ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Birmingham Canal Navigations - Wikipedia (バーミンガム運河水路網)

「バーミンガム運河水路網」(バーミンガム・カナル・ナビゲーションズ) の本線はできた当初には「バーミンガム運河」と呼ばれていましたが、 現在では「バーミンガム運河」(Birmingham Canal) と呼ばれる運河はありません。 バーミンガム・カナル・ナビゲーションズを「バーミンガム運河」と訳しているページがありますが、 これをすると困ることになります。それは「バーミンガム・カナル・ナビゲーションズ」が 「バーミンガム運河」と「バーミンガム・ファゼリー運河」の対等合併によってできた歴史的な経緯を無視することに なるためです。

なお、navigation は英国英語では通常は水路を意味し、河川水路 (river navigation) の形で使用します。 従って canal navigations は少し理解しにくい英語となりますが、 対等合併によって成立した歴史的経緯からこのような言葉を会社の名前にしたのだと思われます。

元々の文書では、説明不足となりそうな個所にはリンクが張ってありますが、 ここではリンク先の項目を翻訳できていないので、訳注として補足しています。 また理解の助けのために 運河の地図の 以下の地図を参考にしてください。一つの地図にまとめなかったのは座標データが多すぎるため、 ブラウザーが不安定になる懸念があったためです。バーミンガム運河水路網はその最盛期にはとても巨大でした。 今日ではその一部が残っているのみです。

  1. バーミンガム・ファゼリー運河の地図
  2. バーミンガム運河水路網の本線の北側の支線(バーミンガム・ファゼリーを除く) の地図
  3. バーミンガム運河水路網の本線と南側の支線の地図
バーミンガム運河水路網
(Birmingham Canal Navigations)

バーミンガム運河水路網 (BCN) は バーミンガム、ウォルバーハンプトンと ブラック・カントリーの東部を接続する運河のネットワークである。 BCN は幾つかのジャンクションで、イングランドのこれ以外の運河のシステムと接続されている。

最盛期には BCN は 160 マイル (257 km) の運河から構成されていたが、 今日では 100 マイル (160 km) をわずかに超える部分で航行が可能であり、 交通の大半は旅行者で居住可能なナロウ・ボートによっている。

訳注
この文章からナロウ・ボートの旅行では、ナロウ・ボートがホテルの役割をしていることがわかる。

バーミンガム中央部のガス・ストリート・ベイスン
バーミンガム運河が開始する。
  1. 歴史
  2. レベル
  3. BCN の運河たち
  4. 接続している運河
  5. 関連した特質
  6. 技術者
  7. 協会
歴史

この場所で最初に建設された運河はバーミンガム運河で、 1768 年から 1772 年にかけて、 ジェームス・ブリンドリーの監督により建設された。 建設された区間は当時のバーミンガムの果てからのもので、 終点はニューホール・ワーフ (New Hall Whalf, 現在は別の建造物がある) と ガス・ストリート・ベイスンの近くのパラダイス・ワーフ (オールド・ワーフとも呼ぶ) であった。この運河はスタッフォードシャー・ウスターシャー運河と (ウォルバーハンプトンの北の) アルダーズリーで接続することが目的であった。


バーミンガム・運河会社の事務所
パラダイス・ストリートに面している
後ろに旧船着き場 (オールド・ワーフ)

バーミンガム・ファゼリー運河がこれに続き、1784 年にバーミンガムからタムワース (Tamworth) まで建設されることとなり、直ちにバーミンガム運河会社は バーミンガム・ファゼリー運河と合併し、 元々はバーミンガム・バーミンガム・ファゼリー運河会社と呼ばれる会社を形成した。 手に余る名前は短命で、合併した会社はネットワークが拡大して、バーミンガム運河水路会社と 1794 年に 改名した。


BCN の運河網 (影の部分)
1864 年の歴史地図から
訳注
上の写真をクリックすると、大きな地図が表示され、これを更にクリックするともう一段大きな 地図が見えます。運河網は非常に大きな円環の構造をしていますが、この上部の部分が現在では水がない。 右端の部分がコベントリー運河に相当する部分で、コベントリー運河と二ヶ所で接続していた。 この箇所のコベントリー運河の中間部は当初からほぼバーミンガム運河水路網に属していました。 (少しだけコベントリー運河の所有部分がありました。) 現在はバーミンガム・ファゼリー運河しか残っていない。
レベル

BCN は主に 3 つのレベル (水平区間) の上に建設されており、各々固有の貯水池がある。

これらのレベルはネットワークの色々な場所で水門により接続されている。

訳注
運河は基本的には複数のレベルあるいは水平区間から構成され、 異なるレベルの間が複数の水門で接続されている。 上で述べていることはバーミンガム運河水路網が主に 3 つのレベルから構成されていること。
固有なレベルを持つ区間もある。

BCN の運河たち

オールド・ターン・ジャンクションの方向標識
ここで BCN 本線がバーミンガム・ファゼリー運河と接続
接続している運河
関連した特質
訳注
Google map: チェースウォーター エッジバストン貯水池 ティットフォード貯水池
技術者
協会

BCN 協会は 1968 年に結成された登録慈善団体 (登録番号 1091760) で、 これは BCN の多岐にわたる関心事を保存し、改良し、奨励することを目的としている。 協会は季刊誌 バウンダリー・ポスト (Boundary Post) を発行している。 1983 年から、BCN のほとんどのジャンクションに方向標識を設置している。