ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Stocking frame - Wikipedia
靴下編み機 (Stocking frame)

靴下編み機 (Stocking frame, 靴下フレーム) は繊維産業で使用された機械的編み機 (mechanical knitting machine) であった。 これは 1589 年にノッティンガム (Nottingham) の近くのカルバートン (Calverton) のウィリアム・リー (William Lee) により発明された。 これを使用することは伝統的に「機械編み」 (framework knitting) と呼ばれ、 繊維産業の機械化の最初の重要な段階であり、 産業革命の初期の歴史で重要な役割を演じた。 これは木綿を編み、リブ織り (ribbing、(rib knitting), うね織り ?) に適応させ、 1800 年までにレース製造機械 (lace making machine) に適応した。

靴下編み機 (Stocking frame)、ラディントン (Ruddington) の
機械編み機労働者の博物館 (Framework Knitters' Museum)
  1. 説明
  2. 歴史
  3. 発展
  4. 産業革命への影響
  5. ダービー・リブ機械 (Derby Rib machine)
  6. レース製造 (Lace making)
  7. 追記 (Postscript)
説明

リー (Lee) の機械は頑丈な木造フレーム (wooden frame) から構成された。 これはストレート編み (straight knitting) であって、 管状編み (tubular knitting) ではなかった。 これは各ループ (loop) に別々の針 (needle) があった -- これらは低炭素 (low carbon, ロー・カーボン) の鉤のついた針 (bearded needles) であり、 先端 (tip) が折り返され (reflexed)、ヘコミ (hollow) を押さえて、ループ (loop) を閉じることができた。 針は針板 (needle bar) に支えられ、前後に通過し、 操作する人に向かったり、離れたりした。 鉤 (beard) は押え板 (presser bar) で同時に押さえられた。 最初の機械には 1 インチ当たり、8 本の針があった。 次のバージョンには 1 インチ当たり 16 本あり、絹に適していた。

機械的動きは:

  1. 針板 (needle bar) が前進; 開放針 (open needle) が布 (web) から離れる。
  2. 横糸 (weft thread) が針に置かれる; ジャック・シンカー (jack sinker) が下降し、ループができる。
  3. 横糸が分割板 (divided bar) で押し下げられる。
  4. ジャック・シンカー (jack sinker) が前方に出て、糸を開放針の鉤の中に入れる。
  5. 押え板 (presser bar) が落下し、ループ (needle loop) が閉じて、 古いステッチ (stitch) の列が針から落下する。
  6. ジャック・シンカー (jack sinker) が編み物 (knitting) の前で下に降り、引き上げて、 工程が再び繰り返される。
編み機のサイクルの
6 段階
靴下編み機
歴史

機械は手作業の編み手 (knitter) の動きを真似した。 リー (Lee) は装置の操作を エリザベス 1 世に実演し、特許を得ようとしたが女王はこれを拒否した、 手編み産業に影響があることを恐れたからである。 元々の機械 (frame) は 1 インチに 8 本の針があり、これは粗い繊維を製造した。 リー (Lee) は後で、機械を改良し、 1 インチに 20 本の針にした。 1598 年に彼はウール (羊毛) からは無論のこと、 絹から靴下を編むことができたが、再び ジェームズ 1 世 (James I) に特許を拒絶された。 リー (Lee) はフランスに移住して、 アンリ 4 世 (Henri IV) の庇護を受け、 労働者と機械を引き連れたが、事業を維持できなかった。 彼は 1614 年頃にパリで亡くなった。 彼の労働者の大半は機械 (frame) と共にイングランドに戻り、機械はロンドンで売却された。 リー (Lee) のデザインの商的失敗は機械編み機 (knitting machine) にとって行き止まり (dead end) となったが、 リー (Lee) の助手の 1 人であるジョン・アシュトン (John Ashton) は重大な改良をして、「分割装置」 ("divider") と 呼ばれる仕組みを追加した。 これはジャック・シンカー (jack sinkers) が大きなループをすべての針を上から押し下げた後で使用され、 シンカー棒 (sinker bar) がループを分離して、「分割装置」 (divider) がループの上で静止し、 鉤針が前方に引かれる時にこれを誘導する。

発展

繁栄した事業が亡命した ユグノー (Huguenots) の絹の編み手により築かれ、 彼らはロンドン市のすぐ外のスピタルフィールズ村 (Spitalfields) に定住した。 1663 年に、 「機械編み機労働者の信心深い会社」(Worshipful Company of Framework Knitters) は王室の認可状 (royal charter) を交付された。 しかしながら、1785 年頃までに木綿で製造した安価な靴下の需要が増えた。 機械を適合させたが、個人が買うにには高価すぎた。 従って、豊かな人が機械を購入し、編み手に貸し与え、材料を提供して完成品を購入した。 競争が増え、彼らは「認可会社」 (Chartered Company) により設定された標準を無視した。 機械 (frame) は 1680 年頃にニコラス・アルソップ (Nicholas Alsop) により レスター (Leicester) に導入され、 彼は抵抗に遭遇し、最初はノースゲート・ストリート (Northgate Street) の地下室で密かに働き、 自分の子供と近親者 (near relative) の子供を見習い (apprentice) として使用した。 1728 年に、ノッティンガムの行政長官はロンドン会社 (London Company) の認可 (Authority) を受け入れることを拒否し、 トレードの中心は北方のノッティンガムに移動し、ここにもレース製造産業があった。 木綿の靴下の突破口は 1758 年に到来し、 この時ジェディダイア・ストラットは機械の 付属品を導入し、これは「ダービー・リブ」 ("Derby rib") と呼ばれるものを製造した。 ノッティンガムの機械労働者 (frameworkers) は原料がますます少なくなることに気が付いた。 当初は彼らはインドで紡いだ糸を使用したが、これは高価で、二重にする必要があった。 ランカシャーのより糸は ファスチアン織 (fustian) 用に紡がれ、風合い (texture) が 違っていた。 彼らは木綿を自分たちで紡ごうとしたが、 ウールの長い繊維に慣れており、多大の困難を経験した。 一方、 グロスター (Gloucester) の紡ぎ手はもっと短いウールになれており、 木綿を処理でき、ここの機械編み労働者 (frameworkers) はノッティンガムの製品と競争した。

産業革命への影響

この時、リチャード・アークライトが彼の新しい実験的な紡績機械で登場した。 彼は最初は、馬の力で操業する工場を建設したが、 明らかであったことは、一度に 6 匹から 8 匹が必要で、半時間ごとに交換する必要があった。 彼はクロムフォードに移住し、 水力紡績機 (water frame) と呼ばれるものを設置した。 ストラットは彼の共同事業者として、 ベルパー (Belper) とミルフォード (Milford) にミルを設置した。 従って、この地区は木綿の靴下の製造が追加され、 一方ダービー (Derby) には ジョン・ルーム (John Lombe) が創設したミルがあり、大まかには絹で継続した; レスター (Leicester) は農業地区で、ウールで継続した。

靴下編み機 (stocking frame) に適用される機械力に関しては、 これは回転運動に適応させなければならなかった。 1769 年に、時計製造家のサミュエル・ワイズ (Samuel Wise) は手作業機械 (hand frame) を 回転式に変換する特許を取った。 ノッティンガムの場合には蒸気用の石炭はノッティンガム炭田から簡単に利用可能であった。、

1812 年には 25,000 台以上の機械が使用中と見積もられ、この大半が 3 つの州にあり、 機械はカルバートン (Calverton) に戻ってきた。

ダービー・リブ機械 (Derby Rib machine)

ダービー・リブ機械は 1757 年にストラットによって発明された。 これを構成する余分の鉤針 (bearded needle) があり、 これは垂直に作用し、ループを持ち上げて逆向きにした。 これにより、普通の裏編み (plain and purl knit) が使用されて、 リブ (ribbing) になり、きっちりして、もっと柔軟な織物になった。 3:1 のリブにするには、3 回毎の水平針の後で、1 回の垂直針があった。

レース製造 (Lace making)

レース編み (lacey knit) はステッチ (stich) を外したり (slipping)、 ステッチ (stich) を入れたり (picking up)、あるいは 2 つを一緒に編んだりして達成した。 機械 (frame) では、ティクラー・ワイヤ (tickler wire) が個々のループ (loop) を実現したり、手で挿入 (picked up) するラン (run) を作った。 機械 (frame) はティクラー棒 (tickler bar) とタック押さえ (tuck presser) を追加することで作り直し、 ヘルド・ステッチ (held stitch) とタック・ステッチ (tuck stitch) を可能にした。 ここで横糸 (weft) が鉤で保持され、次の列に運び上げられ、ここで 2 本の糸が一緒に手渡された。 「モリス&ベッツ社」 (Messrs Morris and Betts) は 1764 年にステッチの移動装置の特許 (807) を取り、ここでは 1 つの針からの糸が 別に手渡された。 タック・ステッチ (tuck stitch) と共に、これで「小穴」 ('eylet hole') ができた。 部分的なステッチの移動によりマーカー・ステッチ (marker stitch) ができた。

1764 年に重大な変化が靴下編み機 (stocking frame) になされ、 これにより横糸網レース (weft-knitted net) の製造が可能となった。 ハモンド (Hammond) -- これを発明したとされる人 -- は、 1 つの針から 3 番目のものへ、ステッチ移動にティクラー (tickler) を使用し、 2 つの中間の針を越える横断に沿い、横断ステッチを作った。 彼は又、ティクラー (tickler) を使用して、 2 つのステッチを右に 2 つ移動して、次に左に 2 つ移動して、2 重横断ステッチ (cross stitch) -- ヴァランシエンヌ・レース (Valenciennes lace) -- にした。 これをするために、ティクラー棒 (tickler bar) を機械から取り外して、「ドッグズ」('dogs')、すなわちジョインテッド・アーム (jointed arms、結合腕) に取り付けた。 これにより、前進移動がすくい上げること (scoop) になり、 横移動が揺れること (shog) になった。 新しい発明の特許が獲得された: フロスト (Frost) の 1769 年のティクラー・ネット (tickler net)、 1777 年の 2 つのプレーン・ネット (plaint net)、 そして 1781 年のスクエア・ネット (square net) で、これらの特許は激しく守られた。 ハーヴェイ (Harvey) は tickler wire の形を変えて、 彼のピン・マシン (pin machine) で 1 つ (の特許) を避けた。 これは リヨン (Lyon) とパリ (Paris) で人気になり、ここでは 2000 台の機械が 1800 年代に使用されていた。

1803 年に木綿が絹と使用され、 ハウルズワース (Houldsworths) は 300 カウントの木綿を製造した。

追記 (Postscript)

後に作られた伝説では、リー (Lee) が最初の機械を発明したのは、 恋人に対して復讐するためで、彼女は彼と応対するよりは、 編み物に専念することを好んだからであった。 この物語を描いた絵画は、かって ロンドンの靴下編み機労働者 (Stocking Framer) のギルド・ホール (Guild hall) に展示されていた。 1846 年にビクトリア時代の画家のアルフレッド・エルモア (Alfred Elmore) は人気の高い絵画 「靴下織機の発明」 (The Invention of the Stocking Loom) で、この話の変種 (variation, 変奏曲) を作り、 この絵ではリー (Lee) が、妻が編み物をしているのを見ながら、アイデアを考えているのを描いている。 (ノッティンガム城博物館 (Nottingham Castle Museum))