ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Derwent Valley Mills - Wikipedia

ミル (mill) は訳しにくい言葉で、水力、風力、あるいは固定蒸気エンジンを動力とする 「工場」と考えた方がよいのですが、 風車水車の経験がない場所では設置がかなり難しいようです。 その理由の 1 つがラインシャフトの設置にあったと思われます。 ミル (大昔の工場の形態) は機械を単に並べて設置してできるものではなく、 工場内部の機械がラインシャフトで相互につながっているので、工場自身が 1 つの機械の形をしている。 (動力源が 1 ヶ所にしかないためこのようなことになる。) この点で後世の工場 (factory、ファクトリー) とは随分違う。(ファクトリーは電動工場。) この理由からミルは一般にビルの形をしている。 (木綿ミルも参照。)

そこで mill の翻訳として単にカナ表記の「ミル」にとどめることにしました。なお、このページの「ミル」 は水力による工場 (水力ミル) で、 元々は水車を動力にしています。

なお、「ダーウェント峡谷ミル群」 はノッティンガムの繊維産業に近い場所に作られたもので、 ノッティンガムにあった繊維産業に関しては ノッティンガム産業博物館 をご覧ください。16 世紀以来、靴下 (ニット) の製造機械 (編み機) があった。

ダーウェント峡谷ミル群 (Derwent Valley Mills)

ダーウェント峡谷ミル群 はイングランド、 ダービーシャー州のダーウェント川流域の世界遺産の場所で、 2001 年 12 月に指定された。 これは 「ダーウェント峡谷ミル群共同事業」 (Derwent Valley Mills Partnership) により運営されている。 現代の工場システム、あるいはミル・システムは 18 世紀にここで生まれ、 リチャード・アークライト (Richard Arkwright) により開発された木綿を紡ぐ新しい技術を取り入れた。 技術の進歩と共に、連続的に木綿を製造することが可能となった。 このシステムは峡谷全体で採用され、この後広まり 1788 年までには、 英国で 200 以上のアークライト形式のミルがあった。 アークライトの発明と労働の組織化のシステムはヨーロッパと米国に伝播した。

マッソン・ミル、ダーウェント峡谷 ダービーシャーにおける位置

水力はジョン・ルーム (John Lombe) により 1719 年にダービー (Derby) の シルク・ミル (silk mill, 絹工場) で始めて導入されたが、 1770 年代に木綿製造工程に水力を適用したのは リチャード・アークライトである。 彼の 水力紡績機 (Water Frame) により木綿を連続的に紡ぐことが可能となり、 熟練していない労働者により製造できることになった。 クロムフォード・ミル (Cromford Mill) は アークライトの最初のミルであり、 近くのクロムフォード村は当時の新しい労働人口により、随分と拡張した。 この製造システムと労働者への住宅供給は峡谷中でコピーされた。 労働力を確保するために労働者の住宅を建設することが必要であった。 この新しい集落はミルの所有者により、ミルの周りに設立され -- 時には既存の共同体を発展させ -- 学校、礼拝堂、マーケット (市場 (いちば)) のような快適環境を備えた。 住宅の大半は現在も存在し、現在でも使用されている。 輸送インフラと共にこの場所の一郭を形成している。 輸送インフラがミル製品の新しい市場を開拓するのに建設された。

ミルと労働者の集落が アークライトの競合相手により設立されたのは;  ベルバー (Belper)、ダーリー・アビー (Darley Abbey) とミルフォード (Milford) であった。 アークライト形式のミルは非常に成功したので、 時々 リチャード・アークライトに特許料を支払わずにコピーされた。 ダーウェント峡谷の木綿産業は 19 世紀の最初の四半世紀に衰退した。 これは市場が ランカシャー州に移動したからで、 ランカシャー州が市場と原料との関係から、より良い立場になったからである。 ミルと関連した建物はよく保存され、木綿産業が衰退した後も再利用された。 世界遺産の場所の多くの建物は 「指定建造物」 (listed building) と 「モニュメント一覧」 (Scheduled Monument) にも指定されている。 ミルの幾つかには今では博物館があり、一般に公開されている。

  1. 位置と範囲
  2. 歴史
  3. 輸送
  4. 受け継いだもの
  5. 保存
位置と範囲

ダーウェント峡谷ミル群の世界遺産の場所は 12.3 km2 (4.7 平方マイル) にわたり、 ダービーシャー州のダーウェント川の 24 km (15 マイル) の区間にわたり、 北はマトロック・バス (Matlock Bath) から南はダービー市中央部に至っている。 この場所にはミル複合施設、集落 -- これには労働者の住宅が含まれる --、 ダーウェント川の堰、峡谷のミル群を支えた輸送網がある。 この場所はクロムフォード、 ベルバー (Belper)、ミルフォード (Milford) そしてダーリー・アビー (Darley Abbey) の共同体から構成され、 838 件の 「指定建造物」(listed building) を含み、 その内訳は 16 件のグレード I の指定建造物、 42 件のグレード II* の指定建造物、 780 件のグレード II の指定建造物である。 更に、9 件の構造物は 「古代モニュメント一覧」 (Scheduled Ancient Monument) である。 建物はミル群、労働者の住宅、 ミル共同体に関連した構造物の混合物である。 クロムフォード運河クロムフォード&ハイ・ピーク鉄道はこの地域の産業化を助け、 これも世界遺産の場所の一部である。

歴史

17 世紀末に、当世風な衣服における絹の需要により、絹の製造が拡大した。 水力を使用して製造を増大する試みで、 トーマス・コチェット (Thomas Cotchett) は技術者の ジョージ・ソロコールド (Gorge Sorocold) に依頼して、 ダービーの中心地の近くのダーウェント川の島にミルを作らせた。 この実験は成功しなかったが、 コチェットの使用人であったジョン・ルーム (John Lombe) が確信したことは、水力を完成させれば、製品の市場があることであった。 彼は産業スパイに従事し、 イタリアの機械の図面を手に入れた。 彼は 1719 年にこのデザインの特許を取り、 コチェットのミルの隣に 5 階建てのミル 33.5 m × 12 m (110 フィート × 39 フィート) を建設した。 ルームの特許が切れた 30 年後の 1763 年にはルーム形式のミルはたった 7 ヵ所にしか建設されなかった。 というのは絹の市場は小さかったからである。 しかしルームは水力機械の実行可能な形式を導入し、組織労働のひな型を設立し、 後の産業家がまねることになった。


ルーム・シルク・ミル

絹は贅沢品であったため、 市場は小さく、機械で生産した製品で簡単に飽和した。 機械で生産する繊維製品の次の発明は木綿産業に登場し、 木綿産業はもっと広範な市場があり、もっと手に入れやすい製品を製造した。 木綿を紡ぐことは絹の製造よりももっと複雑であった。 木綿を紡ぐための 水力紡績機 (water frame) が リチャード・アークライトにより開発され、 1769 年に特許が取られた。 この機械は連続的に、より糸を紡ぐことができ、 熟練した労働者を熟練していない監督者で置き換え、機械が壊れないように見張っているだけでよかった。 水力紡績機 (water frame) は大きさが変化し、 4 基から 96 基のスピンドル (紡錘、spindle) があった。 この理由から 水力紡績機は人気が出て、広く普及した。 1771 年に リチャード・アークライトはクロムフォードの土地を借りた。 1774 年に彼の最初のミルが操業可能となり、第 2 のミルの建設をクロムフォードで開始した。 この間に、彼は紡ぎの前段階の機械を開発し、1775 年に第 2 の特許を取った。 「紡ぎ」 が機械化されると、木綿製造にかかわる他の工程が追随できなくなり、 これも機械化を必要とした。 彼はカーディング (carding、梳き) の機械を発明した。 カーディングとは木綿の繊維を平行に広げる工程のことである。 しかしながら、彼の発明のすべてが成功したわけでなく、 木綿の洗浄は 1790 年代まで手作業で、この時効果的な機械が発明された。


水力紡績機 (water frame) のモデル、
ウッパータール (Wuppertal) の歴史博物館

アークライトは資金援助を求め、 ピーター・ナイチンゲール -- 地元の地主 (で フローレンス・ナイチンゲールの大伯父 (grand uncle)) -- はクロムフォード地所を £20,000 (2020 年では £300 万) で購入した。 ナイチンゲールはアークライトの住居のためにミルを見下ろすロック・ハウス (Rock House、ロック邸) も建設し、 更に第 2 のミル建設のために £2000 (2016 年では £230,000) と 労働者の住居のために £1,750 (£220,000) を与えた。 1777 年と 1783 年の間に、 アークライトと彼の家族がミルを建設したのは: ベイクウェル (Bakewell)、 クレスブルック (Cressbrook)、 ロースター (Rocester)、 そしてワークズワース (Wirksworth) であった。 これによりミルは ダービーシャー スタフォードシャーに広がった。 ジェディダイア・ストラット (Jedediah Strut) は 最初のクロムフォード・ミル (クロムフォード水車工場) のアークライトの共同事業者で、 1776 年 - 1881 年にベルバー (Belper) とミルフォード (Milford) にミルを建設した。 トーマス・エバンスは更に 7.1 ヘクタール (18 エーカー) の土地を ダーリー・アビー村 (Darley Abbey) に £1,140 (2016 年の £130,000) で購入し、 1782 年に村にミルを建設した。 アークライトは彼の機械を真似した人から特許料を支払われたが、 何人かの人々は無断使用により訴訟の危険をおかした。


クロムフォードの労働者の住居

マトロック・バス (Matlock Bath) のマッソン・ミル (Masson Mill) の建設はアークライトにけしかけられて 1783 年に開始した。 アークライトの拡張と同時代にジェディダイア・ストラットの木綿紡績産業への参入がある。 ストラットは機械で必要な実験をアークライトがすべて実施していたという点で有利であり、 新しい技術を研究するために投資する必要がなかった。 彼はクロムフォードの南およそ 8 マイル (13 km) のベルバーにミルを設置した。 恐らくこれは 1781 年に完成している。 この場所に 1782 年に第 2 のミルを追加して拡張した。 ストラットはベルバーの南およそ 2 マイル (3 km) のミルフォードにもミルを建設した。 1793 年に更に 2 つのミルが染色と漂泊のために追加された。 ストラットは彼らがベルバーとミルフォードのミルで £37,000 (2016 年では £4,000,000) を投資したと見積もり (ベルバーでは £26,000、ミルフォードでは £11,000)、 収入が 1 年で £36,000 (2016 年の £4,000,000) であると見積もった。

アークライトは家父長的な雇用者としての評判があり、 従業員とその家族の幸福を気にかけた。 1785 年にクロムフォードに日曜学校が作られ、 200 名の子供に教育が提供された。 1789 年にクロムフォード地所が再びアークライトの所有物となり、 彼は (建物の) 構造と建設に積極的に影響を与えた。 クロムフォードに村の新しい焦点として機能するマーケット広場 (market place) が提供された。 アークライトは日曜日ごとにマーケットを組織し、 参加を奨励するために最も参加したものに年に一度賞金を与えた。 アークライトが 1792 年に亡くなった時に、 彼の子息のリチャード・アークライト・ジュニアが引継ぎ、 クロムフォードとマットロック・バス (Matlock Bath) 以外の木綿ミルをすべて売却した。 クロムフォードとマットロック・バスのミルは恐らくウィラーズリー地所 (Willersley Estate) を維持するために保持した。 色々な協会 (society) と色々なクラブ (club) がクロムフォードに作られた。 共同体の宗教問題はアークライトに興味がなく、 アークライトがクロムフォード教会を設立したのは 1797 年のことであった。 彼の父親はウィラーズリー城のアークライト家の私的な礼拝堂を思い描いていた。 マーケットを設立することにより、 クロムフォードを自立する試みは成功であり、 村は 1840 年頃まで拡張した。 これが起きたのはマーケットが絶頂を通り過ぎ、衰退がはじまっていた時であった。


1775 年のクロムフォード・ミル (水車工場) の基礎
この工場は 1890 年の火災で破壊された。
水車室は右手にあった。

リチャード・アークライト・ジュニアは木綿事業に興味がなく、 父親の死後、アークライト家は産業に投資するのをやめた。 ストラット家はミルフォードとベルバーのミルの利益で投資を続けた。 彼らは 1810 年代にミルを建設し続けた。 1833 年に彼らの事業は 2000 名を雇用し、 ダーウェント峡谷の木綿業者で支配的となった。 アークライトがクロムフォードでしたように、 ストラットは従業員に住居を提供した。 ストラットがミルを建設する前に、 ベルバーはすでに村として確立していて、マーケット があった。 そこで、ストラットはリチャード・アークライトがクロムフォードでしたように 共同体を開発して、自立した存在にするために 積極的な役割を果たす必要がなかった。 ストラットは教育を提供し、 1817 年には 650 人と 300 人の子供がそれぞれ ベルバーとミルフォードの日曜学校に通った。 クロムフォードは 19 世紀初頭におよそ 1200 人となり、 人口の増減が平坦となったが、 ベルバーの人口は事業の繁栄により、 1801 年の 4500 人から 1831 年の 7890 人に増えた。 ダーリー・アビーも労働者の集落として拡張したが、 マーケットがなく、 住民に食料を提供することでは問題があった。 集落は 1788 年から 1801 年に倍増し、 1801 年から 1831 年にかけて 615 人から 1170 人に人口が増えた。 80 人の子供たちの日曜学校がミルの一つで設立され、 教会と学校が 1819 年と 1826 年にそれぞれ建設された。

ストラットの会社は 19 世紀の最初の四半世紀では木綿産業の主要な企業であったが、 ストラットの会社は ランカシャー州のミルの町々との競争に敗北し始めていた。 市場が移動する問題はダーウェント峡谷全体に影響した。 ランカシャーは原料と新しい市場の関連で ダービーシャーよりも有利な場所にあった。 ストラット家が経営したミル (複数) は現代化しなかったことによっても 苦しむことになった。 これらは 19 世紀の初頭には耐火技術の最前線にあったが、 ミルの機械がどんどん大きく強力になるにつれ、 ストラットは児童労働に固執した。 しかし機械の使用では大人の方がもっと熟練していた。 会社は 19 世紀の後半に衰退し、 工場の幾つかは他の会社にリースされたり、売却された。 ダーウェント峡谷の木綿産業は衰退したが、 木綿製造に関連した産業工程に関連する多くの構造と労働者の住居は生き延び、 世界遺産の場所には 848 件の 「指定建造物」 (listed building) がある。

輸送
クロムフォード運河
クロムフォード運河を参照。

クロムフォード波止場、クロムフォードの運河の終端

エレウォッシュ運河は 1777 年に開通し、 主に石炭を運ぶことを目的にした。 この運河はソウレイ (Saulay) のトレント川から クロムフォードの南 14 マイル (23 km) にあるラングリー・ミルまで走っていた。 1788 年にリチャード・アークライトはウィリアム・ジェソップに依頼して、 クロムフォード・ミルからラングリー・ミルに至る運河の建設費を見積もらせた。 ジェソップが提示した額は £42,000 (2020 年では £500 万) であり、 この資金は 2,3 週間以内に工面された。 地元のミルの所有者であるジェディダイア・ストラットとトーマス・エバンスは運河の提案に反対した。 これは運河が自分たちのミルの給水に干渉することを恐れたからである。 しかし 1789 年に議会は運河建設の認可を与えた。

クロムフォード運河が 1794 年に開通した時にジェソップの元々の見積もりの 2 倍近い経費がかかった。 ラングリー・ミルとクロムフォード波止場 -- ここで運河はミル複合施設で終了した -- の間で、運河は 2 つの水道橋を横断し、ブル橋 (Bull Bridge) の下の 3,000 ヤード (2,700 m) のトンネル、 そして 14 基の水門を通過した。 運河で輸送された貨物の 3/4 は石炭とコークスで残りは天然砥石、鉄鉱石、鉛であった。 ダービー運河ノッティンガム運河が 1796 年にジェソップベンジャミン・ウートラムにより完成を見た時に、 これらの運河は重要な繊維 (産業) の中心地であるダービーとノッティンガムに至る直接のルートを提供した。 1845 年 1 月にクロムフォード運河会社は乾季にも十分な水が提供されるように、 恒久的なポンプを設置することを決定した。 これはエルセカー (Elsecar) のミルトン製鉄所 (Milton Iron Works) にあったグラハム社 (Graham and Company) により製造された。 運河は 19 世紀中頃まで成功していた。 この時、マンチェスター・バクストン・マトロック・ミッドランズ・ジャンクション鉄道 (Manchester, Buxton, Matlock and Midlands Junction Railway) が運河の南に延伸した。 1852 年に、運河は鉄道会社に売却され、これにより衰退が加速した。 1889 年までに運河の交通は大半が地元のものであった。 運河は結局は 1944 年に閉鎖された。 維持費と修理費があまりに高価となったからである。 ダービーシャー州議会 (Derbyshire County Council, カウンティ議会) が 1974 に運河を獲得し、クロムフォード運河協会が運河を復元する仕事を引き受けた。

クロムフォード&ハイ・ピーク鉄道
クロムフォード&ハイ・ピーク鉄道

ハイ・ピーク・ジャンクションの仕事場と事務所。
南のターミナル。かってのミッドランド鉄道、
現在のダーウェント峡谷線への延長がある。

19 世紀初頭に、 運河がピーク・フォレスト運河 -- 運河はウェイリー・ブリッジ (Whaley Bridge, /ˈhweɪli/) で終了していた -- とクロムフォード運河を接続することが提案され、 これによりランカシャー州の市場とダービーシャー州の市場の間の直接ルートが提供されることになった。 しかしながら、経費が法外で、計画が見捨てられた。 ウィリアム・ジェソップの子息であるジョサイアス・ジェソップ (Josias Jessop) はワゴンウェイは運河よりもずっと安価であると信じた。 1825 年 5 月 2 日に、クロムフォードからウェイリー・ブリッジまでの鉄道建設の議会法が通過した。 計画は野心的で、 第 6 代デボンシャー公爵ウィリアム・キャベンディッシュ (William Cavendish)、 リチャード・アークライト・ジュニア、 そして何人かのマンチェスターの銀行家に支持されていた。 。 蒸気機関車が鉄道で使用されることが期待されていた。 もっとも技術はまだ幼年期であり、ジョージ・スチーブンソンは 1829 年に至るまで革命的なロケットを建設できなかった。 鉄道の南側 -- クロムフォード波止場からバクストン (Buxton) の南東にあるハードロウ (Hurdlow) に至るまで -- は 1830 年 5 月 29 日に開通し、1831 年 7 月 6 日に残りの区間がウェイリー・ブリッジまで開通した。 鉄道の最初の蒸気機関車は 1841 年に導入され、これ以前はすべて (馬が牽引する) 貨車 (ワゴン) から構成されていた。

鉄道はクロムフォード波止場の海抜 277 フィート (84 m) から上昇し、 ラッドマンロウ (Ladmanlow) の海抜 1264 フィート (385 m) に到達し、 海抜 747 フィート (228 m) の ピーク・フォレスト運河の波止場に降下した。 高度変化は、運河の場合には多くの水門が必要とされたが、 鉄道の場合には比較的容易であった。 しかしながら、しばらくの間、 クロムフォード&ハイ・ピーク鉄道には英国のすべての鉄道の中で最もきついカーブがあり、 蒸気動力を持たない車両の最も急なインクラインがあった。 鉄道の建設経費は £180,000 で、元々の見積もりの £155,000 よりは高かったが (2016 年ではそれぞれ、£1200 万、£1000 万)、運河建設で予測された経費 £500,000 (2016 年では £3200 万) よりはずっと安かった。 鉄道はピークフォレスト運河クロムフォード運河を接続するために建設され、 2 つの運河に密接に結びついていた。 鉄道はもうけが多くなく、これは開通するまでにクロムフォード運河の交通が衰退していたからである。 1865 年に、議会法により貨物輸送同様に乗客輸送も認可された。 乗客輸送は (一般的に) 鉄道にとってもっと重要となったが、この鉄道は衰退し、 1967 年 4 月 21 日に閉鎖された。

受け継いだもの

ダーウェント峡谷は工場システムの誕生場所と思われている。 水力紡績機のようなダーウェント峡谷で開発された機械により、 連続製造が可能となった。 リチャード・アークライトのクロムフォード・ミル と関連した労働者の集落は 産業共同体のひな型を提供し、この峡谷のみならず、国際的に伝播した。 集落がクロムフォード・ミル と同時に建設された理由は、 労働者に住宅を供給するためで、 ミルに必要とされる労働力を確保する唯一つの方法が労働者と家族に住居を提供することであった。 アークライトのモデルの成功により、他の産業家が真似をすることになった。 ピーター・ナイチンゲール、ジェディダイア・ストラット、トーマス・エバンスのような実業家 (entrepreneur) はダーウェント峡谷内のベルバー (Belper)、 ミルフォード (Milford)、 ダーリー・アビー (Darley Abbey) に従業員のための集落を設立した。 労働力を確保する経済的な観点はもとよりのこと、 産業家は従業員とその家族のためにかかわり、 家父長的な意識から行動がとられた。

アークライトの革新は労働者の集落を開発すことにとどまらなかった。 彼は水力紡錘に使用される多くの技術の特許を取った。 これらは非常に成功したため、 競合する事業家は彼のデザインを (無断で) コピーして、告訴される危険をおかした。 彼の特許は 1785 年に失効し、1788 年までに 200 以上のアークライト形式のミルが英国で設立された。 スコットランドのニュー・ラナーク -- これも世界遺産の場所の一つ -- はリチャード・アークライトとダーウェント峡谷の開発により直接影響を受けた: ラナークは 1784 年にデイビッド・デール (David Dale) とアークライトが訪れた時に、 見込みのある場所として見極められた。 デールは後にラナークで 4 つのミルを設立した。 これらはアークライトのマッソン・ミルと構造的に類似し、 少なくとも 2 つのミルはダーウェント峡谷で開発された技術を使用した。 もっとも工場システムはダーウェント峡谷で使用されたものとは違っていた。 ニュー・ラナークは 1979 年にロバート・オーウェンにより獲得され、 彼はダーウェント峡谷で実施されたものよりも更に家父長主義を発展させ、 子供にも大人にも実験的に教育を施し、 実験的な社会コントロールも実施した。 ソルテア (Saltaire) -- 別の世界遺産の場所 -- は 1853 年に設立され、 労働者の住居と施設を呼び物とし、 更にはアークライトにより開発された工場システムの他の要素も呼び物とした。

1774 年、英国政府は木綿とリネンの産業で使用される道具と用具の輸出を非合法化する法案を通過させ、 その結果、英国で開発される新技術が他国に広まる唯一の方法が産業スパイによるものとなった。 カール・ディーリアス (Cal Delius) はイングランドで働き、 多くのアークライトの発明の図面をヨハン・ゴットフリート・ブリュゲルマン (Johann Gottfried Brügelmann) に手渡した。 ブリュゲルマンはこの情報をデュッセルドルフの近くのラーティンゲン (Ratingen) にミルを設立することに使用し、 これは 1784 年に生産を開始した。 彼はミルに関連した集落をクロムフォードと名付けた。 このミルがヨーロッパ本土における最初のアークライト形式のミルであった。 ダーウェント峡谷で開発された木綿を紡ぐ技術は米国にも伝播した。 1790 年に、米国には 2000 基にも満たないスピンドル (spindle) があっただけで、 これは ジェニー紡績機で動力が与えられていた。 これに比較すると同じ時期に英国には 240 万基の機械駆動のスピンドルがあった。 アークライトのミルは熟練していない移民により英国から米国に導入された。 移民の多くは熟練していなかった。 移民の中にはサミュエル・スレーター (Samuel Slater) がおり、 彼はダーウェント峡谷出身で、ジェディダイア・ストラットの見習いであった。 彼はスレーター・ミルを設立した。 ダーウェント峡谷で開発された多くの技術が持続し、他の繊維産業に採用された。 20 世紀中頃まで、カーディング (carding、梳き) はリチャード・アークライトにより発明された機械で実施された。 工場システムは安価な織物と衣類を製造することを可能とした。


ロード・アイランド州ポータケット (pawtucket) のスレーター・ミル
ダーウェント峡谷で開発された工場システムの多くの要素を組み込み
ベルバー出身のサミュエル・スレーターにより建設された。
保存

1971 年に開催された 「アークライト祭り」 からアークライト協会が作られた。 1979 年にアークライト協会はクロムフォード・ミル複合施設を購入し、 ミルに関連した建物が取り壊されるのを救済した。 慈善団体がこの場所を購入したのは保護の目的と復元の意図があった。 複数のミルは顔料と染料に関連した産業工程により汚染されており、 顔料と染料は木綿の処理が停止した後も工場に貯蔵されていた。 地元議会 (複数)、イースト・ミッドランズ開発局 (East Midlands Development Agency)、 イングリッシュ・ヘリテッジ、 宝くじ遺産基金 (Heritage Lottery Fund) の助けと £500 万の経費により、 ミル群は復元され、浄化された。 今やクロムフォード・ミル は複数の小さな事業に使用され、 教育に使用されている。


クロムフォード・ミルは 1979 年にアークライト協会により購入された。
これはこれ以前の所有者 -- 顔料と染料の会社 -- がこの場所を見捨てた後のことである。

ダーウェント峡谷で木綿産業のために建設されたミルの多くは生き延び、 産業が衰退した後も再使用されている。 労働者の住居の大半が生き延び、今でも住居として使用されている。 1970 年代と 1980 年代を通じて、地方自治体は イングリッシュ・ヘリテッジとの共同事業で、 住居とミルが荒廃することを防ぐために、 所有者に忠告を与え、助成金を使用して保存工事を請け負った。 世界遺産への登録が 2000 年に申請された時に、838 件の指定建造物の 26 件がイングリッシュ・ヘリテッジの危機遺産に登録され (At Risk Register)、荒廃状態にあった。

2000 年に、ダーウェント峡谷ミル群は世界遺産に推薦された。 ニュー・ラナークの 「ブレナヴォン産業景色」 (Blaenavon Industrial Landscape) とソルテア (Saltaire) (現在はすべて世界遺産の場所) と共に、この場所は世界遺産のリストに産業考古学の代表を増大するものとして提案された。 提案は成功し、2001 年にダーウェント峡谷ミル群は世界遺産の場所として指定された。 世界遺産の場所としての地位は保護を確実にする意図があり、 「人類にとって傑出した価値がある」 と見なされている。 この場所は世界遺産の第 2 類と第 4 類の下で登録されている。 ダーウェント峡谷ミル群はリチャード・アークライトにより開発された多くの技術はもとよりのこと、 労働者の住宅を開拓し、産業景色を造り出し、産業の町の先駆になった。 「ダーウェント峡谷ミル群共同事業」 が英国政府に代わって、場所の管理に責任を負っている。 2009 年 6 月に、ダービー (Derby) のバス・ストリート・ミル (Bath Street Mill) が火災で被害を受けた。 建物は世界遺産の一部で、18 世紀に建設されたものである。

博物館