ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Soho Foundry - Wikipedia
ソーホー鋳造所 (Soho Foundry)

ソーホー鋳造所は 1795 年にマシュー・ボウルトンとジェームス・ワット、 更には彼らの子息であるマシュー・ロビンソン・ボウルトンとジェームス・ワット・ジュニアが イングランド、ウエストミッドランドのスメスウィックに建設したものであり、 蒸気エンジンの製造を目的としていた。 現在はアベリ・ウェイトロニクス (Avery Weigh-Tronix) が計量機械の製造に使用している。

ソーホー鋳造所メイン・ゲート メイン・ゲートにある青い銘板 ソーホー鋳造所ループ (現在は
水が無い) への入り口にある
指定建造物の移動橋

ソーホー鋳造所の初期の歴史は産業革命の歴史と 管理論 (management theory) の発展の研究に中枢的に重要である。 ソーホー鋳造所はその計画、製造工程、管理技術の洗練された方法において、 当時の他の工場から傑出しており、1 世紀後まで普通のものとはならなかった概念を実施していた。 20 世紀初頭のヘンリー・フォードとフレデリック・ウィンスロー・テイラー (Frederick Winslow Taylor) により有名となった量産技術・科学的経営とソーホー鋳造所の作業を比較して、 エリック・ロール (Eric Roll) が書いていることによれば 「テイラーもフォードもあるいはほかの現代の専門家も 1805 年前にソーホーで発見されなかったものを一切使っているわけではない」

  1. 歴史
  2. 今日
歴史

工場はバーミンガム運河の端に建設され、1795 年に購入した土地に建設された。 翌年、鋳造所が開設した。

組織

ソーホー鋳造所はその当時の工場には前例のない洗練された方法で計画された。 製品は標準化された交換可能な部品で製造され、作業が実施されている時の監督の必要性を削減し、 備品の管理を単純化し、顧客のために欠陥を効率よく修理することが可能となった。 製造工程は小さな作業に分割され、労働者の間に極端に高度な専門化を可能とした -- 例えば、1801 年の文書は、如何にして 4 名の特別な労働者が 「ノズルを装着するのに常に採用されていたか」 を述べている。 これらの作業は製造の流れに沿って、広々と配置された一連の作業場所で実施され、 工場を通り抜ける物資の動きで、出費と時間の浪費を最小になるようにした。

鋳造所の会計方式 (accounting procedure) は現代の方式と強烈に類似しており、 3 つの主要な操業部門 -- 鋳造部門、錬鉄の部品を作る鍛冶屋部門、 部品を組み立て、これを組み上げる装着部門 -- の各々が独立した収益集団 (profit center) として操業していた。

ソーホー鋳造所は人事管理でも革新的で、 経営者育成プログラム、疾病給付計画、福祉プログラムを立ち上げていた。 1912 年に会社のマネージャーのウィリアム・エドワード・ヒプキンズ (William Edward Hipkins) は一等船客として旅行している時にタイタニック号の沈没で亡くなった。 彼は 55 才で、遺体は見つかることがなかった。

後の進展

1840 年までにジェームス・ワット・ジュニアは操業者のボウルトンとワットの死後に会社を所有した。 彼は 1848 年に亡くなり、彼の立場は H. W. ブレーク (H. W. Blake) が引継ぎ、 会社の名称がソーホー鋳造所からジェームス・ワット会社 (James Watt & Co.) となった。


ジェームス・ワット会社の時代の広告

1853 年に蒸気船 SS グレート・イースタンのスクリュー・エンジンが鋳造所で建造された。 1860 年に新しい造幣が鋳造所で開始され、マニュファクトリーはマシューの孫であるマシュー・ピアズ・ワット・ボウルトン (Mathew Piers Watt Boulton) によって閉鎖された。

1861 年にはロンドン圧縮空気発信会社 (London Pnewmatic Despatch Company) のためのテストがソーホー鋳造所で実施された。

1895 年、W & T アベリー会社 (W & T Avery Ltd.) が継続企業として鋳造所を獲得した。

今日

これは、現在では計量機械を製造しているアベリ・ウェイトロニクスとアベリ・ベルケル (Avery Berkel) の本拠地となっている。この場所はウイリアム・マードックの小屋を含み、 ブラック・パッチ公園 (Black Patch Park) を見下ろしている。

小さな博物館があり、予約で開館するが、現在は閉鎖されている。

鋳鉄製のグレード II の指定建造物である 「プーリー門」 に付けられている模様は 「布をまとったロープ細工の上のリバー鳥 (Liver bird) に海のシンボル -- これにはオール、旗、ラッパ、操舵輪そして交差するイルカが含まれている -- が寄り添っている」。 銘板には次のように書かれている: 「この門は 1840 年頃に 「ヘンリー・プーリー & サン」(Henry Pooley and Sun) により 「船乗りの家」 (Sailor's Home) のために鋳造された。アベリ鋳造所とプーリー鋳造所は 1931 年に合併した。」 この門をリバプールに戻すための活発なキャンペーンがあり、 その結果、サンドウェル議会が 2011 年 3 月に門を返却することを申請することが承認された。 復元されてから、門は 2011 年 8 月 8 日にリバプールに返却され、 「船乗りの家の入口」(Sailor's Home Gateway) として再建され、 再建場所は元々の 「船乗りの家」 に近いリバプール・ワン (Liverpool One) のパラダイス・ストリートの歩行者区間にある。

訳注
  1. リバー鳥はリバプールのシンボル。 リバプール市を代表するものとしての鳥の使用は中世にさかのぼるが、 リバー鳥がリバプールに固有な架空の生き物という考えは 20 世紀に発展した。 鳥は通常は鵜に類似の形で表示され、リバプールの紋章のようなものに登場する。 (Liver bird)
  2. 説明が少し不足しているので Liverpool Sailors' Homeから引用します。
    • リバプール大空襲の戦争の被害を修復するために、 門を取り外して、「ヘンリー・プーリー & サン」を吸収した W & T アベリに売却した (1951 年)。 そしてソーホーのアベリ歴史博物館に送られた。
    • 1974 年 - 1975 年に「船乗りの家」が取り壊され、 その後 30 年間何もなかったが、再開発されてリバプール・ワン (色々な施設) になった。
    • サンドウェルはバーミンガム市の西にある都市型自治区 (metropolitan borough) で、ソーホーのある場所。
上の文章はあとから無理につぎ足したようで、以下直後に登場する建造物とはこの門のことと思われ、 門がまだソーホーにある時に書かれているようです。

建造物はグレード II の指定建造物である。 門と隣接する運河の橋はグレード II の指定建造物である。

ここで建設された最も古い可動な蒸気エンジンは、スメスウィック・エンジンで、 近くの運河の水門でスメスウィック頂上区間に揚水するために建設され、 現在はバーミンガムのサイエンス・ミュージアムであるシンクタンクにある。