ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Autherley Junction - Wikipedia
オーサーリー・ジャンクション
(Autherley Junction)

オーサーリー・ジャンクションは運河のジャンクション (canal junction) の名称で、 シュロップシャー・ユニオン運河が ウェスト・ミッドランズ州の ウルヴァーハンプトンの北のオクスリー (Oxley) の近くで スタッフォードシャー・ウスターシャー運河で終了・接続 する場所である。

オーサーリー・ジャンクション。
ナロー・ボートが停止水門を降下。
停止水門のそばの料金所
訳注
Google map: オーサーリー・ジャンクション
  1. 歴史
  2. 場所
歴史

スタッフォードシャー・ウスターシャー運河は 1772 年に開通した。 この運河は北のトレント・マージー運河グレート・ヘイウッド・ジャンクションと 南のセヴァーン川のストアポートを接続した。 まもなくポッタリーズ (potteries, 製陶所、ストーク・オン・トレントのこと) と南西部間の交易が著しく発展した。 オーサーリー・ジャンクションが将来的にできる場所の南 0.5 マイル (0.8 km) で、 運河はアルダーズリー・ジャンクションバーミンガム運河水路網と接続し、 これにより製造品が北方に輸送された。 1835 年に、バーミンガム・リバプール・ジャンクション運河【訳注:現在のシュロップシャー・ユニオン運河の一部】が開通し、 チェスター運河のナントウィッチ (Nantwich) と スタッフォードシャー・ウスターシャー運河のオーサーリーが接続された。 この運河は新世代の運河で、 地形に沿うのではなく、掘割や盛土を使用してもっと直接的なルートを取り、 水平に進むことが可能でなければ、水門が連続的に使用された。 スタッフォードシャー・ウスターシャー運河への影響は直接的で、 それ以前はバーミンガムから北に向かった輸送の大半が新しいより速いルートに流れた。

スタッフォードシャー・ウスターシャー運河は グレート・ヘイウッド・ジャンクションまでの全 21 マイル (34 km) の代わりに、今やアルダーズリーとオーサーリーの間の短い距離の料金しか課すことができなくなった。 収入の損失を最小限にするために、スタッフォードシャー・ウスターシャー運河はこの区間の料金を 馬鹿げた水準にまで引き上げた。 問題を解決するために、バーミンガム・リバプール・ジャンクション運河はバーミンガム運河と協力し、 「タッテンホール・オーサーリー運河と水道橋」 (Tattenhall and Autherley Canal and Aqueduct) を 提案した。この運河は水門 19 のすぐ上流でバーミンガム運河から離れ、 スタッフォードシャー・ウスターシャー運河をアルダーズリー・ジャンクションのすぐ下流で、 鉄の水道橋で横断し、次に 3 基の水門で降下し、停止水門のすぐ上でバーミンガム・リバプール・ジャンクション運河 に接続することになるものであった。 この計画はダグデール・ホートン (Dugdale Houghton) -- バーミンガムの測量技師の会社 -- によって作成されたものであった。 そして法案は議会に提案されたが、運河は建設されることがなかった。 スタッフォードシャー・ウスターシャー運河会社は客をすべて失うよりは料金を引き下げたからである。 バーミンガム・リバプール・ジャンクション運河は 1846 年に シュロップシャー・ユニオン運河の一部となった。

場所

オーサーリー・ジャンクションはスタッフォードシャー・ウスターシャー運河の頂上区間で、 およそ海抜 340 フィート (104 m) である。 これは、シュロップシャー・ユニオン運河の最高点でもある。 シュロップシャー・ユニオン運河は 46 基の水門で、 エレスメア・ポートまで降下している。 ほんの数インチしか落差のない停止水門がジャンクションの手前で、 バーミンガム・リバプール・ジャンクション運河により建設された。 これはバーミンガム・リバプール・ジャンクション運河が スタッフォードシャー・ウスターシャー運河に多くの水を与えたくなかったためである。 今やどちらの運河もブリティッシュ・ウォーターウェイズにより管理され、 水を盗むことは問題とはならないが、停止水門はいまだに使用されている。