ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Lombe's Mill - Wikipedia
filatoio の発音の仕方 (撚糸機)
torcitoio の発音の仕方 (合糸機)

生糸を機械で製造することは 13 世紀ごろのイタリアで始まり、水力を利用していました。 (明治時代の日本の製糸産業は基本的には中世イタリアの技術力です。どういうわけだか、日本史の教科書はこれをすべて伏せている。) しかし、これは機械が残っているわけでなく、単に文献に載っているだけで、多分絵もないと思う。 分かっていることは、後世のイタリアで生糸製造に関して用いられた機械 (の名称) が 13 世紀以来 18 世紀に至るまでイタリアで使用されている点です。 以下の話でロンブが産業スパイによって盗み出した機械の仕組みは 13 世紀のイタリアで存在していたものと考えて差し支えないようです。 英国産業革命の時は英国がヨーロッパの技術の中心になりますが、 それ以前は英国はすべての面で、ヨーロッパ大陸の後塵を拝していたのです。 製糸産業がおそらくその典型例であったと思われます。 ロンブが生糸製造機械の仕組みを盗んだときあたりから変化が生じているのかもしれません。 単に繊維産業のみならず、製鉄でも英国がヨーロッパの技術の中心になるし、 精密機械 (時計、光学機械など)、蒸気エンジンでも同様で、動力を必要とする機械はどれでも英国が中心になった時期がある。 (これは経度懸賞にもその一因があったかもしれません。)

なお生糸の製造は産業革命には直結しません。消費者が少なすぎるためです。 (繊維産業と産業革命を参照。) 綿糸を機械で製造でき、しかも多くの人に収入がある時点で、始めて社会変化が登場する。(あるいは GDP が増加する。) 戦前の日本のように農民に現金収入がなければ、綿糸を機械で製造できたとしても、 GDP の増加につながることはなく、社会変化にはつながることがないと思われます。 機械があっただけでは産業革命の条件には不十分で、多くの消費者がいる必要がある。 しかも、廉価なエネルギーも必要となる。英国は当初はこれを水力で補った。 更に物資の輸送のために廉価な物流網が必要となる。当初はこれは運河であった。

原文は現在多少変更されていますが、翻訳のやり直しはしません。 但し、この文書を翻訳してから、ミルに関して多くの文書を翻訳した結果、ミルを単に「水車工場」と翻訳すると 都合の悪い場合があることに気が付き、ミル (mill) はカナ表記のまゝとどめることにしました。

ロンブのミル: Google map

ロンブのミル
(Lombe's Mill、ロンブの水車工場)

ロンブのミル (水車工場) はイングランドで始めて成功した絹撚糸ミル (silk throwing mill) である。これはダービーにあるダーウェント川の島に建設された。 ジョン・ロンブ (John Lombe) が 1717 年に ピエモンテ (Piemont) を訪れ、 イタリアの絹撚糸機械 -- フィラトイオ (撚糸機、filatoio) とトルチトイオ (合糸機、torcitoio) -- の詳細と何人かのイタリアの職人を連れて帰って来てから、工場が建設された。 建築家はジョージ・ソロコールド (George Sorocold) であった。

18 世紀、ダーウェント川越しに
ロンブのミル (水車工場)を見る。
ダービーシャー州における位置
  1. 位置
  2. 歴史
  3. イタリア工場
  4. 合糸作業場
  5. 絹撚糸工程
  6. 今日
位置

ロンブのミルはダービーのダーウェント川の西岸のトーマス・コチェット (Thomas Cotchett) の 1704 年のミルの隣に建設された。 この時点で川を横断する堰がすでに建設されており、 ミルは島の下流側に建設され、ここは 3 つの製粉工場の排水路 (tail race) により川から分離されていた。 排水路はフリーム (fleam) ともリート (leat) とも呼ばれた。 ダービーはキーとなる場所で、ここでは川が速く流れていた。 またここは、ロンドン・カーライル道路が川を横断する場所であった。

歴史

ロンブのミルはイングランドで最初に成功した絹撚糸ミルで、 恐らくは世界で最初に完全に機械化された工場 (factory) である。 トーマス・コチェットのミルは 1704 年にダービーに建設されたが失敗であった。 ジョン・ロンブは 1716 年に ピエモンテで成功している絹撚糸ミルを成功裏に訪問した。 これは初期の産業スパイの実例である。 彼は必要な知識とイタリアの職人のグループを連れてダービーに戻ってきた。 彼はミルをデザインし、 異母兄弟のトーマス・ロンブ (1685 年生まれ) がジョージ・ソロコールド (George Sorocold) に建設させ、 新しい機械で装備させた。これはコチェットのミルの南に建設された。

トーマス・ロンブは 14 年間有効な特許が与えられ、 絹撚糸機のデザインが保護された。 サルジニア国王は商的な挑戦に激しく反応し、 生糸の輸出を禁止した。 彼は 6 年後の 1722 年のジョン・ロンブの謎に包まれた死に責任があるとおもわれている。 ジョンの兄のトーマスが事業を引き継いだ。 特許が 1732 年に失効した時に、他のミルがストックポートとマックルズフィールドに建設された。 動力のない合糸作業場 (doubling shop) が動力のあるイタリア工場の北に 1739 年以前のある時期に建設された。 ミルは 1739 年にトーマス・ウィルソンに売却された。 合糸作業場の棚卸し表が作成され、合糸作業場は現在でも残っている。

イタリア工場

1739 年から 1753 年の間のミルの記述では次のように記載されている: 「元々の 5 階建てのイタリア工場は 26 台のイタリアの巻き上げエンジンを収容し、 上 3 つのフロアーでの各々で生糸を紡ぎ、残りの 2 つのフロアーで、 8 台の 「紡績機械」 (spinnig mill) -- 繊維を原糸 【訳注:生糸のこと】 にする機械 -- と 4 台の 「撚糸機械」 (twist mill) があった、 元々の機械はほとんど残っていない。 建物はレンガ製で、フランドル積み (flemish bond) で作られ、 長さ 23.5 m、幅 12 m であった。 建物は一連のアーチの上に作られ、ダーウェント川の水がここを通り抜けた。 工場は 17 m の高さで、傾いた屋根がついていた。 撚糸機械 (throwing machine) は 2 階の高さがあり、2 階の床を突き抜けていた。 巻き上げ機はトップの 3 つのフロアーにあった。 すべての機械は外にある直径 7 m、幅 2 m のソロコールド (Sorocold) の 下掛け水車で動力が与えられていた。 水車の軸が 1 階にある中心の穴で中に入っていた。 これが 0.45 m の四角い垂直シャフトを駆動し、更にこれが工場の全長を走るラインシャフトを駆動した。 トルチメイオ (合糸機) とフィラトイオ (撚糸機) は動力をシャフトから手に入れた。 垂直シャフトは鉄のガッジョン (gudgeon、継手) により別のシャフトで 3 階以上に延長され、 トップの 3 つのフロアに到達し、巻き上げ機を駆動した。 工場は絹を処理するために加熱されていた。 そしてこれは 1718 年の特許に説明されていた。 ロンブが 1732 年に火炎エンジン (蒸気エンジン) を使用して、工場に加熱空気を送り込んでいたことが報告されている。 階段の柱は 19.5 m の高さであった。配置は知られておらず、 フロア間で梱を引き上げた方法に関しては情報がない。

合糸作業場

中央部分は 3 階の高さがあり、42.4 m × 5.5 m であった。 各フロアは合糸 (doubling) に使用され、306 台の合糸機械があった。

絹撚糸工程

絹は色々な 「かいこ蛾」 (silk moth) から自然に製造された繊維である。 1700 年に好まれた絹は一種類の蛾 (ボンビックス・モリ、Bombyx mori) の幼虫が製造し、 自分を守るためにまゆを紡いだ。 幼虫はイタリアで生育したクワの葉を食べる。 カイコ (ボンビックス・モリの幼虫) の絹の繊維は角が丸い 3 角形の断面を持ち、 幅が 5-10 マイクロメータである。 絹はたんぱく質のフィブロイン (fibroin) で、樹脂 -- 別のたんぱく質 -- のセリシン (sericin) によって固められている。 まゆを収穫して、熱湯につけ、樹脂を溶かして、一本の糸を巻き上げてスケイン (skein) にする。 スケインは梱に入れて、処理するために水力工場に持ち込まれる。 3 種類の 「より糸」 (yarn) を製造することができた: ノー・ツイスト (no-twist、ねじりなし) は横糸に適切で、 トラム (tram) はわずかにねじり、処理しやすくしたもの、 オーガニジン (organizine) はずっとねじったもので、縦糸として適切であった。 リーリング (Reeling) は産業工程の一つで、スケインに巻き上げられた絹を浄化し、 ねじり処理をして糸巻きに巻き上げることである。 絹の撚糸は産業工程の一つで、糸巻きの糸を再びねじって、トラムやオーガニジン (organzine) にすることである。 より糸 (yarn) は一緒にねじって糸にされ、これは合糸 (doubling) と呼ばれる。 口語的には撚糸は全工程 -- リーリング、撚糸、合糸 -- を指す。

1700 年にイタリア人は、ヨーロッパで最も技術的に先進的な絹撚糸機を持っており、 糸にねじりを与えながら、絹を糸巻きに巻き上げる 2 種類の機械を開発していた。 これは撚糸機 -- フィラトイオ (filatoio) -- と合糸機 -- トルチトイオ (torcitoio) -- であった。 1487 年に描かれた挿絵があり、これには円形の手動の撚糸機で 32 個のスピンドル (紡錘、spindle) が付いたものが描かれていた。 外部動力を使用したフィラトイオの最初の証拠は 13 世紀のもので、 最初の挿絵は 1500 年頃のものである。 フィラトイオとトルチトイオには平行な円形の枠があり、 これが中央の軸の周りに互いに回転した。 回転の相対速度がねじりを決定した。 温度と湿度が高ければ絹は協調し、 イタリアでは日光により気温を上げたが、ダービーでは工場を加熱する必要があり、 均等に分布させる必要があった。

今日

ミルは何度か所有者が代わり、数度作り直されている。 しかし、修正された構造は現存し、 ダービー・シルク・ミル 【訳注:博物館名】 を収容するまで復元された。 近くのエクセター橋にはジョン・ロンブの浅浮き彫りの彫刻がある。