ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Soho Manufactory - Wikipedia

マニュファクトリー (manufactory) は工場 (factory) と同じ意味ですが、単に「工場」と訳すと、 ソーホー・マニュファクトリーとソーホー鋳造所を混同する可能性があるので、マニュファクトリーとカナ表記しました。 マニュファクトリーは manufacture (製造) に由来します。

ソーホー・マニュファクトリー
(Soho Manufactory)

ソーホー・マニュファクトリーは流れ作業の原理に基づく量産を開拓した初期の工場で、 これは産業革命の初期にイングランド、バーミンガムのソーホーにあった。 この工場は 1766 年 - 1848 年に操業し、1863 年に取り壊された。

1800 年のソーホー・マニュファクトリー 1860 年頃のソーホー・マニュファクトリー
  1. 始まり
  2. 製造
  3. その後
始まり

工場は 「おもちゃ」製造家のマシュー・ボウルトンと彼の共同事業者であるジョン・フォザギル (John Fotergill) により設立された。1761 年に彼らはハンズワース・ヒース (Handsworth Heath) の場所を借り、 ここには小屋と水力駆動の金属圧延工場があった。 この工場は新しい工場で置き換えられ、 新しい工場はリッチフィールド (Lichfield) のワイアット家 (Wyatt family) によりデザイン・建築され、 1766 年に完成した。 小屋は後に取り壊されて、ボウルトンの家 (ソーホー・ハウス、Soho House) がその場所に建設された。 この建設をしたのもワイアット家であった。

(工場は) ホックレー・ブルック (Hockley Brook、川の名) から給水した。

訳注
この時点では工場の動力は水力しかありえないので、是非とも多量の水をひく必要があります。
製造

マニュファクトリーは広範な製品を製造し、ボタン、バックル、箱からジャパンド・ウェア (Japanned ware, 【訳注:東洋の漆器を真似したもの】) に至るまでの製品 (ひっくるめて 「おもちゃ」と呼んだ) を製造し、 後には銀器やオルモル (ormolu, 【訳注:メッキした青銅器の一種】) のような贅沢品を製造した。

訳注
ボウルトンとフォザギルの共同事業は儲からなかったようで、1782 年にフォザギルが死亡しており、 共同事業がこの時点までに終了していると思われます。 (John Fothergill (merchant))
蒸気エンジン

1782 年に工場は太陽・惑星歯車装置を付けたワットの蒸気エンジンを製造した最初の場所となった。 工場は最初の蒸気動力の造幣をした場所でもあり、工場のプレスはその後、 最初のバーミンガム造幣局で使用された。

その後

その後、マニュファクトリーはソーホー波止場で運河を利用できるようになった。 この波止場はバーミンガム運河水路網のソーホー・ループの短いソーホー支線の端にあった。

訳注
ソーホー支線はバーミンガム運河水路網の旧本線に接続しており、 新本線が直線状に作り直された時に旧本線の幾つかの区間がループ状に残り、 ソーホー・ループもその 1 つです。

マニュファクトリーは 19 世紀中頃に取り壊されて宅地として使用された。

文化的な言及

1990 年代にテレビの考古学プログラム タイム・チーム は地元の裏庭の幾つかの基礎を発掘した。 マニュファクトリーはイングランド銀行の £50 紙幣の造作とされ、 マシュー・ボウルトン、ジェームス・ワット及びホイットブレッド・エンジン (Whitbread Engine) と共に掲載された。