ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Richard Arkwright - Wikipedia
リチャード・アークライト (Richard Arkwright)

サー・リチャード・アークライト (Sir Richard Arkwright、 1732 年 12 月 23 日 - 1792 年 8 月 3 日) は 英国の発明家で、 産業革命初期の有数の起業家であった。 彼は紡績機 (spinning frame) -- これは水力を使用するように適合されてから水力紡績機、(water frame) と呼ばれた -- の発展の背後の原動力 (driving force) であるとされ、 紡績 (spinning) 以前に、原綿 (raw cotton) を "cotton lap" に変換する 回転 カーディング・エンジン (rotary carding engine, card=梳き) の特許を取った。 彼は始めて 機械化カーディング (mechanized carding) と 紡績 (spinning) の処理[注 1]のどちらも収容する工場を開発した。

アークライドの業績は動力、機械、多少熟練を要する労働 (semi-skilled labour)、 そして新しい素材である木綿をまとめて、より糸 (yarn) を量産したことである。 彼の組織的技量 (organizational skill) により、 とりわけダービーシャーのクロムフォード・ミル (現在は ダーウェント峡谷ミル群世界遺産 (Derwent Valley Mills World Heritage Site) として保存されている) で発展させた方法を通じて、 「現代の産業工場システム」 の父として称賛されている。

サー・リチャード・アークライト
  1. 人生と家族
  2. 記念物 (Memorials)
  3. 注釈
人生と家族

リチャード・アークライトは 1732 年 12 月 23 日に、 イングランド、ランカシャー (Lanchashire)、プレストン (Preston) で、 7 人の現存する子供の最年少として生まれた。 彼の父親のトーマス (Thomas) は仕立て屋で、プレストン・ギルド市民 (Preston Guild burgess) であった。 リチャード (Richard) の両親のサラ (Sarah) とトーマス (Thomas) は彼を学校に送ることができず、 その代わりに、彼の従妹のエレン (Ellen) に読み書きを教えさせた。 彼は、近くの町のカークハム (Kirkham) の床屋であるニコルソン (Nicholson) 氏に弟子入りして、 床屋且つ「かつら作り」 によって仕事を始め、 1760 年代初めにボルトン (Bolton) のチャーチゲート (Churchgate) に店を設置した。 ここで、彼は当時の当世風のかつら (periwig) で使用する耐水性の染料を発明し、 ここからの収入で、彼の木綿機械の試作品の資金繰りをした。

アークライトは彼の最初の妻の妻であるペイシェンス・ホールト (Patience Holt) と 1755 年に結婚した。 彼らには子息であるリチャード・アークライト Jr (Richard Arkright Junior) であり、同年に生まれた。 ペイシェンス (Patience) は 1756 年に死亡し、次に 1761 年にアークライトは 29 才で、 Margaret Biggings と結婚した。 彼らには 3 人の子供があったが、このうちスザンナ (Susannah) のみが大人まで生き延びた。 彼の最初の妻が亡くなった後しばらくして、 アークライトは原綿 (raw cotton) を織り糸 (thread for weaving) の変換の手作業の代りをする Carding と紡績 (spinning) の機械の開発に興味を持った。

チャールズ・ハート夫人のスザンナ・アークライト (Susannah Arkwright、Mrs Charles Hurt) (1762 年 - 1835 年)
と娘のメリー・アン (Mary Anne) (ダービー (Derby) のジョセフ・ライト (Joseph Wright) による絵画)
紡績機 (Spinning frame)

1768 年に、アークライトと時計製造家のジョン・ケイ (John Kay) はプレストン (Preston) に 戻り、ストーニーゲート (Stoneygate) の家 (今ではアークライト・ハウス (Arkwright House) と呼ばれる) に部屋を借りた。 1769 年にアークライトは紡績機 (spinning frame) の特許を取った。 この機械は人間の手ではなく、木と金属のシリンダーを使用して、 より糸 (twisted thread) (当初は縦糸 (warps) のみ) を製造した。 この機械は当初は馬で動力が与えられ (以下参照)、 大いに木綿紡績の費用を削減し、繊維産業に重要な変化を導くことになった。

カーディング・エンジン (Carding engine)

ルイス・ポール (Lewis Paul) は 1748 年に carding の機械を発明した。 アークライトはこの機械を改良し、1775 年に新しい カーディング機械 (carding, 梳き) の特許を手に入れた。 この機械は、ますますに高速で回転する一様でない連続するローラーを使用し、 そのあとで、ボビン&フライヤー (bobbin-and-flyer) の仕組みを経由して、 捩り (twist) を与えた。 これにより、木綿糸が織物用の縦糸として十分に細く、強くなった。

クロムフォード・ミル (Cromford Mill)

アークライトとジョン・スモーリー (John Smalley) は ノッティンガム (Nottingham) に馬を動力とする小さな工場を設置した。 拡張のための資本を得るために、 アークライトは豊かな非国教徒の靴下製造家である ジェディダイア・ストラット (Jedediah Strutt) と サミュエル・ニード (Samuel Need) と共同事業を作った。 1771 年に、共同事業はクロムフォード (Cromford) で世界で最初の水力ミル (water-powered mill) を建設し、 このミルは carding と紡績 (spinning) の作業を取り扱い、200 名を採用した。

1776 年に、アークライトはクロムフォード (Cromford) に第二の、より大きなミル (mill) を建設し、 その後まもなくして、ベイクウェル (Bakewell) とワークズワース (Wirksworth) 等にミルを建設した (以下を参照)。 彼の実業家・発明家としての成功は彼自身の時代に広く認められた。 この紡績機 (spinning frame) はハーグリーブス (Hargreaves) のジェニー紡績機 (spinning jenny) よりもとても進歩しており、 機械を操作するのにほとんど訓練が必要ではなく、 これは、縦糸に適切な強いより糸 (yarn) を製造した。、

クロムフォードにおけるアークライトのミル
大特許 (Grand Patent)

競争相手と張り合う人 (emulator) との立場を強化するために、 アークライトは 1775 年に「大特許」 ('grand patent') を手に入れ、 彼の望みでは、これが急速に成長する木綿産業における彼の立場を強化することであった。 しかしながら、世論は排他的な特許にはひどく敵対しており、1781 年にアークライトは 彼の権利を主張するために法的手続きを開始した。 訴訟は 1785 年まで長引き、この時、これは彼の使用には欠陥があるとの理由から、 敗北となった。 法廷が聞き取った主張では、紡績機 (spinning frame) は実際はアークライトが雇用したジョン・ケイ (John Kay) の発明もしくは ケイ (Kay) の以前の雇用者であるトーマス・ハイズ (Thomas Highs) の発明であることであった。

工場と工場システム (Factories and the factory system)

クロムフォードのミルの拡張で、すぐに明らかになったことは、町の既存の人口は アークライトが計画していた操業の規模に必要な労働力を提供するには不十分であった。 従って、彼はこの場所の外から労働者を連れてきて、ミルの近くに一群の労働者の住宅 (cluster of cottage) を建設して、 彼らを住まわせた。 (彼はグレイハウンド・パブ (Greyhound) も建設し、これはなおクロムフォードのマーケット広場にある。)

アークライトはクロムフォードで 新しく、高く統率された労働協定を推進した。 労働は 1 日につき、2 回の 13 時間シフトで組織され、 これにはシフト交代の重複が含まれていた。 ベルが AM 5 時と PM 5 時に鳴り、 ゲートが正確に AM 6 時と PM 6 時に閉鎖された; 遅れた者はその後の 1 日には仕事から排除され、 余分な 1 日の賃金を失った。 アークライトは大家族のいる織り手にクロムフォードに移住することを奨励した。 家族全体が採用され、多くの子供が含まれ 7 才もの子供もいた (まもなくこれは 10 才に引き上げられた); 彼の任期の終わりにかけて、1,150 名の従業員の 2/3 近くが子供であった。 彼は、町の外に出ないことを条件に、1 年間に 1 週間の休日を従業員に与えた。

クロムフォードのミルを設立してから、アークライトはランカシャーに戻り、 チョーリー (Chorley、ˈtʃɔːlɪ) のバークエイカー・ミル (Birkacre mill) を借りた。 これは町が成長する触媒となり、産業革命の最も重要な産業化された町の 1 つになった。。 1777 年にアークライトはダービーシャー (Derbyshire)、ワークスワース (Wirksworth) の ハーレム・ミル (Harlem Mill) を借り、 ここで彼は最初の蒸気エンジンを設置して、木綿ミルで使用されるようにした。 (実際は、この蒸気エンジンはミルの水車を駆動するミル池に水を再補充するために 使用され、機械を直接駆動するわけでなかった。) 彼はスコットランドに招待され、 そこでデイビッド・デイル (David Dale) が ニュー・ラナーク (New Lanark) で木綿ミルを設立する助けをした。 ランカシャー、バークエイカー (Birkacre) のアークライトの 大きなミルは 1779 年の反機械暴動 (anti-machinery riots) で破壊された。

ダーウェント川のそばのマッソン・ミル (Masson) Mill と
アークライトの家であるウィラーズリー・キャッスル (Willersley Castle),
後者は死後に完成した。
後の人生

攻撃的でうぬぼれが強く、アークライトは一緒に仕事をすることが困難な人であった。 彼は共同事業者から全て買収し、工場を建設し続けた; マンチェスター、マットロック・バス (Matlock Bath)、 ニュー・ラナーク (New Lanark) (デイビッド・デイル (David Dale) との共同事業) などである。 当時の多くの起業家が非国教徒であったのとは違い、 彼は国教会 (Church of England) の一員であった。

アークライトはダービーシャーの州長官 (high sheriff) を務め、 1786 年にナイトの称号を受けた。 彼は 1792 年 8 月 3 日にクロムフォードのロック・ハウス (Rock House) で 59 才で亡くなり、 £500,000 の財産を残した。 彼はマットロック (Matlock) のセント・ジャイルズ教会 (St Giles' Church) に埋葬された。 彼の遺体はクロムフォードのセント・メアリーズ教会 (St Mary's Church) に後に移動された。

記念物 (Memorials)
注釈

[注 1] サミュエル・クロンプトン (Samuel Crompton) は 後に彼のミュール紡績機 (spinning mule) で、この 2 つをまとめることになった。