ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Cotton mill - Wikipedia
木綿ミル (Cotton mill、木綿工場)

木綿ミル (cotton mill、木綿工場) は綿 (cotton) から「より糸」 (yarn) ないしは布 (cloth) を 製造するための「紡ぐ機械」(spinning machinery) と「織る機械」 (weaving machinery) を 収納する建物であり、 これは産業革命の最中に、工場システム (factory system) の開発で重要な産物であった。

幾つかは動物の力で駆動されたが、大半の初期のミル (mill、工場) は 田舎の速く流れる川や水路のそばに建設され、動力に水車を使用した。 1781 年以来はボウルトン・ワットによる有効な蒸気エンジンの開発は、 より大きな蒸気駆動のミルの成長に至り、 マンチェスターのような都会のミルの町に集約することが可能となった。 マンチェスターは隣接する サルフォード (Salford) と共に 1802 年までに 50 以上のミルがあった。

イングランド、マンチェスター、アンコーツ (Ancoats)
の紡ぎミル、 ミルが威圧する町の光景の表示

初期の工場 (factory) における「紡ぎ工程」 (spinning process) の機械化は工作機械産業 (machine tool industry) の成長に有益であり、 より大きな木綿ミルの建設を可能にした。 有限会社 (limited company) が作られて、 マンチェスターにミル (mill, 工場) と、木綿取引用の取引フロアー (trading floor) が開発され、 広大な商業都市が作られた。 ミルは雇用を生成し、大半が田舎の地域から労働者を引き寄せ、都会の人口を拡張した。 これらは女子児童 (girl) と女性の収入を提供した。 児童労働がミル (mill、工場) で使用され、工場システムは組織労働 (organized labour) に至った。 貧弱な状態は調査研究報道 (exposés) の標題となり、工場法 (Factory Acts) はこれを規制するために作られた。

木綿ミル (cotton mill) は元々 ランカシャーの現象であったが、 ニュー・イングランドに模倣され、 後には米国の南部の州に模倣された。 20 世紀には北西イングランドは米国に対しての優位性を喪失し、 次に日本に対して喪失し、その後に中国に対して喪失した。

  1. 歴史
  2. 場所
  3. 建築
  4. 機械
  5. 労働条件
  6. 労働者の健康
  7. 芸術と文学
歴史

16 世紀の中頃にはマンチェスターはウーレン (woollen。紡毛織物) とリネン (linen、亜麻布) の重要な製造中心地で、 その他の地域で製造された繊維製品のマーケットであった。 ランカシャー ファスチアン地方 (fustian district) は、 ブラックバーン (Blackburn) からボルトン (Bolton) に至るまで、 西はウィガン (Wigan) とリー (Leigh) に至るまで、 南はマンチェスターに至るまで、 マージー・アーウェル水路 (Mersey and Irwell Navigation) によって搬入する アマ (flax) と原綿 (raw cotton) を使用した。

カギとなる発明

産業革命の最中に木綿製造は家庭産業から機械産業に変わり、これは技術の発明と進展で可能となった。 「織る工程」 (weaving process) が 1773 年の ジョン・ケイ (John Kay) の フライイング・ シャトル (flying shuttle) の発明により最初に機械化された。 手作業で操作する ジェニー紡績機 (spinning jenny) はおよそ 1767 年頃に ジェームズ・ハーグリーブス (James Hargreaves) により発明され、 「紡ぎ工程」 (spinning process) が高速化された。 ポール (Paul) とボーン (Bourne) のローラー紡ぎ原理 (roller spinning principle) が リチャード・アークライト (Richard Arkwright) の 紡績機 (spinning frame) と 水力紡績機 (water frame の基礎になり 1769 年に特許が取られた。 ジェニー紡績機 (spinning jenny) と水力紡績機 (water frame) の原理は サミュエル・クロンプトン (Samuel Crompton) により、 彼の 1779 年の ミュール紡績機 (spinning mule) で結び付けられたが水力は 1792 年まで適用されなかった。 アークライトの特許が 1783 年と 1788 年に期限が切れた後に、多くのミル (mill) が建設され、 英国にはおよそ 210 のミル (mill) があった。 木綿ミル (cotton mill) の開発は、これに含まれる機械の開発に結び付いていた。 1774 年までに、マンチェスターの 30,000 名の人々が木綿産業の家庭システムを使用して、 雇用されていた。 手織り織機 (Handloom) による機織り (weaving) は 19 世紀中頃まで居残っていたが、 ミル (mill) の木綿紡ぎ (cotton spinning) は水力に依存し、 その後ランカシャー炭田 (Lancashire Coalfield) の燃料を使用する 蒸気動力が 1800 年以前に発展を始めた。

ランカシャー木綿ミル、1914 年
成功した近代的な最初のミル

ポール-ワイアット・ミル (Paul-Wyatt Mill)

ポール-ワイアット木綿ミルを参照。

最初の木綿ミルは 1740 年代に設立され、 ルイス・ポール (Lewis Paul) とジョン・ワイアット (John Wyatt) により発明された ローラー紡ぎ機械 (roller spinning machinery) を格納した。 機械は「人間の指を介在せずに」 木綿を機械的に紡ぐ最初のものであった。 これらは人間に依存しない単一の動力で駆動され、 より大きな機械の使用を可能にし、組織化した工場に製造を集約できた。 1738 年の特許に続く 10 年間にポール (Paul) とワイアット (Wyatt) の機械を収容する 4 つのミルが設立された; 動物が駆動するバーミンガムの 1741 年の アッパー・プライオリー・ミル (Upper Priory Cotton Mill) は短命であった;  ノーサンプトン (Northampton) の マーベルのミル (Marvel's Mill) は 1742 年から 1764 年まで操業し、 水車により駆動された最初のものであった。 レミンスター (Leominster) の ピンズリー・ミル (Pinsley Mill) は恐らく 1744 年に開設され、 1754 年に焼け落ちるまで操業した;  バーミンガムの 2 番目のミルは、 1744 年にサミュエル・トゥーシェット (Samuel Touchet) により設置された。 これに関してはほとんど知られていないが、これは十分に成功したため、 トゥーシェット (Touchet) は後でノーサンプトン (Northampton) でこのミルをリースしようとした。 ポール-ワイアット・ミル (Paul-Wyatt Mill) は数十年間、木綿を紡いだが、とても利益が多いわけではなく、 その後の木綿ミルの先祖になった。

ノーサンプトンのマーベルのミル
1746 年に描画、木綿ミルの
最も初期の既知の絵
リチャード・アークライトの 1771 年の
ダービーシャーの最初のクロムフォード・ミル
元々 5 階建ての 3 階部分が残っている。

アークライト形式のミル

リチャード・アークライトは 1769 年に彼の 水力紡績機 (water frame spinning machinery) で特許を得た。 この技術は ルイス・ポール (Lewis Paul)、 ジョン・ワイアット (John Wyatt)、 ジェームズ・ハーグリーブス (James Hargreaves)、 及び トーマス・ハイズ (Thomas Highs) のものに類似していたが、 アークライトの組織力、 事業の洞察力、及び野望は この木綿ミルを成功裏のビジネス・モデルとして、 そして工場システムの革命的デザインとして設立した。 アークライトの最初のミル -- 1768 年のノッティンガム (Nottingham) の馬を動力にしたもの -- はポール (Paul) とワイアット (Wyatt) の最初のバーミンガム・ミル (Birmingham Mill) と類似していた、 もっとも 1772 年までに、これは 4 階建てに拡張され、 300 名の労働者を雇用した。 1771 年に、ノッティンガム・ミル (Nottingham Mill) が実験段階であった時に、 アークライトと彼の共同経営者はダービーシャーのクロムフォード・ミル (Cromford Mill) の工事を 開始し、これは 「工場システムの歴史の重要な転回点であることが判明した」。 これはノーサンプトン (Northampton) における ポール-ワイアット (Paul-Wyatt) の水力ミルと色々な点で類似していたが、 異なる大きさで建設され、 ダービー (Derby) のジョン・ロンブ (John Lombe) の オールド・シルク・ミル (Old Silk Mill) とバーミンガムのマシュー・ボウルトン (Matthew Boulton) の ソーホー・マニュファクトリー (Soho Manufactory) に影響を受けた。 5 階建てのレンガの箱 (masonry box) として建設され、 高くて長くて細く、 両側に窓の列が並び、 大きくて、比較的途切れの無い内部空間があり、 これは基本的な建築の原型 (prototype) を提供し、 これに木綿ミルとイングランドの産業建築様式が 19 世紀末まで続いた。

アークライトは彼のミルに高度に訓練された多数の労働者を採用し、 信用と供給 (credit and supplies) を処理し、 彼の製品の大衆消費市場 (mass consumer market) を育てた。 1782 年までに彼の年間の利益は £40,000 を越え、1784 年までに、もう 10 ヶ所にミルを開設した。 彼は自分の技術を他の事業家 (entrepreneur) にライセンス供与し、 1782 年に豪語したことによると、 彼の機械を使用する多くの冒険家が異なるカウンティに住んでいることであった; これには ダービー (Derby), レスター (Leicester), ノッティンガム (Nottingham), ウスター (Worcester), スタッフォード (Stafford), ヨーク (York), ハートフォード (Hertford) 及び ランカシャー (Lancashire) があり、 1788 年までに国中で 143 ヶ所にアークライト形式のミルがあった。 初期のミルは軽量の建設で、狭く -- およそ 9 フィート (2.7 m) の幅 -- で高さが低く、天井の高さはたった 6 - 8 フィートしかなかった。 ミルは水車で駆動され、照明は日の光であった。 ミルはミルライト、建設家、そして鋳造業者により作られた。 18 世紀末までに英国でおよそ 900 ヶ所の木綿ミルがあり、 このうちおよそ 300 ヶ所までが大きなアークライト形式の工場で、300 名から 400 名を採用し、 残りは小さなミルで、 ジェニー紡績機 (jenny) や ミュール紡績機 (mule) を使用したもので、 手作業、あるいは馬により駆動され、わずか 10 名しか採用しない場合もあった。

初期の蒸気ミル

1780 年までは、大きなミルを駆動するには、水力のみが利用可能であった。 しかし、これは一定の水の流れに依存して田舎に建設され、 大きなミルの所有者にとって、労働力の供給、資材の輸送、 都会の商人との連絡で問題を引き起こした。 蒸気エンジンは 1712 年にトーマス・ニューコメン (Thomas Newcomen) の大気圧エンジンの発明以来、揚水に使用され、 1780 年にダービーシャー、ワークズワース (Wirksworth) のアークライトのハーレム・ミル (Haarlem Mill) に設置された エンジンで始まり、 蒸気エンジンは木綿ミル (cotton mill) の水車への給水を補足するために使用された。

1798 年にアンコーツ (Ancoats) で蒸気動力ミル
として建設されたオールド・ミル (Old Mill) は
マンチェスターで最古の現存するミル

1781 年にジェームズ・ワット (James Watt) は 「ミルや他の機械のホイールに動きを与える」 ようにデザインされた 最初の回転蒸気エンジンの特許を登録した。 蒸気エンジンにより、木綿ミルに供給される動力に滑らかさの懸念が残った、 というのは木綿ミルではより糸 (yarn) の規則正しさは供給動力の規則正しさに依存していたからである。 1785 年に、パップルウィック (Papplewick) -- ノッティンガム (Nottingham) の近くのロビンソンズ・ミル (Robinson's Mill) -- で始めて蒸気エンジンが成功裏に木綿ミルを直接駆動で使用できた。 ボウルトン・ワット (Boulton and Watt) の蒸気エンジンにより、 木綿ミルを都会に建設することが可能となり、マンチェスターの経済の形を変えた、 マンチェスターの重要性は以前は家庭システムに基礎を置いた前産業的な紡ぎ (spinning) と機織り (weaving) の 中心地であったのである。 マンチェスターには 1783 年にアークライトのシュードヒル・ミル (Shudehill Mill) の開設までは木綿ミルがなく、 1789 年にはピーター・ドリンクウォーター (Peter Drinkwater) がピカデリー・ミル (Picadily Mill) -- 蒸気エンジンで完全駆動される、この町で最初の工場 (ミル) -- が開設され、 1800 年までに、マンチェスターには 42 ヶ所のミル (工場) があり、 競合する他の繊維の中心地のすべての影を薄くし、木綿製造取引の中心になった。

水力は田舎のミルを駆動するのに使用され続けたが、蒸気によって駆動されるミル (工場) は 川や運河のそばに建設され、ここでエンジン用の水が補給された。 ロッチデール運河のそばのアンコーツ (Ancoats) のマレーズ・ミル (Murray's Mill) は 40 馬力のボウルトン・ワットビーム・エンジンで駆動された。 幾つかは「一部屋動力工場」 (a room and power mills) として建設され、部屋が事業家に貸し出された。 ミル (工場) はしばしば L 字型、あるいは U 字型で狭く、 複数階 (multi-storeyed) であった。 エンジン棟 (engine house)、倉庫、そして事務所は工場の中にあった、 もっとも階段 (stair tower) は外部にあった。 窓は正方形で、後のミル (工場) よりも小さかった。 壁は飾りの無い粗いレンガで造られていた。 建設は時々、防火デザインでなされた。 ミル (工場) が倉庫と違っていたのは、倉庫には各階に 物資搬入扉 (taking-in doors) があって、外部のつり上げ梁 (hoist beam) が付いていた。 大きな工場のみが生き延びた。

訳注
「一部屋動力工場」 は a room and power millの翻訳です。 これは大きな建物 の 1 室で、建物には 1 台の蒸気エンジンが付属し、そこからライン・シャフトが各階、各部屋に延び、 各部屋に動力が供給されます。実際は、各部屋にラインシャフトの一部が突き出ている。 利用者は、賃貸アパートのように各部屋を借りて、各部屋に突き出ているラインシャフトから動力を取り、機械を動かして各自の用途に使用します。

この時代の工場 (ミル) は長さが 25 m から 68 m で、 幅が 11.5 m から 14 m であった。 これらは、高さが 8 階にもなり、地階と屋根裏が付いていることもあった。 フロアーの高さは上階では 3.3 m から 2.75 m まで変化した。

ボイラーはワゴン形式 (wagon type) であり、煙突は正方形、あるいは長方形で、 ミル (工場) に付属し、ある場合には外階段 (stair column) の一部分であった。 蒸気エンジンは典型的には 「低圧、単一シリンダー、凝縮器の付いたビーム・エンジン」 であった。 1835 年の平均馬力は 48 馬力であった。 動力の伝達はメイン垂直シャフト (main vertical shaft) と水平シャフト (horizontal shaft) への傘歯車 (bevel gear) によっていた。 後の工場は現場で製造されたガスを使用したガス照明があった。 250 - 350 基の スピンドル (spindle) があるミュール紡績機 (mules) は横方向に 設置され、できる限り光を取り入れた。

初期の機織りミル

機織り工程 (weaving process) を機械化するためのミル (工場) の発展はもっと穏やかなもので、 部分的には 1733 年の ジョン・ケイ (John Kay) の フライイング・ シャトル (flying shuttle) の成功からであり、 これは家庭の手動織機の織り手の生産性を増大した。 ケイ (Kay) は 1745 年にオランダの織機に水力を適用する特許を獲得し、 1750 年にキースリー (Keighley,/ˈkiːθli/) に織機工場を開設したが、 その成功に関しては何も知られていない。 機織り工程を機械化する更なる試みは、1750 年にマンチェスターの グレート・ホール (Great Hall) で実施されたが、1 名の労働者が 1 台以上の織機を操作することが 不成功であった。 最初の実行可能な動力織機は 1785 年に エドモンド・カートライト (Edmund Cartwright) により特許が取られた、 もっとも、これは始めは原始的な装置であったが、基本原理を確立し、 20 世紀に至るまで動力による機織りで使用された。 1788 年にカートライト (Cartwright) は ドンカスター (Doncaster) でレボリューション・ミル (Revolution Mill) を開設した。 これはボウルトン・ワットの蒸気エンジンで駆動され、 3 フロアーで 108 台の動力織機があり、更には紡績機 (spinning machinery) があった。 しかしこれは商的には成功せず、1790 年に閉鎖した。 カートライト (Cartwright) の機械を使用した第 2 のミル (工場) は 1790 年にマンチェスターに開設されたが、 2 年以内に手動織機の織り手により焼け落とされた。 1803 年までに、英国で操業する動力織機は 2400 台しかなかった。

初期の米国のミル

米国では、馬を動力にする初期のビバリー・コットン・マニュファクトリー (Beverly Cotton Manufactory) がトーマス・ソマーズ (Thomas Somers) によりデザインされ、 彼が 1787 年にこの施設の建設と試験を開始し、 1788 年に工場の装置を完成した。 この工場の経験によりプロビデンス (Providence) のモーゼズ・ブラウン (Morses Brown) は 水力紡ぎ (spinning) で熟練した人の助けを依頼した。 サミュエル・スレーター (Samuel Slater) は移民でイングランドから来た訓練された繊維労働者で、 ブラウン (Brown) の提案を受け入れ、 スレーター・ミル (Slater Mill) のデザインと建設で援助し、 1790 年にロード・アイランド (Rhode Island) のポータケット (Pawtucket) のブラックストーン川 (Blackstone River) に建設された。 スレーター (Slater) はイングランドが木綿工場 (mill) における独占を維持することを可能にするために 制定された移民の制限を回避した。 スレーター・ミル (Slater Mill) はビバリー・コットン・ミル (Beverly Cotton Mill) とダービーシャーのミル (工場) に類似し、 後者で彼は働いていた。

ロード・アイランド、ポータケット (Pawtucket) の スレーター・ミル (Slater's Mill)、1790 年建設
モデルのやり直しと拡張 (1815 年 - 1855 年)

英国

1825 年から蒸気エンジンは改良された工作機械を使用して、 鉄から建設されたより大きな機械を駆動することができた。 1825 年から 1865 年までのミル (mill) は 一般に木造梁のフロアー、ラス (lath、薄くて細い木片) そして漆喰天井 (plaster ceiling) で建設された。 ウィリアム・フェアベーン (William Fairbairm) は鋳鉄の梁とコンクリートのフロアーで実験をした。 ミル (mill) は赤レンガ製、あるいは時には地元の石を使い、 より多くの注意が装飾に向けられ、正門はしばしば石の飾りで強調されていた。 外階段 (stair column) はメイン・フロアの外部にあった。 この期間中にミュール紡績機 (mule) はより広くなり、区画 (bay) の幅は広くなった。 特化された建築様式が登場した。

この期間のミルは背が高く、狭く、横幅があった。 これらは、一般に、1 つ、ないしは 2 つの袖と共に建設され、 L 字型、あるいは U 字型をしていた。 ブランズウィック・ミル (Brunswick Mill) は 28 区画 (bay) のミル、で 16 m × 92 m の 6 階建てであった。 各々自動式のミュール紡績機 (spinning mule) には 500 基の スピンドルが付属していた。 一階建ての北向きの機織り小屋 (weaving shed) が時々ミルに付属した。 織機は振動を引き起こし、これは多層建築物の構造に被害を与え、 専用の機織りミル (weaving mill) が普通になった。 これらは一階建ての小屋 (shed) で、エンジン棟と事務室が付属し、 二階建ての付随する建物に準備室と倉庫があった。

訳注
shed の意味には「小屋」以外に、広い屋根を持つ 1 階建ての構造の意味がある。 ここは後者の意味で使用されているが、該当する日本語がない。 他の実例には、例えば トレイン・シェッドがある。

大きなミルはこの期間中例外のまゝであった。 1833 年に最大のミルはアンコーツ (Ancoats) のマッコネル社 (McConnel and Company) のものであり、 1545 名の労働者がいた。 しかし 1841 年にランカシャー (Lancashire) には 1000 名以上の労働者がいるミルはまだ 25 ヶ所しかなく、 平均したミルの労働者の数は 193 名であった。

マッコネル社 (McConnel & Company)
のミル、1820 年頃
ウィリアム・フェアベーン (William Fairbairn) の
ランカシャー・ボイラー (Lancashire boiler)

ランカシャー・ボイラーが 1844 年に特許が取られ、1845 年には 節炭器 (economiser) の特許が取られた。 これはボイラー棟と煙突の間の四角いレンガの構造と見なすことができる。 エンジンは 1845 年にマクノート (McNaught) により特許が取られた 「二重複合上向きビーム・エンジン」 (double compound upright beam engine) であった。 ミルの各部屋には紡績機 (frame) の形式に適した ライン・シャフトがあり、 ベルト駆動か歯車で接続されていた。

1860 年にランカシャー (Lancashire) 地区には 2650 の木綿ミルがあり、 440,000 名が雇用されていた。 労働者は 90% が大人で、 56% が女性であり、 年間で全額 £1150万 を支払われた。 ミルは (全部で) 300,000 馬力を使用し、このうち 18,500 馬力が 水力で生成されていた。 ミルには 30,387,467 基の スピンドルがあり、 350,000 台の動力織機があった。 この産業は一年間に 1,390,938,752 lb の原綿 (raw cotton) を輸入し、 2,776,218,427 ヤードの木綿の布と、 197,343,655 ポンド (89,513,576 kg) の糸 (twist and yarn) を輸出した。 輸出の全額は £32,012,380 であった。

1860 年にこの急速な成長が終了した。 1861 年 - 1865 年の 「木綿飢饉」 (Cotton Famine, 過剰生産 + 南北戦争) は 米国の長い間の主要産物である原綿が南北戦争により利用できなくなった時期であった。 戦争後、産業の経済学が変化し、新しい大きなミルが必要とされた。

米国

1814 年に、ニュー・イングランドのボストン製造社 (Boston Manufacturing Company) はマサチューセッツ州ウォルサム (Waltham) の チャールズ川 (Charles) に「完全統合」のミルを設立した。 英国からの技術輸出の禁止にもかかわらず、経営者の 1 人であるフランシス・キャボット・ロウェル (Francis Cabot Lowell) はマンチェスターまで旅行して、 ミル・システムを学び、その幾つかの詳細を記憶した。 同年にポール・ムーディ (Paul Moody) は米国で最初の成功裏の動力織機を建造した。 ムーディ (Moody) は彼の機械に動力を与えるために傘歯車 (bevel gearing) ではなく、 頭上プーリー (pulley) と皮ベルト (leather velting) のシステムを使用した。 このグループは作業のウォルサム・システム (Waltham System) を考案し、 これはマサチューセッツ州のロウェル (Lowell) と州内の幾つかの他の新しい都市で模倣された。 工場女 (mill girls) は、場合によっては 10 才のこともあり、 男よりも賃金が低かったが、一週 73 時間で、固定給が支払われた。 彼らは会社が所有する寄宿舎で暮らし、会社によって支援される教会に参列した。

1840 年代にロードアイランド州プロビデンス (Rhode Island、Providence) のジョージ・ヘンリー・コーリス (George Henry Corliss) は固定蒸気エンジンの信頼性を 改良した。彼はスライド・バルブ (slide valve) を、カムを使用するバルブで置き換えた。 これらの コーリス・バルブはそれ以前のものよりも、もっと効率が高く、もっと信頼性があった。 当初はエンジンは近くの貯水池に水を汲み上げ、この貯水池がエンジンを駆動した。 しかし後にはミルの主要な動力源として使用された。 コーリス・バルブは英国で採用され、1868 年に英国では 60 ヶ所以上のミル (工場) の エンジンがこれを装着した。

インド

大きな蒸気動力の Bowreath 木綿ミル (Bowreath Cotton Mills) が 1820 年代にカルカッタの近くの Fort Gloste で 英国の業者により開設され、 英国女性を使用して、地元の労働者に機械紡ぎの技術を伝えた。 これは 1837 年に閉鎖し、Dwarkanath Tagore が主要株主として再開し、 1840 年までに 5 台の蒸気エンジンにより動力を与えられる 主要な産業複合施設の中心であり、ここには、twist mill、鋳物工場、ラム酒の蒸留酒醸造所が含まれていた。

黄金時代 (1855 年 - 1898 年)

英国

1870 年の直前に、1 つのミルがジョイント・ストック (joint-stock) の 紡績会社 (spinning company) により建設され、この資金構造 (financial structure) が ミル建設の新しい波につながった。 「オールダム・有限会社達」 (Oldhma Limiteds) の言葉 (phrase) は このような会社を述べている。 家族経営の会社 (family-run firms) は建設され続けたが、 連合 (association) にグループ化され、例えばファイン・スピンナーズ (Fine Spinners') とダブラーズ・アソシエイション (Doublers' Association) がある。 オールダム (Oldham) のジョセフ・ストット (Joseph Stott) は耐火フロアーの建築方法を好み、 鋼の梁を使用してレンガのヴォールトを支え、レンガのヴォールトが今度はコンクリートのフロアーを支え、 これがより重い装置を支えた。 リング紡績機 (ring frame) がミュール紡績機 (mule frame) に変わった;  これらはより重く、より大きくて、そして横方向に置かれ、 フロアーはより大きくなり (幅 130 フィート (40 m) まで)、 そして光を入れるためにより高くなった。 ミルにおける区画 (bay) の大きさは、 機械の配置により決まった。 1870 年のミルでは区画は典型的には変動はあるが、10 フィート 6 インチ (3.20 m) で、 レンガのヴォールトは 5 フィート 3 インチ (1.60 m) であった。

レディッシュ (Reddish) のホウルズワース・ミル
(Houldsworth Mill) の中央オフィスと倉庫のブロック

エンジンはより高い圧力で走り、1875 年からはロープによって各フロアーの水平シャフトに動力を与えた。 これは顕著な変更であった。というのはロープの通路 (rope race) をミルの高さまで走るように建設しなければならなかったからである。 エンジンにはもっと広い空間を必要とし、 エンジン棟、ボイラー棟、そして 節炭器 (economiser) は主ミルの外にあった。

ミルはより大きくなり続け、時々一組にされ; 二つのミルが一つのエンジンで駆動された。 別の変化は カード処理 (carding、梳き) を 1 フロア―でする傾向があった。 これを達成するために、地上フロアーはミルの後方で外側に拡張され、 時々ミルの全幅まで拡張された。 単一のミルでは横断壁 (crosswall) がブロー室 (blowing room、繊維を風清浄する部屋) を残りから分離した。 というのは火災の危険が最も高いのはここだからであった。

ミルはより広くなり、 レディッシュ (Reddish) の ホウルズワース・ミル (Houldsworth mill、1865 年) は幅 35 m で 1200 台のミュール紡績機 (spindle mules) を収容した。 これは 4 階建ての中央エンジン棟の両側に 16 の区画 (bay) があった。 つまり二重ミル (double mill) であった。 中央ブロックは事務所と倉庫を提供した。1 つのミルには一連の付属建築物があった。 外階段 (stair column) はしばしばミルの上方に延長され、スプリンクラー用の水タンクを収容した。 フロアーはより高くなり、より高い窓が可能であった。 アクリントン・レンガ (Accrington brick) が 1890 年から使用され、 黄色い砂岩で装飾され、型レンガ (moulded brick) と テラコッタ (terracotta) の造作が付いていた。 エッチング (etched) されたステンドグラスが事務所で使用された。 ミルは専門建築家によりデザインされ、建築的品質が重要な考察になった。

これらのミルを駆動するのに、必要となり提供された動力が増大した。 ビーム・エンジンが 1870 年代まで設置され、この時水平エンジン (horizontal engine) が引き継いだ。 アビー・ミル・オールダム (Abbey Mill Oldham、1876 年) は 700 馬力を必要とし、 ナイル・ミル (Nile Mill、1896 年) は 2500 馬力を必要とした。 1890 年までに、ボイラーは 160 psi (の蒸気) を生成し、 三段膨張水平エンジン (triple expansion horizontal) が標準となった。 煙突は 8 角形であった。

米国

南北戦争 (American Civil War) に引き続き、木綿ミルはサウス・カロライナ州、アラバマ州、 ミシシッピ州の南部の州で建設された。 これらのミルはより大きくなった、 安い労働力と豊富な水力により操業利益が出たからである。 これが意味することは綿は育った場所で処理して、輸送費を節約できたことである。 ミルは通常、組み合わせミル (紡ぎ (spinning) + 機織り (weaving)) で、 水力を使用し、難燃 (slow burn) デザイン技術を使用した。 彼らはベルトとプーリー (pulley) の駆動システムを使用し、ミュール紡績機 (mule) よりも重いリング紡績機 (ring frame) を使用した。 この時点で彼らは大番手糸 (coarse counts) のみを紡いて織った。 ミルは主に開けた平野 (open country) にあり、ミルの町がこれを支えるために作られた。 ニュー・イングランドのミルは競争することがますます困難になることが判明し、 ランカシャー (Lancashire) と同様に次第に凋落し、終に世界大恐慌で破産した。 木綿ミルとその所有者達は ピードモント台地 (Piedmont) の経済と政治を、ずっと 20 世紀まで支配した。

アジア

近代のインドの機械化繊維産業は 1845 年に生まれ、この時、蒸気動力のミルが Cowasjee N. Davar により、 ボンベイ (Bombay) で開設された: もっと多くがこれに続いた: 1865 年には 10 ヶ所あり、1875 年には 47 ヶ所あった。 1880 年までにインドには 58 ヶ所にミルがあり 40,000 名の労働者が雇用され、 この 80% がボンベイ (Bombay) と アフマダーバード (Ahmedabad) にあった。 1870 年代から、完成品のより糸と布のインド自身の市場は、 ランカシャーからの輸入品で支配されることがなくなり、 1870 年代と 1880 年代にボンベイ (Bombay) の木綿産業は、 英国から中国へのより糸輸出にとって代わり始めた。

エドワード時代のミル

木綿産業はブームとスランプのサイクルにさらされ、 これによりミル建設の波が起きた。 支配的な楽観論があり、 スランプを耐え忍べば、より大きな繁栄の時期が来るというものであった。 限られた企業がより糸を支配し、 「一部屋動力工場」(a room and power) のシステムは機織り小屋の標準であった。 1880 年代の 1 つの観点は機織り小屋を垂直に統合して 1 つのミルにすれば、 経費を削減し、利益を増やすことであった。 このルートはニュー・イングランドがたどり、ここでは成功したが、 ランカシャー (Lancashire) ではそうではなかった。 この産業は 1907 年に頂点を迎えた。 1908 年に激しいスランプがあり、これは 1918 年まで続いたが、 1919 年と 1920 年には 1907 年の頂点の年よりも利益があった。

英国

生産は 1912 年にピークに達した。 1914 年 - 1918 年の戦争はランカシャー産業を挫折させた。 英国政府は原綿がなくなり、南アジアにミルを設置し、紡ぎ産業を輸出した。 これは模倣され、低賃金の競争相手になった。 ドイツのフランドル (Flanders) とブラジル (Brazil) では、ミルが オールダム (Oldham) の建築家のデザインで建設された。 新しいミルはとても大きく、大きさの経済により恩恵を被るものであった。 古いミルはリング紡績機 (ring) で再装備され、機械は個々の電動モーターで動力が与えられた。

レディッシュ (Reddish) のブロードストーン・ミル (Broadstone Mill) は
1906 年に建設された大きな二重ミルであった。

この時期のミルは大きく、この装飾が惜しみなく、エドワード時代の好みと繁栄を反映している。 大半のミルはミュール紡績機 (mule) で建設された。 ケント・ミル・チャダートン (Kent Mill Chadderton、1908 年) は 5 階建てで、 11 区画のミル、 84.6 m × 43.9 m であった。 ここには 90,000 基の スピンドルがあった。 リング紡績機 (ring frame) はミュール紡績機 (mule) よりも小さくて重く、従ってミルは、より狭く階層が少なかった。 ピア・ミル・ブレッドベリー (Pear Mill Bredbury、1912 年) は 210,000 基の スピンドルを持つ二重ミル (double mill) にすることが計画された。 最初のミルのみが建設され、 137,000 基のスピンドルがあった。 これらは初期のミルよりも多くの外階段 (stair column) があり、 粉塵管 (dust flue) がロープ通路 (rope race) に組み込まれた。 区画ごとに窓が 2 つか、3 つあった。 装飾は往々テラコッタ (terracotta) であり、ミルの名称は階段の塔あるいは煙突の白いレンガに表示された。 ストット&サンズ (Stott & Sons) はブロードストーン・ミル (Broadstone Mill) でビザンチン・スタイルを採用した。 専門建築家が新しいミルを建設し次に拡張部を建設した。 最後の蒸気動力ミルのエルク・ミル (Elk Mill) はアーサー・ターナー (Arthur Turner) により建設された。

ミュール紡績機 (mule) は 1300 基の スピンドル (spindle) で建設されたが、 次第にリング紡績機 (ring) で置き換えられた。

ますます強力なエンジンは 節炭器 (economiser) と スーパーヒーター (superheater) の付いたボイラーをもっと必要とした。 ミルにはボイラーに供給し蒸気を凝縮するタンク (reservoir) が必要であった。 煙突は丸く、より高くなった。 3 種類のエンジンが使用された:  三段膨張水平並列複合エンジン (triple expansion horizontal cross compound engines)、 逆向き海洋形式複合エンジン (Inverted marine type compounds)、これはもっとコンパクト、 そして 垂直及び水平シリンダーを持つマンハッタン (Manhattans with vertical and horizontal cylinders)、 例えばニュー・ピア・ミル (New Pear Mill) の 3500 馬力のエンジン。 もっぱらロープ駆動 (Rope drive) が使用された。 電気は次第に導入され、最初はシャフトの駆動によるグループ駆動 (リトル・ミル (Little Mill), 1908 年)、 次に個々の機械を駆動した。

米国

サウス・カロライナ州 (South Carolina) で建設されるミルは大きさが増大した。 ラトリッジ・フォード (Rutledge Ford) でサルーダ川 (Saluda River) がせき止められ発電所が建設された。 これは 1904 年に完成し、その後で 1906 年に最先端の繊維ミル (textile mill) が建設された。 発電プラントは 4800 馬力を提供した。 ミルには 30,000 基の スピンドル (spindle) があった。 1916 年までに新しいミルが建設され、 70,200 基のスピンドル (spindle) と 1,300 台の織機が含まれていた。 この町はウェア・ショールズ (Ware Shoals) と命名された。 1904 年と 1916 年の間にウェア・ショールズ (Ware Shoals) の 人口は新たに建設された発電所を保守するために採用された 2 名から 2000 名に育った。 1960 年代までに、ミルは 5000 人を採用し、 1985 年に閉鎖した。

合併 (1918 年 - 1950 年)

事業は 1919 年に復活したが、建設資材の不足から新しいミルの建設は制限され、 行動は資金的なもので、ミルは資本再構成 (recapitalisation) を求めた。 最終的な凋落の理由ではっきり認められたものはない。 ある人達の言っていることによると、 木綿業者は楽に金を儲けることに専念して失念したことは、 外国との競争に対抗する最も良い可能性は、 ミルを大きくして、もっと現代的なリング紡績機 (ring frame) で装備することであった。 ダニエルズ & ジュークス (Daniels & Jewkes) が議論することによると、 恐慌の基本的な原因は木綿の需要の変化であった。」 J. M. ケインズ (J. M. Keynes) の示唆することでは過剰設備であったことで、 この産業はより大きな単位に再組織して、過剰設備をスクラップにすべきであったことである。

ランカシャー・コットン・コーポレーション (Lancashire Cotton Corporation) は 1929 年に イングランド銀行 (Bank of England) により設立された会社で、 合併でランカシャー (Lancashire) の紡ぎ産業を救済するものであった。 1950 年に 105 の企業が合併して、その結果 53 の操業ミルになった。 これらはより最近の大きなミルであった。 これは 1964 年 8 月に コートールズ (Courtaulds) により買収された。

イングランド、広域マンチェスター (Greater Manchester) の
チャダートンとロイトン (Chadderton-Royton) の境界のエルク・ミル (Elk Mill)

より最近のミルはウィガン (Wigan) とストックポート (Stockport) の 「紡ぎ地帯」 (spinning area) の外辺にあり、 労働力が利用可能であることが理由であるとされた。 最後のミルは 1927 年に完成し、これらはホールデン・ミル (Holden Mill) (アストリー・ブリッジ・ミル (Astley Bridge Mill)) そして エルク・ミル (Elk Mill) であった。

1929 年に、始めて英国よりも米国の スピンドル (spindle) の数が多くなった。 1972 年に、インドは米国よりも多くのスピンドル (spindle) があり、 1977 年に今度はインドが中国により凌駕された。

20 世紀末の木綿ミル (1950 年 - 2000 年)

イングランドの紡ぎの凋落

1945 年の後にわずかな復活はあったが、ミルは閉鎖した。 最も効率の良いミルは蒸気エンジンを見捨てて、個別の電動モーターによる紡績機 (frame) で仕事をした。 ストックポートの ブロードストーン・ミルズ (Broadstone Mills Stockport) は二重ミルとして建設され、 265,000 基のミュール紡績機 (mule spindle) があったが、 1959 年までに 37,500 基のミュール紡績機 (mule spindle) と 70,000 基のリング紡績機 (ring spindle) を走らせていた。 これは 1959 年の木綿産業法 (Cotton Industry Act) を利用して 1959 年に閉鎖され、 通信販売の会社 (mail order company) である ジョン・マイアズ (John Myers) により使用された。 1 つのミルは後に取り壊され、 もう一つが残されてショッピング・アウトレット・センター & クラフト・ビレッジ (Shopping Outlet Centre and Craft Village) として使用された。 設備の縮小により、余剰のミルはレガシー (legacy, 遺産) となり、 これは直ちに他の産業目的に再使用された。

リング紡績 (ring spinning) の技術は成功裏にミュール紡績 (mule spinning) にとって代わり、 ミルはミュール紡績機 (mule) からリング紡績機 (ring) に変換された。 しかしながら、1970 年に枯渇した産業は新しい技術である オープンエンド紡績 (open-end spinning) あるいはブレーク紡績 (break spinning) により挑戦された。 1978 年にキャリントン・ビエラ (Carrington Viyella) は アザートン (Atherton) でオープンエンド紡績 (open-end spinning) を実施するために 工場 (factory) を開設した。 これは 1929 年以来、ランカシャーにおける初めての新しい繊維生産施設であった。 直ちにストックポート (Stockport) のピア・ミル (Pear Mill) とリー (Leigh) のオールダー・ミル (Alder Mill) は閉鎖した、 どちらもエドワード時代のミルで、ストット&サンズ (Stott & Sons) によりデザインされていた。 1978 年に建設されたミルはハウ・ブリッジ・ミル (Howe Bridge Mill) の場所に建設され、ユニット・ワン (UNIT One) と命名された。 これはオープン・エンド (open-end) のミルではなく、上質木綿のリング・ミル (combed cotton ring mill) であった。

現代の木綿ミル

現代の紡ぎミルは主にローター (rotor) を使用したオープン・エンド紡績 (open end spinning) 技術、 あるいはスピンドル (spindle) を使用したリング紡績 (ring spinning) 技術の周囲に建設されている。 2009 年に 202,979,000 基のリング紡績スピンドル (ring spinning spindle) が世界中に設置され、 これらの 82% はアジアあるいはオセアニアで、44% が中国内部にある。 同じ年に 7,975,000 基のオープン・エンド紡績ローター (open end spinning rotors) が設置され、 44% がアジアあるいはオセアニアにあり、29% が東ヨーロッパにある。 設置されたローター (rotor) の平均年齢はスピンドル (spindle) のものよりもずっと若く、 ローターの方が 7 倍から 10 倍ほど生産的なので、これらが世界中の紡績される木綿 (cotton spun) の 20% を占めている。

現代の木綿ミルはますます自動化されている。 米国バージニア州の 1 つの大きなミルは 2013 年に 140 名の労働者を採用し、 1980 年では 2000 名以上を必要とした生産量を生産した。

場所

木綿ミルはランカシャー (Lancashire) に制限されるわけでなく、 建設されたのは:  北東 チェシャー (Cheshire)、 ダービーシャー (Derbyshire)、 ノッティンガム (Nottingham)、 ウェスト・ライディング・オブ・ヨークシャー (West Riding of Yorkshire)、 ブリストル (Bristol)、 ダラム (Durham)、 そして西部スコットランドである。 動力を提供するための川が利用可能であるか否かが初期のミルの場所を決定し、 その幾つかは孤立した場所にあった。 ランカシャーでは、ミルはペナイン山脈とロッセンデール・ムアランド (Rossendale moorland、ロッセンデール荒地) か ら下る川と水路のそばに建設された。 場所によっては、極めて小さな水路が一連の小さなミルの動力を与え、 例えばラムズボトム (Ramsbottom) とヘイウッド (Heywood) の間のチーズデン峡谷 (Cheesden Valley) があり、 ここでは 14 のミルと付随する リート (leat) と貯水池 (pond) が小川 (brook) の 4 マイルの区間 (stretch) 沿いに集中していた。 ミルはロッチデール (Rochdale) とリトルボロー (Littleborough) のまわりに建設された。 ベリー (Bury) の北では 10 のミルがシャットルワース峡谷 (Shuttleworth Valley) の川の 1 マイル区間を占有していた。 他のミルはリブル川 (River Ribble) の北に建設され、 ケイトン (Caton) の 5 つのミルの群れがランカスター港 (Lancaster) の近くにあり、 この 1 つはサミュエル・グレッグ (Samuel Greg) に属し、彼はチェシャー州スタイル (Cheshire、Styal (/staɪl/, like style)) のクオリー・バンク・ミル (Quarry Bank Mill) を建設した。 すべての水力ミルが田舎にあるわけではなく、1780 年以後、 ミルはブラックバーン (Blackburn) とバーンリー (Burnley) の内部に建設された。

スコットランドでは 4 つの木綿ミルが、 リネン産業 (linen industry) に経験を持つ労働者を使用して、 ビュート島 (Isle of Bute) のロスシー (Rothesay,/ˈrɒθ.si/ ) に建設された。 1800 年までに、ゲートハウス・オブ・フリート (Gatehouse of Fleet) には 2 つの水力ミルがあり、 200 名の子供と 100 名の大人を雇用した。 ピーター・ドリンクウォーター (Peter Drinkwater) のためにマンチェスターで働いたロバート・オウエン (Robert Owen) は、 ニュー・ラナークのミルを発展させた。 このミルは彼の義理の父親のデービッド・デール (David Dale) により、 アークライトのライセンスの下で建設された。

1860 年の木綿工場
 ランカシャーチェシャーダービーシャー
ミル192020025
労働者3100003800012000
建築
耐火建築

木綿ミルは大規模な火災の危険があり、 空気中の木綿繊維はガス照明の内部では爆発性の混合物になる。 耐火建築を使用した最初の (複数の) ミルは 1790 年代にシュロップシャー (Shropshire) とダービーシャー (Derbyshire) に 建設されたものと、1801 年 - 1802 年に サルフォード (Salford) に建設されたフィリップス & リー (Philips & Lee) のミルであった。 耐火建築は鋳鉄の柱と梁の形をとり、 ここからジャック・アーチ (jack arch) が生じ、これは灰と砂で満たされ、 板石 (stone-flag、ストーン・フラッグ) と床板 (floorboards、フロアボード ) で覆われる。 ミルによっては木材も屋根構造から削除され、 屋根構造は鋳鉄製あるいは錬鉄製のトラスで支えられた。 鋳鉄の性質が適切に理解されるまでに、初期の技術を使用して建設した幾つかのミルは崩壊した。 マンチェスターでは、 構造資材としての鋳鉄の広範囲の試験が 1820 年代にイートン・ホジキンソン (Eaton Hodgkinson) とウィリアム・フェアベアン (William Fairbairn) により実施された。 耐火建築は高価で、漆喰あるいは金属で覆われた木材が 19 世紀を通じて使用され続けた。 圧延鋼 (rolled steel) の梁と鉄筋コンクリートの床は 1880 年代に限定的に導入されたが、 20 世紀に至るまでランカシャー (Lancashire) のミルに広く採用されなかった。

他の因子

木綿は温度と湿度に鋭敏である。 加熱システムは高さ 7 フィート (2.1 m) に吊るされた錬鉄製のパイプを使用して、 加圧蒸気を運んだ。 夏にはこのシステムはほとんど使用されないが、 冬にはボイラーは交替 (shift) が開始する 2 時間前に点火され、ミルを温める。 加熱されると、湿度が下がり、 加湿システムが動き、 噴霧器が空気のジェットを水のジェットに噴出するか、 水と空気の混合物を噴出する。

初期の消火システムではスプリンクラーを使用し、 平坦な屋上の浅いタンクに捕捉された水を供給した。 後のミルでは外階段の頂上にタンクがあった。 スプリンクラー用の水は、凍結や蒸発から守る必要があった。 水圧は 7 psi より上である必要があり、 上部タンクは最高位置のスプリンクラーよりも 15 フィート (4.6 m) 上でなければ ならなかった。 採光、水タンク、そして加熱システムの条項がミルの構造と形を定義した。

機械
動力

初期の木綿ミルは水力で駆動され、従って速い水の流れのそばにある必要があった。 1820 年頃から固定蒸気エンジンが木綿ミルの通常の動力形式になったが、 水はなお必要であり、蒸気を作り、これを凝縮し、湿度を維持し、 多くの完成工程と消火のために必要であった。 水は川と運河から抽出され、後のミルは更にもっと多くの水を必要とし、 自身の貯水池を建設・維持した。

1781 年にジェームズ・ワットは回転運動蒸気エンジンを売り出し、 いかなる機械も適合させて、駆動できるようにした。 リチャード・アークライトは彼の木綿ミルでこの使用を開拓した。 恐らく木綿ミルで使用された最初の蒸気エンジンはニューコメン・エンジンで、 これは 1783 年にシュードヒル・ミル (Shudehill Mill) で使用され、貯水池間で揚水し、これで水車を駆動した。 1795 年までに、マンチェスターの周辺の大半の類似のエンジンは ボウルトン・ワット、あるいはべイトマン・シェラット (Bateman and Sherratt) のエンジンで 交換された。

ボウルトン・ワットのエンジン、1784 年

電気は 1877 年に導入された。 蒸気エンジンは発電機を駆動して、電気の光を提供した。 1890 年代にはこれは普通になった。 電気は 1906 年までにミルの機械を駆動するのに使用された。 電気はエンジン棟で発電され、 一グループを駆動する電動モーターが各フロアーに設置されてシャフトを駆動した。 発電機はミルの外に置かれた、というのは火災の危険があると思われたからである。 主モーターが駆動するミルは 1907 年頃に開始した。 後のミルは個別の電動モーターを使用して、機械に動力を与えた。

動力の伝達

初期のミルには垂直シャフトがあり、はずみ車からの動力を受け取った。 各フロアーでは、水平シャフトが主シャフト (垂直シャフトのこと) と 傘歯車 (bevel gearing) でかみ合っていた。 米国のミルはシャフトの代りに皮のバンドを使用した。 新しい方法は太い木綿のロープを使用することであった。 ロープ・ドラムがはずみ車に取り付けられ、各ロープのために溝が切られ、 最大の粘着性を与えるようにされていた。

機織り小屋 (shed、倉庫)、全ての機織り機が
頭上のシャフトで駆動される方法を示す。
紡ぎ (spinning)

紡績ミル (spinning mill) は原綿のベイル (bale、圧縮梱包したもの) を開いて、 送風室 (blowing room) で綿を洗浄した。 綿繊維 (cotton staple) は梳かれて カード処理 (card) されて繊維の帯 (lap) になり、 まっすぐにして引き出だされ (ドロー (draw) されて)、 ロービング (roving、ゆるくねじって引いた繊維の連続より糸) になり、 ミュール紡績機 (mule frame) あるいはリング紡績機 (ring frame) によって紡がれる。 より糸 (yarn) は二重にして処理されて糸 (thread) になるか、 機織り用 (weaving) に準備される。

アッシュトン=アンダー=リン (Ashton-under-Lyne) のミネルバ・ミル (Minerva Mill) は P.S.ストット (P.S.Stott) によりデザインされて、 ジョン・ヘザリントン & サン (John Hetherington and Son) により装備され、 40's ツイスト (twists) と 65 横糸 (wefts) を製造した。 これは 1890 年代のミルでは典型的なことであった。

機械比率
2 垂直オープンナーとスカッチャー
(Vertical Openers and scutchers)
1 : 43,434
4 中間スカッチャー
(Intermediate Scutchers)
1 : 21,717
93 カーディング"・エンジン
(Carding Engines)
1 : 934
63 ドローの完成配送
(finishing deliveries of drawing)
1 : 1,380
792 粗糸スピンドル
(Slubbing spindles)
1 : 109.7
1716 中間スピンドル
(Intermediate spindles)
1 : 50.6
6680 ロウビング・スピンドル
(Roving spindles)
1 : 13
86,868 ミュール・スピンドル
(Mule spindles)
1 : 1
ミネルバ・ミル (Minerva mill)
(1895 年)
マグノリア 木綿ミル (Magnolia)
の紡ぎ室の内部

自己動作ミュール紡績機 (self acting mule frame、ロバーツ (Roberts), 1830 年) はクロンブトンのミュール紡績機 (Crompton's Mule、1779 年) の改良で、後者はより以前の発明に由来する。 ミュール紡績機 (mule) は 19 世紀のミルで最も繊細な count に使用され、 これらを操作するのに熟練した労働者が必要であった。

リング紡績機 (ring frame、1929 年) はスロッスル紡績機 (Throstle frame、19 世紀) -- アークライトの水力紡績機 (water frame) の改良版 -- から発展した。 元々リング紡績機 (ring frame) は粗いカウント (count) のみに適切で、 ミュール紡績機 (mule) よりも低くて重く、そのためフロアーは頑丈である必要があったが、低い部屋であった。 時と共に、 リング紡績機 (ring frame) はより繊細なカウント (count) に適したものになり、 労働経費が安かったため、ミュール紡績機 (mule) に取って代わった。 1950 年までに、すべてのミルはリング紡績機 (ring frame) に変換された。 オールダム (Oldham) の近くのショー (Shaw) のホーク・ミル (Hawk mill) は 1964 年/1965 年 に、 なおミュール紡績機 (mule frame) を使用していた。

機織り (weaving)

機織りミルは縦糸 (warp) と横糸 (weft) に適したより糸 (yarn) を必要とした。 縦糸 (warp) は梁 (beam、ビーム) の上で引き渡す (deliver する) 必要があり、 あるいはビーマー (beamer) により、cheese から梁 (beam) の上に巻かれた。 必要となる余分な強さを得るために、 より糸 (yarn) はサイザー (sizer) によりサイズ (size、長さ) を決めた。 横糸 (weft) は巻き上げ機 (pirner) で、シャトル (shuttle) 用の糸巻 (pirn) に巻きつけられる。 これらの準備工程が完成すると、より糸が機織り機で織られる。 1 人の織り手は 4 台から 6 台の機織り機を操作する。 自己動作機織り機 (self-acting loom) は糸が破断すると停止し、 糸は結びなおしたり、つないだりしなければならなかった。 この工程は 「紡ぎ」 よりも多くの光を必要とし、 機織り小屋はしばしば一階建てで、頭上の北側から光を取り入れた。 機織り機を地表に置けば、作業の振動に起因する問題を軽減できた。

カートライト (Cartwright) の動力機織り機 (1785 年) はロバート (Robert) の鋳鉄製の機織り機 (1822 年) で信頼できるようになり、 ケンワージー (Kenworthy) と ブロウ (Bullough) のランカシャー機織り機 (Lancashire Loom、1854 年) により完成した。 ノースロップ機織り機 (Northrop) あるいはドレイパー機織り機 (Draper Loom、1985 年) はこれらの古いデザインの代りになった。

英国の動力織機の数、1803 年 - 1857 年、1926 年
1803年1820年1829年1833年 1857年 1926年
英国の動力
機織り機の数
240014,65055,500100,000250,000 767,500
24 ヤード・シャツ地の出力比較 (1823 年 - 1833 年)
1823 年1823 年1826 年1833 年
  良好な手動 動力 動力 動力
 25 才15 才15 才15 才と
12 才の助手
織機1 台2 台2 台4 台
1 週間で織られる量2 枚7 枚12 枚18 枚
労働条件

ミルは女性を採用することで顕著で、彼女たちに独立の収入を与えた。 ランカシャー (Lancashire) と ピードモント (Piedmont) では、 サウスカロライナ (South Carolina) 児童労働は良く記録されている。

訳注
「サウスカロライナ児童労働」ではなく、単に「児童労働」でないと文章の意味が通じない。
アラバマ州 (Alabama) の木綿ミルの紡ぎ手 (spinner) の一部分、1910 年
英国における児童労働

ランカシャー (Lancashire) とダービーシャー (Derbyshire) のミルは安い労働力のプール (pool) を必要とした。 貧民児童 (pauper children) は 7 才と 21 才の間の男子、女子であり、 彼らは貧民救助法保護委員 (Poor Law Guardians) に依存していた。 ミルの所有者はロンドンと南部カウンティ (southern counties) の保護委員 (guardian) と契約し、 50 名以上の集団で貧民を供給させて、見習いをさせた (apprentice)。 生活状態は「見習い棟」 ('Prentice Houses') では貧弱であり、 1 日 2d 支払われた子供たちは 15 時間シフトで働き、 他のシフトの子供たちと同じベッドを使用させた (hot bedding)。

ロバート・オウエン (Robert Owen) はニュー・ラナーク (New Lanark) のミルの所有者であった。 彼は 10 才以下の子供を決して採用することがなく、 学校と工場における体罰に反対した。 彼は議会が行動に出るように運動し、 1802 年の「見習いの健康とモラルの法」 (The Health and Morals of Apprentices Act) になった。

規則は工場が 1833 年に検査対象となるまで効果がなく、 4 名の検査官からなる工場視察団が設立され、 治安判事 (magistrate) の権力を持っていた。 これにより、午前中は工場で働き、午後は学校で過ごす半日勤務の子供たちの数は削減されなかった。 紡ぎ (spinning) で世話係として働く子供たちの数が実際に減少したが、 もっと多くが機織り (weaving) で雇用された、というのは織り手 (weaver) は余分な織機を世話することが期待されたからである。

1835 年 - 1878 年の木綿工場の 13 才以下のパーセント
1835183818471850185618621867187018741878
% 13.24.7 5.8 4.6 6.5 8.8 10.49.614.0 12.8

1844 年の「工場法」 (Factory Act of 1844) から 1878 年まで、 記録は全日勤務者 (full-time) と半日勤務者 (half-time) の区別をしなかった。 1851 年には、多くの子供たちがミル (工場) で働いていた。 例えば、グロソップ (Glossop、[訳注:ダービーシャーのマーケットタウン]) では、 (3562 名中) 5 才から 13 才までの 931 名の子供が、木綿工場 (cotton mill) で働いていた。 1859 年の 1 つのミルでは、労働者の 50.2% が女性で、24.2% が女児 (girls) で、19% が男性で、6.6% が男児 (boys) であった。

米国における児童労働

ノースカロライナ州とサウスカロライナ州の複数のミル (Carolinas mills) は 1880 年から発展し、 大人よりも児童を優先して雇用した。 1909 年のノースカロライナ州 (North Carolina) のニュートン・ミル (Newton Mill) では、 観察された 150 名の労働者のうち、20 名が 12 才以下と思われた。 機械と耐えがたい熱により手や指の切断の通常の報告はもとよりのこと、 吸引された粉塵により「褐色肺」 (brown lung) と呼ばれる状態になった。 法律はほとんど強制 (enforce) されず、工場における小さな子供の存在により、 検査官 (inspector) に説明されたことは、子供たちは両親に食事を届けるために工場に来たか、 補助をしているが従業員名簿 (補助員) には載っていないとかということである。 賃金は労働者には良く、 彼らは工場では 1 日 $2 を稼ぎ、農場では $0.75 であった。 人種差別の南部では「黒人」 ('Blacks') は工場内部では働くことが許されなかった; もし許されていれば、児童労働の必要性はなくなっていたことであろう。 児童労働はここで終了した、 これは新しい法律のみの理由ではなく、大恐慌で引き起こされた機械の形式の変化によっていた。 機械は背が高く、技能があることが要求された。

サウスカロライナ州ニューベリー (Newberry) のモロハン・ミルズ (Mollahan Mills) の小さな紡ぎ手、 彼女は老兵のように
両側の世話をしている。しかし、私が写真撮影すると監督者が登場して、弁明がましい口調で述べたが、哀れであった。
「彼女はたまたまいただけです。」、 直後に繰り返した。工場には「たまたま居合わせた」、あるいは「姉を助けている」
子供で一杯のようであった。1908 年 12 月 3 日。目撃者 Sara R. Hine、場所:サウスカロライナ州ニューベリー
女性

最盛期の 1926 年にランカシャー木綿産業は 5730万基 のスピンドル (spindle) と 767,500 台の織機を稼働させていた。 木綿産業は 330万のベイル (bale、圧縮梱包したもの) を輸入し、生産物の 80% を輸出した。 ランカシャーの 575,000 人の木綿職工の 61% が女性で、そのうち 61% が労働組合員で、 167 の異なる組合に入っていた。

労働組合

イングランド南部の小さな製造業者から成る 18 世紀のウーレン産業 (woollen industry、紡毛織物産業) はヨークシャーに本拠地を置くウーステッド産業 (worsted industry) とははるかに違い、 後者では衣服商が原料を搬入・所有し、布を売った。 衣服商は小さな織り手に仕事を回し、事実上彼らを雇用していた。 ウーステッドはずっと資本が必要であった (capital instensive)。 小さな織り手は互いにまとまって、自己救済ギルドを作った。 ランカシャーが木綿を採用した時に同じ工程が起きた。 しかし、ランカシャーの木綿ミルでは、紡ぎは男の仕事になり、 労働組合の伝統は工場に引き継がれた。 紡ぎ手には何人かの糸継ぎ手 ('piecers') が '助手' になっていたため、 訓練された労働者の予備 (pool) があり、工場所有者は紡ぎ手を入れ替えることができた。 賃金のよいミュールの紡ぎ手は労働者の 「はだしの貴族」 で、19 世紀には組織化されていた。 彼らは組合費を支払い、ストライキが必要であれば、自分たちの資金繰りをすることが十分にできた。 ヨークシャーのウーステッド産業 (worsted industry) はリング紡績機 (ring frame) を採用し、 これはそれほど技術が必要でなかった。 ウーステッドの紡ぎは若い女性 (young girls) の仕事であった。 組合は 1914 年までヨークシャーでは発展しなかった。 1913 年の数値では木綿工の 50% が組合に入り、 ウールとウーステッドの労働者の 10% が組合に入っていただけである。

ランカシャーには:

職業組合員
織り手 (Weavers)182,000
カード処理部屋職人 (Cardroom Operative)55,000
紡ぎ手 (Spinners)23,000
糸継ぎ手 (piecers)25,000
ノースカロライナ州チェリービル (Cherryville) の木綿ミル労働者、1908 年。
米国等では、周期的な人手不足から、児童労働が雇用された。
この当時、米国南部で黒人労働者が木綿ミルに入ることを許さ
れれば、児童労働は必要なかったであろう。

紡ぎ手の組合である「木綿紡績職人合同組合」 (Amalgamated Association of Operative Cotton Spinners) は連邦構造を持ち、中央の強い統率力があり、 小グループの有給の役員がコントロールしていた。 組合費は高く、闘争資金は大きく、役員は複雑な賃金構造を守る技量があった。

労働者の健康

木綿工場 (cotton mill) は働くには健康な場所ではない。 工場の空気は暑く湿気があり、糸が切れるのを防いでいる: 18 °C から 26 °C で 85% の湿度が普通である。 工場の空気は木綿の粉塵で重く (thick with cotton dust)、 これは綿肺症 (byssinosis) -- 肺の病気 -- に至ることがある。

保護マスクが戦争後に導入されたが、 労働者はほとんど身につけなかった、というのは窒息するような状況では不愉快であったからである。 同じことが耳の防護具 (protector) にもあてはまった。 空気により皮膚炎、眼病、気管支炎、結核になった。 機織り場の騒音レベルは、500 台以上の機織り機のシャトルが毎分 200 回突き当り、 そこで働くもの全てを難聴のレベルにした。 潤滑油は発がん性があり、口腔癌と陰嚢癌につながり、ミュール紡績癌 (mule-spinner cancer) と呼ばれる。

ミュール紡績機 (mule) の労働者は 1 日 13 時間、1 週 6 日働くこととされ、 夏のウェイクス・ウィーク (wakes week、[訳注:イングランドとスコットランドの休暇]) の休暇に 2 週間の休みがあった。 予想できるように、一連の工場法がこのような条件を改善する目的で作られた。

初期に木綿の町が急速に拡張していた時に、 労働者の生活状態は貧弱であった。 良好に計画されていない住宅は混みすぎていた。 開放下水 (open sewer) と共同トイレはコレラのような病気に至った; マンチェスターは 1831 年に疫病に襲われ、何百人もの命が失われた。

英術と文学
ニュー・ハンプシャー州のマンチェスターの
アモスキーグ製造会社 (Amoskeag Manufacturing
Company) の印刷物、1906 年頃