ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Aldersely Junction - Wikipedia
アルダーズリー・ジャンクション
(Aldersley Junction)

アルダーズリー・ジャンクションとは 運河のジャンクション (接続部) の名称で、 ここでバーミンガム本線運河が終了し、 スタッフォードシャー・ウスターシャー運河と合流する。 場所は英国ウェスト・ミッドランズ州の北ウルヴァーハンプトン のオクスリー (Oxley) の近くで、 1772 年に開通した。

  
アルダーズリー・ジャンクション
BCN 本線の最後のボトム水門
タッテンホール・オーサーリー運河
提案された運河、点線部
  1. 歴史
  2. 位置
歴史

スタッフォードシャー・ウスターシャー運河は 1772 年の 4 月に 開通し、 トレント・マージー運河グレート・ヘイウッド・ジャンクション とセバーン川沿いのストアポート (Stourport) を接続した。 バーミンガム運河は 1768 年の 2 月 24 日付の議会法で認可された。 この運河はバーミンガムからスタッフォードシャー・ウスターシャー本線と オーサリー -- 当時はアルダーズリーとも呼ばれた -- で合流することになっていた。 議会法には普通とは違う条項があり、 これにより、もしもバーミンガム運河が自分たちの運河の開通後の 6 ヶ月以内に ジャンクションを完成できなければ、スタッフォードシャー・ウスターシャー運河が 建設することになっていた。 しかも、全建設費用をバーミンガム会社に請求できた。

バーミンガム会社はバーミンガムからウェンズベリー (Wednesbury) までの ルートはすぐにも建設した。ウェンズベリーには炭坑があったのである。 しかしスタッフォードシャー・ウスターシャー運河が彼らの運河との接続を 完了するようにとの要望にはあまり熱意を入れなかった。 接続工事は 1770 年の初頭に開始したが、5 月には スタッフォードシャー・ウスターシャー運河は職務執行令状を手に入れて、 バーミンガム運河にジャンクションの建設を強制しようとした。 しかし、これは失敗し、1771 年 1 月にスタッフォードシャー・ウスターシャー運河は 彼らがジャンクションの建設を可能とする議会法を提案した。 この時点で、バーミンガム会社は交渉し、法案の費用を負担し、 接続を早急にすることに同意した。 これは簡単な仕事ではなかった。 というのは、ウォルヴァーハンプトンからジャンクションまで運河は 132 フィート (40 m) を降下するため、 20 基 (後には 21 基) の連続水門を建設する必要があったからである。 ジャンクションは 1772 年の 9 月 21 日に開通し、 これはスタッフォードシャー・ウスターシャー運河の開通後の 5 ヶ月程度後であった。

ジャンクションはオーサーリー・ジャンクションともアルダーズリー・ジャンクションとも呼ばれ続けたが、 バーミンガム・リバプール・ジャンクション運河が開通し、 チェスター運河と 0.5 マイル (0.8 km) ほど北にある新しいジャンクションを接続した。 この時点で、オーサーリー・ジャンクションは北のジャンクションの名称となり、 アルダーズリー・ジャンクションは南のジャンクションの名称となった。 新しい運河が完成するまでは、スタッフォードシャー・ウスターシャー運河には、 陶器地帯 【訳注:ストーク・オン・トレント】とグロスターやブリストルの南西の都市の間の 随分多くの交易があり、 北のバーミンガムの製造品の交易もあった。 しかしながらバーミンガム・リバプール・ジャンクション運河は 新世代の運河であり、地形に沿って山野を蛇行することをせずに、 盛り土や掘割を使用して、もっと直接的なルートを切り開き、水門をまとめて連続水門にする傾向があった。 従って、より短く、より速かった。 その結果、アルダーズリー・ジャンクションから グレート・ヘイウッド・ジャンクションまでの 21 マイル を利用していた多くの交易が今やアルダーズリーとオーサーリーの間を利用するだけとなった。 スタッフォードシャー・ウスターシャー運河は損失を削減するために、 この短い区間の料金を馬鹿げた水準にまで引き上げた。

問題を解決するために、バーミンガム運河会社は、 リバプール・ジャンクション運河と協力し、 タッテンホール・オーサーリー運河 (Tettenhall and Autherly Canal) と水道橋の提案をした。 この運河ができれば、運河は水門 19 のすぐ上流でバーミンガム運河から分岐し、アルダーズリー・ジャンクションの すぐ 南でスタッフォードシャー・ウスターシャー運河を鉄製の水道橋で横断し、 3 基の水門で下降し、停止水門の北でリバプール・ジャンクション運河に合流することに なっていた。 計画はバーミンガムの測量会社であるダグデール・ホートン (Dugdale Houghton) により立案されたが、運河は決して建設されることはなかった。 というのはスタッフォードシャー・ウスターシャー運河は、運河の使用料をすべて失うよりは、 使用料を引き下げたからであった。

位置

アルダーズリー・ジャンクションはスタッフォードシャー・ウスターシャー運河の 頂上区間にあり、頂上区間はおよそ海抜 340 フィート (100 m) である。 水平区間は北に 8.1 マイル (13.0 km) 続き、ゲイリー水門 (Gailey Lock) に至り、 ここからグレート・ヘイウッド・ジャンクションまでの降下が始まる。 南には 1.8 マイル (2.9 km) 先にコンプトン水門 (Compton Lock) があり、 ここからスタウアブリッジ (Stourbridge) までの降下が始まる。 バーミンガム・リバプール・ジャンクション運河は 1846 年に シュロップシャー・ユニオン運河の 運河網の一部となった。オーサーリー・ジャンクションのすぐ向こうに停止水門があり、 水位がほんの数インチ下がり、その後 7.8 マイル (12.6 km) の水平区間があり、 ウィートン・アストン (Wheaton Aston) で最初の本当の水門に到達する。 バーミンガム運河はバーミンガム運河水路網の一部となり、 最初の 21 基の水門は運河を 132 フィート (40 m) 持ち上げて、 海抜 473 フィート (144 m) にするが、この一連の水門はジャンクションの直後にある。