ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Steamroller - Wikipedia
蒸気ローラー (Steamroller)

蒸気ローラー (あるいは蒸気・ローラー) は蒸気エンジンで駆動されるロード・ローラー -- 道路や空港で表面を平らにすることに使用された重建設機械の一つ -- の一型式であった。 平らにする/平坦にする 操作は車両のサイズと重さ、及びローラー -- これは溝を切った道路車輪の代わりに装着した滑らかな車輪、 大きなシリンダー、あるいはドラムのこと -- の組み合わせで達成できる。

蒸気動力のロード・ローラー 20 世紀初頭のアベリング・ポーター
社の蒸気ローラー、コロンボの
ガンガラーマ寺院に展示。
アベリング・ポーター社の蒸気
ローラーの前方の光景、
コロンボのガンガラーマ寺院

蒸気ローラーの大半は外見はトラクション・エンジンに類似している。 というのは多くのトラクション・エンジンの製造業者は後に既存のデザインに基づいてローラーを製造したからで、 ローラー製造業者により所有されたある種の特許が、 他の業者により使用される一般配置に影響を与えたからであった。 2 つの車両の基本的な違いはローラーで、主要なローラーはトラクション・エンジンに装着される 車輪と軸の代わりになった。

世界中の多くの場所で蒸気ローラーの用語は推進方法と無関係に今でも使用されている。 これは典型的には (道路建設に使用される) 最も大きな機械の場合にこの用語が使用される。

  1. 歴史
  2. 配置
  3. デザインの造作
  4. 製造業者
  5. 使用
  6. ポピュラー・カルチャー
歴史

およそ 1850 年より前には蒸気ローラーの言葉はボイラーや船の製造をするための 曲がった鋼の板を製造する固定機械を意味した。 初期の蒸気ローラーはルイ・ルモワン (Louis Lemoine) によって 1860 年にフランスで実演され、 英国では 1863 年にウィリアム・クラーク (William Clark) と仲間の W. F. Batho により実演された。

アベリング & ポーター社 (Aveling & Porter) はこの製品を商的に成功裏に販売した 最初の会社である。 1866 年に、この会社は標準的な 12 公称馬力 (nominal horse power) を持つトラクション・エンジン の後部に 3 フィート幅のローラーを取り付けたプロトタイプを生産した。 この実験的な機械は地元紙によると世界で最初の蒸気ローラーで、公共の見世物となった。

1867 年に会社は最初の現実的な蒸気ローラーの製造を始めた -- 新しい機械のローラーは後部ではなく、前部に搭載され、 30 トン以上の重さがあった。 機械はチャタム (Chatham) の軍事道路、ロチェスター (Rochester) のスター・ヒル (Star Hill)、 ロンドンのハイド・パーク (Hyde Park) でテストされ、機械は大成功であることが判明した。 1 年以内に機械は世界中に輸出され、これにはフランス、インド、米国が含まれた。 ニューヨーク市の主任技術者がこれらの機械の 1 つについて言ったことは: 「10 ドルの経費でローラーを 1 日引けば、 8 匹の馬で 7 トンのローラーを 2 日間引くことと同じ仕事ができ、しかも後者の 1 日の経費は 20 ドルである。」

アベリング・ポーター社の
最初の成功した蒸気ローラー
写真はモデル "ブリタニア"

アベリング & ポーター社は、これに続く数十年間に彼らの製品を連続的に改良し続け、 1881 年の王立農業ショー (Royal Agricultural Show) で、完全操舵可能な前輪ローラーと 複合蒸気エンジン (compound steam engine) を導入した。

配置

蒸気ローラーの大半は同じ基本的な歯車駆動の 3 ローラー配置で、 2 つの大きな滑らかなホイール (ローラー) が後部に付き、 1 つの幅広なローラーが前部に付いている。 (実際は、幅広のローラーは軸を同じにする 2 つのより狭いローラーから成り、操舵を容易にしていた。) しかしながら、異なる変形 -- タンデム (tandem) -- があり、これには 2 つの広いローラーがあり、 1 つは前、1 つは後ろに付いていた。 ロビー社 (Robey & Co. ) によって製造されたものは彼等の標準的な蒸気ワゴン・エンジンを使用し、 ピストル・ボイラー (pistol boiler) と (2 つの) ローラーをガーダー・フレーム (girder frame) に装備して使用し、 更にチェーン駆動を使用して、タールマカダムやアスファルトのような現代的な路面に適した ローラーの急速な逆回転を生成した。 ロビー社のタンデム・ローラーの幾つかは改造して更に変型版 -- トライ・タンデム (tri-tandem) -- を作った。これには 3 番目のローラーがあるタンデムで、後部ローラーのすぐ後ろに搭載されていた。 ロビー社は部品を提供したが、改造はロイストンのグッデス (Goodes of Royston) が実施した。 10 基のタンデム・ロビー・ローラーと 2 基のトライ・タンデム・ロビー・ローラーは生き延びて保存され、 トライ・タンデムの 1 つは M1 自動車道の一部分を建設するために使用された。

1925 年のロビー・タンデム・ローラー
#42693。今ではロビー・トラストの所有

基本的な配置の変形はコンバーチブルである。 これは蒸気ローラーとしても、トラクション・エンジンとしても使用できるもので、 1 つの形態から他の形態に比較的短期間 -- 即ち半日以内 -- で変換できるものであった。 コンバーチブル・エンジンは地方の当局者に好まれた。 というのは同じ機械が冬には牽引に使用でき、夏には道路の修理に使用できたからである。

デザインの造作

大半の蒸気ローラーのデザインはトラクション・エンジンから得られるもので、 同じ会社によって製造されるが、それらを切り離す造作がある。

車輪

もっとも明らかな違いは車輪である。 トラクション・エンジンの車輪は一般に大きな組み合わせで製造された、スポークの付いた鋼の車輪で、広いリムが付いていた。 道路用に使用されるものは、 連続的な堅いゴムのタイヤがリムの周りにボルト付けされ、 タールマックの摩擦を改善した。 農業使用のエンジンはリムに沿って、斜めに一連のストレーク (strake) がボルト付けされ、 現代的な空気を入れたトラクターのタイヤのトレッドのように振舞い、車輪は典型的には 幅が広く、荷重をもっと均等に広げている。

訳注
ストレーク (strake) に関してはトラクション・エンジンを参照の事。

一方、蒸気ローラーでは後輪は滑らかで、前方にローラーがある。 ローラーは 2 つの隣接するシリンダーから構成され、両端で支えられている。 これはトラクション・エンジンの分離した車輪と軸を交換したものである。

スモーク・ボックス

普通の配置ではフロント・ローラーが中央の煙突の前に搭載されている。 ボイラーからの十分な余地を得るために (従って大きなフロント・ローラーから十分な余地を得るために) スモーク・ボックスは頂上で随分と前方に突き出て、 ローラー組み立て装置のベアリングを搭載する支持板を組み込んでいる。 これでスチーム・ローラーの前面に、特色のある覆われた外見が与えられた。 これによりスモーク・ボックスの扉に異なるデザインが必要となった。 -- 扉は横方向にスライドするのではなく、蝶番で上下する必要があった、 これは利用できる余地に限度があったからである。 クリーニングのためのボイラー・チューブへのブラシの挿入にも限界があり、 ブラシは通常はローラーのトップとフォーク (ふたまた) の間の小さなギャップから挿入しなければならなかった。

特別な装置

前方と後方のローラーには通常は 「引っ掻き棒」 (scraper bars) が付いていた。 車両が動くと、これらの棒はローラーの表面に付いた汚れを取り除き、 汚れが累積するのを防ぎ、仕上げが平らになることを確実にした。

幾つかの蒸気ローラーには 「舗装剥ぎ取り機」 (scarifier) が後部の炭水庫 (tender box) に装着されていた。 これは路面まで広げて道路を作る前に古い路面をはぎ取るために使用された。

別の付属品にタールの吹付機 (sprayer) -- ローラーの後部に搭載した棒 -- があった。これは一般的な備品ではなかった。

製造業者

英国は長年の間、世界に蒸気ローラーを輸出した大きな輸出国で、アベリング・ポーター社が恐らく最も有名で、 多産であった。

多くの他のトラクション・エンジンのメーカーが蒸気ローラーを製造したが、 アベリング・ポーター社以外で、最も人気があったのは: マーシャル、サンズ社 (Marshall, Sons & Co.); ジョン・ファウラー社 (John Fowler & Co.); 及びウォーリス & スチーブンズ (Wallis & Steevens) であった。

米国では、バッファロー・スプリングフィールド・ローラー会社 (Buffalo-Springfield Roller Company) は大きな製造業者であった。 J. I. ケース (Case) 社は彼らの名声の高い農業用エンジンの変型版の蒸気ローラーを製造したが、市場シェアは少なかった。 他の国にも製造業者がいた、これにはチェコ、スイス、スウェーデン、独、そしてオランダがあり、 蒸気ローラーを製造していた。

米国製 1924 年バッファロー・
スプリングフィールド社のローラー、
垂直ボイラー・デザインで、タンデム・
ロール、火室の扉の位置に注意、
フレームから外向き
同じローラーの他の側、
ずれた操縦位置。ドライバーは
ボイラー制御方向を向き
(逆向き)、右手で操縦
使用

英国には幾つかの企業が蒸気ローラーの自動車隊を所有し、 自治体と契約を交わして貸し出していた。 多くが 1960 年代にも使用され、何台かの蒸気ローラーは 1970 年代初頭にも道路保守にいまだに使用されており、 ディーゼル動力のローラーが今日でも口語的に蒸気ローラーと呼ばれる理由をある程度説明しているかもしれない。

かってのベッドフォードシャー州議会
所有のアベリング・ポーター社の
ローラー、2004 年
保存

多くの蒸気ローラーは動作可能な状態で保存され、特別な蒸気祭りの最中に実演されるのを見ることができ、 動作可能なスケール・モデルが展示されることもある。 英国の蒸気祭りとラリーの幾つかでは、 古い技術、道具及び機械を使用した道路建設の実演が、本物の衣装をまとった道路建設作業員 (Road-Gang) で再現されている。 蒸気ローラーは、これらの実演で顕著に呼び物にされている。 年に 1 度の グレート・ドーセット蒸気祭りには道路を作る機械に専念した部分があり、 これには可動な蒸気ローラーのラインアップが含まれている。

ポピュラー・カルチャー

英国の煙突修理工で技術熱狂家のフレッド・ディブナー (Fred Dibnah) は蒸気ローラーとトラクション・エンジンの保存で 英国の国内協会 (national institution) と呼ばれた。 彼が稼働状態にした最初のエンジンはアベリング・ポーター社の蒸気ローラーで登録番号が no. DM3079 であった。 これは 1912 年に建設された 10 トンのスライド・バルブ、単一シリンダー、4 軸のロード・ローラー であった。 このエンジンは彼の最初の妻にちなんで "アリソン" (Allison) と呼ばれたが、 離婚により "ベッツィー" (Betsy, 彼の母親の名) に改名された -- フレッドの観点では "妻は変わることがあるが、母親は変わらない"。 このローラーは多くのフレッドの初期のテレビ放送で呼び物にされた。 これは今でも英国の蒸気ラリーで見ることができ、 2011 年のグレート・ドーセット蒸気祭りで蒸気で駆動していた。

映画

ディーゼル動力のロード・ローラーの場合には映画での役割はしばしば致命的であるが、 蒸気ローラーの映画での登場は比較的に穏やかなものである。

1934 年の 「ミッキーの蒸気ローラー」 にはミッキー・マウスの甥による蒸気ローラーの ハイジャックがあり、これは破局的ではあるが致命的な結果とはならなかった。

蒸気ローラーは 1953 年の英国映画ティットフィールドのサンダーボルト (Titfield Thunderbolt) のわき役の一部で、これは映画の中で GWR タンク機関車に遭遇する。 1971 年の映画 「パパの軍隊」 (Dad's Army) でウォルミントン・オン・シー (Walmington-on-Sea) の小隊 が国防訓練 (Home Guard) の演習に派遣された。 行軍中に、ジョンズ (Jones) のトラックが故障してキャプテンのメインウェアリング (Mainwaring) は通りすがりの 蒸気ローラーを徴用してトラックを演習場まで牽引させた。不幸なことに、 メインウェアリングとジョンズはどちらもローラーの停止方法を知らないことに気づき、テントと装備をペッちゃんこにしてしまった。

(BBC 放送の) "アロー、アロー" (Allo, Allo) の中の 1 つのエピソード (シリーズ 3、エピソード 4 の "仮想のフライト" ) で、Kurt Von Strohn 大佐と Hans Geering キャプテンは蒸気ローラーを動かして古い鉄道パレードに潜入したが、 ローラーの止め方を知らずに、偶然に Fick 氏のゲシュタポ参謀の車に乗り上げ、破壊した。

文学

子供たちの人気が高いフィクションのキャラクターの幾つかは蒸気ローラーに基づいている。 蒸気ローラーのジョージ (George the Steamroller) は W. オードバリー師 汽車のえほんと、 そのテレビ化 きかんしゃトーマス (Thomas the Tank Engine and Friends) にも登場する。 ザ・パック (The Pack) のメンバーである "バスター・ザ・スチーム・ローラー" (Buster the Steamroller) は テレビシリーズでも登場する。

ローリー (Roley) は子供向けの本とテレビ・シリーズ ボブとはたらくブーブーズ (Bob the Builder) の主な車両キャラクターの 1 つである。 彼は緑のローラーで、運転台が付き、動力装置は収納され、煙突がない。 従って、明らかにディーゼル駆動である -- にもかかわらず、彼の公的な肩書は "蒸気ローラーのローリー" である。 これは 「蒸気ローラー」 の用語が現代のロード・ローラーを記述する例となり、いまだに英語ではびこっていることを示している。

音楽

蒸気ローラーはポピュラー音楽に影響を与えた。 例えばグループの 「バッファロー・スプリングフィールド」 は家の外に駐車されている蒸気ローラー (の製造業者) にちなんでグループ名を付けた。 歌の 「蒸気ローラー・ブルース」 (Steamroller Blues) は 1970 年にジェームズ・テイラー (James Taylor) により作曲・演奏され、その後エルビス・プレスリー (Elvis Preseley) のライブ・コンサートのお気に入りとなった。 ヴェルディ (Verdi) の イル・トロヴァトーレ、アンヴィル・コーラスは 世界のある場所で蒸気ローラと力に関連している。 米国の音楽グループ 「マンハイム蒸気ローラー」 の名称は 「蒸気ローラー」 と 「マンハイム・ローラー」 の用語がブレンドした結果である。 「マンハイム・ローラー」 は 18 世紀のドイツ音楽技術で、 次第に強くなる楽節 (passage) で特徴づけられ、 オスティナート・バス (ostinato bass) の上の上昇するメロディ・ライン (melodic line) を持ち、 マンハイム作曲楽派により人気が出た。 スティーム ( ピーター・ガブリエルの歌) も参照の事。

元のユーゴスラビアで、クロアチアのロック・バンドのパルニ・ ヴァリャク (Parni Valjak) の名称は「蒸気ローラー」を意味している。