー運河の ウォルヴァ―ハンプトンの近くのオーサーリー・ジャンクションに建設されたのである。 重要な失われたリンクがノーベリー (Norbury) ジャンクションで見ることができ、 ここで支線 (1841 年) が南西に進み、ニューポート (Newport) を通って、 ワッペンズホール (Wappenshall) ジャンクションでシュルーズベリー運河と接続していた。

ナントウィッチを過ぎると、長く大々的な盛土が水道橋を組み込み、 運河を主要な ナントウィッチ・チェスター道路 (A534) の上を渡している。 運河は次にオードレム (Audlem) の 15 層の連続水門によってチェシャー平原から上昇しなければならない。 運河はシュロップシャーのマーケット・ドレイトン (Market Drayton) の町の東の郊外を通り抜ける。 より南にはスタッフォードシャーの村であるナイトン (Knighton) を通る随分長い盛土がある。 ノーベリー・ジャンクションの南には水道橋があり、 次の場所には深い掘割がある: ウッドシーブス (Woodseaves) の近くのロイントン (Loynton) (以上はスタッフォードシャー)、グラブ・ストリート (Grub Street) そしてウッドシーブス (Woodseaves) (以上はシュロップシャー)。

次に運河は注目に値する 1 マイルの長さのとても高い「シェルモア盛土」(Shelmore Embankment) を通る。 建設時に何度も土砂が滑り落ちたため、ここが バーミンガム・リバプール・ジャンクション運河の最後の開通場所である。 長い盛土の両端には、運河がここで決壊した場合に備え、 水の損失を防ぐための洪水ゲートを備えている。 第二次世界大戦中には、 この水門は夜間には閉鎖された。爆弾による被害の危険があったためである。

グノソール (Gnosall) では、 運河は 81 ヤード (74 m) のカウリー (Cowley) トンネルに入る。 元々トンネルは 690 ヤード (630 m) の長さにするつもりであったが、 岩だらけの最初の 81 ヤード (74 m) を過ぎると、地盤が不安定となり、 残りは切り開いて、現在の細くて傾斜のきつい「カウリーの掘割」(Cowley Cutting) となった。

ウィートン・アストン (Wheaton Aston) で運河は最後の水門を上昇して、 頂上区間になる。頂上区間は ブルウッド (Brewood, 'Brood' と発音する) のすぐ北にある ベルバイド (Belvide) 貯水池により給水されている。 貯水池の北で、運河はワットリング・ストリート (Watling Street) (A5 道路) をストレットン (Stretton) 水道橋によって 越えている。

訳注
上の文章を読めば、ブルウッド (Brewood) を ブルード (Brood) と読むほうが正しいことがわかります。 但し、英語のカナ表記は言語の発音を正確に表示していない場合の方が多いので、 あまり違わないと考えて差し支えないと思います。「ウッ」をアクセントを付けずに英語式に発音すれば「ウー」と 聞こえます。ちなみに「ブルウッド」のカナ表記はグーグルマップの表記です。

SU はスタッフォードシャー・ウスター運河のオーサーリー・ジャンクションで終了する。 ジャンクションのすぐ手前には非常に落差の小さな停止水門があり、 既存のスタッフォードシャー・ウスターシャー運河から、新規の競合相手に水が流れることを防いでいる。 異常なことに、バーミンガム・リバプール・ジャンクション運河の頂上区間は 古い運河よりも数インチ低くなるようにデザインされており、 水門が (空 --> 満 --> 空 の) 状態を一周するごとに、新しい運河がわずかに水を得ることになる。 (これは新しい運河が古い運河に接続する時に運河会社によって実践されていることの逆である。)

これ以後の接続

スタッフォードシャー・ウスターシャー運河の接続により、 更に進むには以下の選択がある。

訳注:ポッタリーズの説明
Staffordshire Potteriesからの引用: スタッフォードシャー・ポッタリーズ (スタッフォードシャー製陶地帯) は 6 つの町 (タンストール (Tunstall), バーズレム (Burslem), ハンリー (Hanley), ストーク (Stoke)、 フェントン (Fenton), ロングトン (Longton)) を包含する産業地帯の一般的用語で、現在はスタッフォードシャーのストーク・オン・トレント を構成している。ポッタリーズは現在ではストーク・オン・トレントと同じ意味である。
ギャラリー
ビーストンの近くの
チェスター運河
A5 道路の上の水道橋 マーケット・ドレイトンの
ベットン工場 (Betton Mill)
シュロップシャー・ユニオン運河
良く知られた橋
最も小さな電柱
訳注
  1. A5 道路を越える水道橋とはストレットン水道橋のことです。 ( Stretton Aqueduct - Wikipediaを参照)
  2. ベットン工場は次のグーグルのストリート・ビューでも見ることができます。
    Google map: ベットン工場 (手前右手にベイスン (舟溜まり) が見える。)
  3. 「良く知られた橋」はどこの場所か気になりますが、ロイントン (Loynton) にあり、 上の道路は A519 です。 Loynton - Wikipedia の記述から気が付きました。
    Google map: 橋の写真 (誰かがアップした写真です。地図が表示され、そのまま待っていると写真が表示される。)
    この写真から、ロイントンでは運河が深い掘割を通っていることが確認できます。
「シュロップシャー・ユニオン」会社の設立

「シュロップシャー・ユニオン鉄道・運河会社」は 1846 に設立された。 エレスメア運河チェスター運河は 1813 年に合併し、 エレスメア・チェスター会社がバーミンガム・リバプール・ジャンクション運河を吸収することは 1845 年に通過した議会法で認可された。 1846 年に通過した別の議会法により、 会社の名称を「シュロップシャー・ユニオン鉄道・運河会社」に変更し、 シュルーズベリー運河と東シュロップシャー・ネットワーク (現在の言葉ではテルフォード市とその南のセヴァーン川沿いのコールポートをつなぐネットワーク) の複数の運河を獲得する認可を得た。 しかし (1847 年に)、後者をロンドン&ノース・ウェスタン鉄道 (London and North Western Railway Company) が 買収し、シュルーズベリー運河とノーベリー・ジャンクションからの支線を放置して衰退させた。

復元

シュロップシャー・ユニオン運河の使用と復元における興味を奨励するために、 シュロップシャー・ユニオン運河協会が設立された。 現在、主な復元活動はモンゴメリー運河であり、 徐々にウェールズの方に復元されている。

チェスターにおける運河はチェスター・カナル・ヘリテッジ・トラストにより奨励されている。