ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Melton Mowbray Navigation - Wikipedia

この文書はグランド・ユニオン運河のレスター線が建設された経緯の一部分の説明も与えています。 メルトン・モーブレー水路はレスター水路と一緒に建設された。これらが建設されるまでは、

そのため、メルトン・モーブレー水路を作るには次が必要となる。
メルトン・モーブレー水路
(Melton Morbray Navigation)

メルトン・モーブレー水路は イングランド、 レスターシャー州のレイク川 (River Wreake) を航行可能にしたもので、 サイストン (Syston) の近くの ソアー川 (River Soar) 及びレスター水路 とのジャンクションから メルトン・モーブレーに至るもので、 1797 年に開通した。 大まかには河川水路であり、 多くの水門掘割 (lock cut) があって、 全長に沿って建設された 12 基の幅広水門 (broad lock) が収容され、これは 隣接する製粉工場 (mill) の水位を維持するのに必要であった。

鉄道との競争と、これに接続されていたオークハム運河 (Oakham Canal) の閉鎖と共に、この運河は急速に衰退し、 1877 年に閉鎖した。 水路が開通した 200 年後に メルトン & オークハム水路協会 (Melton & Oakham Waterways Society) が作られ、 今一度、航行可能な運河と航行を呼び戻すことを目的にした。

アスフォードビー (Asfordby)
における導水路ゲート
  1. 歴史
  2. 操業
  3. 衰退
  4. 復原
  5. 興味ある地点
歴史

メルトン・モーブレーを運河網に接続する最初の幾つかの提案は 1780 年にあり、 これはラフバラー水路 (Loughborough Navigation) とエレウォッシュ運河により達成された成功の後の事であった。 意図されたことはソアー川をレスターまで航行可能とし、 レイク川をメルトンまで航行可能とすることであった。 これらの最初の提案からは何も登場しなかったが、公の会合が 1875 年に開催され、 土木技術者のウィリアム・ジェソップ (William Jessop) が 10 月にルートを測量した。 およそ £6,000 がこの計画の資金繰りのために資本予約され、 アイ川 (River Eye) を上級化して ボートをオークハムに到達する考えと、スタンフォード (Stamford) まで運河を掘削する考えも表明された。 機会が到来して 1786 年 3 月に議会に法案を提出した時に、 2 つの法案が提出され、1 つはラフバラからレスターまで航行可能にし、 2 つめはソア川をラフバラからレイク川の河口までとレイク川をメルトンまで航行可能にするものであった。 主要なソア川の法案は敗北し、レイク川の法案は棚上げにされた。 これまでの 2 つの法案の両方をまとめた単一の法案が 1789 年に提出されたが、 再び敗北し、これはレスターシャー炭田からの反対によるものであった。 支持者は熱心に運動して、計画に反対する人々を説得した。 計画は再び 2 つに分割され、2 つの法案は 1791 年初頭に再提出された。 レスター水路法案は限定的な反対に直面したが、1791 年 5 月 13 日に認められ、 一方メルトン・モーブレー水路には反対がなく 1791 年 6 月 6 日に議会法が認可された。

議会法は所有者が株式を発行して £25,000 を集めることと、 必要であれば追加の £5,000 を集めることを可能にした。 株主の多くは地元の人であったが、離れた人も少々いた。 ウィリアム・ジェソップの助手のクリストファー・ステーブリー (Christopher Staveley) は詳細な計画を描き、 これに含まれたものは水門の場所の詳細と、水門を建設するのに必要な掘割 (cut) があり、 この上に航行を助けるために川を直線化する区間が含まれた。 10 ヶ所の製粉所が当時操業中で、 これにより 10 基の水門の場所と落差が決定された。 計画では掘割 (cut) の上端に掘割水門が示されていたが、 これらは下端に移動された。 というのはテムズ川でのジェソップの工事から、この配置の方が水門掘割が 川と再結合する場所で、砂州や浅瀬ができにくいからであった。 工事は議会法が認められてからすぐに開始し、ステーブリー (Staveley) は技術者として採用された。 もっとも会社の記録が残っていないため、建設の詳細はほとんど不明である。

ソア川からフリスビー製粉工場 (Frisby Mill) までの最初の区間は 1794 年 11 月に開通した。 運河は フランス革命戦争 (French Wars) の期間中に建設され、 インフレが問題となり、経費が予算超過となった。 1795 年 3 月に、特別な会合が開催されて、もっと資金を集める方法が考察された。 一方、7 月にステーブリー (Staveley) は投票で解雇され、ウィリアム・グリーン (William Green) が交代した。 彼はグランサム運河の建設に関連していた。 彼は労働者の技量と使用した資材が非常に劣悪であると断言したが、工事を完了して、 1797 年までに水路を開通させた。 第 2 の議会法が獲得されて、幾つかの資金上の問題が解決され、 プロジェクトの最終経費は £45,000 ぐらいであると思われている。 水路は長さ 14.75 マイル (23.74 km) で、12 基の幅広水門があり、 これがソアー川とメルトンの間で運河を 71 フィート (22 m) 持ち上げている。

操業

運河は主に田舎の任務に就き、交通レベルがこれを反映している。 メルトン・モーブレーの人口は 1801 年の国勢調査では 1730 人と記録されている。 主な貨物は石炭で、これを補足したのが: 大麦、 エンバク (oat)、小麦、花崗岩、石灰岩そして肥やし (manure) であった。 石炭の輸送は 1797 年に 16,781 トンにのぼる。 しかしながら、このうち 77% は運河を遡上し、残りは運河を下った。 従って、価格が変動した時にレスターで再販売されたようである。 オークハム運河は 1802 年に開通した時には資金的には決して成功ではなかったが、 メルトン・モーブレー水路に余分の交通を生み出し、 石炭のおよそ半分が運河を遡上してオークハムに至り、 農産物はレスターまで下った。 主な波止場はメルトン・ベイシンとリアーズビー (Rearsby) にあった。 もっとも、1839 年から 1842 年の期間の数には他に 9 つの波止場がある。 これらの正確な場所は推測である。 メルトン自身には新しい波止場が建設され、これが主ベイシンの西に; 倉庫、穀物貯蔵庫、石炭置き場、そして麦芽事務所を提供した。 株式の配当は少しづつ上昇し、 1809 年には 7.5%, 1821 年には 10% に達し、続く 20 年間はこのままであった。 通行料からの収入は 1830 年代に £4,000 を越えた。 貨物はとても成功したレスター水路に至るサイストン (Syston) での接続から恩恵を被った。

衰退

オークハム運河は決して、これほど利益があったわけでなく、およそ 3.8% の配当を支払い、 1844年の水がない夏には、水がないため、5 ヵ月間閉鎖した。 ミッドランド鉄道がサイストン・ピーターバラ鉄道を建設しようとした時に、 オークハム運河は交渉し、鉄道は 1847 年 10 月 29 日に運河を買収し、 運河を閉鎖して運河の一部分を鉄道に使用することを視野に置いていた。 メルトン・モーブレー水路への影響は劇的であった。 1847 年はこの運河にとり最良の年で、68,896 トンを運び、このうち 39,451 トンがオークハム運河に進んだ。 オークハム運河が閉鎖されて、翌年の交通は半分以下の 30,879 トンになり、 1850 年にわずか 13,301 トンに減少した。 収入は更にずっと下がり、1847 年の £4,830 から、1849 年の £415 に減少した。 運河会社は水路を 1860 年代にラフバラ水路 (Loughborough Waterway) に売却しようと試み、 次にミッドランド鉄道に売却しようとしたが、どちらも興味を示さなかった。 運河は 1877 年 8 月 1 日に閉鎖するまで奮闘した。

見捨てるための議会法では、見捨てる前に運河を良好にする必要があり、 この行程は技術者の A. W. ダルトン (A.W. Dalton) が監督した。 三日月型の堰が上流ゲートの場所に建設され、幾つかの橋は低くされ、 一方でそれ以外の橋は建設しなおされた。 曳舟道は岸の所有者から借り受けており、所有者に戻された。

復原

この水路とオークハム運河の復元は 1997 年に内陸水路協会のレスター支部により始めて提案され、 これにより メルトン & オークハム水路協会 が作られた。 低くされた橋は非常に少なく (主なものはサイストン (Syston) でフォス・ウェイ (Foss Way) を通しているリューイン橋 (Lewin Bridge))、 大半の水門は修理は必要であるが現存している。 水路復元グループのボランティアが、スリップウェイをメルトン・モーブレーで建設し、 少々の浚渫と曳舟道の修理を請け負った、 協会はサストランス・コネクト 2 (Sustrans Connect 2) のプロジェクトで働き、 サイストン (Syston) における入り口歩道橋 (entrance footbridge) を航行頭上余地がある橋と交換した。 サストランスは 2008 年に 「人々の宝くじ資金」 (People's Lottery Fund) で £5000万 の資金を与えられて、 79 のプロジェクトに資金を提供することになり、橋の交換はこの 1 つであった。 8 フィート (2.4 m) の頭上余地を提供する新しい橋の工事は 2012 年末に始まり、 これは; 協会、サストランス、レスター州議会、ブリティッシュ・ウォーターウェイズの間の長たらしい議論をしてからのことであった。 一旦完成すれば、リューイン橋 (Lewin Bridge) と ゲート・ハングズ・ウェル (Gate Hangs Well) のパブに至るまでの水路の 1 マイル (1.6 km) を開通させるには サイストン水門 (Syston Lock) を改装する必要がある。

興味ある地点
地名座標
メルトン・モーブレー・ベイシン
(Melton Mowbray basin)
52.7619°N 0.8844°W
アイ・ケトルビー水門
(Eye Kettleby Lock)
52.7576°N 0.9086°W
カービー・ベラーズ水門
(Kirby Bellars Lock)
52.7553°N 0.9359°W
アスフォードビー水門
(Asfordby Lock)
52.7603°N 0.9558°W
フライスビー・ミル水門
(Frisby Mill Lock)
52.7558°N 0.9679°W
ウォッシュストーンズ水門
(Washstones Lock)
52.7542°N 0.9839°W
ホビー水門
(Hoby Lock)
52.7500°N 1.0036°W
ブルックズビー
(Brooksby Lock)
52.7409°N 1.0099°W
スラッシントン・ミル水門
(Thrussington Mill Lock)
52.7350°N 1.0290°W
リアーズビー・ミル水門
(Rearsby Mill Lock)
52.7288°N 1.0509°W
ラットクリフ・ミル水門
(Ratcliffe Mill Lock)
52.7216°N 1.0671°W
ラットクリフ・メドウ水門
(Ratcliffe Meadow Lock)
52.7130°N 1.0734°W
サイストン・ミル水門
(Syston Mill Lock)
52.7064°N 1.0914°W
グランド・ユニオン運河とのジャンクション
(Jn with Grand Union Canal)
52.7009°N 1.0966°W