ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Staffordshire and Worcestershire Canal - Wikipedia

運河の地図

スタッフォードシャー・ウスターシャー運河の地図

を見ながら読んでください。

スタッフォードシャー・ウスターシャー運河
(Staffordshire and Worcestershire Canal)

スタッフォードシャー・ウスターシャー運河はイングランドのミッドランズの スタッフォードシャー州 ウスターシャー州に属する航行可能なナロウ運河である。 長さは 46 マイル (74 km) で、 ウスターシャー州のストアポート (Stourport) でセヴァーン川と接続し、 グレート・ヘイウッド (Greate Haywood) のそばのヘイウッド・ジャンクショントレント・マージー運河と 接続している。


キダーミンスター水門
スタッフォードシャー・ウスターシャー運河
  1. 歴史
  2. コース
  3. ギャラリー
  4. 接続されている運河
歴史
創設

ジェームス・ブリンドリーは運河の主任技術者で、 この運河は彼の『大十字』(Grand Cross) 計画の一部であり、 大十字計画とはハル、リバプール、ブリストルを結ぶ水路の計画である。

訳注
『大十字』計画は 4 つの川を運河で結ぶ計画。上の文章ではテムズ川を書き忘れている。

運河を認可した議会法は 1766 年の 5 月 14 日に通過した。 これにより、『スタッフォードシャー・ウスターシャー運河水路の事業者の会社』 (The Company of Proprietors of the Staffordshire and Worcestershire Canal Navigation) が創設され、 会社は初期資金として £70,000 (2014 年現在では £8,242,082) を集め、更に必要があれば £30,000 (2014 年現在では £3,532,321) を運河の建設資金として集める権限を持った。

運河は 1771 年に完成し、経費は認められた額を越えていたが、 1772 年に開通した。 これは商業的には成功で、スタッフォードシャー製陶地帯【訳注:現在のストーク・オン・トレントのこと】 から南方のグロスター (Gloucester) やブリストル (Bristol) への交易があり、 ブラック・カントリー (Black Country) から北方の製陶地帯へはバーミンガム運河の アルダーズリー・ジャンクションを経由した交易があった。

発展

会社は 1790 年 6 月 9 日に第二の議会法を獲得し、 更に £12,000 (2014 年現在では £1,214,091) の資金を集め、 セヴァーン川の改善 -- ストアポートのすぐ下流からディグリス (Diglis) まで --- と運河の出入りの改善をすることが認可された。 ストアポートには 4 つのベイスンがあり、 ブロード水門で接続され、セヴァーン川の幅広の貨物舟 (broad-beamed Severn trows) が川からベイスンに入ることができた。 貨物は運河のナロウ・ボートからセヴァーン川の貨物舟に積み替えられて、 貨物舟はブリストルまで荷を運んだ。

競争

より新しいウスター・バーミンガム運河 (Worcester and Birmingham Canal) が 1815 年に開通し、バーミンガムとブリストルの間のより直接的なルートが 提供されると交易は衰退した。 競争力を維持するために、会社は水門が利用できる時間を増やし、 1830 年までに 1 日 24 時間利用が可能となった。 バーミンガム・リバプール・ジャンクション運河 (Birmingham and Liverpool Junction Canal、【訳注:現在のシュロップシャー・ユニオン運河の一部】) が チェスター (Chester) と マージーサイド (Merseyside) までの新しいルートを開き、 スタッフォードシャー・ウスターシャー運河とオーサーリー・ジャンクションで 接続すると別の逆風が吹いた。 これにより、グレート・ヘイウッドの輸送の多くが奪われた。 アルダーズリー (Alderseley) とオーサーリー (Autherley) の間の半マイル区間を使用する大量の輸送に直面し、 会社は非常に高い通行料を (この区間に) 課した。

事態を解決するために、 バーミンガム運河会社とバーミンガム・リバプール・ジャンクション運河会社は 共同で短い運河の建設の認可を得るための議会法を起案した。 この短い運河はバーミンガム運河の標高の高い地点から 枝分かれし、スタッフォードシャー・ウスターシャー運河を水道橋で越え、 一連の水門で降下して、オーサーリー・ジャンクションの北で バーミンガム・リバプール・ジャンクション運河と接続するものであった。 運河会社は交易を完全に失うよりは通行料を下げることを決定した。 この後 2 度にわたり、計画を復活させるというおどしによって、 更に譲歩した。

凋落

このような競争と後には鉄道との競争にも関らず、 運河会社は 19 世紀が終わるまでは株主に配当を支払った。 もっとも 1860 年代からは利益がどんどん下がっていった。 1947 年の輸送議会法により英国の運河が 1948 年の 1 月 1 日に国有化されるまでは、 独立したままであった。 この後の主な交易はキャノック (Cannock) の石炭をストアポートの発電所まで運ぶものであった。 発電所は 1949 年に閉鎖され、その後の 商用輸送はオーサーリーとアルダーズリーのジャンクション間のみとなった。

復元

1959 年に英国輸送委員会 (ブリティシュ・トランスポート・コミッション, British Transport Commission) が運河を閉鎖しようとしたが、 ボランティア・グループであるスタッフォードシャー・ウスターシャー運河協会により救われた。 1968 年に運河は航行路として分類しなおされ、 翌年には運河のすべてが保護地区 (Conservation Area) に指定された。 これにより歴史的な建物や構造が系統的に保護され、改善されることになった。

コース
戦略的接続

スタッフォードシャー・ウスターシャー運河はブリテン島の南で最も大きな川の 集水域 (catchment) を接続している:

訳注

ウェスト・ミッドランズ地方

イースト・ミッドランズ地方
ウェスト・ミッドランズ地方、イースト・ミッドランズ地方も共にイングランドの地方 (region) です。 元々地方行政で意味を持っていたが、現在はこの点からは意味がなく、日本の関東地方、東北地方の ような地理的な分割と考えてよいようである。但しイングランドの「地方」は EU 議会の選挙区の役割をしている。 英語のウエスト・ミッドランズには ウエスト・ミッドランズ地方の意味と ウェスト・ミッドランズ州の 2 つの意味があり、 前後関係を読まないと区別がつかない。ウェスト・ミッドランズ地方の中にウェスト・ミッドランズ州がある。
なお現代的にはミッドランズは ウエスト・ミッドランズ地方とイースト・ミッドランズ地方を加えたものだが、 歴史的には中世初期の マーシア王国の領地に対応するもので、現代的なミッドランズよりも若干広いが厳密な定義はない。

運河はイングランドの西方にとって、重要な南北のルートであり、 他の運河と接続してネットワークを形成している;

運河は基本的には川の流域にしたがい、川の支流を追い、 ウォルバーハンプトンの北西でトレント川とセヴァーン川の分水嶺を越える。 この場所はアルダーズリー・ギャップと呼ばれ、小規模な氷河期の特色 (を示す地形) で、 ブリンドリーに有利となったものである。

トレント川の集水域内

運河の北の開始点であるグレート・ヘイウッドではトレント・マージー運河とのジャンクションは ソウ (Sow) 川がトレント川と合流する地点と 300 m 程しか離れていない。 運河はティクソール・ワイド (Tixall Wide, ティクソールで運河が広くなっている箇所) を通って、 西へ進み、ソウ川沿いに川に密着して進み、スタッフォードの南東の境界で、 ウィーピング・クロス (Weeping Cross) に出る。 ここはペンク (Penk) 川がソウ川に合流する地点である。ここで運河は南方に直角に曲がり、ペンク川の コースをとる。 運河はアクトン・トラッセル (Acton Trussel) とペンクリッジ (Penkridge) を経由してカフ・ヒース (Calf Heath) に進み、 ここで今は見捨てられているハザートン (Hatherton) 運河と接続する。 スタッフォードシャーのコーヴェン (Covern) を経由して南進を続け、 運河はペンク川と離れ始める。 ペンク川の水源はパートン (Perton) で、これは運河のずっと西である。 運河はウォルバーハンプトンの北西に進入する。 ここでシュロップシャー・ユニオン運河とはオーサーリー・ジャンクションで、 バーミンガム運河水路網本線とはアルダーズリー・ジャンクションで続けざまに接続する。

セヴァーン川の集水域内

アルダーズリーの南では運河はスメストウ (Smestow) 川のあとを追い始める。 スメストウ川はセヴァーン川の集水域の一部である。スメストウ川は実際は ダンストール・ウォーター・ブリッジ (Dunstall Water Bridge) により、 運河を越える。ダンストール・ウォーター・ブリッジはブリンドリー により計画された小さな水道橋で、川の流れを保存するものであった。 このあとで運河は (スメストウ川の) 流域に降下し、スメストウ川に沿って進む。

コンプトン (Compton) とタッテンホール (Tettenhall) の険しい丘の斜面の 間では、ウォルバーハンプトンの縁をまわり、 スメストウ流域市立自然保護区 (Smestow Valley Local Nature Reserve) を抜けて、運河はワイトウィック (Wightwick) に到達する。 ここで運河は南に向きを変え、 スメストウ川が大きく曲がる所を掘割で抜ける。 印象的なブラッチ (Bratch) の連続水門を急激に降下し、 運河はウォンボーン (Wombourne) のすぐ南でスメストウ川に 再び接合する。 ここから運河は川に密着して進み、プレストウッド (Prestwood) の近くのストア (Stour) 川との合流点に向かう。

スメストウ川とストア川の合流点のすぐそばに、 スターフォードシャー・ウスターシャー運河と ストアブリッジ運河 (Stourbridge) のジャンクションがある。 ストアブリッジ運河はストア川の流域をストートン (Stourton) まで降下してきたのである。 この地点より南方では運河は非常に傾斜のきつい砂岩の堤防を切り抜け、 ダンスリー (Dunsley) ではトンネルを通る。 途中では常に密接に川にしたがい、多くの蛇行する区間では短く切り進んでいく。 キンバー (Kinver), カウンソール (Caunsall), クックリー (Cookley) そしてウルヴァリー (Wolverlley) を通り抜け、 昔の産業の町であるキダーミンスター (Kidderminster) では一連の船着き場がある。 最後に運河の町であるストアポート・オン・セヴァーンの船着き場とベイスンの 複合施設に到達する。 ここで運河は 2 つの水門を通って川に急激に降下する。

訳注:スメストウ川

本文を読んで少し疑問となる部分は Smestow Brook にもう少し説明があるので抜粋します。

スメストウ川が現在の形になったのは最後の氷河期の理由である。 氷河の動きが現在のウォルバーハンプトンの北の方にある低い尾根を削り取り、 これがトレント川とセヴァーン川の集水域を分離し、アルダーズリー・ギャップを作った。 その結果、スメストウ川は南に流れることができるようになり、トレント川の集水域からセヴァーン川の集水域に取り込まれた。

つまり氷河の理由から尾根が削り取られ、トレント川に流れていたスメストウ川がセヴァーン川に流れるようになり、 ここは周りより低くなっているので運河を通しやすい。

もう少し疑問があります。それはスメストウ川がスタッフォードシャー・ウスターシャー運河を 越える「ダンストール・ウォーター・ブリッジ」はすぐにもグーグル・マップで見つけることが できたのですが、この前後に水路がない。どうも暗渠になっている。これも、 Smestow Brook に説明がありました。

スメストウ川の水源はウォルバーハンプトン市の中心地の北東にあるスプリングフィールド地区にあり、 通りの名称がら元々ここには水が豊富であったことが分かる。しかしながら、自然の泉は 1870 年代にここに建物が建設された時に取り込まれ、暗渠になり、多くの水が「スプリングフィールド醸造所」 に振り向けられた。

現在、スプリングフィールド醸造所は取り壊されており、泉がどこにあるのか分からなくなっているようです。

人工的に暗渠になった部分があることはわかりますが、始めから川が地下を通っていた場所もありそうです。 なおSmestow Brook には、ブリンドリーがダンストール・ウォーターブリッジ を建設した経緯についても述べています:

継続する産業活動において水力が極めて重要だったので、ジェームス・ブリンドリーがスメストウ川の上流の流れを断ち切ることが防止された。 これは 1770 年頃にスタッフォードシャー・ウスターシャー運河が建設されていた時のことである。 この代わりに、アルダーズリー・ギャップのダンストールで川の流れを継続するために「ウォーター・ブリッジ」ないしは 水道橋を建設することを余儀なくされた。ウォーター・ブリッジにより、川が運河を越え自然な方向に流れた。
ギャラリー
橋 105
Milford の近くの移動橋
ハザートン・ジャンクション
ハザートン運河 (カメラの後方) と
スタッフォードシャー・
ウスターシャー運河 (左右) が接続
オーサーリー・ジャンクション
料金所、シュロップシャー・
ユニオン運河が接続
アルダーズリー・ジャンクション
バーミンガム運河水路網本線
ウォルバーハンプトンの連続水門
のボトム水門が奥に見える。
ダンストール・ウォーター・ブリッジ
運河を越えてスメストウ川を通す。
ダンストール・ウォーター・
ブリッジを運河の方から見る。
Meccano Bridge
鋼のトラス構造
鉄道遊歩道 (昔のウォンボーン支線)
スメストウ流域市立自然保護区
ブラッチ連続水門の一部
ウォンボーン
ブラッチ連続水門の
料金所と上流の橋
ヒンクスフォードの船着き場
運河のこの区間では幾つかある
重要な係留場所の一つ
ヒンクスフォードの
橋と揚水所
スタッフォードシャーの
アッシュウッドのベイスンの
マリーナ
砂岩の水道橋
運河がストア川を越える
プレストウッドの近く
運河から離れた湖
ストートンの北の
プレストウッドの近く
砂岩の 傾斜のきつい掘削
と工事、ストートンの近く
ストートン・ジャンクション
ストートン運河が水門により
降下して、スタッフォードシャー・
ウスターシャー運河に合流
ステポニー水門の昔の料金所 21 m のダンスリー・トンネルの
西側の入り口。ストートンと
キンバーの中間
ストアポート・オン・セヴァーン
の上流のベイスン、このあたりは
2007年-2009年に重要な復元があった
運河とセヴァーン川をつなぐ
ブロード水門
運河とセヴァーン川をつなぐ
ナロウ階段水門
接続されている運河

運河は以下のように接続している (セヴァーン川の方から順に):