ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

James Watt - Wikipedia
ジェームス・ワット (James Watt)

ジェームス・ワット (1736 年 1 月 30 年 ( 旧式 1736 年 1 月 19 日) - 1819 年 8 月 25 日) は FRS (王立学会フェロー)、 FRSE (エジンバラ王立学会フェロー) で、 スコットランドの発明家、機械技術者、科学者であり、 彼が作った 「ワット蒸気エンジン」 はニューコメン蒸気エンジンの改良であり、 彼の祖国の英国でもそれ以外の外国でも、 産業革命によって持たらされた変化に基本的なものであった。


カール・フレデリック・フォン・ブレダ (Carl Frederik von Breda)
によるワット (1736 年 - 1819 年) の肖像画

グラスゴー大学で装置製造家として働いている時に、 ワットは蒸気エンジンの技術に興味を持った。 彼が気が付いた点は同時代のエンジンのデザインは大量にエネルギーを浪費しており、 これは繰り返しシリンダーを冷却したり、再加熱することにより起きていた。 ワットはデザインの向上 -- 分離凝縮器 -- を導入して、 このエネルギーの浪費を避け、徹底的に動力・効率・費用対効果を改良した。 まもなく彼によってエンジンが回転運動を生成するようになると、揚水以外にエンジンの用途を随分と拡張した。

ワットは彼の発明を商用化しようとしたが、資金的に非常に困難なことになり、 1775 年にマシュー・ボウルトンとの共同事業に参加した。 新しい会社ボウルトン・ワットはまもなく非常に成功し、豊かになった、 引退してからも、ワットは新しい発明をすることを継続したが、 蒸気エンジン程重要なものはなかった。 彼は 1819 年に 83 才で亡くなった。

彼は馬力の概念を発展させ、 国際単位系 (SI) の動力の単位である ワットは彼にちなんで名付けられた。

  1. 伝記
  2. マードックの貢献
  3. 思い起こすもの (レガシー、legacy)
  4. 名誉
  5. 記念碑
  6. 特許
伝記

ジェームス・ワットはレンフルーシャー (Refrewshire) のグリーノック (Greenock) で 1736 年 1 月 19 日に生まれ、 この場所はクライド川河口の港町であった。 彼の父親は船大工・船主・請負人であり、 町長 (town's chief baile) をしていた。 一方、彼の母親のアグネス・ミューアヘッド (Agnes Muirhead) は著名な家族の出身で、 高い教育を身につけていた。 2 人共プレスビテリアン教徒 (Presbyterian) で、熱心な盟約者 (convenanter) であった。 ワットの祖父のトーマス・ワットは数学の教師で、バロン・オブ・カーツバーン (Baron of Cartsburn) の役人 (bailie) であった。 ワットは信心深い両親に育てられたが、後に理神論者 (deist) となった。


スコットランド国立肖像ギャラリー
にあるワットの胸像

ワットは定期的には学校に通わず、当初はほとんど家庭で母親により教育を受けたが、 後にグリーノック・グラマー・スクール (Greenock Grammer School) に通った。 彼は指先が器用で、技術的に巧みで、数学的な才能があったが、 ラテン語やギリシャ語には興味を持たなかった。

彼が 18 才になった時に母親が亡くなり、 父親の健康が悪化し始めた。 ワットはロンドンに赴き、1 年間装置製造を学び、 スコットランドに戻り、一大商業都市であるグラスゴーに住み、 装置製造業を設立しようとした。 彼は色々な物を製作・修理したが、 この中に次のものがあった: 真鍮製の反射四分儀、平行定規 (parallel rule)、 (目盛りの付いた) 物差し (scale)、望遠鏡の部品、気圧計。 彼が少なくとも 7 年間の見習いをしていなかったので、 「グラスゴーのハンマー屋組合」 (Glasgow Gild of Hammermen) (この組織がハンマーを使用するすべての職人に支配権があった) は彼の申請を妨害した。 もっともスコットランドには数学機器製造家は 1 人もいなかった。

グラスゴー大学に複数の天文機器が導入されたことにより、ワットはこの袋小路から救われた。 このような機器には専門家の世話が必要だからであった。 ワットはこれらを動作可能なように復元し、報酬をもらった。 これらの機器は間もなくマックファーレン天文台 (Macfarlane Observatory) に設置された。 この結果 3 人の教授が大学内に小さな作業場を設置する機会を彼に与えた。 これは 1757 年に開設され、 2 人の教授 -- 有名な アダム・スミスはもとよりのこと、物理学者かつ化学者のジョセフ・ブラック (Joseph Black) -- がワットの友人となった。

最初は彼は大学で使用される科学機器の維持・修理で働き、 実演を助け、四分儀の製造を拡張した。 1759 年に建築家で実業家であったジョン・クレーグ (John Craig) と共同事業を設立し、一連の製品を製造・販売し、 これには楽器やおもちゃが含まれていた。 この共同事業は 6 年間続き、16 名までの人を採用した。 クレーグは 1765 年に亡くなった。 従業員の 1 人であるアレックス・ガードナー (Alex Gardner) はまもなく事業を引き継ぎ、これは 20 世紀に至るまで存続した。

1764 年にワットはいとこのマーガレット (ペギー) ミラー (Magaret (Peggy) Miller) と結婚し、5 人の子供ができたが、大人になるまで育ったのは次の 2 人であった: ジェームス・ジュニア (1769 年 - 1848 年) とマーガレット (1767 年 - 1796 年)。 彼の妻は 1772 年に出産の時に亡くなった。 1777 年にグラスゴーの染料製造家の娘のアン・マクレガー (Ann MacGregor) と再婚し、 次の 2 人の子供ができた: グレゴリー (Gregory, 1777 年 - 1804 年) -- 地質学者かつ鉱物学者となる -- とジャネット (Janet, 1779 年 - 1794 年)。 アンは 1832 年に亡くなった。 1777 年から 1790 年の間、 彼はバーミンガムのリージェント・プレース (Regent Place) に住んでいた。

ワットとヤカン

よく流布している話では、 ワットはヤカンが沸騰しているのを見て蒸気エンジンを発明したとされ、 蒸気がヤカンのふたを持ち上げ、これによりワットは蒸気の力に気が付いた。 この話は色々な形で語られ、ある話ではワットは少年で、 別の話ではもっと年をとり、ある場合にはヤカンは母親のもので、 またある場合には、叔母のものである。 実の所、ジェームス・ワットはこの話が示すように蒸気エンジンを発明したわけではないことは無論の事であり、 分離凝縮器を付け加えることによって既存のニューコメン蒸気エンジンを劇的に改良したのであった。 以上の事実は熱と熱効率の概念に親しんでいない人に説明することは困難で、 ワットとヤカンの話は恐らくワットの子息のジェームス・ワット・ジュニアによって作られたものと思われ、 子供に理解させ記憶させるのに容易であるため存在し続けている。 この観点からは、この話はニュートンの話 -- リンゴが落ちることと重力の発見 -- と類似している。

この話はしばしば作り話として片づけられるが、 大半の良い話と同様にジェームス・ワットとヤカンの話には実際には根拠がある。 ワットは熱と蒸気の熱力学を理解しようとして、 実験室で多くの実験を実施し、 彼の日記に記録されている所では、 実験にはヤカンを蒸気生成のボイラーとして使用していた。

初期の蒸気の実験

1759 年にワットの友人のジョン・ロビンソン (John Robinson) は動力源としての蒸気の使用に彼の注意を向けさせた。 ニューコメンのデザインはほとんど 50 年間も鉱山の揚水に使用されていたが、 最初の実装以来ほとんど変化がなかった。 ワットは蒸気で実験を始めたが、動作している蒸気エンジンを見たことがなかった。 ワットはモデルを作ろうとした; 十分に動作させることに失敗したが、 実験は継続し、この題目について読めるものは全部読もうとした。 彼はエンジンを理解する上で、 潜熱 (latent heat) の重要性に気が付くことになった。 潜熱とは定温状態で排出されたり吸収されたりする熱エネルギーのことで、 ワットは知らなかったが、彼の友人のジョセフ・ブラックが数年前に発見していた。 蒸気エンジンの理解はきわめて原始的な段階であり、 熱力学が定式化されるまでに、その後ほとんど 100 年近くが必要であった。

1763 年に、ワットは大学が所有するニューコメン・エンジンのモデルの修理を依頼された。 修理した後でさえ、エンジンはかろうじて動いていただけであった。 多くの実験をした後に、ワットは蒸気の熱エネルギーのおよそ 3/4 が各サイクルで、 エンジンのシリンダーを加熱するのに消費されていることを実証した。 このエネルギーは浪費されていた。というのは 1 サイクルの後の段階で、 冷却水がシリンダーに注入されて、蒸気を凝縮させ、圧力を減少させるからである。 従って、シリンダーの過熱と冷却を繰り返すことにより、エンジンは熱エネルギーの大半を浪費して、 機械エネルギーに変換していなかった。

ワットの決定的な洞察は 1765 年 5 月に得られ、 これはピストンから離れた分離隔室で蒸気を凝縮させることであり、 同時にシリンダーの温度を保持して注入される蒸気と同じ温度にするために、 シリンダーを 「スチーム・ジャケット」 (蒸気の上着) で囲むことであった。 従って、各サイクルでシリンダーにはエネルギーがほとんど吸収されず、 有効な仕事を達成するためにエネルギーがもっと利用可能となった。 ワットは同じ年のその後に動作モデルを考案した。

ジェームス・エックフォード・ローダー:
ジェームス・ワットと蒸気エンジン:
19 世紀の夜明け、1855 年
元々のワットの凝縮器
(サイエンス・ミュージアム)

潜在的には動作可能なデザインではあったが、実物大のエンジンの建設には今なお随分と困難があった。 これには、もっと資本が必要とされ、その幾分かはジョセフ・ブラックによってもたらされた。 もっと重要な援助がジョン・ローバック (John Roebuck) -- ファルカークの近くの有名なキャロン鉄工場の創設者 -- からもたらされた。 ワットは今やローバックと共同事業を設立した。 ローバックはボーネス (Bo'ness) のキネイル・ハウス (キネイル邸宅、 Kinneil House) に在住し、この間ワットは家屋に隣接するコッテージ (小屋) で蒸気エンジンを完成する仕事をしていた。 コッテージの外殻と 彼の 1 つの計画の大多数がその後方に今でも現存している。

ワットのコッテージの仕事場
の廃墟。キネイル・ハウス
ワットの最初の可動エンジン
のシリンダーの断片
ファルカーク、キャロン工場

主な困難さはピストンとシリンダーを適合させることであった。 当時の鉄の作業者は現代の機械工よりも鍛冶屋に近く、 十分な精度で部品を製造することが出来なかった。 多くの資本がワットの発明の特許追及のために使用された。 ワットは -- 最初は測量技術者、次に土木技術者として -- 職に就くことを余儀なくされ、8 年間を過ごした。

訳注
ジェームス・ワットはモンクランド運河の建設監督をしています。

ローバックが破産し、マシュー・ボウルトン -- バーミンガムの近くのソーホー鋳造所の所有者 -- がローバックの特許を獲得した。 1800 年に至るまでの特許の延長が成功裏に 1775 年に獲得された。

ボウルトンを通じて、ワットは世界でもっともすぐれた製鉄労働者の何人かを利用できるようになった。 きっちりとピストンに適合する大きなシリンダーの製造の困難さはジョン・ウィルキンソン (John Wilkinson) により解決された。 ウィルキンソンはノース・ウェールズのレクサム (Wrexham) の近くのバーシャム (Bersham) で大砲製造のための精密穴開け技術を開発していた。 ワットとボウルトンは非常に成功する共同事業ボウルトン・ワット (Bouton and Watt) を作り、 この共同事業はその後 25 年間継続した。

最初のエンジン

1776 年に、最初の複数のエンジンが複数の企業に設置されて動き始めた。 この最初のエンジンはポンプの動力を与えるために使用され、 立て坑の底のポンプの棒を動かすために往復運動を生成したのみであった。 デザインは商的に成功し、これに続く 5 年間に、ワットは多くのエンジンを設置するために忙しかった。 大半はコーンウォールで鉱山から水をポンプで汲み上げるために使用された。


ボウルトン・ワットによりデザインされた
1784 年の蒸気エンジンの彫刻

この初期のエンジンはボウルトン・ワットによって製造されたのではなく、 ワットの製図に従って他の業者が製造し、 ワットはコンサルティング・エンジニアの役割を果たした。 エンジンの設置とならし運転は最初はワットによって監督されたが、 次に会社が採用した人たちによって監督された。 これらのエンジンは大きな機械であった。 例えば、最初はシリンダーの直径が 50 インチほどあり、 全体の高さがおよそ 24 フィートあり、エンジンを収容するための専用の建物を建設する必要があった。 ボウルトン・ワットが課金した年間の支払いは、 ニューコメン・エンジンが同じ仕事をした時と比較して、節約される石炭の価値の 1/3 に等しかった。

ボウルトンの促しにより、 ワットがピストンの往復運動を回転運動に変換した時に、発明の応用分野が随分広くなり、 粉砕・織物・製粉の動力となった。 この変換にはクランクが明らかな解決であるように思われたが、 この特許はすでに所得されていたため、 ワットとボウルトンは困った立場におかれた。 この特許の保有者のジェームス・ピカード (James Pickard) とその仲間たちは外部凝縮器とのクロス・ライセンス (cross-license) を提案したが、 ワットは断固として、これに反対し、 彼らは 1781 年に太陽・惑星歯車装置でこの特許を迂回した。

これに続く 6 年間に、ワットは蒸気エンジンに幾つかの改良と修正を施した。 蒸気がピストンの両側に交互に作用する複動作エンジンはその 1 つである。 彼は蒸気を 「膨張的」 に使用する方法を述べ、 2 台以上のエンジンを接続する複合エンジンも述べている。 もう 2 つの特許がこれらによって 1781 年と 1782 年に授与されている。 製造や設置を易しくするその他の色々な改良が連続的に実装された。 これらの 1 つには蒸気インジケーターの使用が含まれ、 これはシリンダー内の圧力と体積の比をプロットして情報を与えるものであり、 彼はこれを企業秘密にした。 別の重要な発明はワットが最も自慢する物の 1 つで、平行運動 (parallel motion) である。 これは複動作エンジンでは本質的なものであった。 というのは、これによりシリンダー棒とポンプに要求される直線運動が提供されるからで、 シリンダー棒とポンプは円弧を描いて揺れ動くビームに取り付けられているのである。 これは 1784 年に特許が取られた。 エンジンの力を制御するスロットル・バルブと遠心力ガバナー (調速機、 governor) は 1788 年に特許が取られ、これはエンジンが暴走しないように維持しており、極めて重要であった。 これらの改良を全部ひっくるめると、 エンジンは燃料効率でニューコメン・エンジンの 5 倍に匹敵した。


1848 年にジェームス・ワットの特許に
基づいて建造された蒸気エンジン
ドイツのフライベルク (Freiberg)

ボイラーの製造はまだ非常に原始的段階で、ボイラーの爆発の危険があることと、 当時起きていた漏れの問題から、ワットは高圧蒸気の使用を制限した。 彼のエンジンはすべて大気圧に近い蒸気を使用した。

特許裁判

エドワード・ブル (Edward Bull) は 1781 年にコーンウォールでボウルトン・ワットのためにエンジンの建造を開始した 1792 年に彼は自分のデザインでエンジンの製造を始めたが、これは分離凝縮器を含んでおり、 従ってワットの特許を侵害した。 2 人の兄弟ジェイブズ・カーター・ホーンブローアー (James Cater Hornblower) とジョナサン・ホーンブローアー・ジュニア (Jonathan Hornblower Jnr) もエンジンの建造を始めた。 他の人達はニューコメン・エンジンを改造して、凝縮器を付け加えることを始め、 コーンウォールの鉱山主はワットの特許は強要されないと確信し始めた。 彼らはボウルトン・ワットへの支払いを差し控え始め、支払いが落ちた。 全部で £21,000 (2016 年の £1,940,000) を支払うべきところを £2,500 しか支払わなかった。 ワットは法廷に出て、要求を強制することを余儀なくされた。 彼は始めは 1793 年にブルを訴えた。 陪審員はワットの勝利としたが、特許の元々の仕様書が有効であるか否かは別の裁判にゆだねた。 その間に、差し止め命令が特許侵害者に発行され、 特許使用料が第 3 者預託することが命令された。 仕様書が有効であるか否かを決定する翌年の裁判では、決定的ではなかったが、 差し止め命令は効力を持ち、ジョナサン・ホーンブローアー以外の侵害者はすべて裁判の決着をつけ始めた。 ホーンブローアーは間もなく裁判に持ち込まれ、 4 人の陪審員は決定的にワットの勝利とした (1799 年)。 彼らの友人のジョン・ウィルキンソン -- 正確なシリンダーの穴を穿つ問題を解決した人 -- の場合はとりわけ耐え難いことであった。 彼はボウルトン・ワットの知らない間に 20 台のエンジンを立ち上げていた。 彼らは終に 1796 年に特許侵害で決着をつけることに同意した。 ボウルトン・ワットは要求すべき物の全てを徴収したわけではなく、 関係者同士で決着を付けたり、調停を通じて決着を付けた。 これらの裁判は金銭的にも時間的にも極端に経費がかかるものであったが、 究極的には会社にとって成功であった。

コピー機械

1780 年以前には手紙や絵のコピーを作る良い方法がなかった。 時々使用された唯一つの方法は機械的なもので、 接続された複数のペンを使用するものであった。 ワットは実験をして、この方法を改善しようとしたが、すぐにもあきらめた。 というのは、これはとても手に余るものだったからである。 この代わりに彼はオリジナルの前面のインクを少々物理的に別の用紙の背面に移すことを考えた。 第 2 の用紙は溶剤で湿らせておき、オリジナルにプレスで押し付ける。 第 2 の用紙は薄くて、コピーを光にかざせば、インクが透けて見えないといけない。 これでオリジナルを正確にコピーできる。

ワットは 1779 年にこの工程の開発を開始し、多くの実験をして、 インクの成分を決めたり、薄い紙の選択をし、 特別な薄い紙を湿らせる方法を考案し、 正確な圧力を適用すればインクが移行する適切なプレスの製造をした。 これらはすべて多くの実験を必要としたが、まもなく十分な成功をおさめ、 1 年後に工程の特許を取った。 ワットは別の共同事業を形成し、 ボウルトン (資金の提供者)、 ジェームス・キア (James Keir, 事業のマネージャー) と手を組み、 ジェームス・ワット会社 (James Watt and Co.) と呼ばれる組織にした。 発明を完成するには、他の人が日常的に使用できるように、 もっと多くの開発が必要であった。 しかしこれは数年以内に実施された。 ボウルとワットは彼らの株式を 1794 年に子供たちに与えた。 これは商的に成功し、20 世紀に至るまで広く事務所で使用された。

化学の実験

早い時期からワットは化学に興味を持っていた。 1786 年の終わり頃に、パリにいた時に彼は ベルトレー (Berthollet) の実験を目撃した。 この実験でベルトレーは塩酸と二酸化マンガンを反応させ、塩素を生成した。 ベルトレーは塩素の水溶液が繊維を漂白することをすでに発見しており、 この発見を出版していた。 これは潜在的な競合相手に大いな興味を喚起した。 ワットが英国に戻った時にこの線で実験を始め、 商的に発展性のある工程を見つけることを望んだ。彼は塩 (えん), 二酸化マンガン及び硫酸の混合物が塩素を生成することを発見し、ワットはこれが、より安い方法かもしれないと考えた。 彼は塩素を弱アルカリ溶液につけて、濁った溶液を手に入れ、これはよい漂白効果があるように見えた。 彼はすぐに彼の義理の父親である James McGrigor に手紙で知らせた。 McGrigor はグラスゴーの漂白屋であった。そうでなければ彼は自分の方法を秘密にしたことであろう。

McGrigor と彼の妻のアニー (Annie) と共にワットの工程の拡大を開始し、 1788 年の 3 月には McGrigor は 1500 ヤードの布地を漂白することができ、 彼にとって満足すべきものであった。 この頃、ベルトレーが塩 (えん) と硫酸の工程を発見し、これを出版して公的な知識にした。 多くの人達はこの工程を改良するために実験を始めた。 この工程にはまだ多くの欠陥があり、液体を輸送することだけが問題ではなかった。 ワットの競合相手は工程の開発でワットを出し抜き、彼はレースから脱落した。 1799 年にチャールズ・テナント (Charles Tennant) が始めて漂白粉 ( 次亜塩素酸カルシウム) を製造する工程の特許をとり、これが商的な成功となった。

1794 年にワットは トーマス・ベドーズ (Thomas Beddoes) に選ばれて、 ブリストルのホットウェルズ (Hotwells) における気体研究所 (Pneumatic Institution) で使用するガスの製造・浄化・貯蔵のための装置を製造することになった。 ワットは数年間、色々なガスで実験を継続したが、 1797 年に 「人工的な空気」 の医療使用が行き止まりとなった。


気体研究所の準備のために
ボウルトン・ワットがデザインした科学装置
性格

ワットは科学の理論的知識と実際にこれを応用する能力を結合させた。 ハンフリー・デイビー (Humphry Davy) は次のように述べている: 「ジェームス・ワットを偉大な実践的機械工としてのみ考える人は彼の性質の非常に間違った考えを作り上げている; 彼は物理学者としても化学者としても同じように卓越しており、 彼の発明は、彼がこれらの科学を非常に深く知っていることと、天才特有の性質を実証しており、 実際の応用ではこのどちらもが融合したものを実証している。

彼は産業革命の他の著名な人によって随分尊敬されていた。 彼は ルナー・ソサイエティーの重要なメンバーであり、 随分と引っ張りだこの、話好きな人で仲間であり、 いつでも視野を広げることに興味を持っていた。 友や共同事業者との彼の個人的な関係は常に気が合ったもので、長続きするものであった。

ワットは良く手紙を書いた。 コーンウォールにいた時には 1 週間に何度もボウルトンに長い手紙を書いた。 彼は自分の結果を出版することを嫌い、 例えば王立学会の哲学紀要には寄稿しなかった。 その代わりに自分の考えを特許の形で伝達することを好んだ。 彼は素晴らしい起草者 (公式文書を書く人) であった。


ジェームス・ワットの手紙、ロートン (Wroughton) の
サイエンス・ミュージアム図書館&記録保管所

彼はむしろ貧弱な実業家で、 とりわけ蒸気エンジンを使用したがっている人と取引や交渉をすることを嫌った。 1772 年にウィリアム・スモール (William Small) に宛てた手紙で次のように告白している: 「決裁したり、取引をするよりは、装填した大砲に直面する方がマシた。」 引退するまでは彼は金銭問題をいつでも懸念しており、少々苦労性であった。 彼の健康はしばしば病気がちであった。 彼は頻々として神経性の頭痛と憂鬱にさいなまれていた。

ソーホー鋳造所

最初は共同事業はエンジンの製図と仕様書を作成し、 顧客の土地でエンジンの組み立て作業を監督した。 彼らはほとんど何の部品も作らなかった。 ワットはバーミンガムのハーパーズ・ヒルの自宅で大半の仕事をした。 共同事業は次第に、どんどん部品を作るようになり、 1795 年にはソーホー・マニュファクトリーからおよそ 1 マイル離れ、 バーミンガム運河のそばにある土地を購入し、 エンジン製造のために新しい鋳造所を設置した。 ソーホー鋳造所は 1796 年に公式に開所し、 この時ワットの子息のグレゴリー (Gregory) とジェームス・ジュニア (James Jr) は企業の経営に深く関与していた。 ワットが引退した 1800 年には会社は全部で 41 台のエンジンを建造した。

後年

ワットは 1800 年に引退した。これは彼の基本特許とボウルトンとの共同事業が終了した時と同じ年であった。 有名な共同事業は 2 人の子息である マシュー・ロビンソン・ボウルトン (Matthew Robinson Boulton) とジェームス・ワット・ジュニア (James Watt Jr.) に譲渡された。 長期に及ぶ会社の技術者であるウィリアム・マードックがまもなく共同事業に加わり、会社は繁栄した。

ワットは半ば引退した時の前とその最中に他のものを発明し続けた。 スタフォード・シャーのハンズワースの自宅の中で、 屋根裏部屋を作業場として使用した。 彼が多くの発明をしたのはこの場所であった。 他の発明には、彫刻や円形浮き彫り (medallion) をコピーする機械があり、何台か作った。 これは非常にうまく動作したが、特許にしなかった。 この機械で作った最初の彫刻の 1 つは、彼の昔の友人であるアダム・スミス教授の頭像であった。 彼は土木技術に興味を持ち続け、 幾つかの重要な計画のコンサルタントになった。 例えば、グラスゴーでクライド川の下で水を汲み上げるのに フレキシブル・パイプ (捻じ曲がるパイプ) の使用を提案した。

1835 年の 「ヒースフィールド」の絵画
ハンズワースのワットの家
アレン・エドワード・エヴェリット作
ジェームス・ワットの仕事場

彼は 2 度目の妻と一緒にフランス、ドイツを旅行し、 ミッド・ウェールズに地所を購入した。 この場所はスランウルスル (Llanwrthwl) の 1 マイル南にあるドルダウロッド・ハウス (Doldowlod House) がある場所で、彼はこれを随分改良した。

1816 年に蒸気ボートのザ・コメット -- 彼の発明したエンジンを使ったボート -- で旅行をし、 彼が生まれた町のグリーノックを再訪問した。

彼は 1819 年 8 月 25 日にスタフォードシャーのハンズワース (現在はバーミンガムの一部) の自宅 「ヒースフィールド」 ("Heathfield") で 83 才で亡くなった。 彼はハンズワースの聖メリー教会の墓地に 9 月 2 日に埋葬された。 教会はそれ以後拡張され、彼の墓は現在では教会の中にある。

マードックの貢献

ウィリアム・マードックは 1777 年にボウルトン・ワットに入社した。 最初は彼はソーホーの鋳型の作業場で働いたが、すぐにもコーンウォールでエンジンを組み立てるようになった。 彼は企業の重要な一部となり、この成功に多くの貢献をした。 とても有能な人で、彼は自分で幾つかの重要な発明をした。

1992 年に彼の伝記を書いたジョン・グリフィス (John Griffiths) が議論する所ではワットはマードックの蒸気道路機関車の実験で高圧蒸気を使うことを思いとどまらせようとして、 その開発を遅らせた (ワットがその当時のボイラーが安全ではないと信じたことは正しかったことである)。

ワットは 1781 年に太陽・惑星歯車装置の蒸気エンジンへの適用の特許を取り、 1784 年に蒸気機関車の特許を取った。 どちらもマードックにより発明されたものとして強く主張されている。 しかしながらマードックは特許に異議を唱えず、ボウルトン・ワットは太陽・惑星歯車装置を回転エンジンに使用し続け、 クランクの特許が 1794 年に効力を失った後も、ずっと使用し続けた。 マードックは 1810 年に会社の共同事業者となり、20 年後に 76 才で引退するまで会社に留まった。

思い起こすもの (レガシー、legacy)

ジェームス・ワットの蒸気エンジンへの改良は 「これをわずかな効率を持つ基礎的な動力から、 産業革命の機械の馬車馬に変えた。」 効率よく、信頼できる原動力が利用可能であれば、 新しい種類の産業が生存できることとなり、(複数の) 大陸の経済を変えた。 こうすることにより、蒸気エンジンは巨大な社会変化をもたらし、何百万人もの田舎の家族を都市に引き付けた。 ワットのことに関してイングランドの小説家のオルダス・ハクスリー (1894 年 - 1963 年) は次のように書いている: 「我々にとり、午前 8 時 17 分のような時間は意味があることがあり、 もしもこれがたまたま毎日乗る列車の発車時刻であればとても重要なことになる。 我々の先祖にとり、このような半端で、ずれた時間は意味がなく、存在すらしなかった。 機関車の発明でワットとスチーブンソンは部分的に時刻を発明したのである。」


ラフバラ (Loughborough) 大学で保存されているワットのビーム・エンジン
名誉

ワットは生きている間に多くの栄誉を受けた。 1784 年に彼はエジンバラ王立学会 (Royal Society of Edinburgh) のフェローになり、 1787 年にはロッテルダムの 「実験哲学バタビア協会」 (Batavian Society of Experimental Philosophy) のメンバーに選ばれた。 1789 年にはエリート・グループである 「スミートン土木技術者協会」 (Smeatonian Society of Civil Engeneers) に選ばれた。 1806 年にはグラスゴー大学の法律に関しての名誉博士号を授与された。 1814 年に フランス・アカデミーは彼を通信会員に選び、 外国準会員 (Foreign Associate) になった。

(仕事率や電力などを表す) ワットはジェームス・ワットの蒸気エンジン開発の貢献により、 彼にちなんで名付けられ、 1889 年の 「科学の進展の英国協会」 の第 2 回の総会で採用され、 1960 年の第 11 回の 「国際度量衡総会」 で国際単位系 (International System of Units) の仕事率の単位として組み込まれた。

2009 年 5 月 29 日にイングランド銀行はボウルトンとワットが新しい £50 紙幣に登場すると発表した。 このデザインはイングランド銀行の紙幣で 2 人の肖像が登場する最初のもので、 2 人の産業家が並び、 ワットの蒸気エンジンとボウルトンのソーホー・マニュファクトリーの画像と共に表示される。 2 人によるとされる引用句が紙幣に刻み込まれる: 「私がここで売るのは世界中が持ちたいと願っているもの -- 動力 -- である」 (ボウルトン)、 「この機械以外のことは何も考えれない」 (ワット)。 スコットランド人がイングランド銀行の紙幣に登場するのはワットが 2 人目である。 (1 人目は 2007 年発行の £20 紙幣のアダム・スミスである。) 2011 年 9 月に、紙幣は 11 月 2 日に流通すると発表された。

2011 年に、ワットはスコットランド工学名誉殿堂の 7 人の新入りの 1 人になった。

記念碑

ワットはバーミンガムのハンズワースの聖メリー教会の敷地に埋葬されている。 協会が後で拡張されて彼の墓を取り込んでしまったため、彼の墓は今では教会の中にある。

ワットが引退してから使用した屋根裏部屋の仕事場は鍵が掛けられて放置され、 人が触れることはなかったが、1853 年に彼の伝記作者である J.P. ミューアヘッド (Muirhead) がここを訪れた。しかし、あたかも神殿のように手を触れることはなかった。 特許局に移す提案があったが、何も起きなかった。 家屋が 1924 年に取り壊された時に、この部屋と中の物はサイエンス・ミュージアムに贈与され、 サイエンス・ミュージアムで完全に復元された。 何年もの間展示されていたが、これが収容されている陳列室が閉鎖された時に壁で遮断された。 仕事場は無傷のまま残り、保存・閉鎖されたままであった。 2011 年 3 月に、これはサイエンス・ミュージアムの新しい恒久展示 「ジェームス・ワットと私たちの世界」 で公的に展示された。

ジェームス・ワットのグリーノックにおける誕生地のおよその場所が彫像で記念されている。 グリーノックの幾つかの地名や通り名が彼にちなんで名付けられ、 最も顕著なものが 「ワット記念図書館」 (Watt Memorial Library) であり、 これは 1816 年にワットが科学の本を寄贈した時に始まり、彼の子息によりワット協会 (Watt Institute) の一部として開発された (これは究極的にはジェームス・ワット大学 (James Watt College) となった)。 1974 年に地方自治体により引き継がれ、図書館は今では地方史のコレクションと インヴァークライド (Inverclyde) の記録文書を収容し、玄関ホールに大きな座像がそびえている。 付け加えると、ワットはグラスゴーのジョージ広場とエジンバラのプリンセス・ストリートの 彫像で記念され、バーミンガムに幾つかある彫像は無論の事であり、 バーミンガムではムーンストーンによっても思い起こされ、 彼の栄誉を讃えて名付けられた 1 つの学校もある。

ジェームス・ワット大学は元々の場所から拡張され、 以下の場所にあるキャンパスを含むようになった: キルウィニング (Kilwinning) ( ノース・エアシャー)、 グリーノックのフィナート・ストリート (Finnart Street) 及びザ・ウォーターフロント (The Waterfron)、 そしてラーグス (Largs) のスポーツ・キャンパスである。 エジンバラの近くのヘリオット・ワット大学 (Heriot-Watt University) は一時はエジンバラ技術学校 (School of Arts of Edinburgh) と呼ばれ、 1821 年に設立され、世界で最初の機械工協会であった。 16 世紀の (スコットランドの) ジョージ王への金貸し業者であるジョージ・ヘリオットと ジェームス・ワットを記念するために、 王室の認可 (Royal Charter) を受けて、 名前をヘリオット・ワット大学に変更した。 大学の建物のうちで 1 ダース程度 (主に科学や工学) がワットにちなんだ名前が付けられている。 マシュー・ボウルトンの家であったソーホー・ハウス (Soho House) は今では博物館となり、 ボウルトンとワットの仕事を記念している。 グラスゴー大学の工学部はその本部がジェームス・ワット・ビルディングにあり、 この建物は機械工学科 (department of mechanical engineering) と 航空宇宙工学科 (department of aerospace engineering) も収容している。 ジェームス・エックフォード・ローダー (James Eckford Lauder) による大きな絵 「ジェームス・ワットが蒸気エンジンを熟考している」 (James Watt contemplating the steam engine) は今では「スコットランド国立ギャラリー」(National Gallery of Scotland) により所有されている。

グリーノックの
ジェームス・ワット記念大学
チャントリによるジェームス・ワットの彫像
訳注
技術学校 (school of arts) は機械工協会 (mechanics' institute) と同じ意味です。

マンチェスターのピカデリー・ガーデンとリーズのシティー・スクエアにはジェームス・ワットの彫像がある。

チャントリ (Chantrey) によるワットの巨大な彫像がウェストミンスター寺院に置かれ、 後にセント・ポール大聖堂に移された。 記念碑には次の銘文が刻まれている (一部分): 「ジェームス・ワットは...祖国の資源を大きくし、人間の力を増大し、 最も卓越した科学の支持者と世界の真の恩人の中で著名な場所に上った」

特許

ワットは彼の 6 個の特許で唯 1 人の発明者として記載されている。