ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Samuel Slater - Wikipedia
サミュエル・スレーター (Samuel Slater)

サミュエル・スレーター (1768 年 6 月 9 日 - 1815 年 8 月 21 日) は初期の英国系米国人の産業家で、 「米国産業革命の父」 (Father of the American Industrial Revolution) (この呼び方は アンドルー・ジャクソン (Andrew Jackson) によるもの) 且つ  「米国工場システムの父」 (Fathe fo the American Factory System) と呼ばれた。 英国では 「裏切者スレーター」 ("Slater the Traitor") と呼ばれた、というのは 彼は英国の繊維技術を米国に持ち込み、これを米国の使用に適応させたからである。 彼は英国の産業で、開拓者の見習い (apprentice) として、 繊維工場の機械のデザインを盗み、その後で 21 才で米国に移民した。 彼は米国で最初の繊維ミルをデザインし、後で自分自身で事業に乗り出し、 彼の子息たちと共に家族経営の事業 (family business) を発展させた。 彼はまもなく 13 の紡績ミル (spinning mill) を所有し、 彼の繊維ミルの周りに借地農園 (tenant farm) と (複数の) 企業の町 (company towns) を開発し、これにはロードアイランド州のスレイタービル (Slaterville) があった。

サミュエル・スレーター (1768 年 - 1835 年)
一般に「米国産業革命の父」と呼ばれる。
  1. 初期の人生
  2. 米国の工場
  3. 経営スタイル (Management style)
  4. 拡張 (Expansion)
  5. 産業化
  6. 個人的生活
  7. レガシーと名誉 (Legacy and honors)
初期の人生

サミュエル・スレーターは 1768 年 6 月 9 日に、 イングランド、ダービーシャー (Derbyshire) のベルパー (Belper) で、 ウィリアム (William) とエリザベス・スレーター (Elizabeth Slater) の子供として生まれ、 農家の 8 人兄弟の 5 番目の子息であった。 彼は恐らく トーマス・ジャクソン (Thomas Jackson) が経営する学校で基礎教育を受けた。 10 才で彼はその年ジェディダイア・ストラット (Jedediah Strutt) が 開設した木綿ミルで働き始め、ここでは近くの クロムフォード・ミル (Cromford Mill) で リチャード・アークライトにより開拓された 水力紡績機 (water frame) を使用していた。 1782 年に父親が亡くなり、家族は彼をストラットの見習い (apprentice) として年季奉公に入れた。 スレーターはストラットによりよく訓練され、21 才で彼は組織と木綿紡績の実地の 完全な知識を得た。

彼は類似の機械の開発における米国の興味を知り、 デザインの輸出を禁止する英国の法律にも気が付いていた。 彼は従って、できる限りを記憶して、1789 年にニューヨークに向けて出発した。 ベルパーの人によっては、彼を "裏切者スレーター" ("Slater the Traitor") と呼ぶ。 というのは彼の移動は多くの人がストラトのミルで生計を立てている町に対しての裏切りと考えたからである。

米国の工場

1789 年にロードアイランド州の先導産業家であるモーゼズ・ブラウン (Moses Brown) は ロードアイランドのポータケット (Pawtucket) に移住して、義理の息子のウィリアム・アルミ― (William Almy) と 従弟のスミス・ブラウン (Smith Brown) との共同事業でミル (mill) を操業することにした。 会社はアルミ―&ブラウン (Almy & Brown) と呼ばれ、 ブラックストーン川 (Blackstone River) のポータケット滝 (Pawtucket Falls) の近くの、 以前の 縮充ミル (fulling mill) に収容された。 彼らは売るための布を製造する計画を立て、 より糸は、水力を利用して、 糸車 (spinning wheel)、 ジェニー紡績機 (spinning jennies)、 及び紡績機 (spinning frames) で紡績をするつもりであった。 8 月に、彼らは 「アークライトの形式に従った」 32 個のスピンドル・フレームを手に入れたが 操作できなかった。 この時点で、スレーターは彼らに手紙を書いて援助 (service) を提供した。 スレーターは機械はそのまゝでは役に立たないことに気が付き、ブラウン (Brown) に彼の知識を確信させた。 彼が約束したことは: 「もしも良好なより糸ができなければ、作ろうとしたものをすべて橋から捨てる」。 1790 年に、彼はブラウンとの契約に署名し、英国のデザインを再現することになった。 彼らはスレーターに資金を提供して、 水力紡績機と関連する機械を建造させ、彼らの資金の半額とそこから得られる儲けの半額を提供した。 12 月までに、作業場が 10 名から 12 名の労働者で操業可能となった。 1791 年までに、スレーターは道具と熟練した機械工が不足しているのにもかかわらず、いくつかの機械が操業中であった。 1793 年に、スレーターとブラウンはポータケット (Pawtucket) に最初の工場を開設した。

スレーター・ミル

スレーターはアークライトの成功の秘密 -- すなわち異なる繊維の長さを配慮に入れなければならないこと -- を理解していたが、 アークライトの カーディング (carding)、 ドローイング (drawing) そして ロービング (roving) の機械も理解していた。 彼は連続的な製造システムとして、すべての要素で作業する経験もあった。 建造中に、スレーターは地元の必要性に適合するように、デザインに少々修正を加えた。 その結果、米国で最初の水力による成功裏のローラー紡績繊維ミル (roller spinning textile mill) になった。

このミルを開発してから、スレーターは経営の原理を開始し、 これはストラットとアークライトから学んだもので、労働者を熟練した機械工にするためのものであった。

1812 年に、 マサチューセッツ州ウェブスター (Webster) のイースト・ビレッジ (East Village) に スレーターはオールド・グリーン・ミル (Old Green Mill) -- 後にクランストン印刷工場 (Cranston Print Works) と呼ばれた -- を建設した。 彼がウェブスター (Webster) に移住したのは、部分的には利用可能な労働力の理由であるが、 ウェブスター湖 (Webster Lake) からの豊富な水力の理由からでもあった。

経営スタイル (Management style)

スレーターは "ロードアイランド・システム" (Rhode Island System) を作り、 これはニューイングランドの村の家族生活 (family life) に基礎を置いたものであった。 7 才から 12 才の子供はミルの最初の従業員であった; スレーターは個人的に彼らを密接に監督した。 最初の子供たちは 1790 年に採用された。 彼のミルフォード (Milford) での経験から、子供たちに体罰を加えたことはあり得そうもなく、 その代わりに罰金に依存した。 スレーターは他の村からも労働者を採用しようとしたが、 ニューイングランドの家族の密接に結びついた枠組みにより失敗に終わった。

彼は全家族を取り入れ、村全体を開発した。 彼は会社の店共々に、近くに会社が所有する住宅を提供した; 彼は日曜学校のスポンサーにもなり、ここで大学生 (college student) が子供たちに読み書きを教えた。

拡張 (Expansion)

スレーターは 1793 年に新しいミルを建設した。これはアルミ― (Almy), ブラウン (Brown) & スレーター (Slater) の名称下の繊維製造の 唯一の目的のみのためであり、彼は今ではアルミ― (Almy) とブラウン (Brown) の共同経営者であったからである。 これはスピンドルが 72 基のミルで、1794 年の イーライ・ホイットニー (Eli Whitney) の 綿繰り機 (cotton gin) の特許によって、 木綿処理の労働が減り、 これは短い繊維の木綿栽培での利益を可能にした。 これは内部の高地で育てることができ、南北戦争前のディープ・サウス (Deep South、深南部) の木綿栽培の劇的な拡張につながった。 スレーターは彼が生まれたイングランドから、 日曜学校のシステムをポータケット (Pawtucket) の彼の繊維工場に持ち込むこともした。

1798 年に、サミュエル・スレーターはアルミ― (Almy) とブラウン (Brown) から分離して、 サミュエル・スレーター社 (Samuel Slater & Company) を作り、 彼の義理の父親のオジエル・ウィルキンソン (Oziel Wilkinson) との共同事業になった。 彼らが開発した他のミルは: ロードアイランド州 (Rhode Island)、 マサチューセッツ州 (Massachusetts)、 コネチカット州 (Conneticut)、及び ニューハンプシャー州 (New Hampshire) にあった。

1799 年に、彼の共同事業にイングランドの彼の兄弟ジョン・スレーター (John Slater) が加わった。 ジョンは車大工 (wheelwright) で、彼は最近のイングランドの発展の調査をしており、 ミュール紡績機 (spinning mule) の経験も無論積んでいたことであろう。 サミュエルはホワイト・ミル (White Mill) と呼ばれる大きなミルの責任をジョンに任せた。 1810 年にスレーターはマサチューセッツ州とロードアイランド州の 3 つの工場を部分的に所有した。 1823 年に、彼はコネチカット州のミルを購入した。 彼は繊維製造機械を作る工場も建設し、機械はこの地域の多くのミルで使用された。 彼は義理の兄弟と共同経営の会社を作り、機械の製造をするための鉄の製造をした。 しかしスレーターは事業を広げすぎて、多くの異なる事業利益を協調したり、まとめることができなくなった。 彼は管理者 (manager) を家族以外から採用することを拒否し、1829 年の後に、 彼は新しい会社 (umbrella firm) であるサミュエル・スレーター&サンズ (Samuel Slater and Sons) で自分の子息を 共同事業者にした。 彼の子息のホレーショ・ネルソン・スレーター (Horatio Nelson Slater) は彼の家族事業 (family business) を完全に再組織し、 コスト削減の方式を取り入れ、古い方式の工程を放棄した。 スレーター社 (Slater & Company) は米国で先導的な製造会社の 1 つになった。 ポータケット (Pawtuckett) の近くのスレーターと他のミルの所有者による、 圧政的な規則、労働条件、そして女性労働者の 25% 賃金カットの提案により、 1834 年にこの地域は米国史で最初の工場ストライキの場所となった。 これにより、工場労働者と所有者の間の人権を求める長い戦いとなり、 これは現在もなお継続中である。

スレーターはミルで喜んで働く家族を探すために、採用担当者も採用した。 彼はミルで働く家族をもっと求めて宣伝もした。

産業化

1800 年までに、スレーターのミルの成功は他の起業家により模倣された。 1810 年までに、米国財務長官 (Secretary of the Treasury) の アルバート・ギャラティン (Albert Gallatin) の報告では、米国には 50 の木綿のより糸ミルがあり、 この多くは 1812 年の戦争に先行する英国からの輸入が中断される 1807 年の貿易禁止 (embargo) に呼応して開始した。 この戦争により、ニューイングランドにおける産業化の工程が促進される結果になった。 1815 年の戦争の終了までに、プロビデンスの 30 マイル以内に 140 の木綿製造業者がおり、 26,000 名を採用し、 130,000 基のスピンドルを操業していた。 米国の繊維産業が開始した。

個人的生活

1791 年にスレーターはハンナ・ウィルキンソン (Hannah Wilkinson) と結婚した; 彼女は 2 本より糸 (two-ply thread) を発明し、1793 年に特許を授与された最初の米国女性になった。 サミュエルとハンナ (Hannah) には全部で 10 人の子供がいた。もっとも 4 人は幼年期に亡くなった。 ハンナ (Hannah) は 1812 年に産後の合併症 (complication) から亡くなり、 サミュエルは残された 6 人の幼い子供を育てることになった。 彼の兄弟と共に、サミュエルは米国でスレーターの苗字を開始した。

スレーターは 1817 年に未亡人のエーテル・パーキンソン (Ether Parkinson) と 2 度目の結婚をした。 彼の事業はこれまでに極端に成功しており、 パーキンソン (Parkinson) は結婚前に資産を所有していたので、カップルは結婚前の合意を準備した。

スレーターは 1835 年 4 月 21 日に、マサチューセッツ州ウェブスターで亡くなった。 この町は彼が 1832 年に設立し、 友人の上院議員のダニエル・ウェブスター (Daniel Webster) にちなんで命名した。 彼は亡くなった時に 13 のミルを所有し、 米$130万 -- 2018 年の 米$2500万 と等価 -- の価値があった。

サミュエル・スレーターの墓
マサチューセッツ州ウェブスターの マウント・ザイオン墓地 (Mt Zion Cemetry)
レガシーと名誉 (Legacy and honors)

スレーターの元々のミルはまだ健在で、 スレーター・ミル (Slater Mill) と呼ばれ、「国の歴史登録財」 (National Register of Historic Places) に登録されている。 これは、サミュエル・スレーターの歴史と米国の産業への貢献を保存することに専念する博物館として操業されている。 ポータケット (Pawtucket) におけるスレーターの元々のミル (mill) とスレーターズビル (Slatersville) の町はどちらも、 ブラックストーン川峡谷国立歴史公園 (Blackstone River Valley National Historical Park) の 1 部分で、 この公園 (Park) はこの地域の産業発展の歴史の保存と解釈をするために創設されたものであった。

2018 年に、彼にちなんで名付けられたサミュエル・スレーター・レストランが、 マサチューセッツ州ウェブスターのウェブスター湖の岸にあるインディアン・ランチ・キャンプグラウンド (Indian Ranch campground) で開店した。

彼の記録はハーバード・ビジネス・スクールのベイカー図書 (Baker Library) に保存されている。