ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

William Murdoch - Wikipedia
ウィリアム・マードック (William Murdoch)

ウィリアム・マードック (William Murdoch、 時には William Murdock と綴る。1754 年 8 月 21 日 - 1839 年 11 月 15 日) はスコットランドの技術者で長期にわたる発明家であった。


ウィリアム・マードック

マードックはボウルトン・ワットの会社に採用され、 彼らのために コーンウォールで蒸気エンジンの組み立て技術者として 10 年間働き、 それ以外の大半の時間はイングランドのバーミンガムで過ごした。

マードックは「首振りシリンダー蒸気エンジン」の発明家で、 「ガス照明」は 1790 年代初頭の彼の発明によるものとされ、 ガスタンク (gasometer) の用語も彼によるものである。 しかしながら、アーチボルド・コクラン (Archibald Cochrane) -- 第 9 代ダンドナルド卿 -- は 1789 年に彼の家族の邸宅で照明用にガスを使用していた。 マードックは蒸気エンジンに新考案を導入し、これには太陽・惑星歯車装置と 「D スライド・バルブ」が含まれ、 「蒸気銃」と「圧縮空気通信システム」を発明し、 英国の最初の外輪船の 1 隻を英国海峡を横断させるための仕事をした。 マードックは 1784 年に蒸気機関車のひな型を製造し、 化学で幾つかの発見をした。

マードックはボウルトン・ワットに採用され続けたが、 後にはボウルトン・ワットの共同事業者となり、1830 年代まで継続した。 彼の発明家としての名声はボウルトン・ワットの名声と、彼らが設立した企業の理由から影が薄かった。

  1. 初期の生活
  2. バーミンガム
  3. コーンウォール
  4. 機械的改良と発明
  5. 蒸気動力による移動 (locomotion)
  6. 化学の発見
  7. ガス照明
  8. 蒸気ボート ザ・カレドニア
  9. 後年
初期の生活

ウィリアム・マードックはスコットランド、 イースト・エアシャー (East Ayrshire) のカムノック (Cumnock) の近くのルガー (Lugar) で生まれ、7 人兄弟の 3 番目で、幼年期を越えて生き延びた最初の男の子であった。 彼はジョン・マードック (John Murdoch) の子息で、 ジョン・マードックはかってはハノーバー王家砲兵隊の射撃手であったが、 ミルライトとなり、 オーキンレック (Auchinleck) のジェームス・ボズウェルのベロ工場 (Bello Mill) のテナント (借家人) となった。 ウィリアムはオールド・カムノック教会学校 (Old Cumnock Kirk School) で 10 才になるまで教育を受け、 その後、オーキンレック学校でウィリアム・ハルバート (Halbert) に学んだ。 ウィリアム・ハルバートは高く評価されている算術の教科書を著した人であった。 マードックは数学に卓越していた。 マードックは 力学 (mechanics) の原理、実用的な実験法 そして父親の仕事の助けをすることにより金属と木材の作業を学んだ。 1763 年頃に父親と一緒になって、「木馬」を作っている。 彼の「車輪を付けた木馬」は手動クランクで動く三輪車であった。 マードックは若い時にニス川 (River Nith) を超える橋の一つの建設に責任を負ったという伝えがある。 これは恐らくは、1774 年にルガー川 (Lugar Water) を越える Craikston 橋の建設で彼の父親が働いたことに由来している。 この工事にはウィリアムも関連したことであろう。 彼は石炭ガスで実験を実施したとも言われており、 父親の工場の近くの小さな洞窟で、銅のヤカンで石炭を加熱したと言われている。 しかしながら、同時期の文書には記録がない。

バーミンガム

1777 年の 23 才の時にマードックは徒歩でバーミンガムまで行った。 距離にして 300 マイル (480 km) あり、 蒸気エンジンの製造業者であるジェームス・ワットに仕事を求めた。 ワットとマードックは共におそらく互いに知っていたであろう、 というのはジェームズ・ボズウェルとの関連からで、 ジェームズ・ボズウェルはソーホーのワットの作業場を何度か訪れている。 ワットの共同事業者のマシュー・ボウルトンは マードックの木製の帽子 -- マードックが自分でデザインして旋盤で作った -- に非常に印象付けられたので 彼を採用した。 マードックはボウルトン・ワットで自身の経歴を始め、 彼らのソーホー (Soho) 鋳造所の鋳型の作業場で機械部品鋳造のための鋳型を作った。 1778 年にワットは次のように書いている:

ウィリアム・マードックが手元にいなければ、直ちに彼を呼び寄せなければならない、 彼が鋳型を理解しており、失敗を避けるために注意を払う必要がある。 エンジンの仕事場では何度も失敗しているからである。

マードック (Murdoch) はイングランドに落ち着いたときに自分の名前を英語風に Murdock に変えた。 マードックは蒸気エンジンに (部品を) 装着したり、エンジンを設置する仕事に進み、 時々この目的のためにソーホーから派遣された。

1779 年に、ボウルトンは次のような手紙を書いた:

ウィリアム・マードックは貴重な人物で、 彼には礼儀正しく振舞い、奨励すべき人物であると、私は考える。

ワンロックヘッド鉱山 (Wanlockhead Mine) でエンジンを 1 人で設置する最初の仕事で、 標準的なボウルトン・ワット・エンジンに最初の多くの改良をし、 歯車の配置をやり直して、排気軸の作動で、蒸気バルブが自動的に動作するようにした。

コーンウォール

1779 年の 9 月に、マードックは上級エンジン設置者としてコーンウォールのレッドラス (Redruth) に派遣され、ボウルトン・ワット・エンジンの設置と保守・修理の責任を担った。 これらのエンジンはコーンウォールのスズの鉱山から水を汲み上げることに使用され、 従って、エンジンの効率と効能は鉱山から抽出されスズの量の重要な因子となり、金銭に関連した。 当時、蒸気エンジンは単純に顧客に売却されるのではなく、「投機家」 (adventurer、株主のこと) と呼ばれるグループのために建造業者が (エンジンを) 操業・維持しなければならなかった。 エンジン製造業者は完成したエンジンにより支払われるのではなく、 エンジンの効率を基礎に置いた複雑な公式により支払われ、ワットは次のように述べている:

我々の利益はエンジンを作ることによって発生するのではなく、 普通のエンジンを作り直すことによる燃料の節約の、ある一定の割合から発生し、 節約とは同量の水を同じ高さまで持ち上げること 【訳注:同じ 仕事量】における (燃料の) 節約のことである。

従って、エンジンから最大限のものを引き出せるマードックの技術は直接にボウルトン・ワットの収入に影響した。 これを彼は 1782 年に極めて成功裏に実施したため、ボウルトンは次のように書いている:

我々には、もっとマードックのような人が必要である。 他にも色々いるが、 彼が最も活躍し、私の見た限りでは最もすぐれたエンジン設置者である .... 彼がした仕事を見た時に、これは私にショックを与え、マードックの精神と行動に完全に依存しているように思われた。 彼は 3 日も寝ていなかった。

蒸気エンジンでしばしば起きる問題から、 自分が面倒を見ているエンジンの修理をしたり、性能を改良したりするために、 マードックは地域一帯を移動するのに忙しかった。

産業スパイ

コーンウォールにはこの当時、多くのエンジン設置者がおり、 互いに競争し、各々互いに異なる技術方法を使用して、同じ結果を達成していた。 その結果、技術的新考案のコピーと特許の侵害が大量に起きており、 しばしばこれは技術者の何気ない会話や、エンジンの改造を現実的に観察することにより起きていた。 特許が侵害される危険はとりわけワットをいらだたせたもので、 マードックは他の行動に付け加え、ボウルトン・ワットの競争相手に対しての 訴訟の報告と宣誓供述書に宣誓することが要求された。 この当時の硬く結合して、同族的なコーンウォールでは、自己責任ですることであった。 彼の同僚がワットに述べているように:

もしも彼が Carpenter や Penandrea に対して宣誓供述すれば、 レッドラスには安全な場所がないであろう。
訳注
Carpenter と Penandrea に関してはあまりはっきりしないが、Panandrea 鉱山があることが、 ネットの検索からわかる。

この初期の産業スパイはすべてが一方方向にあるわけではなく、 マードックはしばしば競争相手のエンジンを視察することが要求され、 特許が侵害されているかを決定したり、エンジンの効率性を評価した。

機械的改良と発明

コーンウォールに拠点を置いていた時に、 マードックは蒸気エンジンに関連した広範囲な機械的な問題を扱わなければならず、 これによりボウルトン・ワットによって使用された蒸気エンジンの基本デザインに現実的な改良を加えることになった。 1782 年から、マードックが多くの発明と改良でワットと議論し、協調していたことの証拠がある。 しかしながら、ワットの記録文書には、1780 年から 1797 年にかけて、 マードックがワットに宛てた手紙が紛失しており、 ジョン・グリフィス (John Griffiths) の議論する所では、これはワットの子息のジェームス・ワット・ジュニアが、 父親の特許の幾つかの源泉の証拠を隠すことによって、 父親の名声を保持しようとした試みである。 マードックの雇用契約にはボウルトン・ワットの他の従業員と同様に、 彼のどのような発明も雇用者の知的財産となることが明記されていたことはほとんど確実であり、 これらの発明の特許を提出し、利益を得ていたのは雇用者であった。

マードックの最も重要な発明で、彼が発明したことの証拠が残っているものに、 「太陽・惑星歯車装置」 があり、 蒸気を使用して 「軸あるいは中心の周りの連続した回転運動あるいは円運動を生成し、 従って工場の車輪や他の機械を動かした」。 この歯車は蒸気エンジンにより駆動されるビーム (梁) の垂直な動きを、 ビームに連結された棒 (rod) の端に固定された 「惑星歯車」 を使用して円運動に変換した。 ビームの動きにより、これ (惑星歯車) が第二の 「太陽歯車」 の周りを回転し、 太陽歯車は駆動軸に固定され、駆動軸を回転した。 この回転運動を実現するシステムは 1781 年 10 月にジェームス・ワット自身の名前により、 特許が取られた。 もっとも、ボウルトン・ワットの伝記作者であるサミュエル・スマイルズ (Samue Smiles) はこの発明をマードックによるものとしている。 1781 年 8 月の日付があるマードックの手による太陽・惑星システムの絵も存在している。 この発明がマードックのものだとする別の証拠にはボウルトンが他の同僚にあてた手紙があり、 この中でワットの今度の 10 月の特許に触れ、次のように書いている。

彼には追加の別の回転計画があり、 この発明がマードックにより始めて考案されたのは随分以前のことで、 この時これを彼 (ワット) に話すこともできた。 しかし私はこれが重要な結果になるとは思わなかった (ので話さなかった)。

マードックの別の新考案は 1799 年の発明で、 当時一般的であったものよりはずっと単純でもっと効率的な「蒸気車輪」 (steam wheel) であった。 蒸気車輪は蒸気タービンの先駆で、この中を通り抜ける蒸気の圧力で直接 (車輪を) 回転させるものであった。 この時までに、マードックの契約は修正され、彼は自分の名前でこの装置の特許を取ることが出来た。

マードックは圧縮空気で多くの実験を実施し、最初の 「圧縮空気通信システム」 を開発した。 このシステムは圧縮空気により、管の中の通信文が入ったシリンダーを (圧縮空気の力で) 目的地まで届けるものであった。 このシステムは 「ロンドン圧縮空気発信会社」 (London Pneumatic Despatch Company) により開発され、 広く使用され、とりわけ ハロッズ (Harrods) がこのシステムを少なくとも 1960 年代まで使用した。 マードックは訪問者の到来を知らせるために家庭でベルを鳴らすためにも圧縮空気を利用した。

マードックの他の些細な発明と実験の幾つかには次が含まれている: コーンウォールで 1784 年と 1785 年に発明された機械で、 木製のパイプの穴を開ける機械 (1810 年に、更に発展して、石のパイプを作るものが特許になった)。 蒸気大砲、これはソーホーの壁を崩すために 1803 年に使用を試みた。 同じ年に 3 cm の鉛の弾丸を発射する 「蒸気銃」。 大きな圧力をかけて ピート・モス (peat moss) を砕き、圧縮して 最もすぐれた 黒玉の外見をした材質を製造する機械。

訳注
オクスフォード辞書 (Oxford Dictionaries) では peat moss のことを次のように述べています。
大きな吸湿性のコケで、沼地に密生して生え、下の部分がゆっくりと腐敗し、 泥炭 (peat) の堆積になる。 (a large absorbent moss that grows in dense masses on boggy ground, where the lower part decay slowly to form peat deposits.)
蒸気動力による移動 (locomotion)

ウィリアム・マードックの名前でほとんど知られていない重要な発明は、 1784 年における蒸気車両あるいは道路移動装置 (road locomotive) の英国で最初の可動なモデルである。 フランスの技術者のニコラ=ジョセフ・キュニョー (Nicholas-Joseph Cugnot) はすでにそのような装置の有効性を実演し、 2 台の実物大の可動蒸気車両を建造 (1769 年) した。 1 台は 4-5 トンを運びようにデザインされた。 必要であったことはもっと効率の良いデザインであった。

マードックの考えと、この輸送方法の最も初期の言及は 1784 年の 3 月におけるもので、 彼のコーンウォールにおける同僚のトーマス・ウィルソン (Thomas Wilson) がマードックの 「新しい計画」 のことで、 ワットに手紙を書いている:

蒸気エンジンにより車両を道路で牽引することは ...... 彼が言っている事によれば、彼が提案するものはあなたがかって考えたどのようなものとも異なり、 これに解答を与えることをはっきりと確信し、 これで随分と儲かることになる。

ワットからの返答が明白にしたことは、 そのようなアイデアには将来がないとワットが考えていることであった。 ワットはコーンウォールにおけるマードックの助けを失うことを恐れ、 マードックにその計画を思いとどまらせようとした。

ボウルトンからの後の 1 通の手紙がマードックの計画の詳細を明らかにしていた。

彼は凝縮した蒸気の大半を広い銅版に打ち付けて捕捉し、 たれ落ちる凝縮した水をとらえてボイラーか、他の貯水槽に戻すことを考えている。 これは雨の日や凍り付くような天候には良いことがあり、 丘や谷で使用するために水平線とのなす角に応じて異なる回転装置を提案している。 ...... 彼はコーンウォールにおける事業と利権をすぐにも捨ててまで、 これを実施することはないだろうと、私は思っています。

同じ手紙の中で、ボウルトンはワットの特許申請に、蒸気動力の車両のことを含めることをひそかに促した。 これはその後、まもなくワットが実施した:

私はできる限り車両用のエンジンの描写を与えたが、これは大いに欠陥があり、 他の人が類似の特許を取らせないようにすることの役にしかたたない。

この時までに、マードックは彼の可動な蒸気車両のモデル (現在ではバーミンガムのサイエンス・ミュージアムであるシンクタンク (Thinktank) にある) をすでに製造していた。目撃者による事の顛末が存在しており、 彼は 「蒸気車両のモデルが 1784 年にレッドラスのマードックの居間で走り回るのを見た」。 これは人間が作った機械が自分の力で走り回る英国で記録された最初の実例である。

マードックの可動モデルは 3 輪の車両で、およそ 1 フィートの高さがあり、 エンジンとボイラーが 2 つの大きな後輪の間にあり、その下にあるアルコールランプが水を加熱し、 前方の舵柄 (tiller) が小さな前輪の向きを変える。 モデル機関車の機械部は幾つかの新考案を組み込み、これにはボイラーの安全弁があり、 シリンダーを部分的にボイラーに埋め込み、 「D スライド・バルブ」 の系譜にある新バルブシステムを使用していた。


マードックの蒸気車両のモデル

このモデルはマードックにより作られた唯一つのモデルではなく、 彼はデザインで実験することを継続し、 1786 年 8 月までには少なくとも 1 つのモデルを別のサイズで製造しており、 これが我々の知っていることである。 これを除いては 1784 年から 1786 年にかけてマードックは彼のデザインで作業していたわけではないようである。 というのは、ボウルトン・ワットの大量の仕事が継続し、 彼の 1785 年の結婚と、同年に彼と妻の間に双子が生まれたことによっていた。 この誕生の少し後に、第 2 のモデルがすでに製造されていたため、 マードックは彼の蒸気エンジンの特許を取るためのステップを踏んだ。 しかしながら、ロンドンへ向かう途上のエクセター (Exeter) で、 彼はボウルトンと出会い、ボウルトンは特許を取らずにコーンウォールに戻るように彼を説得した。 ボウルトンは 1795 年の 9 月 2 日にワットに次のような手紙を書いている:

彼はロンドンに人に会いに行くと言ったが、 そこに行って蒸気車両 (のモデル) を見せて、特許を取るつもりであることに気がついた。 彼は Sadler が言ったことを W.Wilkn から聞き、 彼も新聞で Simmingtons のことを読み、これでウィリアムの炎を燃え上がらせ、蒸気車両を作ろうといらだった。 しかしながら、私は彼を説得して、翌日の乗合馬車で直ちにコーンウォールに戻るように仕向けた。 その結果、今日の昼に、ここに到着し、 その時から蒸気車両の梱包を解き、リバーズ大広間 (River's great room) で 1, 2 マイルを円状に走らせ、 (ミニチュアの) ショベル、火かき、火ばしを運ばせた。

トルーロー (Truro) のキングズ・ヘッド・ホテル (King's Head Hotel) のリバーズ大広間における 蒸気車両の実演は蒸気機関車が実際に動いているのを見せた英国で最初の公的な実演である。

1786 年以後は、ワットやボウルトンの手紙にはマードックの蒸気車両の仕事に関しての言及はないが、 彼が雇用者の支援なしに蒸気車両の仕事を継続したことに関しての大量の証拠がある。 ある人は実物大の装置を作られたとも言っている。 実物大の車両と彼のモデルに関する話では、 ある晩マードックは戸外で車両をテストしようとしたが、 すぐにも彼より速くなり、彼は追いかける羽目になった。 追いかけている最中に地元の聖職者が多大に苦悩しているのに遭遇した。 彼は渦巻く煙と火がボイラーの下で燃えているのを見て悪魔と思ったからであった。 この話は正確かもしれないが、 実物大の蒸気車両というよりは、モデルに関連していると思われる。

よく語られるもう一つの話は、これはほとんど疑わしいものであるが、 マードックは 「鉱山から鉱山にガスで点火した蒸気馬車」 で移動した。 これは当時の道路状態のことを考えれば、無視すべきである。 しかしながら、ジョン・グリフィス (John Griffiths) が議論する所では、 マードックは 1790 年代のある時期に、実物大の蒸気車両を作ったかもしれないとのことで、 これがこの話の出所かもしれない。

他の人による後世の蒸気機関車の発展にとって重要な事実は、 1797 年と 1798 年にリチャード・トレビシックがウィリアム・マードックが住んでいた家 (1782 年 - 1798 年) の隣に住んだことである。 トレビシックはマードックの実験を見て、影響を受け、 この領域におけるマードックの仕事に確かに気が付いたことであろう。 マードックの子息のジョン (John) によれば、 1794 年にモデル・エンジンを見るためにトレビシックとアンドルー・ビビアン (Andrew Vivian) が訪問している:

蒸気車両のモデルは 1792 年の夏に作られ、 そしてレッドラスの多くの住民に見せた。 およそ 2 年後にトレビシックと A. ビビアンがレッドラスの父親の家を訊ねた。..... 私の父親がちょっと口にしたことは..... その日、彼らは強力蒸気を使用して、真空を使用しない蒸気車両のモデルを見せてもらいたいと訊ねてきた。 これは、直ちに可動な状態で彼らに見せた。

いずれにせよ、ボウルトンとワットの支援なしで -- ワットが信頼していなかった高圧蒸気を使用する必要性から、彼らはマードックの仕事に反対していたようである -- 自分の発明を発展させたり、世間の注目を集めることもできず、 トレビシックとそれ以外の人々に後世での商的な発展がゆだねられた。

化学の発見

機械的業績に付け加え、マードックは化学の分野でも実験をしており、 幾つかの発見をしている。 そのようなものに、1784 年に始めて記録された 「鉄セメント」 (iron cement) の発見があり、これは 塩化アンモン石あるいは 塩化アンモニウムと鉄の充填剤から製造され、 マードックが 2 つの成分を偶然に道具袋の中で混ぜて、 硬い塊となったことで発見されたようである。 この鉄セメントは蒸気エンジンの接合箇所を固定し硬化させることに使用され、 硬くて永続性のある密閉材となった。

別の発見で、マードックが特許に取ったものは:

同じ材料で同じ工程から以下のものを作る技法あるいは方法: 全く新しい硫酸鉄、硫酸塩、異なる種類の染料、塗料、異なる色、 あらゆる船舶の底及び水に浸す必要があるすべての木材を 海草、フジツボ、および付着する見苦しさから保存するための合成物。

この特許は 1791 年に提出された。 この当時は発展することがなかったが、 これは アニリン染料とコーティングの最初のステップと見なすことができる。

英国のアイシングラス

1795 年にマードックは アイシングラス -- チョウザメから作られる沈殿物 -- の代替物を開発した。 アイシングラスは不純物を除去することによりビールを澄ますことに使用され、 ロシアから高値で輸入しなければならなかった。 マードックの代替物は乾燥タラから作られ、 1 ポンド当たり 25 シリング (これがアイシングラスの値段) よりもずっと安かった。 この経費の節約は非常に魅力的だったので、 ロンドン醸造委員会は彼の発明を使用する権利として £2000 を支払った。

マードックのアイシングラスの代替物は非常に効果的だったので、 英国関税物品税局 (British Custom and Excise Authorities) が持ち込んだ裁判で、 著名な化学者であるサー・ハンフリー・デイビー (Sir Humphry Davy) が 「ビールを精製する目的で使用することは適切」 であるか、否かとの質問の解答に次のように証言した:

適切に準備すれば適切であると思われます。 -- これはアイシングラスと同じ成分だからです。

マードックによる 「英国の魚で作ったアイシングラス」 は使用され続け、 英国の醸造業が輸入原料への依存の削減で重要な役割を演じた。

ガス照明

マードックが最も良く知られているキーとなる発明は油や獣脂による照明の代わりに ガス照明を使用したことである。 彼がガス使用の実験を始めたのは 1792 年のことで、 ガスは石炭などを加熱することで得られ、 これを照明に使用しようとした。 多くの人は実験は洞窟の中で行われたと信じている。 彼が、いつこの工程の実施を実演したのかに関しては少々不確実であるが、 大半の情報源では 1792 年から 1794 年のこととしている。 実用的な目的のためにガスを使用するにはガスの生成と保存の方法を開発する必要がある。 この工程がいつ完成したのかに関しては随分疑問がある。 しかし、数多くの説明から、 1794 年までにマードックは加熱して石炭を含む蒸留器から石炭ガスを生成し、 蒸留器に 3 - 4 フィートの鉄の管が接続され、ここをガスが通り、 古い鉄砲の銃身に送られ、ここで点火されて明かりを生成した。

レッドラスにおける彼の家がガス照明をした最初の家庭である。

レッドラスのマードック・ハウス マードック・ハウスの壁にある銘板

これに続く数年間にマードックは 「異なる物質に含まれているガスの量と質に関しての一連の実験」 を実施し、 ガスを輸送・保存、精製、および点火するための最も良い方法に関しての実験も実施した。 ウィリアム・フェアベーン (William Fairbairn) の説明から、 マードックが時々手提げランプでガスを使用したことが知られている。

暗い冬の夜に、このような悪路でその家にどのようにして行き着くかは簡単に解けない問題である。 しかしながらマードック氏には有益な資源があり、 ガス工場に行って空気袋 (bladder) に (ガスを) 詰めて、これを腕の下にバグパイプのように持ち、 古い煙草パイプの柄からガスを放出させ、これによりメドロック・バンク (Medlock Bank) まで安全に歩くことができた。

1798 年にマードックはバーミンガムに戻り、ソーホー鋳造所で働き、 ガスで実験を継続した。この一環として、ソーホーのメイン・ビルディングの内部の照明に取り入れた。 もっとも、これは建物の一部分のみで、(この時点では) 一時的なものであった。 1802 年に アミアンの和約の公的な祝賀の一環として、ソーホー鋳造所の外部を照らして、公的な展示とした。 ガスによる照明が取り入れられた最初の産業工場はマンチェスターのフィリップス・リー (Philips and Lee) の木綿工場があり、1805 年にマードックにより完全照明された。 これはアイデアが提案されてから 4 年後のことであった。 当初はこの工場には 50 個のガス灯があった。もっとも、これはすぐにも 904 個に増えた。 この計画を完成するために費やされた時間の長さは、部分的にはマードックにより開発された工程における実験と改良によっており、 これは大きな工場でのガスによる照明を現実的で費用がかからないようにするためであった。 このためには、 例えばガスを石灰で浄化して、においを取り除き、最大量のガスを得るための最適な温度を決定する必要があった。 もっともマードックはボウルトン・ワットの別のエンジンの仕事に関わり続け、こちらの方が彼の大半の時間を占めた。 彼の先駆的な仕事にもかかわらず、彼はこれを特許にしそびれたため、この発明から金を得ることがなかった。 特許にしそびれた理由は、この発明は特許にはならないとしたジェームス・ワット・ジュニアの忠告によっているかもしれないし、 彼の 1791 年の初期の特許であるアニリン染料の初期段階での商用利用で失敗したことによっているかもしれない。 特許にしそびれた失敗が、ボウルトン・ワットがこの分野で商的に参加したのにもかかわらず、 ガス製造とガス照明の育ちかけている産業が、 他の業者 -- 例えば、彼のかっての助手であるサミュエル・クレッグ (Samuel Clegg) とフリードリッヒ・ウィンツァー (Friedrich Winzer) -- によって開発されることを可能としたのである。 主に、これはボウルトン・ワットが、彼らが 1809 年までに支配していた工場の照明市場から、 道路や家庭向けの照明市場に拡張することに失敗したことによっている。 この気乗りのなさの理由は知られていないが、興味の無さのせいであり、 潜在的な市場の大きさを認めることに失敗したことと、 より小さく、それほど立派でない計画に関与したがらなかったことによっている。 1809 年の 5 月には、 ボウルトン・ワットは国会で運動して、 国内光熱会社 (National Heat and Light Company) -- この分野での唯一つの実際の競争相手 -- の認可を阻止することに成功したことにより、 どのようなガス市場においてもほとんど競争がなかった。 しかしながら、1812 年に至るまで認可を阻止したのにもかかわらず、 ボウルトン・ワットがガス市場や技術を開発しなかったため、この利点は浪費され、 1814 年にガス事業から撤退した。 数十年後に、英国の大半の町にはガスによる照明があり、ガス工場があった。

ガスを照明や暖房の恩恵以外に石炭ガスを生成する工程は、 幾つかの他の成分も生み出し、これもその後成功裏に利用された。 これらの中にはコークス、アンモニア、フェノール (石炭酸)、1 つの消毒剤、 ベークライトの成分の 1 つ (ベークライトは最初の合成プラスチックで 1910 年に発明)、 そしてコールタール (これは幾つかの有機化学物質を含む)。 コールタールはその後、 1856 年にウィリアム・ヘンリー・パーキン (William Henry Perkin) により、最初の合成染料である モーブを製造するために使用され、 1853 年にはチャールズ・ゲルハルト (Charles Gerhardt) により化学物質の アセチルサリチル酸 -- 現在ではアスピリンと呼ばれる -- を含むことが発見された。

蒸気ボート ザ・カレドニア

ボウルトン・ワットは規模が大きくはないが、ボートに蒸気力を応用する試みに関連し、 1807 年にロバート・フルトンにノース・リバー・スチーム・ボート のエンジンを提供した。 このボートはハドソン川を走る最初の蒸気ボートになった。(後に クラモント と改名された。) マードックはこのエンジンをデザイン・建造することで主な責任を負い、 フルトンと技術的詳細とデザインに関し合意した。フルトンもこのエンジンのデザインで作業をした。 ボウルトン・ワットは他の何隻かの船舶のエンジンも提供した。 しかしながら、1817 年にジェームス・ワット・ジュニアが ザ・カレドニア を購入するまでは、 海洋エンジンの事業に真剣に関与しなかった。 ザ・カレドニア を再装備し、新しいエンジンとボイラーを建造・設置し、航海に適するようにして、 燃料の消費を効率よくする仕事は困難な工程で、 マードックは熱とリウマチで時々苦しんでいたが、これを監督した。 8 月までに、船は意図したルート -- ロンドンのサリー商用ドックス (Surrey Commercial Docks) からグレーブセンド (Gravesend) に至るルート -- でテストできるようになり、最初は時速 8 マイルであった。 航行試験の最中に、 ザ・カレドニア で幾つかの実験を実施し、 外輪の深さとエンジンを 1 基あるいは 2 基使用するかに応じて、 燃料消費と速度への影響を測定した。 この結果、速度が時速 12 マイル (19 km/h) に増加した。 試験の最中に、ザ・カレドニア はロンドンからグレーブセンドに至るルートで競争相手 -- サンズ・オブ・コマース (Sons of Commerce) -- によりレースを挑まれた。実際にはグレーブセンドに至る 2 回のレースがあり、 どちらもボウルトン・ワットの船が勝ち、2 度目は随分引き離した。 その結果、サンス・オブ・コマースの所有者は新しい蒸気ボートのエンジンをボウルトン・ワットに注文した。 これ以外にも蒸気ボートのエンジンの注文が幾つかあり、商用のものも、王立海軍のものもあった。 マードックはこの事業部門の実際上の長となり、 海洋事業のすべての側面で、参照され従われた。 1813 年から 1825 年の間に (全部で) 3000 馬力 (2,200 kW) の蒸気エンジンがボウルトン・ワットによって製造されたと見積もられている。 これはおよそ 40 隻から 60 隻の船舶である。

この試験をしたすぐ後に、ザ・カレドニア は英国海峡を横断し、 この時ワット・ジュニアはロッテルダムに至り、ライン川をコブレンツ (Koblenz) まで遡上した。

後年

マードックは 「石炭からのガスを経済目的のために利用することの説明」 と題した論文を書き、 1808 年に王立学会に提出した。 その年に彼は 「ガスを経済目的のために利用する最初のアイデアと最初の実際の利用」 によって ラムフォード・ゴールド・メダルを受賞した。

1817 年に、マードックはバーミンガムの郊外に建設した大きな新しい家に移住した。 この家は彼がデザインした幾つかの珍奇なものや新考案が組み込まれており、 これにはガス灯、圧縮空気で動作するドアベル、暖房システム: ジョシュア・フィールド (Joshua Field) の述べる所では 「彼は部屋を暖気で温めるために一台の良いストーブがあり、 暖気が都合の良い場所で複数の部屋と複数の階段に進入している」。

1815 年に レミントン温泉の浴場に古典の時代以来始めて、重力により湯をパイプで給水するシステムをデザイン・設置した。

1830 年の 9 月に、マードックは衰える健康により 76 才で、ボウルトン・ワットとの共同事業を終了した。 この共同事業は 1810 年以来継続したもので、終了時点で彼は年間 £1,000 を受領していた。 この理由は、ボウルトン・ワットがどんどん儲からなくなってきたことと、 マードックがますます不健康ななったこと、 のどちらの理由にもよっているようである。

マードックは 85歳で、1839 年に亡くなった。 彼はハンズワース (Handsworth) のセント・メリー教会 (St. Mary's Church) に埋葬されている。


E.G.Papworth によるマードックの大理石の胸像
【訳注:バーミンガム博物館】

1892 年のガス灯 100 年祭の祝賀で、マードックの胸像が スターリング (Stirling) の ウォレス・モニュメント (Wallace Monument) で ケルビン卿により除幕された。 サー・フランシス・レガット・チャントレー (Sir Francis Legatt Chantrey) による胸像もセント・メリー教会にある。

彼の人生と業績を記念するものは、 ムーンストーン;ウィリアム・ブロイ (William Bloye) による 「マードック、ボウルトン、ワットの彫像」; そしてマードック・ロードがあり、どれもバーミンガムにある。 ロンドン、オザーハイズの 「マードック・ハウス」と学生の宿舎である 「マードック・ワット・マルティノー・ストウジ寮」がある。

訳注
マルティノー = ハリエット・マルティノー (Harriet Martineau)
ストウジ = Mary Sturge

レッドラスの町には 6 月に年に一度の 「マードックの日」 がある。 2007 年のイベントでは学校の生徒によるパレードがあり、 「大地、風、火と水」をテーマとする横断幕を持っていおり、 完全サイズのマードックの蒸気車両の可動な複製が初めて公開された。