ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Arthur Woolf - Wikipedia
アーサー・ウルフ (Arthur Woolf)

アーサー・ウルフ (コーンウォール州カムボーン (Camborne) 1766 年生誕 - ガンジー島 (Guensey) 1837 年 10 年死亡) はコーンウォールの技術者で高圧複合エンジンを発明したことで最も有名である。 このため、彼はコーンウォール・エンジンの発展と完成に傑出した貢献をした。 ウルフはロンドンのジョセフ・ブラーマ (Joseph Bramah) の技術工場で働くために 1785 年にコーンウォールを去った。 彼はその工場と別の会社で技術者として、エンジン製造家として働き、 1811 年にコーンウォールに戻った。 マン・エンジンの発明者であるマイケル・ローム (Michael Loam) は彼が訓練した。


1858 年のウルフ複合ビーム・エンジン

彼がコーンウォールに戻った時にビーム・エンジンのデザインは粗野で、 時代遅れとなったワットの特許と貧弱な技術が足かせとなっていた。 彼は前進することはずっと改良された工学技術を採用することであると、 ブラーマから学んでいた。というのは品質管理を発明したのはブラーマだったからである。 彼は主要な技術工場且つ鋳造工場であるハーヴェイ社の主任技術者になった。 彼らはまもなく、 サンズ・カルネ・ビビアン (Sandys, Carne and Vivian) が経営する競争相手のコッパーハウス鋳造所を併合した。 随分と長い期間、彼らは排水エンジンで世界的に主要な会社となり、 6 台の 8 基のビームを持つエンジンをオランダ政府に供与していた。 これらのエンジンはハールレム湖の排水をした (クルヴィウス博物館を参照)。 ウルフが 1836 年に引退するまでに、コーンウォール・エンジンは主に彼の努力により、 壮大な美と効率を持ったものとなった。

1803 年にウルフは高圧蒸気を生成するための 改良されたボイラーの特許を手に入れた。 1804 年に彼の最もよく知られた発明である複合エンジンの特許を取った。

ウルフの複合エンジン

ウルフのエンジンは並列複合エンジンで、2 基のシリンダーがあり、 この中で蒸気が逐次仕事をするものであった。 これらのシリンダーはどちらもエンジンの同じビームの端に連結されていた。 エンジンの動作はトレビシックの高圧単純エンジンの後に ワットのデザインによる凝縮シリンダーが続くものである と述べることができる。ウルフはホーンブローアーのエンジン組み立て工として働き、 ホーンブローアーの初期の複合エンジンの仕事に親しんでいた。 コーンウォール人として彼はトレビシックと彼が新たに開発した高圧「パッファー」エンジン -- これは当時任務に就き始めていた -- にも親しんでいた。 新しい膨張の原理でも、トレビシック・エンジンの排蒸気はワット・エンジンの吸気圧力に匹敵することに気が付いていた。 この点から、2 つを連結することは比較的単純なことであった。

大半の用途では、エンジンのシリンダーは複動作であった。 高圧シリンダーと低圧シリンダーの反対側が互いに十字接続された。 エンジンが揚水用に使用される時にはウルフのエンジンは単動作エンジンの組として使用できた。

ウルフの複合回転エンジンは次で見ることができる; アビー揚水所、ブラッグドン湖、クレイミルズ揚水所、 ウェスタン・スプリング揚水所 -- 現在ではニュージーランド、オークランドの輸送技術博物館の一部である。

訳注
Google map: アビー揚水所 ブラッグドン揚水所 クレイミルズ揚水所 輸送技術博物館

世界の多くの場所でも、彼のデザインに基づいてエンジンが建造された。 彼はフランス人、ドイツ人、ベルギー人、オランダ人の技術者に高く評価されており、 彼らは全て彼のデザインを自由に使用した。