ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Slitting mill - Wikipedia
細断ミル (Slitting mill)

細断ミル (slitting mill) は 板鉄 (bars of iron) を短い棒 (rod) に細断する水力ミルである。 短い棒は次に釘製造者 (nailer) に手渡され、彼が先端と頭を付けて釘にした。

細断ミルは恐らく現在のベルギーにある リエージュ (Liège) の近くで発明された。 イングランドで最初の細断ミルは 1590 年に ケントのダートフォード (Dartford) で建設された。 1611 年頃までに、これにキャノック・チェイス (Cannock Chase) のものが続き、1627 年にキンバー (Kinver) のハイド・ミル (Hyde Mill) が続いた。 他の細断ミルは鉄が作られたイングランドの色々な場所で続いた。 しかしながら、これらがとりわけ集中していたのはスタウアー川 (River Stour,/ˈstaʊər/) の川沿いの スタウアーブリッジ (Stourbridge) とスタウアーポート (Stourport) の間であり、 ここの鉄の細断は便利な場所にあり、セバーン川を遡上して (あるいは下って)、 ブラック・カントリーの釘製造者に到達した。

細断ミル (splitting mill) は 2 組のローラーから構成され、 これが水車で回転された。 板鉄 (mill bar) は鉄の平坦な棒で、およそ 3 インチ (75 mm) の 幅があり、半インチ (13 mm) の厚さがあった。 1 片が棒の先端で切断され、せん断機 (shear) が水車で動力を与えられ、 溶鉱炉で加熱された。 これは次に平坦ローラー (flat roller) の間を通過し、これで厚い板となった。 次に第 2 のローラー (カッター (cutter) と呼ぶ) を通し、 これを細断した。カッターには横断する溝があり、これが長さ方向に鉄を細断した。

  1. バイオリン弾きフォーリーのスパイ
  2. ロイド (Lloyd) のミルの説明
バイオリン弾きフォーリーのスパイ

技術はスタウアーブリッジ (Stourbridge) のリチャード・フォーリー (Richard Roley, 1580 年 - 1657 年) ("バイオリン弾きフォーリー") の産業スパイによりスウェーデンから持ち込まれ、 彼は清教徒でフォーリー男爵の先祖である。 話はファーム (Farm、[訳注:有名な地所の名称]) のロイドのサミュエル 3 世 (Samuel III of Lloyd、1827 - 1918 年) により、 彼の一族の物語である 「バーミンガムのロイド家とロイド銀行設立の少々の説明」(The Lloyds of Birmingham with some Account of the Founding of Lloyd's Bank) で次のように述べられている:

これは 17 世紀始めで、この時スタウアーブリッジ (Stourbridge) の近辺はイングランドの釘製造産業の 中心であり、この産業に従事したものにはスウェーデンは不愉快な競争相手であった; スウェーデンで製造された釘はスタウアーブリッジの製造業者が競争できない価格で、イングランドで販売されていた。 これにより、スタウアーブリッジの若いフォーリーは可能であれば彼らの安売りの理由を見つける決意をした。 その結果、彼はスウェーデンに向けて出発したが、ほとんど金がなく、 スウェーデンに着いた時に疲れ果てていた。 そして彼は (オランダに旅行した オリヴァー・ゴールドスミス (Oliver Goldsmith) とは違い) 孤独ではあるが、少々活気のあるバイオリンの資源を持っていた。 しかしながら、彼は卓越した音楽家で、ひいては愉快な人であり、 成功裏にバイオリンを弾いて物乞いをして、 ウプサラ (Uppsala) の近くの 有名なダンネモラ鉱山 (Dannemora Mines) に到達した。 すぐにも鉄の労働者の気に入りとなり、しばらくの間、彼らの機械を注意して眺めてから、 彼らの方法を発見したと信じた。 そこでスタウアーブリッジに戻り、 細断ミルの建設の秘密を獲得し、これで錬鉄の板を釘の棒に裁断できる望みで一杯になっていた。 彼は成功を強く確信し、1 人の紳士 (gentleman) を説得して、必要な金を信用貸しさせた。 しかしながら、関係している人全員にとって、とても残念なことに機械は鉄を細断することができなかった。 従って、フォーリーはスウェーデンに向けて 2 度目に出発し、到着してスウェーデンの労働者から楽しい歓迎を受けた。 彼らは戻ってきたバイオリン弾きを実際とてもうれしく受け入れ、 破局的に信頼し、事業の城そのもの -- 細断ミル自身 -- に彼を確実に泊め、 純粋に商売ではない友情から、単にバイオリン弾きとして彼を眺め、それ以上ではなかった。 彼は十分長く滞在して、自分の間違いがどこにあったのかを確実にし、そして再び消え失せた。 スタウアーブリッジに戻って、彼は機械の建造に成功し、これは必要な仕事を完全に実行した。 これで、彼は釘製造者に望まれていた釘棒 (nail-rod) を提供したのみならず、こうすることで財産も作った。 彼が富を自身で蓄積する間に、他の人の必要に無頓着でなかったことを記録することは喜ばしく、 嬉しいことである; 彼は近くで着手された慈善計画のすべてに、変わることなく気前よく援助した。

この伝説は実際に起きたことをどの程度反映しているかは疑問である。 フォーリーの名前を挙げた最も最初の話は 1809 年のウィリアム・プレイフェア― (William Playfair) のものであり、 これでは彼をオランダまで連れて行っている。 しかしながら、最も最初のバージョンはステビング・ショー (Stebbing Shaw) により出版され、 ウィレンホール (Willenhall) のリチャード・ウィルクス博士 (Dr. Richard Wilkes) の手書きの歴史を引用している:

[キンバー (Kinver) の] 上流 1 マイルほどにハイド (Hide) と呼ばれる場所がある .... ここにイングランドで設置された最初のローラーと鉄の細断ミル (mill for rolling and slitting iron) があった。 ブリンドリー (Brindley) と呼ばれる人 -- その子孫がおよそ 20 年以前までこれを享受した -- はドイツに赴き、 そこでバカなふりをして、この素晴らしい機械を持ち帰った。 これはすばらしく役に立ち、この国に多くの金をもたらせた。

リチャード・フォーリー (Richard Foley) は 1627 年にはすでに、相当な事業家で、この時、 ハイド・ミル (Hyde Mill) を細断ミルに変換するためにリースし、 1625 年にはダドリー卿 (Lord Dudley) からヒムリー溶鉱炉 (Himley Furnace) をリースしていた。 従って、物語をフォーリーに適用することは信用できないが、 義理の兄弟の George Brynley を言及することはあり得る、 彼はフォーリーのためにミルを操業した。 彼の子息のリチャード (Richard) は 1647 年にハイド・ミル (Hyde Mill) と農場を買収し、これが一族で相続されて、 ジョン・ブリンドリー (John Brindley) が 1730 年に破産するまで継続した。

ロイド (Lloyd) のミルの説明

サンプソン 1 世・ロイド (Sampson I Lloyed、1664 年 - 1724 年) の死の 7 年後の 1731 年の日付のバーミンガムの地図で、 ロイド (Lloyed) の細断ミルと穀物ミルはディグベス (Digbeth) からのアクセスでロウアー・ミル・レーン (ower Mill Lane) と共に表示されている。 1751 年の日付の後の地図は細断ミルがミル池と大きな庭と共に表示されている。 細断ミルの説明は 1755 年 7 月 31 日付けの手紙で生き延び、 これはロイド (Lloyd) の従弟のペンバートン家 (Pemberton) へのロンドンからの訪問客が記述したものである:

翌朝 (月曜日) [1755 年 7 月] に、 L 氏の細断ミルを見物した、 これはとても興味があり、何も書かずに通り過ぎることができない。 この目的は、釘を作るために鉄を準備することである。 次のような手順を踏む: 大きな板鉄 (bar) を取り、水力を動力とする巨大な切断機 (pair of shears) で、 各々およそ 1 フィートの長さに切断する。 これらの断片は溶鉱炉に置かれ、灼熱するまで加熱し、取り出して、 鋼ローラーの一組の間に置かれ、ローラーがこれを引きずり出して、 およそ長さ 4 フィート、およそ幅 3 インチにする。 これから、これらを直ちに 2 つの他のローラーに通す。 このローラーには幾つかの鋭利な刃 (edge) があり、 互いにハサミのようにかみ合い、通過する時に板鉄 (bar) を切断し、 およそ 8 個の四角い棒 (square rod) にする: 棒をまとめて束にして、釘製造用にする。 私たちは (ダドソン (Dudson) の家まで歩き) ロイド氏 (Lloyd) の家で夕方を過ごしませんでした。