ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Jedediah Strutt - Wikipedia

本文中に Woollat と呼ばれる苗字が登場しますが、Woolatt、Woollatt のようにも記述されているので、 綴りがはっきりしません。読みはウーラットで良いと思いますが...。

ジェディダイア・ストラット (Jedediah Strutt)

ジェディダイア・ストラット (Jedediah Strutt、1726 年 - 1797 年 5 月 2 日) -- あるいは彼の綴りでは Jedidia Strutt -- は イングランドのベルパー (Belper) 出身の靴下づくりで木綿紡績家であった。 ストラットと彼の義理の兄弟であるウィリアム・ウーラット (William Woollat) は 靴下編み機 (Stocking frame) の 付属品を開発し、これにより「リブ付き靴下」 (ribbed stocking) の製造が可能となっている。 彼らの機械はダービー・リブ機械 (Derby Rib machine) と呼ばれ、 これで製造される靴下はすぐに人気が出た。

ジェディダイア・ストラット (1726 年 - 1797 年) の肖像画、キャンバスに描かれた油絵、
ダービーのジョセフ・ライト (Joseph Wright、1734 年 - 1797 年) の作品
  1. 初期の人生
  2. ダービー・リブ (The Derby Rib)
  3. 木綿ミル (Cotton mills)
  4. 家族
初期の人生

彼は 1726 年のダービーシャーのアルフレトン (Alfreton) の近くのサウス・ノーマントン (South Normanton) の 農家に生まれた。

1740 年に、彼はフィンダーン (Findern) の車大工 (wheelwright) の弟子になった。 1754 年に叔父から家畜の遺産を少々引継ぎ、 1755 年にダービーシャーでエリザベス・ウーラット (Elizabeth Woollat) と結婚した。 彼はブラックウェル (Blackwell) に移住し、そこで叔父の 1 人から農場の遺産を引き継ぎ、 その上、デンビー (Denby) から、ベルパー (Belper) とダービー (Derby) に石炭を運ぶ事業を開発した。

ダービー・リブ (The Derby Rib)

ストラットの義理の兄弟であるウィリアム・ウーラット (William Woolatt) は ロッコー (Locko) のローパー氏 (Mr Roper) と称する人を採用し、 リブ付き靴下 (ribbed stockings) を編むための 靴下編み機 (stocking frame) の付属品 (attachment) のアイデアを考えた。 彼は 1、2 の見本を作って友人に見せた。 もっとも彼はアイデアを発展させる利権 (そして資本) を持っていなかった。 ウーラット (Woolatt) はストラット (Strutt) に相談し、ストラットは馬を売って、ローパー (Roper) に発明の対価として £5 を支払った。 ストラットとウーラット (Woolatt) はこの装置を実行可能な機械にして、1759 年に特許を得た。

彼らの機械は「ダービー・リブ機械」 (Derby Rib machine) と呼ばれ、 これが製造する靴下の人気が出た。 木綿は絹よりも安く、ウールよりももっと快適であったが、需要は供給をはるかに越えていた。

木綿ミル (Cotton mills)

ストラットと別の紡績家であるサミュエル・ニード (Samuel Need) は リチャード・アークライト (Richard Arkwrigh) に紹介され、 彼は 1768 年頃にノッティンガムに到来し、そこで紡績機械 (spinning frame) を設置し、 ミルを走らせるために馬の動力を使用した、 しかし、これは不十分な動力源であった。 ダービー (Derby) では、 ジョン・ルーム (John Lombe) が水力を使用する生糸の紡績ミル (silk spinning mill) を建設していた。 ストラットとニード (Need) はクロムフォードに木綿ミル (cotton mill) の建設で加わり、 その後、アークライトの水力紡績機 (water frame) と呼ばれるものを使用した。 これは、この種のものとしては世界で最初のものであり、産業革命の開始を記した。

ストラットは彼の最初のミルのために、ベルパー (Belper) に土地を購入した。 ベルパーは当時、機械編み業者 (framework knitter) と釘製造者 (nail makers) の村落であった。 1781 年にウォルター・メイザー (Walter Mather) からミルフォード・ブリッジ (Milford Bridge) の そばの Makeney の古いフォージ (forge, 鍛冶屋の炉 + 水車) を購入した。 このどちらにも、彼はかなりの労働者の住居の長い列を建設し、 このどちらにも、現在は 「ダーウェント峡谷ミル群世界遺産」 (Derwent Valley Mills World Heritage Site) の 1 部分である。

まもなく、ストラットのミルがベルパー (Belper) に 8 ヶ所になり、ベルパー (Belper) は 19 世紀中頃までに 10,000名 の人口に増え、 州 (county) で 2 番目に大きな町になった。

家族

ストラットはイングランドのダービーシャー (Derbyshire) の サウス・ノルマントン (South Normanton) のウィリアム・ストラット (William Strutt) と ショトル (Shottle) の近くのハードリー (Handley) のマーサ・ステイサム (Martha Statham) の 2 番目の子息であった。 1755 年に彼はエリザベス・ウーラット (Elizabeth Woollatt) と結婚した。 1774 年にロンドンでエリザベス (Elizabeth) が死亡する前に、彼らには 5 人の子供がいた。 1781 年にストラットはベルバー (Belper) のジョージ・ダニエルズ (George Daniels) の未亡人であるアン・カントレル (Ann Cantrell) と再婚した。この結婚からの子供はいなかった。

ダービー、イースト・ストリート (East Street) の
ブーツ・ビルディング (Boots building) のジェディダイア・ストラットの彫像

ジェデダイアJedediah とエリザベス (Elizabeth) の子供は:

ジェディダイアは 1797 年にダービー (Derby) で亡くなり、ベルパー (Belper) のフィールド・ロウ、(Field Row) の ユニテリアン礼拝堂 (Unitarian Chapel) に埋葬されており、この礼拝堂 (Chapet) は 1788 年/1799 年に彼が建設していた。 彼の最後の家は、ダービーのフライアー・ゲート・ハウス (Friar Gate House, Friar Gate = 通りの名前) で、青い銘板で記されている。 この家は彼の子息であるウィリアム・ストラット (William Strutt) によりデザインされた。