ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

River Soar - Wikipedia

ソアー水路はグランド・ユニオン運河のレスター線の下流部分に一致していますから、 次の地図が参考になります。

グランド・ユニオン運河レスター線の地図
グランド・ユニオン運河レスター線の地図の kml ファイル

ソアー川 (River Soar)

ソアー川 (River Soar, /sɔːr/) はイングランドのイースト・ミッドランズの トレント川の主な支流で、レスターシャー州の主要な川である。 川の源はヒンクリー (Hinckley) とラターワース (Lutterworth) の中間にある。 次に川はレスターを通り抜けて北へ流れ、レスターでグランド・ユニオン運河 に合流する。 川はレスターシャー・ソアー峡谷を進み続け、 ラフバラ (Loughborough) とケグワース (Kegworth) を通り過ぎ、 州の境界でトレント川に到達する。 18 世紀にソアー川は航行可能となり、 当初はラフバラとトレント川の間で航行可能で、 次にレスターまで航行可能となった。 19 世紀になってから、始めてグランド・ユニオン運河と接続され、 南部への広いネットワーク、そしてロンドンに接続された。

ナビゲーション・イン (Navigation Inn) の横の
ソアー川に架かる橋、バロー・アポン・ソアー (Barrow upon Soar)
  1. 名称
  2. コース
  3. 汚染
  4. 歴史
  5. 伝説
  6. 観光
  7. スポーツ
名称

Soar の名前は古い川の名称の属で語根 ser- (to flow 流れる) に由来するものに含まれ、他には Saravus (Soar, ベルギーのモーゼル川 (Moselle) の支流), Sera (la Serre, la Cère 及び le Séran, フランスの 3 つの川), Serantia (ジーレンツ (Sierentz), アルザス (Alsace)), Serma (Schremm, ブランデンブルク (Brandenburg)), Sora (Cwm Sorgwm, ウェールズ (Wales)), Sorna (die Zorn, アルザス (Alsace)), Sara (セール川 (Saire), [訳注:フランス]), Saar(e) (ブランデンブルク (Brandenburg)), Saros (Sar, スペイン (Spain)), Sarius (セーリオ川 (Serio), ロンバルディア (Lombardy), [訳注:イタリア]), Sarià (リトアニア (Lithuania)), Saravus (ザール川 (Saar), ドイツ (Germany)), Sarnivos (Sernf, グラールス (Glarus)), 等がある。

訳注
この箇所は、ヨーロッパの古い川の名前に関する記事からの抜粋になっているので、 少し理解しにくい。カッコの中が現在の地名と川の名前で、カッコの外が古い名前ではないかと思う。

ウィリアム・ソムナー (William Somner、1701 年) による示唆によると、 ソアー川は以前は Leir を呼ばれた可能性があり、 これはブリソン諸語 (Brittonic) の *Ligera あるいは *Ligora に由来し、フランス語の Loire (ロワール) と同じ起源である。 この理論はレスター (Leicester) の名称が (ラフバラ (Loughborough) とレアー (Leire) の村の名前共々) 川の名称に由来することに基づいている。

コース

ソアー川 (River Soar) はウォリックシャー (Warwickshire) のウィブトフト (Wibtoft) の近くに 起点があり、北に流れてシャーンフォード (Sharnford) の近くでソアー川 (Soar Brook) と合流し、 次に北東の方向に流れ続け、クロフト (Croft) を通り抜け、 ナーボロウ (Narborough) とリトルソープ (Littlethorpe) の間を通過し、 レスター (Leicester) のはずれのエンダービー (Enderby) でセンス川 (Sence) が合流する。 川は市の中心を通り抜ける前に、アイルストーン (Aylestone) で、 グランド・ユニオン運河と合流し、ここでビアム川 (River Biam) も合流する。 フリーメンズ堰 (Freemens Weir) を通過してから、 川は運河と分離してから再結合し、ビード島 (Bede Island) と呼ばれるレスターの地区が形成される。 東を走る航行可能な支流は平行する堤防で運河化され、 "ザ・マイル・ストレート" (The Mile Straight, 1 マイルの直線) と呼ばれている。 ブラックフライアーズ (Blackfriars) の向こうでは、川は再び分離して、 フロッグ島 (Frog Island) とアビー・パーク (Abbey Park, アビー公園) を形成している。 運河はベルグレーブ (Belgrave) で再結合し、ここでナショナル・スペース・センター (National Space Centre, [訳注:博物館]) のそばを通過する。

ウォリックシャーの水源 (source) と
レスターシャーに沿ったコース沿いの地図

市から出て、ソアー川はバーストール (Birstall) を通過し、 ウォーターミード・カントリー・パーク (Watermead Country Park) の複数の湖を縫うようにして通り抜け、ワンリップ (Wanlip) に到達する。 川は次にコッシントン・ミル (Cossington Mill) の近くで、 かって航行可能であったレイク川 (River Wreake) に合流し、 別の支流であるロスリー川 (Tothley Brook) がすぐ下流で合流する。 ソアー川は北東 [訳注:北西の間違い] に流れ続け、 マウントソレル (Mountsorrel) に到達し、クォーン (Quorn) と バロー・アポン・ソアー (Barrow upon Soar) の間を通過する。 この時点で運河の支流がラフバラー (Loughborough) に延長するが、 川は東の町のコーツ (Cotes) を通過する。 スタンフォード・オン・ソアー (Stanford on Soar) の下流で川はノッチンガムシャー (Nottinghamshire) とレスターシャー (Leicestershire) の州境を形成している。 スタンフォードとノルマントン・オン・ソアー (Normanton on Soar) の間で運河は川に合流し、川はザッチ (Zouch) まで続き、 "Devils Elbow" (悪魔の肘) を通過して、ケグワース (Kegworth) に到達する。 ケグワースの下流でキングストン川 (Kingston Brook) と同じ名前の村の近くで合流し、 ラットクリフ・オン・ソアー (Ratcliffe on Soar) と発電所を通過して、 トレント水門でトレント川に流入する。

レスターにおける川の運河化区間 サットン・ボニントンの近くのソアー
川、ここで川はノッティンガムシャー
(左) とレスターシャーの州境
汚染

ソアー川は野生生物が豊かで、鳥、魚、植物が繁茂し、 野生生物の熱狂家に人気がある。 川はかっては異常なピンクの色で悪名高く、これはレスターの繁栄した繊維産業の排水の結果であった。 しかしながら、レスターの川の近くの繊維産業の終焉と環境庁の清掃作業により、 川はその自然な状態に復元されている。

ブラジルチドメグサ (Floating Pennywort)
の侵入、ソアー川、レスター

今では産業が川に排水を排出しようとすれば、環境庁の同意を得なければならない。 幾つかの承諾がソアー川の使用で企業に与えられたが、 排水の質と量は環境庁と同意されたあらかじめ決められた総計で厳しく制御されている。

どのような水質も川の上流でどれだけ汚染できるかにより決まり、 ソアー川は環境庁により常にモニターされ、ここが汚染のレベルをチェックしている。 レスター市のソアー川を通り抜ける水の汚染は一般に低く、 水質は一般に良好である; しかしながら町のすぐ下流で水質が随分劣化し、これはワンリップの 処理下水が川に進入する所である。

しかしながら、不幸なことに、新しい観光産業は環境問題を引き起こしている。 ハシケの船体とプロペラーは植物の 「物理的状態と引き抜き」 の原因となり、 乱れにより水の濁りが随分増え、光が水中の植物に到達しなくなり光合成が減少している。 下水処理は水の生活に悪影響がある。

歴史
訳注
以下の記述には出てきていないが、トレント川からレスターまでの水路は、 厳密には 2 つの会社から構成されているようである。中間にラフバラがあり、 トレント川からラフバラまでがラフバラ水路 (Loughborough Navigation) で、ラフバラからレスターまでがレスター水路 (Leicestershire Navigation) のようである。ラフバラ水路の完成は 1778 年である (Loughborough - Wikipediaメルトン・モーブレー水路を参照)。 レスター水路を更に接続するのが レスターシャー & ノーサンプトンシャー・ユニオン運河 のようです。
産業

1700 年末以前のソアー川は小さく、浅くてハシケの航行ができなかった; しかしながら、これはレスター運河の建設により部分的に解決され、 この運河により、ソアー川はおよそ 40 マイル (64 km) の大半が航行可能になった。

運河の拡張の意味することは、 産業が運河沿いに発展し始めることで、運河により提供される輸送が 「産業に不可欠」 なものとなった。 これには、「風力ミル、水力ミル」(wind and watermills) のような建物と産業が含まれ; 醸造と麦芽;橋梁;運河と鉄道構造;公益企業 (public utilities, [訳注:電気、水道、ガスなど]) が含まれる。

レスター南部のソアー川沿いの工場

1895 年までに、国内には 231 の上場されたホージェリー (hosiery, 靴下・メリヤス) 製造業者がいた。 レスターでは、この産業は 1851 年には人口の 10% を採用し、1881 年と 1911 年にはおよそ 7% を採用した。 これはレスターの経済におけるホージェリーの重要性を示している。 この産業は一貫した水の供給が必要で、そして輸送接続が必要となり、運河沿いにあった。 グランド・ユニオン運河により提供されるすぐれた輸送接続により、 ホージェリー産業は急速に拡張することができた。

これらの工場の多くは間もなく大きくなりすぎて、新しい広い場所に移動し、 これにより他の職業の場所が生まれ、 例えば、長靴、靴の製造、印刷や箱の製造になった。

19 世紀の鉄道の競争は運河の利益を引き下げた。 運河を所有している多くの会社にとり、これは終わりの始まりであった; これらの会社の幾つかは運河を鉄道に変え、一方で他の多くの会社は事業の拡大を目指している鉄道会社に買収された。

1960 年代の産業の退潮と共に、かってはレスターの経済の核であった倉庫と工場が遺棄された。 レスター市議会 (Leicester City Council) は水辺の再開発に向けた行動を起こし、 「国内で最も刺激的な水辺再生の機会の 1 つを提供」 した。 この会社は現在は高級水辺アパート (luxury waterside apartment) の建設をしている。 これはこの地域に美的価値を増やすものである。 ニューキャッスル大学 (Newcastle University) の調査の示唆することは、 水辺に住み、運河が提供するレクリエーションを楽しみたい人々の望みは、 「荒廃して遺棄された地域と貧弱なデザインのような視的に魅力のない造作」 によりダメになることであった。

再開発計画には 2002 年に運河沿いの レスター・シティ FC (Leicester City F.C.) の 本拠地であるウォーカーズ・スタジアム (Walkers stadium, 訳注:現在の キング・パワー・スタジアム) の建設が含まれ、 「不毛で荒れ果てた荒れ地の一郭から、鋼とガラスのすばらしい未来的な合作が立ち上がり、 これがレスターのスカイラインを威圧する。」 古い倉庫はデ・モントフォート大学 (De Monffort University) の学生宿舎に変換され、地域の価値を増やしている。

レスター中央のソアー川の東岸に 織物の製造業者であるドニスソープ社 (Donisthorpe and Company) の建物がある。 ドニスソープ・ミル (Donisthorpe Mill) はフライアーズ・ミル (Friars' Mill) とも呼ばれ、イースト・ミッドランズで最古のミルの 1 つであり、 製造活動は 1730 年以来この場所にあった。 このミルは 1975 年に指定建造物 (listed status) となった。 周辺の幾つかの建物も、ビクトリア時代の揚水棟も含め、 この時に指定建造物となった。 ドニソープ社は 1983 年に工場を去り、 これはミルの保存に関して、直ちに懸念されることになった。 何年もの間、建物は空のまま立ち続け、遺棄状態になった。 2012 年に火災が屋根、時計塔と内部の大半を破壊した。 2012 年 11 月にレスター市議会はドニソープ・ミルの建物を購入して、 復元する決意を表明した。

レスター中央のソアー川沿いの
19 世紀のポンプ棟と新しい川沿いの開発
伝説

ジェフリー・オブ・モンマス (Geoffrey of Monmouth) はレスター (Leicester) が レイア王 (King Leir) にちなんで名付けられたと主張し、 王がレスターの近くの川の下の地下の部屋に埋葬されていると主張している。 これは ヤーヌス (Janus) の神に捧げられているとしている。

リチャード 3 世の亡骸は時々 ヘンリー 8 世のときの修道院の解体 (Dissolution of the Monasteries) の時に 川に投げ込まれたと言われている。 この伝説から、レスターでソアー川を横断する 447 道路を通す橋は 「リチャード王の橋」 (King Richard's Bridge) と呼ばれている。 しかしながら、2012 年に駐車場の近くで見つかった骸骨が実際にリチャード 3 世のものであることが確認され、 2015 年 3 月に骸骨がレスター大聖堂 (Leicester Cathedral) に再度埋葬された。

観光

ソアー川は今や産業の中心地ではなく、観光の中心地である。 休日のナロウ・ボートの巡航はとても人気があり、これは田舎を訪れてリラックスし、 自然と触れ合うことができるからである。 運河のそばの曳舟道の用途は: 「サイクリング、ぶらぶら歩き、乗馬、ピクニック」である。(レスター市議会 2005 年。)

バロウ・アポン・ソアーとマウントソレル
の間のソアー峡谷

水路は釣り大会と時々の釣りに人気がある場所である。 運河にいるのは: 大きなコイ (carp), chub, bream, ローチ (roach), 及び パーチ (perch)、 そしてある区間では: dace そして barbel がいる

スポーツ

レスターの中央を通り抜けるソアー川の区間は マイル・ストレート (Mile Straight, 1 マイルの直線) と呼ばれ、次のクラブの本拠地になっている; 「デ・モントフォード大学ローイング・クラブ」 (De Montfort University Rowing Club)、 「レスター大学ボート・クラブ」 (the University of Leicester Boat Club) 及び 「レスター・ローイング・クラブ」 (Leicester Rowing Club)、 最後のクラブは 1882 年に作られた ローイング (rowing) とスカリング (sculling, スカル = 両手に 1 本ずつ持って漕ぐオール) のクラブである。