ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Sunday school - Wikipedia

産業革命により農業以外の職業がずっと増え、これで読み書き能力の必要性が増えます。 英国産業革命では当初は義務教育はなく、キリスト教会の 「日曜学校」 が読み書き能力を普及させ、 これが義務教育につながります。(但し、実際の義務教育の導入は 19 世紀後半になる。)

英国産業革命の時にかなりの人が文字を読めるようになることはだいたい想像がつき、 どのような人が文字が読めるようになるのかは最初は見当がつきませんでした。 19 世紀に入ってからは恐らく日曜日に教会に礼拝に行くような人が文字が読めるらしいと想像が 着くことになり、この項目を翻訳することにしました。 (「日曜日に教会に行く」 ことはキーワードに近いと思われ、 これで (義務教育以前に学校に行けなかった人で) どのような人が文字が読めたのかが確定することになります。)

現在でも (米国)、元々の 「日曜学校」 が残っている場合がありますが、 これはスラム街の場合のような特別な場合に限られると思います。

日曜学校で読み書きを教えたのは、聖書を読ませるためでしたが、 この方法を真似たのが明治政府で、聖書の代りに教育勅語を読ませたと思われます。 このような観点からは、明治政府が義務教育を導入しようとした時点で、欧米の日曜学校のことを意識していたのは 自明と思われます。

日本では識字率のことが随分と登場しますが、英語の場合であれば、 (文字の数がとても少ないので) 文字の読み方だけを覚えるのは随分と易しく、識字率のことだけを問題にするのはほとんどなく、 literate / illiterate のことが問題とされる。(書き言葉では語彙が豊富かどうかが教育を受けているか否かの判断の分かれ目になる。)

日曜学校 (Sunday school)

日曜学校は教育組織で、通常は (しかしいつでもというわけではないが) キリスト教のもので、 子供たちを教え、終日働いている若者たちを教えるものであった。 日曜学校は 1780 年代にイングランドで設立され、働いている子供たちに教育を提供するものであった。 ウィリアム・キング (William King) (ダーズリー・タバナクル教会 (Dursley Tabernacle church) の記録を参照) はグロスターシャー州 (Gloucestershire) タバナクル (Tabernacle) で始めて日曜学校を開始し、 友人のロバート・レイクス (Robert Raikes) にグロスター (Gloucester) で類似の学校を開始することを提案し、 この理由からレイクスが一般に日曜学校を開始したとされる結果になった。 レイクスはグロスター・ジャーナル (Gloucester Journal, 雑誌あるいは新聞) の 編集者であった。 彼は彼のジャーナルに記事を書き、その結果、多くの聖職者 (clergyman) はこの学校を支持し、 学校は若者たちに読み書き、暗号 (算術を使用)、そして聖書の知識を教えることを目的にしたものであった。

マンザナー強制収容所の日曜学校、
1943 年、アンセル・アダムズ (Ansel Adams) 撮影

1785 年までに、250,000 人のイングランドの子供たちが日曜学校に出席した。 マンチェスターだけでも 5,000 人いた。 1835 年までに 「日曜学校の設立と奨励の協会」 (Society for the Establishment and Promotion of Sunday Schools) は 91,915 冊の 「綴り字の本」 (spelling books)、 24,232 冊新約聖書 (Testament)、 そして 5,360 冊の聖書 (Bible) を配布した。 日曜学校の運動は宗派を超えたもので、寄付 (subscription) によって、 大きな建物を建設し、これを教室にすることは無論のこと、 ここで公的な公演を開催した。 初期の頃は大人が幼児と同じクラスに出席した。というのは各クラスは基本的な読解を教えたからである。 町によっては メソジスト (Methodist) は大きな日曜学校から撤退し、自分たちのものを建設した。 聖公会 (Anglican) は彼ら自身の全国学校 ('National' school) を設置し、 これは日曜学校と昼間学校 (day school) として機能した。 これらの学校は全国教育システム (national system of education) の前身であった。

日曜学校の役目は 「1870 年の教育法」 (Education Act of 1870) によって変化した。 1920 年代には彼らはスポーツを奨励した。チームが日曜学校リーグで競争することが普通であった。 (日曜学校は) アマチュア演劇とコンサート会を主催する社会的な中心となった。 1960 年代までに 「日曜学校」 の用語は建物を指すことになり、教育クラスのことではなくなった。 1970 年代にはストックポート (Stockport) の最大の日曜学校でさえ取り壊された。 「日曜学校」 は色々な宗派により日曜日に実施・遂行される多くの形式の宗教教育の一般的な名称になった。

  1. 発展
  2. 形式
  3. 制服
  4. 出版社
  5. 教師
発展
英国

最初の日曜学校はノッティンガム (Nottingham) のセント・メアリー教会 (St Mary's Church) で 1751 年に開設されたと言えるかもしれない。 別の初期の学校は バッキンガムシャー (Buckinghamshire)、ハイ・ウィカム (High Wycombe, wɪkəm) 生まれのハンナ・ボール (Hannah Ball) により設置された。 しかしながら、日曜学校の草分けは一般に、間違えられて、ロバート・レイクスであるとされ、 彼はグロスター・ジャーナルの編集者で、スラムの子供たちが犯罪に陥ることを防止する必要性を考えていた。

18 世紀のイングランドでは教育は限られた人々に限定され、義務ではなかった。 豊かな人は自分たちの子息を家庭で私的に教育し、 (住み込みの) 女性ないしは男性の家庭教師を子供たちのために雇った。 この階級の子供たちはしばしば寄宿学校 (boarding school) に送られ、 ここからこの有料制の教育施設は、混乱を招くが、パブリック・スクール (公的学校) と呼ばれた。 町に住む中流階級は子息をグラマー・スクール (grammar school) に送ることもあり、 一方、娘は放置されて、母親から学んだり、父親の図書から学んだ。 工場労働者、農場労働者の子供は正式な教育を受けることがなく、 典型的には 1 週に 6 日、親たちと共に働き、時には 1 日 13 時間以上にもなった。

1781 年に、ダーズリー (Cursley) で日曜学校をすでに運営していた友人のウィリアム・キングに せかされてから、レイクスはグロスターのスラムに住んでいた子供たちの窮状に気が付いた。 メレディス夫人 (Mrs Meredith) の家で、彼は日曜日に学校を開設した。 この日は、スラムに住み、工場で働く男の子と女の子が出席できる唯一の日であった。 教科書として聖書を使用し、彼は彼らに読み書きを教えた。

4 年以内に 250,000 名以上の子供たちがイングランド中で日曜日に学校に出席した。 1784 年に、多くの新しい学校が設立され、これには宗派を超えた ストックポート日曜学校 (Stockport Sunday School) が含まれ、ここが 1805 年に 5000 名の生徒のために資金繰りをして、1 つの学校を建設した。 19 世紀末には、これは世界最大と認められた。 1831 年までに日曜学校への出席者は 120 万人に膨れたと報告された。 ロバート・レイクスの (複数の) 学校はイングランド国内 (教育) システムの先駆とみなされている。

ロンドンの最初の日曜学校はロウランド・ヒル (Rowland Hill, ロウランド丘) の下のサレー礼拝堂 (Surrey Chapel) で開設された。 1831 年までに英国の日曜学校に毎週 125 万人の子供たちが出席し、 適齢期の子供のおよそ 25% であった。 日曜学校は宗教的な教えと共に、基本的な読み書き能力を提供した。

1833 年に、「若者の間の宗教教育の仕事の統一と発展のために」 ユニテリアン (Unitarian) は彼らの 「日曜学校協会」 (Sunday School Association) を 「英国及び外国ユニテリアン協会」 (British and Foreign Unitarian Association) の 若年パートナー (junior partner) として設置し、 まもなく「英国及び外国ユニテリアン協会」 と共に中央ロンドンのエセックス・ホール (Essex Hall) に 事務所を設置した。

産業都市における日曜学校の仕事はますます 「ボロ学校」 (ragged school) (産業貧困者に対する慈善組織 (charitable provision for the industrial poor)) により補足され、 まもなく 19 世紀末の学校委員会の下における公立学校 (publicly funded education) になった。 日曜学校はこのように増大する教育組織と共に継続し、新しい形式も、 例えば 「社会主義者日曜学校」運動 (Socialist Sunday School) -- これは 19 世紀後半に英国で開始した -- のようなものが発展した。

アイルランド

アイルランドにおける日曜学校の最も初期の記録は、 1777 年にさかのぼり、 この時、ローマ・カトリック司祭のダニエル・ディラニー (Daniel Delany) -- 後のキルディアおよびリーフリン司教ダニエル・ディラニー (Bishop Daniel Delany of Kildare and Leighlin) -- は カーロー州のデュロウ (Tullow, County Carlow) で学校を開始した。 これはとても洗練されたシステムで、時間割、レッスン計画、 能力別クラス編成、そして色々な教育活動が含まれていた。 1787 年に、テュロウだけでも 700 名の男女の生徒、80 名の教師がいた。 この日曜学校の最も重要な意図はカトリックの信念を教えることであり、読み書きを教えることはこれを 支援するのに必要となった。 アイスランドにおける カトリック開放 (Catholic Emancipation, 1829 年) と全国学校システム (National School system) の設立 (1831 年) -- これはカトリックの信念を学校で教えることができることを意味した -- により 「カトリック日曜学校」 が不必要になった。

アイスランド教会日曜学校協会が 1809 年に設置された。 アイルランドのプレスビテリアン教会 (Presbyterian Church) の サバト学校協会 (Sabath School Society) が 1862 年に設置された。

米国

米国日曜学校システムは 1790 年代にサミュエル・スレーター (Samuel Slater) が、 ロード・アイランドのポータケット (Pawtucket) の彼の繊維工場で始めて開始した。 米国の日曜学校運動の著名な 20 世紀の指導者に含まれているのは: クラレンス・ハーバード・ベンソン (Clarence Herbert Benson); ヘンリエッタ・ミアーズ (Henrietta Mears)、 ゴスペル・ライトの創始者 (founder of Gospel Light); ジーン A. ゲッツ博士 (Dr. Gene A. Getz); ハワード・ヘンドリックス (Howard Hendricks); Lois E. LeBar; ローレンス D. リチャーズ (Lawrence O. Richards); そしてエルマー・タウンズ (Elmer Towns) である。

米国ケンタッキーのバプティスト教会
の日曜学校、1946 年

博愛主義者のルイス・ミラー (Lewis Miller) は日曜学校のアクロン・プラン (Akron Plan) を発明した。 これは建物のレイアウトの事で、中央に集会ホールがあり、まわりに小さな教室があるもので、 メソジスト聖職者のジョン・ヘイル・ビンセント (John Heyl Vincent) と建築家のジェイコブ・スナイダー (Jacob Snyder) と共に考えた。

ジョン・ヘイル・ビンセントJ(ohn Heyl Vincent) が共同して働いたのはバプティスト (Baptist) の俗人である B. F. ジェイコブス (B. F. Jacobs) で、 彼は日曜学校の務めを奨励するシステムを考案し、 国際統一レッスン・カリキュラム (International Uniform Lesson Curriculum) -- 統一レッスン計画 (Uniform Lesson Plan) とも呼ばれる -- を与えるために委員会が設立された。 1800 年代までに新メンバーの 80% が日曜学校を通して教会に導入された。

1874 年に統一レッスン計画のための日曜学校教師の訓練を改善することに興味を覚え、 ミラー (Miller) とビンセント (Vincent) は再び共同で作業して、 今ではニューヨーク州シャトークア湖 (Chautauqua Lake, /ʃəˈtɔːkwə/ shə-TAW-kwə) の 岸辺のシャトークア施設 (Chautauqua Institution) と呼ばれるものを見つけた。

形式

日曜学校は名前に反して、教育組織としては決して認められることがなく、 公式の評価と成績証明書を与えることがなかった。 日曜学校はキリスト教の教義に関して意味のある教えを単に与えようとしただけで、 与えられた週の成績をほとんど、あるいはまったく記録しなかった。 子供たちが定期的に出席することを奨励するために出席は記録され、 出席の規定値 (mile stone) に達したものにはしばしば賞が与えられた。

日曜学校、インディアン、白人
米国、インディアンの居留地 (オクラホマ)、1900 年頃

歴史的には日曜学校は色々な共同体の午後に開催され、しばしば色々な宗派からの労働者が詰めていた。 これは日曜日の午前中に移動し、 米国では 1930 年代初頭に、カナダでは 1940 年代に始まった。 日曜学校はしばしば 1 時間、あるいはそれ以上の長さの聖書の勉強の形を取り、 これは礼拝の前、最中、あるいはその後にあった。 多くの日曜学校では子供たちに教えを与えることに焦点が置かれているが、 (とりわけ礼拝よりも前にあるとき) 大人の日曜学校も 人気があって普及していた (RCIA (未翻訳) を参照)。 慣例によっては 「日曜学校」 の用語が子供たちとあまりに強く結びついており、 別の用語、例えば 「成人選択」 (Adult Elective) や 「宗教教育」 (religious education) が 「大人の日曜学校」 の代りに使用された。 協会によっては子供たちの日曜学校を大人の礼拝と同時に実施しただけであった。 この場合には典型的には大人の日曜学校はなかった。

幾つかの伝統的な成果、あるいは「日曜学校の歌」、 例えば "The Wise Man Built His House Upon the Rock"、 "Jesus Bids Us Shine", そして "Jesus Loves Me" が 日曜学校の設定で歌われた。

制服

今日では稀であるが、日曜学校によっては子供たちが制服を着ることが要求された。 これは、通常は男の子はドレス・シャツ、ネクタイ、V ネック・セーターを着用し、 女の子は通常はスカートとブラウス、それと時にはネクタイを着用した。

出版社

英国では宗教小冊子協会 (Religious Tract Society) と呼ばれる代理店が作られ、 日曜学校のためにパンフレットを提供する助けをした。 米国では、パンフレット出版のために 米国日曜学校ユニオン (American Sunday School Union) が作られた (ニューヨーク市が本部)。 このグループは国際日曜学校レッスン (International Sunday School Lessons) と呼ばれるものを開拓した。 「日曜学校タイムズ」 (Sunday School Times) は彼らが日曜学校で使用するために出版した別の定期刊行物であった。

「生き方、キリスト教資産」 (LifeWay Christian Resources)、 と 「ゴスペル・ライト」 (Gospel Light) は デイビッド C.クルック (David C Crook, 出版社) 及び グループ・パブリッシング (Group Publishing) によって出版されたもので、 現在国中の日曜学校で使用され、広く利用可能な出版物である。

教師

日曜学校の教師は通常は俗人で、指定されたまとめ役、会議、あるいは委員会により、 教会における役割から選ばれている。 通常、教師の選択は 教育における正式な訓練からではなく、特性の理解と聖書を教える能力に基づいている。 しかしながら、日曜学校の教師によっては業務の結果として、教育の背景がある。 教会によっては、日曜学校教師と伝教者 (catechist) にコースに出席させて、 信念と他のものを教育する教育の過程を十分に理解させている。

ローマ・カトリックの聖職者 (Roman Catholic priest) あるいはプロテスタントの牧師 (Protestant pastors (church minister)) がこのようなクラスを自分で教えることは珍しいわけではない。 日曜学校で教えたり、あるいは教えたことがあることで、よく知られた有名人の何人かに: 宇宙飛行士のロン・ガラン (Ron Garan), コメディアンの スティーヴン・コルベア (Stephen Colbert), 小説家の ジョン・グリシャム (John Grisham), そして前米国大統領の ジミー・カーター (Jimmy Carter) がいる。