ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Black Country - Wikipedia

ブラック・カントリーが英国産業革命の時の重産業の中心地の 1 つであったようです。 ここは石炭、鉄が豊富に産出した場所で、それを原料とする産業も発達した場所です。 ここに製鉄産業が育つきっかけを作ったのが ジョン・ウィルキンソン (John Wilkinson) です。

石炭を基礎にする産業革命は大気汚染を招くようで、 ブラック・カントリー はこの大気汚染で有名であったようです。 現在でも産業の基礎に石炭を使用すれば、 大気汚染につながることは中国の実例から明らかだと思います。 もしも、日本に第二次大戦前に産業革命があったとすれば、 産業の基礎に石炭を使用する必要があり、これで深刻な大気汚染につながったはずです。 しかしこれはなかった。(第二次世界大戦前には、日本の収入は麻薬の儲けのみであったと思われる。 富国強兵 (アヘン帝国) を参照。) しかし、石油が産業の基礎にあったとしても、自動車が増えればやはり深刻な大気汚染は避けがたいようです。

ブラック・カントリーの名称の由来は大気汚染によることが思いつきますが、 それ以外にも石炭の層が露頭しているため地面が黒く見える理由も考えられます。 原料の産地は世界中どこにあっても支障がないように見えますが、 英国産業革命の時には輸送手段に選択肢がほとんどなかったため (例えば巨大な鉄の船がない)、工業地帯が随分制約を受けることがわかります。 (鉄・鋼の産地のそばに製鉄産業が登場し、(あるいはこれらが運河で接続されて) このそばに重工業地帯が存在した。) なお、英国には 石炭層の露頭は全国各地にあり、一方で非常に深い炭鉱もあった。

ブラック・カントリー (Black Country)

ブラック・カントリーはバーミンガム西にあるイングランド、ウェストミッドランズの地域で、 一般的にダドリー (Dudley)、 サンドウェル (Sandwell)、 ウォルソール (Walsall)、 及びウォルヴァーハンプトン (Wolverhampton) の 4 つの大都市型自治区 (Metropolitan borough) の全部、 あるいはその一部を指している。 産業革命の最中に、 ここは英国で最も産業化された場所の 1 つとなり、 石炭の採掘、コークス化 (coking)、 鉄の鋳造、ガラス工場、レンガ工場、そして鋼工場が、 高い大気汚染を作り上げていた。

1870 年代のブラック・カントリー ウェスト・ミッドランズ大都市型州
のダドリー、サンドウェル、
ウォルソールの大都市型自治区

ウォルヴァーハンプトンとバーミンガムの間の 14 マイル (23 km) の道路は 1785 年に 『1 つの連続的町』 として述べられている。 『ブラック・カントリー』 (Black Country) の表現の最初の痕跡は 1840 年代に始まる。 この名称はこの地域を覆っていた重産業のススによるものと信じられているが、 地表近くの厚さ 30 フィート (10 m) の石炭の薄層 (seam) は名称の起源の別の可能性である。

この地域にその名称を与えた重汚染産業はそれ以来消滅して、長期になるが、 その地域の分かち合う歴史と伝統の意識がその用語を使用し続けている。 付け加えると、 地方政府と中央政府によるこの地域の再生はこの場所に公的な認識と、 ある程度はその境界をもたらしている。

  1. 範囲
  2. 地名学
  3. 歴史
  4. 地質学と景色
  5. シンボル
  6. 経済
  7. 方言とアクセント
  8. 醸造業
  9. メディア
範囲

ブラック・カントリーの境界の定義方法は決まっていない。 ある伝統的な人は石炭の薄層が地表に出ている場所として定義する傾向がある。 --- 従って、 ウェスト・ブルミッジ (West Bromwich)、 オールドベリー (Oldbury)、 ブラックヒース (Blackheath)、 クラッドリー・ヒース (Cradley Heath)、 オールド・ヒル (Old Hill)、 ビルストン (Bilston)、 ダドリー (Dudley)、。 ティプトン (Tipton)、 ウェンズフィールド (Wednesfield) は全部が含まれ、 ヘイルズオーエン (Halesowen)、 ウェンズベリー (Wednesbury)、 ウォルソール (Walsall) は一部が含まれ、 ウォルヴァーハンプトン (Wolverhampton)、 スタウアブリッジ (Stourbirdge)、 スメスウィック (Smethwick) あるいは ワーレイ (Warley) と呼ばれた場所は含まれない。 しかしながら、ウォルヴァーハンプトンには 18 世紀に浅い石炭鉱山の記録がある。 他の人は炭田よりも少し広い場所を含め、 これは重産業と関連している場所である。 今日では、 ダドリー (Dudley)、 サンドウェル (Sandwell)、 ウォルソール (Walsall)、 及びウォルヴァーハンプトン (Wolverhampton) の 4 つの大都市型自治区 (Metropolitan borough) の大多数、あるいはその全部を 含めるのが普通である。 もっともブラック・カントリーのどの 2 人の男女も ブラック・カントリーがどこから始まり、どこで終わるのかに関して 合意することはないと言われている。

1911 年のサウス・スタッフォードシャー
ブラック・カントリー地区は地図に記されて
いるように、バーミンガム市の西、及び北西にある。
地方政府

名称の公的な使用は 1987 年にブラック・カントリー開発会社 (Black Country Development Corporation) -- サンドウェルとウォルソールの大都市型自治区を手がける都市型開発会社 -- と共に登場し、 この会社は 1998 年に解散した。 ブラック・カントリー・コンソーシアム (1999 年設立、 Black Country Consortium) とブラック・カントリー地方事業パートナーシップ (2011 年設立、Black Country Local Enterprise Partnership) のどちらも、ブラック・カントリーを ダドリー、 サンドウェル、 ウォルソール、 及びウォルヴァーハンプトンの 4 つの大都市型自治区 -- およそ 138 平方マイル (360 km2) の場所 -- として定義している。

文化的そして産業的定義

ブラック・カントリーの境界はこの地域の特別な文化的、 あるいは産業的な特徴を使用して定義することができる。 鉱物資源を抽出する鉱山とこれを精製する重産業がある運河 (あるいは掘割) のまわりの地域は この定義に含まれている。 文化的なパラメーターにはユニークな、あるいは特徴がある食料があり、 食料には次がある: グローティ・プディング (Groaty pudding)、 グレー・ピーズ & ベイコン (Grey Peas and Bacon)、 ファゴット (faggot)、 gammon あるいはポーク・ホックス (pork hocks)、 ポーク・スクラッチング (pork scratchings) があり、 更にブラック・カントリーのユーモア、 ブラック・カントリーの方言が含まれる。

地質学的定義

ブラック・カントリー協会はブラック・カントリーの境界を 30 フィートの石炭薄層 の地域 -- 薄層がいかに深かろうとも -- として定義している。 この定義ではウェスト・ブルミッジ (Wet Bromwich) とオールドベリー (Oldbury) -- ここには深い立坑がある -- を含み、そしてスメスウィック (Smethwick) を含んでいる。 スメスウィックの下にある分厚い石炭は 1870 年代まで採掘されることが無く、 スメスウィックは大半のウェスト・ミッドランズの地域よりも、ずっとビクトリア風である。 サンドウェル・パーク炭鉱 (Sandwell Park Colliery) の立坑はスメスウィックにあり、 1878 年の記述から、分厚い石炭があった。 また石炭は更に東のハムステッド (Hamstead) からも大量に採掘された。 スメスウィックとダドリー・ポートは 1872 年にサミュエル・グリフィス (Samuel Griffiths) により、『冶金産業の千匹もの蜂の群れ』 と述べられている。 ブラック・カントリー協会はウォルヴァーハンプトン (ウェスト・ミッドランズ広域都市圏) とスタウアブリッジを地質学的に除外しているが、 これらを文化的、言語学的、そして重産業の点から含めている。 というのはどちらの場所にも鉄・鋼工場、製造産業があり、この地域に巨大に貢献していたからである。 産業も運河もないがワーレイ (Warley) も (ブラック・カントリーに) 含まれていた。 というのはスメスウィックとオールドベリーの産業労働者の家屋がそこに建てられていたからである。

1870 年代においてダドリー伯爵の
立坑の 1 つで分厚い石炭薄層を採掘

別の地質学的定義 -- 薄層が露頭している定義 -- は石炭薄層が浅く、 地表が黒い場合のみ含む。 地質学的に定義されたブラック・カントリーの東と西の石炭掘削地帯の幾つかは、 この定義では従って除外される。 というのは、ここでは石炭は深すぎて、露頭していないからである。 薄層が露頭している定義ではノース・ウスターシャーとサウス・スタッフォードシャーの地域が 除外される。

地名学

「ブラック・カントリー」 の最初の記録された用語の使用はリッチフィールド (Lichfield) の町役場書記のシンプソン氏 (Mr. Simpson) により与えられた乾杯のあいさつかも知れない。 この時、彼は 1841 年 11 月 24 日に改革者の会合で挨拶をし、 スタッフォードシャー・アドバタイザー紙 (Staffordshire Advertiser) に掲載された。 彼はスタッフォードシャーの 『ブラック・カントリー』 -- ウォルヴァーハンプトン (Wolverhampton)、 ビルストン (Bilston)、ティプトン (Tipton) -- に行くことを述べている。 出版された文学では最初の言及は 1846 年のもので、 ウィリアム・グレズリー師 (Reverend William Gresley) による 「コルトン・グリーン:ブラック・カントリーの物語」 (Colton Green:A Tale of the Black Country) で登場し、彼はリッチフィールド大聖堂の聖職禄受給聖職者 (prebendary) であった。 彼はこの地域を 「鉱山とフォージ (昔は鍛冶屋の炉) の暗い場所、普通ブラック・カントリーと呼ばれる」 として紹介し、この用語がすでに使用されていることを示している。 グレズリーの最初の節が述べていることは 「この物語の場面はスタッフォードシャーの場所にあって、鉱物資源が常に発掘されることから、 良く知られたブラック・カントリーの名前が与えられた地域である」とあり、 元々のブラック・カントリーにはダドレーは含まれていなかったことを示している、 ダドレーはウスターシャーにあるからである。 彼は又 「ブラック・カントリーは長さ 20 マイルである」 とも述べ、 これはブラック・カントリー協会により提案されている制限された炭田の説明とも一致しない。 この言い方は固有名詞というよりも、説明としてではあるが、 挿絵入りロンドン・ニュース紙 (Illustrated London News) の 1849 年における サウス・スタッフォードシャー鉄道の開通記事で再び使用された。 ロンドン・ノース・ウェスタン鉄道 (London and North Western Railway) の 1851 年のガイドブックは 「ブラック・カントリー」 の表題の章を完全に含み、これは初期の説明を含んでいた。

このブラック・カントリーはウェスト・ブルミッジ (West Bromwich)、 ダドリー (Dudley)、 ダーラストン (Darlaston)、 ビルストン (Bliston)、 ウォルヴァーハンプトン (Wolverhampton) と幾つかの小さな村を含み、 日中は永久に黄昏時で、夜の火は、どちら側からも激しい輝きで暗い景色を明るくする。 火が激しく輝いている。 ここちよい牧草の緑はほとんどなく、 流れには魚が泳いでおらず、黒くて不健全である。 自然な平面が鉱山からの燃えがらと、廃物の高い丘で時々さえぎられている。 少々生えている木々は発育を妨げられて枯れており、 鳥はほとんど見えず、すすけたツバメのみである; そして何マイルも黒い廃物が周りに広がり、 ここでは溶鉱炉は常に煙を出し、蒸気エンジンは、ドシンと鳴ってシューと音を立てる。 長い鎖がガチャガチャとなり、 ジン (gin) につながれた盲目の馬が悲しく円形に歩く。 時々、見捨てられて屋根のない群れた小屋のそばを通る。 小屋はひどくすすけたレンガででき、立坑に半分呑み込まれそうになったり、 あらゆる方向に傾き、一方、木材は半ば腐った死体の肋骨のようにとがっている。 このタタール地域の原住民の大多数は完全に周りと調和している -- 野蛮で、野蛮の優雅さがなく、汚い衣類を粗末にまとい、 週末や日曜日には着替えが無く、恐ろしくて、おぞましい罵り声で飾り立てた言葉で、会話を交わし、 文明的なイングランドのものとはほとんど思えないものである。
-- サミュエル・シドニー, 鉄道に乗る

この文章は、この地域を近くのバーミンガムと明白に区別した最初のものでもあり、 次のように述べている: 『特別な珍しい休みには、これらの人は顔を洗い、きちっとした服装を着て、 サウス・スタッフォードシャ鉄道の開通以来、安い漫遊列車 (excursion train) を利用して、バーミンガムまで出かけて楽しんで、買い物をする。』

地質学者のジョセフ・ジュークス (Joseph Jukes) は 1858 年にこれをはっきりさせて、 現在の訪問客にはこの用語の意味は説明を要しないと感じ、次のように述べている: 『この近辺は、'ブラック・カントリー' のあだ名で普通に呼ばれ、この用語の適切さは、ここを鉄道で通り抜ける者にとってさえ、 わかるに違いない』。 ジュークスは彼のブラック・カントリーを偉大な製鉄業者の本拠地に基づき、 これは分厚い薄層ではなく、炭田の中の鉄石 (ironston) の地域で地質学的に決定され、 ウォルヴァーハンプトンから、 ブロックスウィッチ (Bloxwich)、 ブルミッジ (Bromwich)、 スタウアブリッジ (Stourbridge) に至り、 再びウォルヴァーハンプトンに戻っている。 1860 年に出版された旅行記は関連をもっと明白にして、 名称を " 著しく叙述的" としている。 というのは、至る所で黒さがはびこり、 地面が黒く、大気が黒く、地下が鉱山トンネルの理由からハチの巣状になり、 深黒の中を何マイルも広がっているからである。 (これは) 名称の意味の別の理論を提案し、 露頭している石炭と表面に近い薄層によって、この地方の土壌が黒くなっていることによっているとしている。

しかしながら、"ブラック・カントリー" を広範囲に普通に使用されるようにしたのは、 米国の外交官で旅行作家のエリフ・バリット (Elihu Burritt) であり、 これを、彼の 3 番目の、最長で最も重要な旅行の本で導入し、 これは彼が米国の読者のために英国に関して書いたもので、1860 年の作品 「ブラック・カントリーと緑の境界地帯」 であった。 パリットは 1864 年にエイブラハム・リンカーン (Abraham Lincoln) によって、 バーミンガムの米国領事に任命された。 この役目により 『領事地区を包含する共同体の生産力、産業的性質、自然資源に関して生じる事実』 を定期的に報告する必要があり、 その結果、ハーボーン (Harborne) の彼の家から、大体は徒歩で広範囲に旅行して、地方の場所を探検した。 バリットのバーミンガムとのかかわりは 20 年間さかのぼり、 町の産業的かつ政治的文化に高度に共感し、 指導的市民の多くと友人であったことは無論の事であった。 従って、周辺地域の彼の描写は大いに積極的であった。 彼はブラック・カントリーを 「昼はブラックで、夜は赤い」 と描写した有名な初期の著作家であり、次のように鑑識眼を持って追加している: 「地球上のどの地表にも同じ半径を持つ場所で、広大で変化に富んだ生産において、この場所に匹敵するものはない」。 バリットは、しかしながら、現在普通に使用されるよりも、 広い場所を指すのに用語を使用し、バーミンガムに至る本の最初の 1/3 を使っている。 彼はバーミンガムを 「重要な製造の中心地で、ブランク・カントリーの成長」 と述べ、 次のように書いている。 「想像上で、バーミンガム市役所にコンパスの足を置き、もう一方の足を半径 20 マイル (30 km) で円を描けば、ブラック・カントリーが得られる。」 しかしながら、彼はウォルヴァーハンプトン、ダドリー、そして幾つかのより小さな町を含む 『本来のブラック・カントリー』 も述べている。

ビルストン (Bilston) 生まれのサミュエル・グリフィス (Samuel Griffiths) が 1876 年の 「英国の鉄のトレードのグリフィスのガイド」 (Griffiths Guide to the Iron Trade of Great Britain) で述べていることは、

ブラック・カントリーはウォルヴァーハンプトンで開始し、 スタウアブリッジまで 16 マイルの距離と、 ウェストブルミッジ (West Bromwich) までの 8 マイルの距離に及び、北方地区を貫き、 貫いているのは、 ウィレンホール (Willenhall)、 ベントレー (Bentley)、 バーチルズ (Birchills), ウォルソール (Walsall) とダーラストン (Darlaston), ウェンズベリー (Wednesbury), スメスウィック (Smethwick) とダドリー・ポート (Dudley Port), ウェスト・ブルミッジ (West Bromwich) とヒル・トップ (Hill Top), ブロックムア (Brockmoor), ワーズリー (Wordsley) とスタウアブリッジ (Stourbridge) であった。 大気がきれいになって、 我々はブライアリー・ヒル (Brierley Hill) の高台に到達する。 にもかかわらず、ここにおいても、見渡す限り、どちらにも、背の高い煙突が偉大な煙の雲を吐き出している。

彼はまた 『ウォルバーハンプトンはブラック・カントリーの首都とみなせる』 とも言い、『ブラック・カントリーの鉄のトレードの首都とみなせる』 ことは無論の事であるとも言っている。

歴史

ウォルバーハンプトン、ビルストン (Bilston) とウェンズフィールド (Wednesfield) のようなブラック・カントリーの少々の場所はアングロ・サクソンの認可状と年代記に言及されている。 ブラック・カントリーの幾つかの町と村の先駆 -- 例えば クラッドリー (Cradley)、 ダドリー、 スメスウィック、 ヘイルズオーエン -- は 1086 年の ドゥームズディ・ブック (Domesday Book) に含まれれている。 この初期の年代にはこの地域は大半が田舎であった。 修道院 (monastery) がアングロ・サクソン時代のウォルヴァーハンプトンで建設され、 城と小修道院 (priory) がノルマン支配の時代にダドリーに建設された。 別の宗教的建物であるプレモントレ修道会ヘイルズオーエン修道院 (Premonstratensian Abbey of Halesowen) は 13 世紀初頭に設立された。 ブラック・カントリーの幾つかの村は 12 世紀と 13 世紀に マーケット・タウン (市 (いち) の町) と自治都市 (borough) に発展し、とりわけ、ダドリー、ウォルソール、そしてウォルバーハンプトンがあった。 石炭の採掘はブラック・カントリーで数世紀間実施され、 これは中世に開始した。 金属加工は早くも 16 世紀にはブラック・カントリー地区で重要であり、 鉄鉱石と 30 フィート (9 m) の厚さの薄層の石炭により駆り立てられた。 この石炭の薄層は、英国内で最も分厚く、色々な場所で露頭していた。 ブラック・カントリーの最初の高炉 [爆風炉:blast furnace] は 1560 年初頭にウェスト・ブルミッジ (West Bromwich) で建設された。多くの人々には自作小農地 (agricultural smallholding) があり、 釘製造や鍛冶屋として働くことにより、収入を補った。 これは経済歴史家には原始産業化 (protoindustrialisation) として知られる現象の実例である。 1583 年、ヘンリー 8 世のナンサッチ宮殿 (Nonsuch Palace) 建設の会計が 記録していることは、釘は千本につき 11s 4d の費用で、ダドリーの レイノルド・ウォード (Reyolde Warde) により供給されたことであった。 1620 年代までに 『ダドリー城の 10 マイル (16 km) 以内には、色々な種類の 20,000 人の鍛冶屋がいた。』

ウェスト・ブルミッジのオーク・ハウス (Oak House),
16 世紀末から 17 世紀初頭の ヨーマン農家の家
産業革命前のブラック・カントリーの現存する
珍しい建物を表示。

17 世紀初頭に、ダッド・ダドリー (Dud Dudley) -- ダドリー男爵の私生児 -- は製鉄に木炭ではなく石炭を使う実験をした。 2 つの特許がその過程で与えられ、1 つが 1621 年にダドリー卿に与えられ、 もう 1 つが 1638 年にダッド・ダドリーと他 3 人に与えられた。 1665 年に出版された彼の本 Metallum Martis (メタルム・マルティス) で 彼は 「製鉄をして Pit-cole で利益を得た」 とした。 しかしながら、この主張に関して随分多くの疑問が後の著作家により投げかけられた。

17 世紀所の重要な発展はミッドランズ地区への剪断工場 (splitting mill) の導入である。 ブラック・カントリーでは、 この装置の設置はダッドリーの釘製造業者の子息であるリチャード・フォーリー (Richard Foley) に関連している。 彼は 1628 年にキンバー (Kinver) の近くに剪断工場 (splitting mill) を建設した。 剪断工場は板鉄 (iron bar) から釘棒 (nail rod) を製造することを随分簡単にした。

17 世紀初頭の別の発展はスタウアブリッジ地区にガラスの製造が導入されたことであった。 この場所のガラス製造の呼び物は耐火粘土を産出することである。 これはガラスを溶かすポットを作るのに適した材質である。

1642 年にイングランド内戦 (Civil War) の開始で、 チャールズ 1 世はポーツマスとハルの 2 つの兵器庫を獲得することに失敗した。 もっとも兵器庫は議会に忠実な市に属し、これは国王に忠実なカウンティに属していた。 彼が兵器庫の獲得に失敗したため、チャールズは剣、槍 (pike)、 大砲あるいは砲弾の補給がなかった。 これらはすべてブラック・カントリーが提供でき、また提供したものであった。 スタウアブリッジからは砲弾、ダドリーからは大砲が来た。 ウスターシャー北部のどの小川にも存在した無数に小さなフォージ (鍛冶屋の炉) は次から次に剣の刃と槍の穂先を提供した。 言われていることでは、 チャールズのバーミンガムに対する怒りの多くの原因の中に、 当時の最良の刀剣製造家ロバート・ポーター (Robert Porter) -- バーミンガム、ディグベス (Digbeth) で刀剣を製造していた -- は、「あの血の男」 (チャールズ王に対する清教徒のあだ名) や彼の追随者のために、 いかなる価格でも剣を提供することを拒否した。 バーミンガムにおける刀剣師と彼のような人の埋め合わせとして、 国王派は追随者の中にダッド・ダドリーがいた。 彼は今では国王軍の大佐で、彼は製鉄に経験があり、 彼の主張する所では、"マスケット銃、騎兵銃を製造するためのあらゆる種類の板鉄製造、偉大な武器のための鉄" を 他の方法よりもずっと安く、ずっと速く、ずっと優れた方法で製造できることであった。

1712 年に、ニューコメン・エンジンがダドリーの近くで建設され、 ダドリー卿に属していた石炭鉱山から排水を汲み上げるのに使用された。 これは動作する蒸気エンジンの最も初期の記録である。

ブラック・カントリーの産業成立で重要なマイル・ストーン (里程石) が訪れたのは、 ジョン・ウィルキンソン (John Wilkinson) がビルストン (Bilston) の近くのブラッドレイ (Bradley) で製鉄所を 設置した時であった。 1757 年に、彼は木炭を使用するのではなくコークスを使用して製鉄を始めた。 彼の実例は他の人も追随し、 製鉄は急速にブラック・カントリーに広まった。 18 世紀の重要な進展は運河の建設で、ブラック・カントリーの鉱山産業が ブラック・カントリーの他の産業と接続することになった。 1768 年と 1772 年の間に運河がジェームス・ブリンドリーにより建設され、 バーミンガムで開始し、ブラック・カントリーの中央部を通り抜け、 まもなくスタッフォードシャー・ウスターシャー運河につながった。

製鉄産業は 19 世紀の間に育ち、 1850 年 - 1860 年に頂点を迎えた。 1863 年に、ブラック・カントリーに 200 基の高炉[爆風炉、blastfurnace] があり、 そのうち 110 基が稼働中であった。 2 年後に 2,116 基のパドル炉がブラック・カントリーにあり、 これは鋳鉄を錬鉄に変換した。 1864 年にベッセマー工程を使用して、マイルド・スティールを製造できるブラック・カントリーの最初のプラントが ウェンズベリーのオールド・パーク工場 (Old Park Works) で建設された。 1882 年に別のベッセマー型式の鋼工場がスタフォードシャー・スティール・インゴット鉄会社 (Staffordshire Steel and Ingot Iron Company) によりビルストン (Bilston) のスプリング・ベール (Spring Vale) で建設され、 この進展に続き、ブライアリー・ヒルのダドリー伯爵のラウンド・オーク工場の平炉鋼工場の建設があり、 この工場は 1894 年に始めて鋼を製造した。

1870 年代のブラック・カントリーの景色
含まれるのは炭鉱、鉱石鉄道、溶鉱炉、そして工場

19 世紀あるいは 20 世紀初頭までに、 多くの村には特徴的な製造業があったが、初期の職業はそれほど集中していなかった。 これらの集中産業は思われるほど古くからあるわけではない。 例えばクラッドリー・ヒース (Cradley Heath) の鎖製造は 1820 年代に始まったのに過ぎないし、 ライ (Lye) のホローウェア産業 (holloware industry, 食器) はもっと新しい。

産業革命以前には石炭と石灰岩は地方の消費のために、ささやかな規模で作業したのみであるが、 産業革命時には、運河 -- 例えば、 バーミンガム運河水路網スタウアブリッジ運河ダドリー運河 (ダドリー運河 No.1 とダドリー・トンネル) -- の開通により、この地域の鉱物資源の開発に道を開いた。 製鉄におけるコークス使用 (これまでは木炭の供給により限定されていた) の進展により、 製鉄が急激に拡大することが可能となった。

ティプトンの W. バーローズ & サンズ社 (W. Barrows and Sons) の製鉄所
運河はブラック・カントリーの産業の発展に決定的な重要性があった。

ビクトリア時代までに、ブラック・カントリーは英国で最も激しく産業化された場所の 1 つであり、 汚染により知られ、 とりわけ鉄と石炭産業、そしてこれに付随する、より小さな事業によりこれが引き起こされていた。 これにより、地方鉄道と炭鉱線の拡張につながった。 スタウアブリッジからウォルソールに向かい、ダドリー・ポートとウェンズベリーを経由する鉄道は 1960 年代に閉鎖したが、 バーミンガムからウォルヴァーハンプトンに向かい、ティプトンを経由する鉄道はいまだに重要な輸送ルートである。

不運な定期船 RMS タイタニックの碇と鎖はブラック・カントリーのネザートン地区で製造された。 3 基の碇と付随する鎖が製造された;全部で 100 トンであった。 中央碇のみで 12 トンあり、20 匹の シャイヤー馬 (Shire horse) により、船までの行程でネザートンを通り抜けた。

訳注
RMS = Royal Mail Ship、昔は郵便船として契約すると政府の補助が得られた。

1913 年に、ブラック・カントリーは英国労働組合の歴史で恐らくは最も重要なストライキの場所の 1 つとなり、 この時、この地域の鋼チューブ業に採用された労働者が 2 ヶ月間の行動で単純労働者 (unskilled workers) の最低週給を 23 シリングに要求して成功し、近くのバーミンガムの同じ職種と賃金で同等になった。 この行動は 5 月 9 日水曜日にジョン・ラッセル社 (John Russell & Co. Ltd.) の オールド・パテント・チューブ工場 (Old Patent tube works) で開始し、 数週間以内にブラック・カントリー中の 40,000 人以上の労働者が議論に加わった。 労働運動の著名な人物には サンディカリズムの重要な支持者であるトム・マン (Tom Mann) がおり、 この地域を訪問して労働者を支援し、 組合 (Workers' Uion) のジャック・ビアード (Jack Beard) とジュリア・バーリー (Julia Varley) がストライキを組織するのに活発であった。 ミッドランズ雇用者連合 (Midlands Employers' Federation) の代表となる雇用者との対決の最中に、 アスキス政府の軍備プログラムが危機に陥り、とりわけ海軍の装備とそれ以外の産業基本製品 -- 例えば鋼チューブ、ナット、ボルト、駆逐艦の部品 -- の調達でこうなった。 これは国家的に重要なことになった。 この時、英国とドイツは第一次世界大戦の勃発に先駆けた英独海軍の軍備競争に従事していたからである。 組合員の投票に続き、論争の和解が 政府の調停の後の 7 月 11 日に到達し、 政府の調停は主産業委員 (Chief Industrial Commissioner) の サー・ジョージ・アスクウィス (Sir George Askwith) -- 第一代アスクウィス男爵 -- が率いるトレード委員会 (Board of Trade) の政府当局者によっていた。 ストライキの重要な結果の 1 つはブラック・カントリー中に組織労働が成長したことであり、 これは注目に値することで、 この時点まで、この地域の労働力は事実上労働組合を避けていたたからである。

ガラスが製造・作業されるクラス・コーン (Glass cones) は
かってはダドリーとスタウアーブリッジで普通の光景であった。
この実例は今では博物館で、スタウアブリッジの近くにある。

この地域は地獄のような外見によって、 早くから広範囲に悪名を手に入れた。 1841 年に書かれた チャールズ・ディケンズの小説 骨董屋 (he Old Curiosity Shop) が述べていることは、 この地区の会社の煙突は 「煙の疫病を吐き出し、光を暗くし、憂鬱な空気に悪臭を与えている」 ことである。 1862 年に、エリフ・バリット (Elihu Burritt) -- バーミンガムの米国領事 -- はこの地域を 「昼には黒く、夜には赤い」 と述べており、 これは激しい製造活動が生成する煙と埃、 及び夜間の溶鉱炉の輝きの理由である。 20 世紀初頭のこの地域の描写はフランシス・ブレット・ヤング (Francis Brett Young) の マーシア小説 (Mercian novels) に見いだされ、とりわけ 「私の兄弟のジョナサン」(My Brother Jonathan, 1928 年) に最も顕著である。

2014 年の最終四半期にウォルヴァーハンプトン・アート・ギャラリーで 「モルドールを作る」 (The Making of Mordor) を展示した キャロル・トンプソン (Carol Thompson) が述べる所では、 J.R.R. トールキン (J.R.R.Tolkin) の有名な小説 指輪物語 (The Lord of the Rings) における憂鬱な地域である モルドールの描写は 「ブラック・カントリーの当時の説明と強く共鳴する」。 実際、妖精の シンダール語 (Sidarin) では Mor-Dor は暗い (あるいは黒い) 土地を意味する。 ブラック・カントリーの学者の 1 人 ピーター・ヒギンソン (Peter Higginson) も主張するように、 登場人物の ビルボ・バギンズ (Bilbo Baggins) はブラック・カントリーのビルストン (Bilston) の市長 Ben Bilboe に基づいているかもしれない。 Bilboe はビルストンのラント (Lunt) 出身の共産党員且つ労働党員である。 しかしこれの学問的証拠はなお疑問視されている。

20 世紀にはブラック・カントリーの石炭掘削は退潮し、 この地域の最後の炭鉱 -- セッジリー (Sedgley) の近くのバガリッジ (Baggeridge) 炭鉱 -- は 1968 年 3 月 2 日に閉鎖し、 この地域の大量石炭掘削の 300 年程度の時代の終了を記した。 もっとも少数の露天掘り炭鉱はその後、数年は使用されたままであった。

この地域にその名前を与えた産業が徐々に消え失せると、 1970 年代に 「ブラック・カントリー・リビング博物館」(ブラック・カントリー生きた博物館、Black Country Living Museum) と呼ばれる博物館が、 ダドリーの近くの遺棄された土地に形を現わし始めた。 今日、この博物館は過ぎし日のブラック・カントリーの工芸 (craft) と産業を実演し、 多くの建物を含んでいる。 建物は別の場所から輸送して再建築したものである。

鎖製造はかってはブラック・カントリーの重要な産業で、
「ブラック・カントリー・リビング博物館」で実演されている。
地質学と景色

ブラック・カントリーの産業の歴史は地下の地質と直接結びついている。 この地域の多くは露頭した炭田の上にあり、 この炭田がサウス・スタッフォードシャー炭田の南の部分を形成し、 ここでは採掘は中世以来実施されていた。 事実、幾つかの石炭の薄層があり、これらの幾つかには坑夫によって名前が付けられている。 一番上の薄い石炭の薄層は、ブローチ・コール (Broach Coal) と呼ばれる。 この下に順番に シック・コール薄層 (Thick Coal, 厚い石炭)、 ヘーザン・コール薄層 (Heathen Coal, 異教徒石炭) 、 スティンキング・コール薄層 (Stinking Coal, くさい石炭)、 ボトム・コール薄層 (Bottom Coal, 底石炭)、 シンギング・コール薄層 (Singing Coal, 歌う石炭) である。 他の薄層も存在する。 シック・コールは "サーティ・フット" 薄層 (Thirty Foot, 30 フィート) あるいは "テン・ヤード" 薄層 (Ten Yard) とも呼ばれ、 幾つかの地層 (bed) から構成され、 一緒になって一つの分厚い薄層を形成している。 石炭の薄層に点在して、鉄鉱石と耐火粘土の鉱床がある。 ブラック・カントリー炭田の北側はベントリー断層 (Bentley Fault) が境界となり、 この北にはカノック・チェース炭田 (Cannock Chase Coalfield) がある。 露頭した炭田の周りには、 地質学的断層で分離されて、隠された炭田があり、これはもっと深い所にある。 1870 年と 1874 年の間にスメスウィックの当時知られた炭田の東の境界に立坑が掘削され、 400 ヤード以上の深さで石炭が発見された。 19 世紀の最後の 10 年間に、バガリッジ (Baggeridge) の西の境界の向こうに、 およそ 600 ヤードの深さで石炭が見つかった。

ネザートンの南のソルトウェルズ・ウッド
(Saltwells Wood, ソルトウェルズの森)
のドールトン粘土立坑 (Doulton Clay Pit)
の側壁に暗い石炭の薄層がはっきり見える。

裂けた尾根がブラック・カントリーを北方・西寄りの方向で横断し、 ロウリー・レジス (Rowley Regis) から ダドリー (Dudley)、 レンズ・ネスト (Wrens Nest)、 セッジリー (Sedgeley) を通り抜け、 ブラック・カントリーを 2 つの領域に分割している。 この尾根はイングランドの主な分水嶺の一部を形成し、 北へ流れる水はテイム川 (Tame) に、次にトレント川に流れて北海に至り、 一方、尾根の南に流れると、水はストア川 (Stour)、次にセバーン川に流れ、そしてブリストル海峡に流れる。

ダドリーとレンズ・ネストでは石灰岩が採掘された。 岩石の形成は シルル紀 (Silurian) に起き、多くの化石を含んでいる。 一つの特別な化石化した三葉虫 Calymene blumenbachii (カリメネ・ブルメンバキ) は非常に当たり前なので、 ダドリー虫 (Dudley Bug) あるいはダドリー・バッタ (Dudley Locust) と呼ばれ、 ダドリー州自治区 (County Borough Dudley) の紋章に組み込まれた。

幾つかの場所では、とりわけロウリー・ヒルズ (Rowley Hills) とバロウ・ヒル (Barrow Hill) では、 硬い火成岩が見つかる。 岩は ドレライト (dolerite) と呼ばれ、切り出されて道路建設に使用される。

シンボル

近年、ブラック・カントリーは 自身を表示するためのシンボルとエンブレム (emblem) を採用し、 最初に登録したのは 2009 年のブラック・カントリーのタータン (tartan、格子縞) で、 ヘイルズオーエンのフィリップ・ティベッツ (Philip Tibbetts) がデザインした。

2008 年にこの地域の旗の考えが始めて持ち上がった。 4 年間の運動の後で、 コンテストが「ブランク・カントリー生きた博物館」により 成功裏に組織された。 これにより、 スタウアブリッジのレッドヒル・スクール (Redhill School) のグレイシー・シェバード (Gracie Sheppard) がデザインした ブラック・カントリーの旗が採用され、 2012 年 7 月に旗協会 (The Flag Institute) に登録された。

ブラック・カントリーの旗、
色はエリフ・バリットのこの地域の描写である
「昼には黒く、夜には赤い」を表示し、
2012 年 7 月に採用された。

旗は 2012 年 7 月 14 日に、最初のニューコメン大気圧エンジン設置の 300 周年記念の一部として博物館で除幕された。 これに引き続き、博物館とブラック・カントリー協会で同意されたことは 7 月 14 日をブラック・カントリーの日として認め、 産業革命におけるこの地域の役割を祝することになった。 この日は 2013 年に コミュニティ・地方自治省 (Department for Communities and Local Government) により記され、 もっとすることが呼びかけられ、2014 年にはもっと多くのイベントがこの地域で計画されている。

ブラック・カントリーの日は毎年 7 月 14 日に実施され、 元々スティーブン・エドワーズ (Steven Edwards) により組織された。 この日は元々 3 月にあったが、後に 7 月 14 日 -- ニューコメン蒸気エンジンの発明記念日 -- に移動された。

経済

かってブラック・カントリーに支配的であった重産業は今やほとんどない。 20 世紀には石炭採掘が退潮し、重産業はセッジリー (Sedgley) 近くのバガリッジ炭鉱の閉鎖と共に、 1968 年に終に終焉した。 大気清浄法 (Clean Air legislation) が意味することはブラック・カントリーは最早ブラックでない。 この地域にはなお製造業があるが、歴史的なものより、ずっと小規模である。 鎖製造はクラッドリー・ヒース (Gradley Heath) ではまだ生存できる産業で、 ここでは国防相と海軍本部の艦隊用の鎖の大半が現代的な工場で製造されている。

この場所のすべてではないが、多くは今では高い失業率で苦しみ、 この一部分は英国で最も経済的に貧しい (economically deprived) 地域社会である。 これはサンドウェル、ウォルソール、ウォルバーハンプトンの大都市型自治区の一部ではとりわけ事実である。 政府の 2007 年貧困指数 (2007 Index of Deprivation, ID 2007) によれば、サンドウェルはウェスト・ミッドランズ地区で 3 番目に最も貧しい場所で、 バーミンガム、ストーク・オン・トレントに次いでいる、 また英国の 354 のディストリクトの中で 14 番目に最も貧しい場所である。 ウォルバーハンプトンはウェスト・ミッドランズで 4 番目に貧しい地区で、国内的には 28 番目である。 ウォルソールはウェスト・ミッドランズで 5 番目に貧しい地区で、 国内的には 45 番目である。 ダドリーはもう少し良いが貧困地区 (pockets of deprivation) がある。 全体的にはダドリーは英国で 100 番目に貧しい地区であるが、 ウェスト・ミッドランズの 7 つの大都市型自治区で 2 番目に豊かな場所で、 ソリフル (Solihull) がトップである。

英国の多くの都会地域と同じように、 随分と民族的少数派がいる; サンドウェルでは人口の 22.6% が民族的少数派で、 ウォルバーハンプトンでは 23.5% である。 しかしながら、ウォルソールでは人口の 84.6% が白人と記述され、 一方、ダドリーでは人口の 92% が白人である。 1950 年代、1960 年代、1970 年代の大量移民への抵抗から、 「ブラック・カントリーを白く保て」 (Keep the Black Country white) のスローガンにつながった。

ブラック・カントリーは 1970 年代末と 1980 年代初頭に最も大きな経済的打撃を受けた。 この時、失業率が大きく上昇したのは主に歴史的に大きな会社の閉鎖によっており、 これには ブライアリー・ヒル (Brierley Hill) のラウンド・オーク鋼工場 (Round Oak Steel Works) と ウェンズベリー (Wednesbury) のパテント・シャフト・鋼プラント (Patent Shaft steel plant) が含まれる。 失業率はこの期間中に国中で劇的に上昇し、 これは保守派首相サッチャーの経済政策の結果であった。 後に、これが引き起こした経済問題を暗黙に認め、 これらの地区は企業地区 (Enterprise Zone) に指定され、 幾つかの再開発が起きた。 ラウンド・オークとその周辺の農地はメリー・ヒル・ショッピング・センター 及びウォーターフロント商業レジャー複合施設に開発され、 一方、パテント・シャフトの場所は産業団地に開発された。

ブライアリー・ヒルの失業率は 25% 以上 -- 当時の国の平均の倍程度 --- で頂点を迎えた。 これは 1980 年代前半に ラウンド・オーク鋼工場の閉鎖に続いて起きたことである。 これによりこの町は英国の全ての町で最悪の失業率の 1 つとなった。 しかしながら、1985 年と 1990 年の間のメリー・ヒルの開発により、 この地方の失業率は劇的に縮小した。

ダドリーの 「ブラック・カントリー・リビング博物館」 は 20 世紀初頭のブラック・カントリーの 生活を再現しており、観光客には人気が高い呼び物である。 2012 年 2 月 17 日に、博物館の収集品は全体として 「イングランド芸術委員会」 (Arts Council England, ACE) の指定 (Designation) を受けた。 指定 (Designation) は国内的にも国際的にも重要性を持つユニークな収集品であることをほめたたえる 優秀性の証 (mark) である。

ブラック・カントリーの 4 つの大都市型自治区は 英国で 2 番目に大きなバーミンガム大都市型経済の 1 部を形成している。

2011 年に政府はブラック・カントリー企業ゾーン (Black Country Enterprise Zone) の創設を表明した。 このゾーンはウォルヴァーハンプトンの 4 ヵ所と、 ダーラストン (Darlaston) の 14 ヵ所を含んでいる。 ウォルヴァーハンプトンの i54 ビジネス・パークは 19 ヵ所の中で最大である; このテナント (tenante) には ジャガー・ランド・ローバー (Jaguar Land Rover) が含まれる。 ダーラストンの最大箇所は、かっての IMI ジェームス橋銅工場 (IMI James Bridge Copper Works) である。

方言とアクセント

伝統的なブラック・カントリーの方言は 「Black Country Spake」 と呼ばれ、 (これは 2014 年 - 2016 年の宝くじで資金供与された方言を保存し文書化する プロジェクトの表題 "Where's our Spake Gone" と似たもので) 多くの初期近代英語 (Early Modern English) と中期英語 (MIddle English) さえ、保存しており、 外部の人にはとても混乱するものである。 Thee, Thy と Thou はまだ使用され、ヨークシャーとランカシャーのある部分と同じである。

訳注
Spake = Speak, Thee, Thy, Thou は you (あなた) の古い言い方。

"'Ow B'ist," あるいは "Ow b'ist gooin" (How are you (どうですか) / how are you going (うまくいってますか)) に対する典型的な返答は "Bostin ah kid" (Bosin は "Bursting" (爆発する) ことの意味で、良いことで一杯になっていることを意味し、 "Ah Kid" (our kid, 私の子供) は愛情の表示である) あるいは "'Bay too bah," ("I be not too bad" / "I'm not too bad" (あまり悪くはない)) である。

Ain't は良く使用され、"I haven't seen her" (彼女にしばらく会っていない) は "I ay sid 'er." になる。

訳注
Ain't は am not, is not, are not, has not, 及び have not の短縮形、普通に使用される。 上の ay は ain't を、ぼそっとしゃべった言い方と思われる。

ブラック・カントリーの方言ではイングランドの他の部分では "yes" を使用する場所で "ar" をしばしば使用する。 (これはヨークシャーに至るまで普通である。) 同様に、"you" (あなた) の地方版は /jaʊ/ YOW (ヤウ) と発音され、"now" と同じ韻を踏んでいる。

この地方の発音には "goo" (他では "go"(行く)) が含まれ、 "gewin" はミッドランズの他の場所でこれに類似している。 広域ブラック・カントリーの話し手が "going" と言う所を "agooin" と言うのは まったく普通の事である。 woman (女性) は "wench"、man (男性) は "mon"、nurse (看護師) は "nuss" で home (家庭) は "wom" である。 apple (リンゴ) は "opple" である。

他の実例には、cold (寒い) は "code"、 ghost (幽霊) は "goost" である。 sofa (ソファ) は "sofie" となり、 fag (cigarette のスラング) は "fake" となり、 seen (見た) は "sid" となる。 全部を合わせると "I just sid a Goost, so I bist gooin to sit on ma sofie and have a fake" (I have just seen a ghost, so I am going to sit upon my sofa and have a cigarette)。

幾つかのイディオムは地方のランドマークと結びつき、 幾つかはずっと最近のもので、貞操の低い女性の事を "a wench what goos up t'back a Rackhams" ("a woman who goes behind the Rackham's Department Store in Birmingham" (バーミンガムの Rackham の百貨店の後ろに行く女性)) と言い、これはこの地帯が売春と関連していたからである。

food (食料) は "fittle" と呼ばれる (victual あるいは vittle にならって)、 従って "Bostin fittle" は "良い食料" である。

"Where's Our Spake Gone" のプロジェクトの参加者は次を関連させた: 「Day say yom call oos rabbits up ere. I say We day, dey say yow say "Tah rah rabbits". Weem say Tah-Ra a bit, un to dem, it sound like weem calling dem rabbits.」 (「They say you call us rabbits there, I said we don't, (but) they say you say "Tah Rah Rabbits". We say "Tah Rah A bit" (Tah Rah for a little while) and to them, it sounds like we are calling them rabbits.」)

方言は地方により違いがあり、 町を横断しても発音とフレーズ (phrase) が違っている; 人々はしばしば単語やフレーズを聞き間違えて、 "shut charow up" のように間違えて書き下す。 これは実際は "shut ya row up" で、単語とフレーズを聞く時には注意しなければならない。

醸造業

ブラック・カントリーは小さな醸造業と醸造パブ (brewpub, 自家醸造ビールを出すパブ) で有名で、 これは英国の大方と違い、 産業革命で開設されたより大きな醸造業と共に、自分たちのビールを醸造し続けた。 ブラック・カントリーの小さな醸造業と醸造パブに含まれるものは: ブライアリー・ヒルのベイサムズ (Bathams)、 ウッドセットン (Woodsetton) のホールデンズ (Holdens)、 セッジリー (Sedgley) の Sarah Hughes、 ネザートン (Netherton) のオールド・スワン・イン (Old Swan Inn (Ma Pardoe's))。 これらは軽くて、暗くマイルドなビールを製造し、 モルトでアクセントを付けた苦くて、季節的な強いビールはもとよりのことである。

メディア

ブラック・カントリーには 1 つのテレビ局メイド・イン・バーミンガム (Made in Birmingham) と 3 つの地方ラジオ局 -- BBC WM、 フリー・ラジオ (Free Radio)、及び フリー・ラジオ 802 (Free Radio 802) -- がある。 フリー・ラジオ (Free Radio) (以前は ビーコン・ラジオ (Beacon Radio)) と フリー・ラジオ 80s (Free Radio 80s) (以前は ビーコン 302 (Beacon 303)、Radio WABC & Cold) は 1976 年以来、ターナーズ・ヒル (Turner's Hill) とセッジリー (Sedgeley) の発信器から放送し、 スタジオは以前はウォルバーハンプトンにあったが、それぞれオールドベリー (Oldbury) とバーミンガムに移動した。

この地域には他に 3 つのラジオ局もあり、公的にはこの地域の 1 部分のみをカバーしている: 「ブラック・カントリー・ラジオ」 (Black Country Radio) ( 102.5 ザ・ブリッジ (102.5 The Bridge) と BCCR の合併で生まれた) はスタウアブリッジを拠点にしている、 「シグナル 107」 はウォルバーハンプトンから放送し、 「Ambur Radio」 はウォルソールから放送している。

エクスプレス & スター (Express and Star) はこの地域の 2 つある日刊紙の 1 つであり、ウォルヴァーハンプトンの本部と 5 つの地方事務所から 11 種類の地方版を発行している。 (例えば、ダドリー版はウォルヴァーハンプトン版とスタッフォード (Stafford) 版とでは内容が随分違っている。) これは英国で最も良く売れている地方紙である。 ついでながら、エクスプレス & スター (Express and Star) は伝統的にブラック・カントリーの新聞であるが、 拡張されて、バーミンガムの中心地の業者から販売されるにまで至っている。

ブラック・カントリー・メール (The Black Country Mail) -- バーミンガム・メール (Birmingham Mail) の地方版 -- はこの地域のもう一つの日刊紙である。 この地域拠点はウォルソールの町の中心である。

ブラック・カントリー・ビューグル (Black Country Bugle) は クラッドリー・ヒース (Cradley Heath) のハイ・ストリート (High Street) に 設立され、これもこの地域の歴史に貢献した。 これは 2 週間に 1 度の出版で開始したが、 広範囲にアピールしたため、今では週刊で登場している。 これは今ではダドリーのティプトン・ロードの 「ダドリー文書及び地方歴史センター」 (Dudley Archives and Local History Centre) の上にある。