ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Smethwick Engine - Wikipedia
スメスウィック・エンジン (Smethwick Engine)

スメスウィック・エンジンはワットの蒸気エンジンで、ボウルトン・ワットにより製造された。 これはイングランド、バーミンガムの近くに設置され、1775 年 5 月に任に就いた。 現在では、このエンジンは最も古い可動な蒸気エンジンで、世界で最も古い可動なエンジンである。


バーミンガムのシンクタンク博物館の
蒸気が入ったエンジン
  1. 歴史
  2. 見どころ
歴史

元々、このエンジンはバーミンガム運河水路網の旧本線 (バーミンガム運河) の海抜 491 フィート (150 m) の頂上区間に揚水するために使用された 2 基の蒸気エンジンの 1 つであった。 設置された場所は、これが製造されたソーホー鋳造所から遠い場所ではなかった。 別のエンジンもボウルトン・ワットにより建造され、 頂上区間の反対側の端のスポン・レーン (Spon Lane) にあった。 1804 年に第 2 のボウルトン・ワットのエンジンが 1779 年のエンジンのそばに追加された。

エンジンが必要であったのは、 運河の頂上区間のど両側の水門 6 基を操作するには水源が不十分であったからである。 トンネルを掘削することができれば、水門の建設を避けることができた。 しかし土壌があまりに不安定であったため、ジェームス・ブリンドリーは当時利用可能な技術を使用して、 トンネルを建設することができなかった。 1780 年代掘割りがジョン・スミートンにより建設され、両側の 6 基の水門から 3 基を削除することが可能となった。

1820 年代にトーマス・テルフォードは旧運河に平行して、 より深い掘割で新運河を建設し、 (運河の水準を) 海抜 453 フィートのバーミンガム・レベル (=バーミンガムでの運河の水準) にし、 当時世界最大の土塁となった。 この場所をゴルトン橋が横断した。 エンジンはこのような開発にもかかわらず、まだ必要であり、 トーマス・テルフォードはエンジン小支線水道橋 (Engine Arm Aqueduct) を建設して、 エンジン小支線が新本線を越えて通過するようにした。 これにより石炭が小支線で輸送され、スメスウィック・エンジンに供給された。

エンジン小支線水道橋 スメスウィック新揚水棟

1892 年に、代わりのエンジンが新揚水棟 -- 現在ではグレード II の指定建造物で、ブラスハウス・レーン (Brasshouse Lane) に隣接 -- に建造された。 というのは元々のスメスウィック・エンジンを修理することが非経済的であると考えられたからである。 元々のスメスウィック・エンジンは取り除かれて、 ブリティッシュ・ウォーターウェイのオッカー・ヒル (Ocker Hill) の倉庫に保管され、 バーミンガム市議会が手に入れるまで、そのままになっていた。 エンジンは今ではミレニアム・ポイント (Millennium Point、多目的複合施設) のバーミンガム・サイエンス・ミュージアムであるシンクタンクに展示されている。 これは世界で最も古い可動なエンジンである。

エンジン棟は 1897 年に取り壊された。 元々の場所と基礎構造はスメスウィックのブリッジ・ストリート・ノース (Bridge Street North) で今でも見ることができ、ロルフ・ストリートとの交差点のすぐ北である。 見学はゴルトン橋運河遺産センターを通じて手配でき、 センターはスメスウィック新揚水棟に拠点を置き、 「サンドウェル博物館サービス」と「ゴルトン橋の友」により定期的に開館している。


スメスウィック・エンジンの場所にある青い銘板

揚水棟は 2011 年 11 月のディスカバリー・シェッド TV チャンネル (Discovery Shed TV channel) でアラン・ハード (Alan Herd) が司会したウォーター・ボートマンのエピソードで目玉にされた。

見どころ
旧揚水棟 52.4977°N 1.9622°Wブリッジ・ストリート・ノース, スメスウィック
エンジン小支線水道橋 52.4979°N 1.9665°W
新揚水棟 52.4981°N 1.9731°Wブラスハウスレーン、スメスウィック