ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Blagdon Lake - Wikipedia

ブラッグドン湖: Google map

ブラッグドン揚水所: Google map

ブラッグドン湖 (Blagdon Lake)

ブラッグドン湖はメンディップ丘陵 (Mendip Hills) の北端の谷にあって、 ブラッグドン村 (village of Blagdon) の近くで、 イングランド、 ブリストルの南およそ 10 マイル (16 km) にある。 湖はブリストル水道 (Bristol Water, 当時はブリストル水道会社 (Bristol Waterworks Company) と呼ばれた) により作られ、この時、水道会社はヨー川 (River Yeo) をダムでせき止め、 工事は 1898 年に開始して、 チャールズ・ホークスリー (Charles Hawksley) がデザインし、1905 年に完成した。 リントン峡谷軽鉄道 (Wrington Vale Light Railway) は主に湖に建設資材を持ち込むために建設された。

ブラッグドン湖

貯水池はダムの建設により形成され、揚水所に水を供給し、ここには元々 4 台の ウルフ複合回転ビーム揚水エンジンがあり、これらは キルマーノック (Kilmarnock) の グレンフィールド&ケネディー社 (Glenfield & Kennedy) により建設され、 今では電動ポンプで交換された。 蒸気エンジンの 2 台は保存され、一台はビジター・センターの 1 部分として可動状態であり、 ビジター・センターは子供たちの教育施設も含んでいる。 揚水所は今ではグレード II* の指定建造物 (listed building) である。

8,456,000,000 リットル (1.860×109 英ガロン、2.234×109米ガロン) の湖は毎年 9,547,000,000 リットル (2,100×109 英ガロン、2.522×109 米ガロン) の飲料水をなお供給しているが、 魚釣りの湖としても機能している。 湖は色々な動植物の生息地を提供し、 SSSI (Site of Special Scientific Interest、特別自然環境保護区) の場所である。 元々の吸引タンク -- 揚水エンジンに動力を与える蒸気ボイラーの給水をした -- は 今ではマスの飼育に使用されている。

  1. 貯水池
  2. 揚水所とビジター・センター
  3. 魚釣り
  4. エコロジー
貯水池

湖は、元々ヨー貯水池 (Yeo reservoir) と呼ばれ、 440 エイカー (180 ヘクタール) に渡っている。 ヨー川 (River Yeo) はコンプトン・マーティン村 (Compton Martin) の中心に源があり、 ここからアブリー村 (Ubley) を通り過ぎ、ブラッグドン湖に進入する。 湖から、川はリントン (Wrington) と Iwood の南を流れる。ここはかって、堤防沿いに一連の水車があった。 川は次にコングリーズベリー (Congresbury) の北のはずれをまわり、 ほぼ A370 道路に平行して、ノース・サマセット・レベルズ (North Somerset Levels、[訳注:海岸平野]) を横断し、 ローマのヴィラ (Roman villa) の場所を過ぎ、 その後で、 M5 自動車道路の下を横断し、 ウッドスプリング湾 (Woodspring Bay) でセバーン川河口 (Severn Estuary) に注ぐ、 ここはクリーブドン (Clevedon) の下流で、キングストン・シーモア村 (Kingston Seymour) の西である。 貯水池の集水域 (watershed catchment area) は 2,144 ヘクタール (5,300 エイカー) である。

空からの写真が示すのは手前のブラッグドン湖と
遠方のチュー・バレー湖 (Chew Valley Lake) である。

貯水池の建設は 1888 年と 1889 年の議会法によって承認され、 ブリストルに飲料水を提供する計画の一部分であり、 バロウ・ガー二―貯水池 (Barrow Gurney) とメンディップ丘陵 (Mendip Hills) からの水を運ぶ 「工事線」パイプ ("line of works" pipe) を補足した。 建設には地元の村の下水が貯水池の汚染を避ける条項が必要であった。 工事はチャールズ・ホークスリー (Charles Hawksley) によりデザインされた。 この建設工事と共に、リントン峡谷軽鉄道 (Wrington Vale Light Railway) が設立され、 チェダー峡谷線 (Cheddar Valley Line) でブラッグドン (Blagdon) とコングリーズベリー (Congresbury) が接続され、 ブリストン (Briston) からエクセター (Exeter) への本線ではヤットン (Yatton) が接続された。 貯水池と揚水所の建設資材を運ぶことに付け加え、 これは乗客輸送も提供した。 後には鉄道は揚水所に石炭を運ぶことに使用された。 乗客輸送は 1931 年に停止し、ブラッグドン (Blagdon) に至る鉄道は 1950 年に完全に閉鎖した。

湖は比較的浅く、平均水深は 14 フィート (4.3 m) で、ダムに近い最深部で、湖の西端ではたった 42 フィート (13 m) である。 東端は最も浅く、ここでヨー川 (River Yeo) が進入する。 ここは硬水地区で、高いミネラル成分があり、夏には富栄養化が起きやすく、 これで 藻類が繁茂し (algal bloom)、一時的な水の層 (water layers) の原因となる。 その結果、研究プログラムが設置され、湖の陸水学 (limnology) を観測・測量することになった。 満杯であれば、湖は 8,456,000,000 リットル (1.860×109 英ガロン、2.234×109米ガロン) を含み、 毎年 9,547,000,000 リットル (2,100×109 英ガロン、2.522×109 米ガロン) の水を供給する。 水は供給のバランスをとるために、より大きな隣接するチュー・バレー湖 (Chew Valley Lake) から持ち込むこともできる。

ダム

ダムは地下に 175 フィート (53 m) 延長され、谷の下にある硬い岩に至っている。 これはパドル粘土で建設され、中心にコンクリートの核があり、湖の側に花崗岩の上張りがある。 直径は 24 インチ (610 mm) のパイプがダムを通り抜けて揚水所に至り、 一方、大きなパイプがダムに集まるシルト (ドロ) を取り除くために使用される。 水の流れは、補償水路 (compensation channel) を通してヨー川 (River Yeo) で維持され、 氾濫堰 (overflow weir) と放水路 (spillway) により洪水の水を下流に流している。

揚水所とビジター・センター

ブラッグドン揚水所とビジター・センターに含まれるものに: 科学と環境の展示、操作できる展示、更には、慈善組織の ウォーターエイド (WaterAid) に専念した部屋もある。 2 台の蒸気駆動ビーム・エンジンの一台は時々作動している。 外には、ピクニックの場所と自然トレイル (nature trail) がある。

湖が最初に開所した時には、4 台のウルフ複合回転ビーム揚水エンジンがあり、 2 つの別々の建物に収容されていた。 これらは 1900 年と 1905 年の間に、 キルマーノック (Kilmarnock) のグレンフィールド&ケネディー社 (Glenfield & Kennedy) により建造された。 エンジンのビーム (beam, 梁) は長さ 34 フィート (10.36 m)、重さ 17 トンである。 はずみ車は直径 20 フィート (6.10 m) で重さ 20 トンであり、クランクの半径 (crank throw) が 3.5 フィート (1.07 m) である。 各ビーム・エンジンは 17 rpm で 170 馬力 (130 kW) の出力があった。 高圧シリンダーは、直径 21 インチ (53.3 cm) で 3.25 フィート (0.99 m) のストロークがあり、 水平なランカシャー形式のツイン煙道ボイラー (twin flue boiler) からの蒸気が 1 平方インチ当たり 100 ポンド (6.9 bar) で供給され、 グリーンの 節炭器 (economiser) がついていた。 低圧シリンダーは直径が 34 インチ (86.4 cm) で、7 フィート (2.13 m) のストロークがあった。 3 台のエンジンは、4 台目のエンジンが予備となって、一日当たり 750 万英ガロン (34,000 m3) の比率で水を 汲み上げることができ、一方ボイラーは一日当たり 8.5 トンの石炭を消費した。 90% の機械効率が主張され、 直径 30 インチ (76.2 cm) のポンプ・バケット (pump bucket)、 3.5 フィート (1.07 m) のストライク (strike)、 21 インチ (35.34 cm) のプランジャー (plunger) の直径で、 1 ストロークごとに 107 英ガロン (490 リットル) のポンプ出力があった。 これらは 1949 年まで走り、この時北のエンジン棟の 2 台のエンジンは電動ポンプで交換された。 1950 年に自動停止装置が設置され、メインパイプ破損 (burst main) と電動ポンプの過負荷の場合の被害を防止した。 これにより 1 日 24 時間、現場に人を詰めておくことが必要でなくなった。

訳注
プランジャー・ポンプに関してはピストン・ポンプを参照。
ブラッグドン揚水所 はずみ車

飾りの煙突は 1960 年台に切り詰められた。 2014 年に新しいスプリット・ケース垂直ポンプ (split-case vertical pump) と他の色々な装置が設置され、 1940 年代と 1950 年代に設置されたものの代りになった。

1984 年に、二台の残りのエンジンを保存し、ビジター・センターの中央の造作に組み込むことが決定された。 ビジター・センターには古いボイラー棟の博物館も含まれ、これは 1988 年に開館し、毎年 30,000 名の観光客を 引きつけている。 はずみ車は今では電動モーターで駆動されている。 揚水場は今ではグレード II* の指定建造物であり、 一方、ゴシック様式の計器棟 (meter house) はグレード II の指定建造物で、蝙蝠の避難所 (sanctuary) として 使用されている。

魚釣り

ブラッグドン湖は 1904 年に始めてマスの釣り場として開設された。 湖はマス釣りで良く知られ、堤防や全部で 18 堰ある手漕ぎボートを借りて釣ることができる。 元々揚水エンジンの蒸気ボイラーのために水を供給した吸引タンク (suction tank) は今では湖に移動する前に魚を育てるのに使用されている。 平均して 50,000 匹のマスが毎年、ブリストル水道によって、ブラッグドンで育てられ、 この湖と、 チュー・バレー湖 (Chew Valley Lake) とバロウ・タンクス (Barrow Tanks) のような周辺の湖に蓄えられる。

リントン (Wrington) のベル博士 (Dr.
Bell) がブラッグドン湖で使用するた
めに考案したニンフ・フライ・パターン
(Nymph fly pattern)
ブラッグドン湖の釣り人の地図
エコロジー

ブラッグドン湖は SSSI (Site of Special Scientific Interest) に指定され、 これは 212.7 ヘクタール (526 エイカー) から成り、1971 年に創設され、 主に色々な種と生息域の理由からである。 揚水所の周りの地域は装飾的速しとして展開され、 ここにあるのは: ヨーロッパアカマツ (Scots pine), ヒマラヤスギ属 (Cedar), カラマツ属 (Larch), トウヒ属 (Spruce), オーク (Oak), ブナ属 (Beech), クリ属 (Chestnut), ヤナギ (Willow), シナノキ属 (Lime), セイヨウヒイラギ (Holly) 及び カエデ (Maple) である。 色々な ラン (orchid) が、 グリーンウィングドオーキッド (green-winged orchid (Anacamptis morio)) とサザンマーシュオーキッド (souhern marsh-orchid) を含め、湖の境界に見ることができる。

何種類かの水鳥が湖の周りに見ることができ、 これに含まれるものは: カンムリカイツブリ (great crested grebe (Podiceps cristatus))、 及び カイツブリ (little grebe (Tachybaptus ruficollis)), カワウ (cormorant (Phalacrocoracidae)), コブハクチョウ (mute swan (Cygnus olor)), カナダガン (Canada goose (Branta canadensis)), カモ (duck (Anatidae)), ハシビロガモ (shoveller (Anas clypeata))、 そして オカヨシガモ (gadwall (Anas strepera)) がある。 ヨーロッパノスリ (common buzzard (Buteo buteo)) は周辺の丘陵地帯で見ることができ、 ハイタカ (Eurasian sparrowhawk (Accipiter nisus)) と チョウゲンボウ (kestrel) のいずれも繁殖している。 時々訪れるものに、 ミサゴ (osprey ("Pandion haeliatis")), オオタカ (goshawk (Accipiter gentilis)), チゴハヤブサ (Eurasian hobby (Falco subbuteo)), ゴジュウカラ (nuthatch) そして アカゲラ (great spotted woodpecker (Dendrocopos major)) がいる。 ラディ―・ダーター・トンボ (ruddy darter dragonfly (Sympetrum sanguineum)) も観ることができる。 湖の西端の端の林には、 アナグマ (badgers), ノロジカ (roe deer (Capreolus capreolus)) 及び狐 (foxes) の集団がいる。

木が生える湖岸