ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Abbey Pumping Station - Wikipedia

アビー揚水所: Google map

アビー揚水所 (Abbey Pumping Station)

アビー揚水所 はイングランド、 レスター (Leicester) の科学と技術の博物館で、 コーポレーション・ロード (Corporation Road) にあり、 ナショナル・スペース・センター (National Space Cener、[訳注:博物館]) の隣にある。 4 台の可動な蒸気動力のビーム・エンジンが、下水揚水所として当時のまゝあり、 収容している展示には: 輸送、 公衆衛生 (public health)、 光と光学、おもちゃ、そして土木技術がある。

レスターのアビー揚水所
科学と技術の博物館
レスターにおける
博物館の位置
  1. 下水揚水所
  2. 博物館
  3. 展示
  4. ビーム・エンジン
下水揚水所

この建物は 1891 年にレスター自治体によりソアー川 (River Soar) 沿いの レスターの北側に建設され、 町の下水をボーモント・レイズ (Beaumont Leys) にある下水農場 (sewage farm) に汲み上げるために使用された。 壮大なビクトリア時代の建物は、 (レスターの建築家である) ストックデール・ハリソン (Stockdale Harrison) により 1890 年にデザインされ、 レスターのギムスン社 (Gimson and Company) により 建造された 4 台のアーサー・ウルフ (Arthur Woolf) の 複合ビーム・エンジン (compound beam engine) を収容している。 住民の下水処理に応じる最初の試みは 1850 年にあり、 水をパイプで輸送することにより、水洗便所が可能となり、 トーマス・ウィックスティード (Thomas Wicksteed) が町の北側の下流の端にある 沈殿と臭い除去処理施設に通じる下水をデザイン・建設をした。 容量の制限と高い経費のため、 ペール・トイレ・システム (Pail closet system) が 貧しい地区に使用され続けた。 町が大きくなると、処理施設からソアー川 (River Soar) への汚染の問題も同様になった。 貨物列車と運河のハシケを経由したペール・トイレ (pail closets) からのナイト・ソイル (Night soil, し尿) の処理は悪臭と汚染の苦情を引き起こした。 新しい解決が必要となり、 その解答はボーモント・レイズ (Beaumont Leys) の高台にある下水農場へ、何もかも汲み上げることであった。 アビー揚水所 (Abbey Pumping Station) は Knighton の小さな施設の代りになった。 揚水所に注ぎこんだのは、2 つの主要な基幹下水であり、 1 つは市の東からのもので、 ブルーイン・ストリート (Bruin Street) の下を走って、次にグランド・ユニオン運河の下を走り、 もう一つはアビー・レーン (Abbey Lane) のルートに沿って走り、次に畑を横断した。 1912 年までに、2000 エーカー (acre) の下水農場 (sewage farm) と 1 日 2000 万ガロンまでの揚水容量は、成長する都市の需要に応えるには不十分で、 揚水所が開設されて以来、130 マイルの新しい下水が建設され、延長することが合意されていた。 1939 年にラム・ポンプ (ram pump) が設置され、報告されていることによると、 この種のものとしては、当時ヨーロッパで最大であった。 揚水所はレスターの下水を 1964 年まで汲み上げ続け、 この時電動モーターが取って代わり、数年以内に、ワンリップ下水処理プラント (Wanlip Sewage Treatment plant) が取って代わり、 揚水所はもはや必要ではなくなった。

博物館

1972 年に、建物はレスターシャー博物館が管理する「科学・技術の博物館」として再開した。 巨大なビーム・エンジンは無傷のまゝ保持され、可動状態になるまで少しづつ復元された。 これは保存された幾つかの歴史的揚水所の 1 つである。 レスター市議会 (Leicester City Council) は 1997 年にユニタリー政府 (unitary authority) となり、 「アビー揚水所」 (Abbey Pumping Station) はその管轄内の博物館の 1 つである。

北東から見た建物 アビー揚水所入り口 教育的展示の 1 つ ビーム・エンジン
展示

下水ポンプを駆動する蒸気エンジン (以下を参照) を見ることができる。

下水ポンプを駆動する蒸気エンジン (以下を参照) を見ることができる。 これに付け加え、 有益な教育的展示 (主に水と下水)、 古風な映画劇場、 そして家庭設備から路面電車 (tram) に至る工芸品と絵画のコレクションの組み合わせがある。 産業考古学のより大きな品目の選択的なコレクションがグランドにある。 これには狭軌の鉄道と幾つかの輸送手段の項目がある。

ビーム・エンジン

4 台の蒸気エンジンはギムスン社 (Gimson and Company) によりレスターで建造され、 今日ではウルフの複合回転ビーム・エンジン (Woolf compound rotative beam engine) の 珍しい実例である。 これらのエンジンが建設された時には、古風と見なされたが、 とても確立したデザインであった。 エンジンはとても大きい。 シリンダーは 30×69.5 インチ (76×177 cm)、 48×102 インチ (120×260 cm) である。 鋳鉄製のはずみ車は直径 21 フィート (6.4 m) で、 ビーム (梁) は単純な鋼板建造で、28 フィート (8.5 m) の長さである。 エンジンは各々 200 指示馬力 (indicated horsepower) である。

シリンダー・ヘッド、2011 年末

これらのエンジンは 200 馬力、12 - 19 rpm と評価され、 これにより 1 時間に 208,000 英ガロン (263 L/s) を汲み上げる。

4 台のエンジンすべては献身的なボランティアのチーム -- レスター博物館技術協会 -- により可動状態に復元された。 ここは 4 台の可動な同じ蒸気エンジンの実例を 1 つの建物内に見ることができる 世界で唯一のエンジン棟である。

エンジン棟における現在のプロジェクトは最も最近に復元されたエンジン No 1 の進行中の保守である。 (このエンジンはボランティアにより 4 年間以上で復元された。)

博物館のコレクション

揚水所は毎日 AM 11 時 - PM 4:30 時に開いている。 エンジンが蒸気を入れているのを見ることができるのは、 他の蒸気と初期の内燃エンジンの展示と共に、色々な蒸気の日である。

輸送コレクション

博物館には狭軌の鉄道があり、 ここで通常操業しているのは: スタッフォード (Stafford) の W. G. バグナル社 (Bagnall) により 1918 年に製造番号 (works number) 2087 として、 建造された 0-4-0 ST 2 フィート (610 mm) 狭軌の機関車であるが、 4 台のディーゼル機関車 -- 2 台のシンプレックス (Simplex)、1 台のリスター (Lister)、1 台のラストン (Ruston) -- も必要であれば、利用可能である。

時代物の道路車両のコレクションもあり、これは与えられた日に操業する。 展示に含まれるのは:  幾つかの消防自動車、 バス (以下を参照)、 1894 年のエイヴリング&ポーター (Aveling and Porter) の蒸気ローラー、 何台かのディーゼル・ローラー、 ベッドフォード (Bedford) の フィッシュ・アンド・チップス・バン ((fish and chips van)、 以前のレスター自治体の路面電車 (tramway) のタワー・ワゴン (tower wagon、(消防用等の) はしご車)、 オースティン K2 のビールを積んだ醸造馬車 (dray lorry with ales)。

訳注
  1. dray : (1) a low, strong cart without fixed sides, for carrying heavy loads. (2) any vehicle, as a truck, used to haul goods, especially one used to carry heavy loads

バス