ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

John Lombe - Wikipedia
ジョン・ルーム (John Lombe)

ジョン・ルーム (1693 年、ノリッジ (Norwich) - 1722 年 11 月 20 日、ダービー (Derby)) は 18 世紀イングランド、 ダービーにおける絹の紡績業者 (spinner) であった。

ジョン・ルーム (John Lombe) の、
肖像画、ダービーのエクセター橋
ダービーのジョン・ルームの彫像
イースト・ストリートの
以前のブーツ・ビルディング
(Boots building)
伝記

ルームは 1693 年頃に ノリッジ (Norwich) で、 ウーステッドの織り手の子息に生まれた。 彼はトーマス・ルーム (Thomas Lombe) の異母兄弟の弟であり、 トーマスはジョンの死後、ノリッジとロンドンの絹商人として財産を貯えることになった。

18 世紀始めに、 機械編み (framework knitting) による絹の靴下の製造の中心がロンドンから、 ミッドランズ (Midlands) に移動し、 紡績された絹の需要は供給を上回っていた。 ルームジョージ・ソロコールド (George Sorocold) によってダービーに建設された絹ミル (mill) に採用され、 このミルはダービーの絹の紡績業者であるトーマス・コチェット (Thomas Cotchett) のために ダーウェント川のほとりに建設されたもので失敗に終わったものである。

ヴィットリオ・ゾンカ (Vittorio Zonca) により出版された説明では、イタリア人は 15 世紀始めから、 動力による紡績を使用していた。 レオナルド・ダビンチ (Leonardo da Vinci) は類似の方法をスケッチしている。 ゾンカ (Zonca) のものはもっと完全であるが、接触があったか否かは不明である。 ルームは兄のトーマスにより派遣されて、 オーガンジン糸 (organzine thread、すばらしい絹の布を織るための絹の縦糸 (raw silk warp thread)) を紡ぐイタリアの機械を調査することになった。 ウィリアム・ハットン (William Hutton) はイタリアにおけるルーム (Lombe) の時間の説明を、 彼の「ダービーの歴史」 (History of Derby) で与えている。

1718 年に、トーマス・ルーム (Thomas Lombe) は絹の撚糸機械 (silk throwing machine) の 特許を獲得することができ、14 年間有効であった。 ジョン・ルーム (Jone Lombe) は 1722 年に突然に死亡した。 伝説によると、サルジニア国王 (King of Sardinia) はルーム (Lombe) の仕事が成功したことを聞き、 女性の刺客に指示をして、兄弟を殺すためにイングランドに向かわせた。 ジョン・ルーム (John Lombe) の浅浮き彫り (bas relief) がダービーのエクセター橋 (Exeter Bridge) の上にある。

ルームのミル
詳細はルームのミルを参照。

ルーム (Lombe) はソロコールド (Sorocold) に従事して、新しく大きなミルをダービーの古いミルの場所に建設しようとした。 ルームのミルはジョン・ルーム (John Lombe) が亡くなった 1722 年に完成した。