ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Quarry Bank Mill - Wikipedia
クオリー・バンク・ミル (Quarry Bank Mill)

チェシャー州スタイアル (Styal) のクオリー・バンク・ミルは 英国産業革命の時の繊維工場で最もよく保存されているもので、 現在は木綿産業の博物館である。 これは イングリッシュ・ヘリテッジによりグレード II の指定建造物に指定され、 2013 年のテレビのシリーズ「工場」(The Mill) にインスピレーションを与えた。


クオリー・バンク・ミル
訳注
Google map: クオリー・バンク・ミル スタイアル (Styal)
  1. 位置
  2. 歴史
  3. 建築
  4. 見習い制
  5. 工場共同体
  6. 奴隷貿易
  7. ギャラリー
位置

クオリー・バンク・ミルはチェシャー州スタイアルの郊外にあり、 マンチェスター空港の南側に隣接している。 工場はボリン川 (River Bollin) の堤防にあり、 川の水は水車の動力源であった。 工場はブリッジウォーター運河と道路で接続され、 リバプール港から原綿が輸送された。 これは 3 つの農場 (farm) あるいは囲い (fold) から構成されていた。

訳注
囲いとは羊の囲いのこと。
歴史

サミュエル・グレッグ (Samuel Greg) はスタンフォード卿 (Lord Stamford) からポウナル・フィー (Pownall Fee) のクォレル・ホール (Quarrell Hole) の土地を借りた。 スタンフォード卿が付けた条件は周辺の木を切り払ったり、切り倒したり、 切り取ったりしてはならず、その一帯の林を維持することであった。 グレッグは木綿を紡ぐために 1784 年に工場を建設した。 グレッグが 1832 年に引退したときに、これは英国ではその種のものとしては 最も大きいものであった。 水力によるジョージ王朝時代の工場はいまだに木綿の キャラコ (calico) を生産している。 グレッグは用心深く、現実的で、家父長主義 (paternalistic) の工場主で、 工場はその歴史を通じて拡張され変貌した。 グレッグの子息のロバート・ハイド・グレッグ (Robert Hyde Greg) が事業を受け継いだときに、彼は織物を導入した。 サミュエル・グレッグは 1834 年に亡くなった。

1842 年 8 月 10 日のプラグ・プロット・ライオット の最中に工場が襲撃された。

訳注
「1842 年の Plug Plot Riot」 (蒸気機関の点火栓引き抜き運動) は「1842 年のジェネラル・ストライキ」とも呼ばれ、 英国中の 50 万人の労働者が参加した。(賃金カットが発端)

工場の鉄製の水車は、4 回目に設置されたもので、 トーマス・ヒューズ (Thomas Hewes) によりデザインされ、 1816 年から 1820 年にかけて建設された。 機械の上のシャフトは水車にベルトで接続された。 水車が回転すると、ベルトが動き、機械に動力を伝えた。 一台のビーム・エンジン (beam engine) と一台の水平蒸気エンジンが まもなく動力の補足をするために追加された。 ヒューズの水車は 1904 年に壊れたが、 ボリン川は二基の水力タービンにより工場を駆動し続けた。 工場の所有者は 1810 年に一台のボウルトン・ワット蒸気エンジン (Boulton and Watt steam engine) を購入したが、 数年後にもう一台を購入した。これは夏季に川の水位が下がり、 何年間も生地の製造に支障が出たためである。 蒸気エンジンは一年を通じて動力を供給できたのである。 今日では工場はヨーロッパでもっとも馬力のある可動な水車を収容している。 この水車はパトリー・ブリッジ (Pately Bridge) の グラスハウシズ工場 (Galasshouses Mill) で製造された鉄製の水車で、ヒューズの弟子であった、サー・ウィリアム・フェアバーン (Sir William Fairbain) によりデザインされたものであった。

訳注
Google map: グラスハウジズ・ミル

グラスハウジズ・ミル

工場を取り巻く地所が開発され、グレッグはスタイアルの農舎 (farm building) を 労働者を収容するために改装した。 工場の大きさが大きくなるにつれ、建物が労働者のために建設された。 礼拝堂と学校がグレッグにより建設され、グレッグは工場に隣接する クワリー・バンク・ハウスに移住した。

地所と工場は 1939 年にアレクサンダー・カールトン・グレッグ (Alexander Carlton Greg) により ナショナル・トラストに寄贈され、一般に公開されている。 工場は 1959 年まで製造を続けた。 2006 年にナショナル・トラストはクワリー・バンク・ハウスとその庭園を手に入れ、 2010 年には庭師の家屋と上部庭園を手に入れた。 2013 年にナショナル・トラストは 140万ポンドの基金を募り、 労働者の小屋、仕事場、グレッグのグラスハウスを修復し、 グレッグと工場労働者に関連する記録を電子化しようとした。

建築

クワリー・バンクは元々水力に依存していた初期の田舎の綿紡績工場の一例である。 最初の工場はサミュエル・グレッグとジョン・マッセイ (John Massey) により、 1784 年に建設された。 そのデザインは機能的なもので、飾りがなく、大胆な建築様式にする必要性がないと 考えた現実主義から生まれたものであった。 それは 4 階建ての工場で、8.5 × 27.5 m の大きさで、 階段、経理室 と倉庫が付属したものであった。 工場は特許の切れた水紡機 (water frame) と 米国独立戦争の終了の結果生じた増大した原綿の供給を使用するように デザインされた。 水車は工場の北端にあった。

訳注
水紡機 (water frame) は水力による精紡機 (spinning frame) で リチャード・アークライト (Richard Arkwright) により特許が得られた。

工場は 1796 年に拡張され、長さが 2 倍になり、5 階が追加された。 第二の水車が南端に建設された。 工場は 1817 年から 1820 年の間に拡張され、 マンサード屋根のついた「そで」 (wing) が建設され、 1796 年に建設された部分を前方に拡張し、 この下に水車が設置された。 新しい建物は直線と窓に関しては 1784 年のままであった。 1784 年の工場は 2425 本の紡錘 (spindle) を走らせ、 1805 年以後は新しい水車により 3452 本の紡錘を走らせた。

1836 年と 1838 年に追加された織機屋舎は 2 階建てで、 305 台の織機を収容した。 1830 年代よりも前には、紡績工場は木綿を製造し、 手織りの織工に手渡され、 彼らは自分の家や小さな織機工場で仕事をした。 このような工場はグレッグがエヤム (Eyam) に所有していたものと 類似なものであった。 手織りの織機と動力織機は 19 世紀を通じて併存した。 1830 年頃から動力織機が十分実行可能となり、 独立した織機屋舎が建設され、 大きな工場の所有者は紡績工場に織機屋舎を追加することになった。 織機屋舎は適切な光と湿度が必要とされ、 床が多くの織機による振動に十分に持ちこたえる必要があった。 クオリー・バンク・ミルが国内的に重要なのは これが 2 階建てで横から光を取り入れる建物だからで、 1 階建ての「のこぎり屋根」でないからである。 クワリー・バンクの最初の 2 階建ての屋舎は 33 × 6.5 m であった。 1838 年の建物は 30 × 10 m で、 1842 年に、 ワーピング (warping) とビーミング (beaming) のために、 もう一階追加された。グレッグの現実主義的方法により、 織機は徐々に購入された。

水力

最初の水車は木製の上射式の水車で、ボリン川の上流から長い水路で水を引いた。 第二の水車は 1801 年に ピーター・エバート (Peter Ewart) により建設され、 木製であった。 馬力を増やすために、彼はボリン川にダムを建設し、工場に直接水を引き、 川からの導水路がダムの下に作られた。 1807 年の第三の水車は、木製の水車の一つの代わりであった。 これは直径 8 メートルのサスペンション・ホイール方式の鉄製の水車で、 トーマス・ヒューズのデザインによるものと思われている。

第四の水車はグレート・ホイールと呼ばれ、これもヒューズによりデザインされた。 問題は同量の水を使いながら、 水車に動作する 水頭を増大することにある。 これを達成するために、水車の竪穴を川の水面の下まで掘り、 ここから 1 km もの放水用のトンネルを掘り、ジャイアント・キャッスルで ボリン川と合流するようにした。 これにより、9.8 m の水頭が得られ、 これが直径 9.8 m のサスペンション・ホイールを駆動した。 ホイールの幅は 6.4 m あった。 グレート・ホイールは 1818 年から操業し、 1871 年に水車の竪穴に泥が堆積し、 1904 年に再び泥が堆積した。

1905 年にギルバート・ギルクス会社 (Gilbert Gilkes and Company) の製造した二基の水力タービンが設置され、グレート・ホイールと交換した。 二基のタービンは同じ水頭と導水路を使用し、1959 年まで操業した。 工場が 1983 年に復元された時に、 ヒューズによってデザインされたものと類似のデザインの水車 -- 彼の弟子のサー・ウィリアム・フェアバーンが製造したもの -- をパトリー・ブリッジ (Pateley Bridge) のグラスハウジズ工場 (Glasshouses Mill) から移動・設置し、機械の動力源となっている。


訳注:サスペンション・ホイールとリム歯車

「サスペンション・ホイール」に関しては Water wheel (水車) に解説があるので引用します。

(水車の) 初期の二つの改善はサスペンション・ホイールとリム歯車である。 サスペンション・ホイールは自転車のホイールと同じように作られ、 ハブからの引っ張り張力で支えられ、これにより、これ以前の水車よりは、 大きくて軽くすることができた。これ以前の水車は重いスポークが圧縮状態にあった。 リムによる歯車駆動を使用するために、水車のリム、あるいは覆いに、歯の付いたホイール 【訳注:これがリム歯車】 を付け加える必要がある。 突き出た歯車がリム歯車にかみ合い、 独立したライン・シャフトにより、動力を工場に取り込む。 これにより軸は回転ストレスから解放され、 軸をより軽くでき、更には動力伝達機構の設置位置に柔軟性を持たせることができる。 シャフトの回転がホイールの回転から歯車で伝達されるため、 動力の損失が少なくなる。 このデザインはトーマス・ヒューズが開拓し、 ウィリアム・フェアバーンが改良した。 この一例には「ポートランド・ベイスンの運河の倉庫」の 復元された1849 年製の水車がある。

ポートランド・ベイスンで復元された水車に関しては デューキンフィールド・ジャンクションを参照のこと。 ポートランド・ベイスンはデューキンフィールド・ジャンクションにあります。


サスペンション・ホイールとリム歯車
ポートランド・ベイスンの運河の倉庫
(クリックして拡大図を見てください。)

サスペンション・ホイールとリム歯車の動画 (ogg) (FireFox で見れます。)
(動画に登場する水車はウェールズの「国立スレート博物館」(National Slate Museum) のもの。 スレートは屋根ふき用のもの。) この動画を見れば、英国産業革命の時のミル (mill) がどのようなものであったのか実感できます。 英和辞典にはミルの訳語として「水車小屋」の意味も掲載していますが、 少なくとも英国産業革命の時のミルはこれでは誤訳となり、「工場」以外の訳語があり得ない。

蒸気動力

ボリン川の水の流れは信頼できるものではなく、 1810 年に補助の蒸気エンジンを手に入れた。 これはボウルトン・ワットの 10 馬力のビーム・エンジンであった。 1836 年の動力織機の到来とともに 第二の 20 馬力のボウルトン・ワットのビーム・エンジンを入手した。 最初の水平復水エンジン (horizontal condensing engine) は 1871 年に手に入れた。 新しいエンジン棟が建設された。 1901 年には 1871 年のエンジンが 60 馬力の中古エンジンで交換された。 エンジンはもはやなく、 博物館は展示用に類似の蒸気エンジンを購入した。

見習い制

クオリー・バンク・ミルは児童の見習い制を使用し、 これは 1847 年まで継続した。 奉公することになった最後の児童は 1841 年に働き始めた。 最初の児童の見習いはその時には 1790 年にグレッグが工場のそばに建設した 見習い寮 (Apprenice Hall) に宿泊していた。 グレッグは労働者を公平に扱うことにより最も良いものを得ることができると信じた。 彼は監督を採用し、児童の世話とモラルの支援をし、 グレッグの家族や外部の教師に児童を教えさせた。 彼はピーター・ホーランド (Pete Holland) を工場医師として採用した。 ピーター・ホーランドは准男爵 1 世の王室医師サー・ヘンリー・ホーランドの父で、 エリザベス・ギャスケル (Elizabeth Gaskell) の叔父であった。 ホーランドは児童の健康と、時には労働者の健康の責任を担い、 そのような資格で採用された最初の医師である。 見習いは救貧院 (workhouse) の児童であった。 元々はハックニー (Hackney) やチェルシー (Chelsea) から連れてこられた。 しかし、1834 年以来、大半が近隣の教区やリバプールの救貧院 (poorhouse) から来た。彼らは工場でのシフトがすむと学校の勉強をしたり、庭の手入れをしたりして 長い一日を働き通した。 仕事は時々危険なことがあり、時々指が機械で切断された。 子供たちは工場で喜んで働いた。というのは救貧院の生活の方がもっとひどかったからである。


見習い寮
工場共同体

グレッグが工場を建設したときの希薄な環境はすぐにも使い果たされ、 グレッグは簡単な宿舎を建設し、労働者に貸与した。 各々の家には居間、台所、寝室が 2 部屋あり、屋外便所と庭があった。 家賃が労働者の給与から引かれた。 グレッグはニュー・ラナーク (New Lanark) を建設した ロバート・オーウェン (Robert Owen) のように、彼の新しい産業の中心地に村の組織化された秩序を持ち込もうとした。 彼はオーク・スクールを建設して子供たちを教育し、 ノークリフ礼拝堂 (Norcliffe Chapel) を建設し、村人が礼拝し日曜学校を 開けるようにした。

スタイアルの村
     
労働者の宿舎    労働者の宿舎    ノークリフ礼拝堂
訳注
  1. 「労働者の宿舎」は日本の会社にある「社宅」の原点かもしれない。
  2. Google map: ノークリフ礼拝堂(Norcliffe Chapel)
奴隷貿易

グレッグ家は 三角貿易に関連している。 サミュエル・グレッグの義理の兄弟のトーマス・ホジソン (Thomas Hodgson) は奴隷船を所有し、彼の父親のトーマス・グレッグと 彼の兄弟のジョン・グレッグはカリブ海のドミニカ島に サトウキビのプランテーションを所有していた。 最も記録が残っているのは、ドミニカのヒルスバラ地所 (Hillsborough Estate) で、そこには 71 名の男子と 68 名の女子の奴隷がいた。 1814 年の 1 月に、20 名の奴隷が逃亡し、 再度とらえられ、男子は 100 回のむち打ちを受け、女子は 50 回のむち打ちを 受けた。奴隷たちの一人がプランテーションの病院で亡くなり、 彼らは毒殺されたと信じている。

ギャラリー
     
クオリー・バンク・ミル
の可動なミュール紡績機
英国で最も大きな水車の内部
クワリー・バンク・木綿工場
現在でも可動で織機の動力
   新しい水車

クオリー・バンク・ミルのミュール紡績機の動画
【訳注:原文と同じように動画を張り付けることができません。
上の画像のどこでもよいからクリックすると動画の開始画面に
なるので、ここで開始ボタンをクリックしてください。
HTML 5 対応のブラウザーでないと見れない。FireFox は可】