ページの最終校正年月日 :
繊維産業と産業革命

産業革命とは GDP がほぼ一定の状態であったものが、増加し始める段階の事で、 繊維産業だけが産業革命であるわけではありません。 生糸の生産は英国の場合には産業革命以前の技術で、 また産業革命の時の英国には軽産業 (繊維) のみならず重産業もあり、 これを支えるための鉱山が全国にあった。(現在は英国の大半の鉱山が掘り尽くされており、 炭坑はまだ残っているところもあるが、現代社会ではほとんど無用のものになっている。)

  1. 生糸工場は産業革命以前の技術
  2. 産業革命 = 繊維産業 が嘘であること
  3. 産業革命には農業の機械化が必要なこと
  4. 産業革命には重工業が必要なこと
生糸工場は産業革命以前の技術
ロンブの水車工場

を読めばわかりますが、英国における生糸製造の技術は、 13 世紀から 18 世紀に至るまでイタリアで使用されていた技術を産業スパイが英国に盗み出したものです。 英国におけるこの最初の工場がロンブの水車工場で、これは 18 世紀前半 のことで、まだ英国が産業革命に突入していない時期です。 生糸の製造が簡単なのは、カイコの繭は 1 本の繊維から構成されているため、 これから糸を作るのは極めて単純なのです。 綿等は細切れになった繊維から、 1 本の糸にする必要があるため、生糸と比較するととても困難なのです。 これが可能となるのがロンブの水車工場の近くの

ダーウェント峡谷水車工場群

によるわけですが、これは 18 世紀後半の事です (この時には英国は産業革命に突入している)。 この工場は水車を動力としますが、蒸気動力と比較して どちらがよいかという点になると、 水車の方が燃料費がかからないのでその点有利となります。 但し、水車を設置できる場所は川のそばですから、立地条件に制約がでます。 水車を動力とする工場も蒸気を動力とする工場も外見がほぼ同じで、 蒸気を動力とする工場には煙突が付いていることが違っている点です。 工場の機械は全く同一で、動力源が違うのみです。 従って、蒸気動力か、水車を動力とするかの違いは GDP の変化に影響を与えない。

注意
  1. 英国産業革命の時の色々な記述から、動力が必要な時 (例えばクレーンが必要な時に) なるべく 水力で駆動する方式にしていることがわかります。蒸気動力にすると燃料費が随分かかるためで、これを極力避けています。 しかも水車ではなく水力タービンにする場合もあります。 つまり元々の産業革命では環境にやさしかったのです。
  2. 英国産業革命時代 (1750 年 -- 1850 年) の運河の港での荷の積み替えには、動力クレーンを よく使用しています。(荷の積み替えにはこれが普通であったと思われるが、扱う荷が少なければ手動のクレーンも使用したようだ。) (例えばアッシュトン運河ポートランド・ベイシンブリッジウォーター運河キャッスルフィールドの倉庫に動力クレーンがあった。) 原則的には動力に水力を使用し、燃料代がかかる蒸気エンジンはなるべく避けています。
  3. いずれにせよ、ロンブの水車工場 (生糸工場) では英国の GDP に変化を引き起こすほど、 大量に物資が生産されなかった。 そして、戦前の日本の製糸産業でも同じことが言えている。また生糸の製糸工場が極めて単純であり、 機械化の点からもあまり意味がないことは自明である。(これは英国産業革命以前の技術 (中世イタリアの技術) で ラインシャフトを本格的に使用した工場ではない。) 産業革命時代の英国の工場にはラインシャフトが必要で、 これは日本では製糸工場以外では使用されなかったと思われます。この点に関しては 第二次世界大戦前の日本に産業がなかったこと戦前の日本に産業がなかったこと、その 2 を参照の事。

いずれにせよ、生糸工場は英国では産業革命の施設ではありません。 そのため、生糸工場が明治時代に日本で建設されたからといって、 日本が産業革命時の英国とまったく同じになったということは間違いとなる。

生糸製造工場が産業革命以前の施設であることは、英国の人にとっては自明ではないかと思う。 (大体これはイタリアの技術だ!) 従って、製糸工場が日本の産業革命であるとの主張は 何も事情を知らない日本人をターゲットにした嘘で、日本国内向けに限定した嘘となります。 つまり、当時の日本のメシのネタが麻薬の儲けであることを隠ぺいするための見え見えの国内向けの嘘であったことになる。 (生糸の儲けで軍備や鉄道インフラが整備できるなとということは、冷静になって考えればあり得ない嘘です。 産業というものがどういうものか知らなかった明治の人にしか通じない嘘だと思うが、現代人もこれがおかしいとおもわないのは、 少し異常だ。)

同時に 1960 年代における日本の産業革命 (= 高度成長期) が米国の影響 (あるいは意図) により、 引き起きおこされたことが明白です。アジア、東南アジアで日本で最初に産業革命が起きた理由は、 日本が敗戦国であったため、米国の影響を受けやすかったことが原因と考えるべきだと思います。 日本のエセ報道 (全国紙 + NHK) はこれを否定すると思いますが、これは自明に近い。 (米国は日本をテコにしてアジアに影響を与えようとしたと思われる。)

産業革命 = 繊維産業 が嘘であること

産業革命 = 繊維産業 という等式は間違っています。 (間違いというよりは、歴史学の教科書が根拠のない見え見えの嘘をついている。) 英国で産業革命の時に繊維産業があったのはマンチェスター近辺ぐらいで、イングランドのごく一部です。 バーミンガムの近くの ブラック・カントリー重工業として有名だし (近くにはワットの蒸気エンジンの工場があった)、 ストーク・オン・トレントには製陶業があり、陶磁器を全国に出荷し、輸出もしていた。 シェフィールドには鋼産業があり、食器のナイフ、フォーク、スプーンが生産され、 19 世紀半ばにはヨーロッパの鋼の半分を生産していた。 19 世紀前半にはガス灯の会社がイングランドの各都市で照明用のガスを提供し、 電気が発明されると、調理用のガスを供給するようになり、 都市ガス会社の先駆をなしている。 (都市ガス会社は英国では上下水道会社より先にあった。英国では都市ガス会社は 19 世紀前半にあったが、日本では 20 世紀後半となるのです。) また石炭ガスの副産物の利用から化学工業の先駆があったはすです。 以上から、英国産業革命 = 繊維産業 が根拠を持っていないことがわかる。 (何をもって根拠としていたのかさえ、判断に苦しむ。)

ダーウェント峡谷水車工場群

受け継いだもの により、木綿の製造機械は、比較的簡単にヨーロッパに技術移転したことがわかりますが、 英国以外のヨーロッパの国々では英国ほど産業化が起きなかったので、 この点からも、英国産業革命 = 繊維産業 は根拠がないことがわかる。

注意
産業革命の恩恵にあずかった人のことを、英国では 「中流階級」 と呼び、 フランスでは 「ブルジョワ」 と呼びました。 フランスでは産業革命の恩恵にあずかる人が当初は少なかったことがわかります。

更に、受け継いだものは もっと多くのことを言っており、 英国の「木綿の製造機械」 はそのままヨーロッパ各国に輸出されたわけでないことがわかる。 これは英国の議会が「木綿の製造機械」等の輸出を禁止したからです。 従って、ヨーロッパ各国は自分たちの国で独自に機械を作る必要があり、これがすぐにも可能であった。 従って、英国以外のヨーロッパ各国の産業革命は繊維産業のみであったと言っても これもまるで嘘となり、ヨーロッパ各国には英国ほど大規模でなかったにせよ、 確かに機械を製造するための重工業があったことがわかる。

注意
  1. 英国の産業革命では色々複雑になり、上の議論では少し的外れな部分があります。 最大の点は英国では 「エンクロージャー」 (囲い込み) により、畑が羊の牧場に 転換されたことがある。 この方向では、先に余剰農業労働者が登場します。 しかし、最終的に余剰の羊毛の処理をするためには、やはり機械化 (羊毛の紡績機械など) が必要となります。だからどこかの段階で、機械化は避けて通れない。 「エンクロージャー」 なしの農業の現代化は、厳密には米国に限定すべきことになります。
  2. 農業用の蒸気機械で英国製のものは第一次世界大戦の最中に姿を消します。 この時に、米国製のディーゼル・トラクターが英国で支配的となります。 農業機械からの現代化の進展は米国がこの時点で世界の中心になると考えてよいようです。
産業革命には農業の機械化が必要なこと

英国や米国の産業革命の時には、色々な産業が登場しますが、 これらの産業に従事している人たちは元々は農民だったはずです。 これ以外に生計の道がほとんどなかったせいです。 農業以外の産業に従事する人が登場するのは、農業では人手が不要になったためで、 これが起きるためには農業の機械化が起きている必要があります。 脱穀機はヨーロッパでは 17 世紀ぐらいに登場しており、 これが蒸気動力で動くようになり、 更には犂あるいはプラウなども蒸気動力で動くようになりますから、 農業で省力化が起き、余った人手が他の産業に従事することになります。 従って、繊維産業は産業革命の結果起きることで、 繊維産業が産業革命を引き起こすわけではない事がわかります。 むしろ、製鉄産業の発展により (多くの農業機械が製造されて) 農業の効率化が起き、その結果産業革命が起きると考えるのが自然な考え方で、 これはむしろ当たり前の事になります。

現在、世界中で開催されている蒸気祭り ( 蒸気祭りのリストを参照) では、 このような農業機械の導入が起きた場所やその機械などを垣間見ることができるのではないかと思います。

注意
  1. 農業用の機械は当初は蒸気動力で、これが英国では支配的なまま継続しますが、 米国ではそのうちにディーゼル動力が登場し、これが世界的に標準的なものとなります。 世界的に各地で開催されている 「蒸気祭り」 はこの方向を反映し、純粋に蒸気動力の機械だけに 限定しているものは少ないと思います。途中で他の型式のエンジンが登場し、これも 「蒸気祭り」 に含まれていることが多い。
  2. イングランドで農業の機械化が起きた時の農民たちの実情を理解していない日本人の方が多いと思われます。 その理由は peasant の訳語が英和辞典には「小作人」の意味しか書いていないためです。 イングランドでは、機械化の時期には恐らく農民 (英語では peasant と呼ぶ) は季節労働者になっていた可能性の方が高く、 春の耕作時期と秋の収穫時期のみに地主 (英語ではこちらが農民 (farmer)) に日雇いで採用された (小作人より分が悪い) と思われる。 そのため、例えば春の耕作時期に季節労働者を採用するのではなく、 プラウ・エンジンで農地を耕作する企業に仕事を依頼することが安上がりとなって、 農業の機械化が達成された。以上の状況は peasant を貧農と翻訳すると何とかつじつまあわせが可能となる。 なお、国によっては peasant を小作人と訳した方が良い場合もある。
産業革命には重工業が必要なこと

どのような産業にせよ、効率化をするには最初に機械化が必要となります。 18 世紀中頃の英国の機械は基本的には木造で、これがすぐにも鋳鉄製になります。 ですから、機械の製造は当初は重工業に分類できるかどうか不明ですが、 すぐにも重工業になります。 従って、重工業が産業革命の原点というべきでしょう。

注意
  1. 18 世紀中頃に英国で使用された機械が木製から鋳鉄製に変化することに関して、 日本人でちゃんと理解できている人はとても少ないのではないかと思う。 これは、機械を木で製造するよりも鋳鉄で製造するほうが安くなる場合に鋳鉄にするのであって、 その典型例は水車です。英国産業革命の時に非常に多くの水車が鋳鉄で製造されますが、 これも場所に依存したようで、木で製造するほうが安い場合には木造の水車を利用したと思われます。 時間と共に、水車が水力タービンに代り、そして最終的に発電用タービンに代わる。
  2. 英国産業革命の時に、橋を鋳鉄で作る場合は 鋳鉄で橋を建設するのが安い場合でした。(鉄の橋と産業革命を参照のこと。)

機械を作る工場はどこにあったのでしょうか ? 鉄の機械を作るには製鉄所の必要性があり、 製鉄所では石炭と鉄鉱石を使う必要があります。 石炭と鉄鉱石を製鉄所まで長距離を運ぶことは、黎明期の製鉄産業にはとても 大変なことでした。 ところが産業革命の英国では石炭と鉄鉱石の鉱山が隣接していることが多く、 全国至る所に製鉄所ができ、そのそばに重工業ができたのです。

注意
  1. 英国産業革命の時に、全国規模にあった産業は (繊維産業ではなく) 重工業で、とりわけ製鉄所が随所にあった。 (重工業も英国全土にあったわけではありませんが、繊維産業よりもはるかに多くの場所に存在していた。) その理由も、恐らく英国固有の事情があったとおもわれます。 英国の製鉄産業は非常に古く (ローマ時代、紀元前) からあり、 鉄鉱石 (鉄石) は地上にそのまま露頭していたのが始まりです。 石炭に関しても英国では 16, 7 世紀ぐらいから多量に (10 万トンのオーダーで) 生産されています (当初は暖房用と思われる) が、 これも地上に露頭していたものを採取したのが始まりのようです。英国の石炭は露天掘りをすることがとても多い。 いずれにせよ、鉄・石炭は英国では見つけるのが簡単で、昔から広く利用されていた。 産業革命 (1750 年頃) には炭鉱は非常に深くなりますが、 露頭していたものもあります (ブラック・カントリー等がその実例です)。
    英国産業革命の時の色々な事業に資本提供した株主の数は事業ごとでは普通はあまり多くありません (多くて数十名 ?、大抵は地元の人が投資する。)。 だから、ここで登場する重工業は現在の言葉では中小企業です。 現在の企業の投資家は一般に無数にいます。だから企業の形態が変化した。 (株主の数が随分増えて、配当が随分減り、銀行の利子も随分減った。これが現在です。)
  2. 繊維産業はイングランドの中でも随分限定された場所にありました。 繊維産業は元々水力を利用したため、ペナイン山脈の山麓の急流のそばにある必要があり、 これが蒸気動力になっても、ほぼその近辺に限定されたためです。 (これは木綿産業にしか当てはまらないかもしれない。羊毛産業は事情が少し違うようだが、 あまりはっきりしない。) これと比べると炭鉱はイングランドの広い範囲に分布していた。 製鉄所で人を採用することは少ないが、重工業にまで広げると採用される人の数が増えるのではないかと思う。
  3. 日本古来の「たたら製鉄」では、生産場所が常に移動するので、 産業地帯ができません。ある一定の場所を産業地帯とするためには、 物資の輸送方法を確立している必要があり、その第一ステップである運河が英国で無数に建造されたのです。

これは今日ではありえないことです。 今日では効率を上げるために非常に大きな製鉄所を作ります。 英国産業革命の時には原料、あるいは完成品 (鉄) の輸送上の問題から、 これがまず不可能で、原料がすぐそばにある必要がありました。 (それでも運河はある方がよい。 このような運河で有名なのが、シュロップシャー・タブ・ボート運河網で、 最初にできたものが ドニトン・ウッド運河等で、この場所が アイアンブリッジにつながる。)

しかし、このような製鉄所であっても、 効率化の要求から製鉄所が徐々に大きくなり、 石炭と鉄鉱石が鉄道で輸送されるようになる。 そして重工業も鉄道で接続されているだけで存続が可能となります。(鉄道の馬力が随分上がる。但し、日本では極めて非力のままであったと思われる。) 鉄道輸送の時代に、製鉄で多くの発展を見たのが米国の産業革命ではないかと思う。 (米国の鉱山は信じられないくらい規模が大きかった。これは発見の経緯を知れば自明で、 多くの鉱山が測量における磁場の大きな変動から発見された。 (ソーラー・コンパスを参照))

この次に続く段階が、原料を (国外から) 船で輸送する時代で、 この時、日本もようやく産業化の端緒を手に入れたと思われます。 しかし、これは第二次世界大戦後のことになります。

日本の石炭は硫黄が含まれているため、元々製鉄には不向きで、 1950 年代にすでに製鉄用の石炭には輸入品を使用していた。 これを考えると、元々日本製の石炭ではまともな製鉄ができなかった可能性の方が高く、 製鉄が日本でまともに可能になるのは製鉄用の石炭を輸入するようになってからだ とも言えそうだ。