ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Frankton Junction - Wikipedia
フランクトン・ジャンクション
(Frankton Junction)

フランクトン・ジャンクション ( Google map) は運河ジャンクションの名称で、イングランド、シュロップシャー州ロウアー・フランクトン (Lower Frankton) で、 モンゴメリー運河が終了し、ランゴレン運河に合流する場所である。

ハーレストン・ジャンクションへのルートは
橋を通り抜ける。ランゴレンへは左を行き、
モンゴメリー運河は右へ行く。
  1. 歴史
  2. 位置
歴史

ランゴレン運河は 元々エルズミア運河の一部分であった運河の現代の名前である。 エルズミア運河の建設は 1793 年に獲得された議会法により認可された。 1796 年までに、会社は運河の 2 つの区間を開通させ、 1 つはチェスター (Chester) からエルズミア港 (Ellesmere Port) に至るもので、これは商的にとても成功したもので、 もう一つはスランアマネフ支線 (Llanymynech Branch) で、 これはハーレストン・ジャンクション (Hurleston Junktion) でチェスター運河 (Chester Canal) を離れ、 ウィットチャーチ (Whitchurch)、 エルズミア (Ellesmere)、 そしてフランクトン (Frankton) を通り過ぎてスランアマネフ (Llanymynech) に到達した。 10 年後、全部で 68 マイル (109 km) の運河が建設され、これには フランクトンからランゴレンの少し向こうに至る航行可能な給水線があり、 これはディー川 (River Dee) から水を持ち込み、運河網の大半を担う主要給水源であった。 この支線の建設により、事実上ジャンクションが作られた。

多くの所有権と名称の変更が起き、この最初のものはエルズミア運河会社とチェスター運河会社の合併で、 1813 年にエルズミア・チェスター運河 (Ellesmere and Chester Canal) となった。 1845 年に、 この会社はバーミンガム・リバプール・ジャンクション運河 (Birmingham and Liverpool Junction Canal) -- これはナントウィッチの南端のターミナルとウォルヴァーハンプトンに近い オーサーリー・ジャンクションを接続 -- と合併した。 翌年に会社は名称を変えて、 シュロップシャー・ユニオン鉄道 & 運河会社 ( Shropshire Union Railways and Canal Company) となり、この会社は数ヵ月後にロンドン・ノースウェスタン鉄道 (London and North Western Railway) の一部分になった。

モンゴメリーシャー運河も 1793 年に認可されたが、フランクトン・ジャンクションに 到達する意図を持っていなかった。 これは独立な運河で、カルレグホバ (Carreghofa) -- エルズミア運河のスランアマネフ支線が終了した場所 -- から南のニュートンまで走った。 これは 1797 年にカルレグホバ (Carreghofa) からガルスミル (Garthmyl) まで開通したが、 資金不足から 1821 年までニュートンまで完成することがなく、 この最後の区間は第 3 の会社により建設された。 カルレグホバ (Carreghofa) からガルスミル (Garthmyl) までの区間はイースタン支線 (Eastern Branch) と呼ばれ、これより前方のニュートンに至る支線はウェスタン支線 (Western Branch) と呼ばれた。 運河は資金的な成功では決してなかった。 イースタン支線は 1847 年にシュロップシャー・ユニオン運河網の一部となり、 ウェスタン支線は 1850 年にそうなった。

モンゴメリー区間のトレードは 1920 年代に急速に退潮し、 ジャンクションは 1936 年に事実上閉鎖した。 この時ジャンクションの南 1 マイル (1.6 km) のペリー水道橋 (Perry Aqueduct) の決壊により、 運河が閉鎖された。 1944 年に、シュロップシャー・ユニオンの運河網の 175 マイル (282 km) は議会法により見捨てられたが、 シュロップシャー・ユニオン運河の本線は保持され、 フランクトン・ジャンクションを通り抜ける ランゴレン支線も保持された。これは給水線としての機能からであった。

運河復原運動の増大により、1969 年に、 当時シュロップシャー・ユニオン運河のモンゴメリー支線と呼ばれた場所で工事が始まった。 この時、ウェルッシュプール (Welshpool) におけるバイパスの提案により運河が脅威にさらされた。 正式な復原運動がその後まもなく始まった時に、 支線全体はモンゴメリー運河と呼ばれるようになった。 復原の希望は 1986 年に前進し、 この時ブリティッシュ・ウォーターウェイズが議会に、 運河の完全復原のための私的法案を提出し、 モンゴメリー州議会が 5 年間にまたがる £100万 の修復費用を約束した。 法案は 1987 年末に議会法になった。 しかし、これはジャンクションのすぐ南にあるフランクトン連続水門が 9 月 12 日に 再開通した前ではなかった。 チャールズ皇太子がこの機会に聴衆に演説して言及したことは、 水門の復元はボランティアがプロジェクトに 12000 マン・アワー (man-hour, 人時) -- 概念的には £200,000 -- を奉仕することによって達成されたことであった。 水門の開通により、ジャンクションも再び使用されるようになった。

位置

ジャンクションはロウアー・フランクトン (Lower Frankton) にある。 もっともモンゴメリー運河沿いのマイルポスト (milepost、距離標識) はウェルッシュ・フランクトン (Welsh Frankton) までの距離を与え、これは最も近くの集落である。

ジャンクションにおけるモンゴメリー運河のマイルポスト

ランゴレン運河にはジャンクションの両側に 2 つの橋がある。 東の橋はピーターの橋 (Peter's Bridge) で、西の橋はローソンの橋 (Rowson's Bridge) で、 ここで曳舟道は北岸から短期的に南岸に移動している。 フランクリン連続水門は、二基の水門から成る階段水門と 2 つの単独の水門から構成され、ジャンクションのすぐ南で モンゴメリー運河の水位を下げている。 運河の少し遠くの 5 番目の水門は水路復元グループ (Waterway Recovery Group) の創始者のグラハム・パーマー (Graham Palmer) にちなんで名付けられている。 このグループは復元工事にひどく関与した。 水門は落差が小さく、地面の高さの変動を補償するために挿入され、高さの変動は 1936 年に運河を閉鎖した後に起きたことである。

ジャンクションから、運河はランゴレンの方に向けて 3.4 マイル (5.5 km) は水平で、 2 層あるニュー・マートン水門 (New Marton Locks) の最初のものに遭遇する。 逆の方向には、エルズミア・トンネル (Ellesmere Tunnel)、 エルズミア小支線 (Ellesmere Arm)、 プリーズ支線 (Prees Branch)、 ウイットチャーチ小支線 (Whitchurch Arm) を水平に通り抜け、 グリンドリー・ブルック (Grindley Brook) の 6 層水門のトップに到達する。 ここはジャンクションから 16.5 マイル (26.6 km) である。

橋の番号付け

運河が建設され、その後改名された方法の結果、フランクリン・ジャンクションにおけるランゴレン運河沿いの 橋の番号付けは単純ではない。 東の橋 (ピーターの橋) は番号 69 で、ジャンクションの西の橋 (ローソンの橋) の橋の番号は 70 且つ 1 である。 ランゴレン方向の更に西の橋は、2, 3, ... のように順番に番号が振られている。 71 番目の橋 (ロックゲート橋 (Lockgate Bridge)) は現在のモンゴメリー運河にあり、 モンゴメリー運河では橋の番号は 71 で開始する。 ランゴレン運河はこの理由から、橋の番号付けは 2 つあり、フランクトン・ジャンクションで 1 つが終了して、もう一つが開始する。