ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Jonathan Hornblower - Wikipedia

この項目の翻訳をした理由は: 複合エンジンの発明者を、 蒸気動力の年表では、 ジョナサン・ホーンブローワーとし、 蒸気エンジンでは アーサー・ウルフとしており食い違っていたためです。 以下の内容とアーサー・ウルフから判断すると、 複合エンジンの発明者はアーサー・ウルフとした方がよいと思われます。 その理由は複合エンジンは高圧蒸気エンジンの効率を高めることがその目的にあり、 アーサー・ウルフの場合には実際にコーンウォール・エンジン の効率を上げたためです。

ジョナサン・ホーンブローワー
(Jonathan Hornblower)

ジョナサン・ホーンブローワー (チェイスウォーター (Chacewater) 1753 年 7 月 5 日生 - ペンリン (Penryn) 1815 年 2 月 23 日没) は英国の蒸気動力の開拓者であった。

  1. 私的生活
  2. 複合エンジン (Compound engine)
  3. ロータリー・エンジン (Rotary engine)
  4. ダブル・ビート・バルブ (Double beat valve)
  5. 蒸気ホイール (Steam-wheel)
私的生活

年少のホーンブローワーは 年長のホーンブローワー (Jonathan Hornblower the Elder) の子息且つ ジェーブズ・カーター・ホーンブローワー (Jabez Carter Hornblower) の弟 -- 2 人とも、仲間の開拓者 -- であったが、彼が トゥルーロ・グラマー・スクール (Truro Grammar School) で教育を受けた。 彼は 1773 年 7 月 25 日の 20 才の時に Trelever で洗礼を受けた。 (彼と彼の家族はコーンウォールのバプティスト教会にもっと関連していた。) 彼はペンリン (Penryn) の金属加工のトレーダーに弟子入りをした。 彼は 2 度結婚し、 1 度は 1775 年に従妹のロザムンド・フィリップス (Rosamund Phillips) と、 そして後にはエリザベス・ジョーダン (Elizabeth Jordan) と結婚し、 後者との間に 2 人の娘ロザムンド (Rosamund、1789 年) とエリザベス (Elizabeth、1790 年) を残した。 彼は 1815 年 2 月 23 日に亡くなり、セント・グルービアス教会 (St. Gluvias) に埋葬されている。

複合エンジン (Compound engine)

彼は 1781 年に複合蒸気エンジン (compound steam engine) を発明し、 同じ年の 7 月 16 日に特許を取った。 このエンジンの形式は古い単一シリンダーのエンジンの代りに 2 つのシリンダー -- 高圧シリンダーと低圧シリンダー -- があった。 原理は蒸気が高圧シリンダーで膨張し、 その次に低圧シリンダーで膨張するものであった。 これは革命的な新しい蒸気技術であったが、 彼は不幸なことに知的所有権に関しての ジェームズ・ワット (ボウルトン & ワット) との訴訟により、 発明を追求することを妨げられた。 彼の複合エンジンの原理は、ボウルトン & ワットの特許が無効になったあとの 1804 年 (のアーサー・ウルフ (Arthur Woolf) による発明) まで復活しなかった。 ホーンブローワーの複合エンジンの原理は蒸気エンジンの効率の増加に随分貢献し、 膨張エンジンの基礎になった。

ロータリー・エンジン (Rotary engine)

ボウルトン & ワットとの特許訴訟の後で、ホーンブローワーは新しい形式のロータリー・エンジンに アイデアに思いついた。 彼は何年かの間これで仕事をして、1798 年 6 月 5 日に特許を取った。 エンジンの建設はそれまでの所とても複雑で、この問題でもワットの特許と紛争になった。

ダブル・ビート・バルブ (Double beat valve)

彼は 1800 年頃ダブル・ビート・バルブを発明した。 このバルブは ポペットバルブ (Poppet valve) の一形式で、 高圧に対して、最低の力で開放でき、通常はトリップ・バルブ装置 (trip valve gear) で操作する。 このバルブが使用されたのは: 鉄道機関車、 グラスホッパー・エンジンと 外輪船であり、 19 世紀に広範囲に使用された。

蒸気ホイール (Steam-wheel)

1805 年に、ホーンブローワーは蒸気ホイールを開発した。

訳注
この項目は何のことか不明です。