ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Boulton and Watt - Wikipedia
ボウルトン・ワット (Boulton and Watt)

ボウルトン・ワットは初期の英国の共同事業で 海洋蒸気エンジン及び固定蒸気エンジンの設計と製造を手掛けた。 この会社はイングランドのウェスト・ミッドランズのバーミンガムの周辺で 1775 年に設立され、 イングランドの製造家であるマシュー・ボウルトンとスコットランドの技術者であるジェームス・ワットの 共同事業として設立され、事業は産業革命に重要な役割を持ち、19 世紀の蒸気エンジンの重要な製造業者となった。


ボウルトン・ワットの送風エンジン。英国バーミンガムの A38(M) 自動車道の
ダートマス・サーカス・ラウンドアバウトで組み立て直されている。これは
1817 年に建造され、ネザートン (Netherton) の M.W.グラゼブルック
(Grazebrook) の鉄工場で使用された。 位置
訳注
ダートマス・サーカスとは ラウンドアバウトの名称です。 Google の地図でズームインすると書いてあるのが読めます。
  1. 共同事業
  2. 人材の養成
  3. 記録文書
  4. 保存されている可動エンジン
エンジン共同事業

共同事業は 1775 年に形成され、分離凝縮器を持つワットの蒸気エンジンの特許を利用することになった。 これにより、より古いニューコメンのエンジンより燃料の使用でずっと効率がよくなった。 当初は事業はボウルトンのソーホーの自宅 (Soho House) の近くのソーホー・マニュファクトリーに本拠地があり、 これは当時は田舎のハンズワース教区の南端にあった。 しかしながら、彼らのエンジンの大半の部品は他の業者によって製造された。 例えばシリンダーはジョン・ウィルキンソン (John Wilkinson) が製造した。 1775 年に、彼らはイングランドのバーミンガムの近くのスメスウィック (Smethwick) のソーホー鋳造所で自分たちで蒸気エンジンの製造を始めた。 共同事業は 1800 年に彼らの子息に手渡された。 ウィリアム・マードックが 1810 年に共同事業に加わり、20 年後の 76 才における引退まで共同事業者であった。 事業は 120 年以上継続したが、1849 年に 「ジェームス・ワット会社」 と改名された。 1895 年にもまだ蒸気エンジンを製造していたが、この時 W & T アベリー会社 (W & T Avery Ltd.) に買収された。


ブリストルの気体研究所 (Pneumatic Institute)
のためにボウルトン・ワットがデザインした科学装置
人材の養成

事業は頭角を現す技術者人材の温床となった。 18 世紀にここで採用された人には、 ジェームス・ロー (James Law)、ピーター・エワート (Peter Ewart)、 ウィリアム・ブラントン (William Brunton)、アイザック・ペリンズ (Isaac Perins)、 ウィリアム・マードック (William Murdoch)、ジョン・サザン (John Southern) がいた。

記録文書

事業は極端に詳細な活動の記録文書を残し、これは 1911 年にバーミンガム市に寄贈され、 バーミンガム図書館に保管された。 図書館はそれ以来、それ以外の関連する記録文書を手に入れた。

追加の記録文書が 2015 年にボウルトン・ワット・コレクションに贈呈された。 これはジョン・リチャードソンにより実施された研究である (受け入れ番号 2015/049)。 記録文書に含まれているものは: 1989 年にレディング大学に提出された完成版の博士論文のコピーがあり、 オリジナルの博士論文はレディング大学が所有したままである。

ディスプレー・フォルダーには彼が多くの技術図面の書類入れで詳細に調査したテキストと図面が含まれている。

フォルダーには調査したすべての書類入れの詳細な手書きのノートが含まれている。 情報には書類入れの番号、図面の作成時期、使用されたテクニックが含まれている。 利用可能な場合には、ボウルトン・ワットの事業に関しての手紙や本やそれ以外の文献への参照が含まれている。

調査されたすべてのテキストと多くの図面を含んだ DVD 選集も記録文書に含まれている。

この研究は主にボウルトン・ワットの事業の技術図面への貢献に関連するものである。

保存されている可動エンジン