ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Dudley Tunnel - Wikipedia
ダドリー・トンネル (Dudley Tunnel)

ダドリー・トンネルはイングランドのダドリー運河ライン No. 1 の運河トンネル。 長さおよそ 3,172 ヤード (2,900.5 m) で、これは英国運河網で 2 番目に長い運河トンネルである。 (スタニッジ・トンネルは最長の 5,456 ヤード (4,989.0 m) で、 3,931 ヤード (3,594.5 m) のハイアム・ストルード・トンネル (Higham and Strood) は今では鉄道のみである。) しかしながら、ダドリー・トンネルは連続でないので、 この地位は時々疑問視される: メイン・トンネルは 2,942 ヤード (2,690 m)、 ウォード卿のトンネル (Lord Ward) は 196 ヤード (179.2 m)、 そしてキャッスル・ミル・ベイシン (Castle Mill basin) は 34 ヤード (31.1 m) である。

ダドリー運河の南の入口 ウェスト・ミッドランズにおける
ダドリー・トンネルの位置
ダドリー運河概念図

1959 年に、英国輸送委員会 (British Transport Commission) は トンネルを閉鎖しようとしたが、 これにより 1960 年の内陸水路協会 (Inland Waterway Association) が組織する集団抗議の航行に至った。 しかしながら、トンネルは 1962 年に閉鎖された; そして、更に英国鉄道 (British Railways) による永久閉鎖におびやかされ、 英国鉄道は (トンネルの) ティプトン入口の鉄道高架橋を盛土 (もりど、embankment) と暗渠で交換しようとした。 しかしながら、これは永久におきることがなく、鉄道は 1968 年に閉鎖され、 使用されていない橋は 1990 年代に取り壊された。

トンネルは復元の結果 1973 年に再開通し、 これは地元のボランティア (元々はダドリー・トンネル保存協会、後にはダドリー運河トラスト) と地元自治体のダドリー・バラ議会 (Dudley Borough Council) の協力の結果であった。 開通式は "TRAD 1973 年 - ダドリーのトンネルの再開通" として宣伝された。

  1. トンネルの建設
  2. 閉鎖と再開通
  3. 現在のダドリー・トンネル
トンネルの建設

トンネルと付随した運河 -- 後にダドリー運河ライン No. 1 と呼ばれる -- を建設する私的議会法は 1776 年に通過した。 しかしながら、ダドリー・ウォード卿 (Lord Duddley and Ward) は 1775 年に運河とトンネルの建設を始め、 彼のティプトン炭鉱と石灰作業場を 473フィートのウォルバーハンプトン・レベルで、 ティプトンのバーミンガム運河水路網に接続しようとしていた。 この運河はウォード卿の運河と呼ばれた。 彼は後で、運河とトンネルをダドリー運河会社に売却することに同意した。 ダドリー運河ライン No. 1 とダドリー・トンネルは 1791 年 6 月 25 日に完了したと報告された。

トンネル・システムの初期の部分はトンネルが走っているキャッスル・ヒル内の鉱山から取り出した 石灰岩の輸送を助けるために建設された。 これがウォード卿トンネルで、これはキャッスル・ミル・ベイシン (Castle Mill Basin) に 繋がっていた。 ここからメイン・トンネルが走り、大聖堂アーチ (Cathedral Arch) を経由して、 ネザートン (Netherton) の近くのパークヘッド (Parkhead) に至っていた。 大聖堂アーチで、支線運河がリトル・テス洞窟鉱山作業場 (Little Tess Cavern mine workings) の中に接続した。 このルートは今ではブロックされているが、2 本の新しいトンネル (以下を参照) により バイパスされている。 トンネルの南端は、南端の入口も含め、 隣接する炭鉱の地盤沈下で 1884 年に再建しなければならなかった。 このトンネルの区間は元々のトンネルより数フィート広く建設された。 南の入口には 1884 年のレンガ製の日付石がある。

別のキャッスル・ミル・ベイシンの 1,227 ヤード (1,022 m) の運河トンネルは今ではダムでブロックされているが、 レンズ・ネスト (Wren's Nest) の下で、2 つの地下ベイシン -- 東ベイシンと西ベイシン -- につながり、地下の鉱山作業場から石灰岩を輸送するために使用された。 地表の石切場も開設された; これらは地下の作業場より長く続き、最後に使用されたのが 1920 年初頭である。 地下の作業場の上の土地は地表の石切り場と共に国立自然保護区 (National Nature Reserve) になった。

閉鎖と再開通

1959 年までに、トンネルは事実上使用されることがなく、ブリティッシュ・ウォーターウェイズ は公的に閉鎖する計画を表明した。 幾つかの抗議グループが 1960 年にトンネルを通り抜ける航行を組織し、 トンネルを開通したままにしようとしたが、1962 年にトンネルは終に閉鎖された。 その翌年にトンネルの存在それ自身が脅かされ、この時トンネルの上の 鉄道高架橋が構造的に安全でないことが発見された; これは主に貨物船であった、というのは、これに沿った乗客駅がその前年に閉鎖されていたからである。 しかし、鉄道の当局者は路線を保存し、高架橋を盛土 (もりど、embankment) で置き換えようとした。 この計画にはトンネルの封鎖が含まれていた。

しかしながら、鉄道は 1968 年に完全に閉鎖され、トンネルが救われた。 数年間の準備工事の後で、トンネルは 1973 年に公的に再開通した。

現在のダドリー・トンネル

1989 年に、2 つの完全に新しい運河トンネルが建設され、 「歌う洞窟」 (Singing Cavern)、 「ロック・トンネル」 (Rock Tunnerl) を接続し、「リトル・テス洞窟」 (Little Tess Cavern) を経由して、 キャッスル・ミル・ベイシン (Castle Mill Basin, メイン・トンネルの北の入口) に至った。

トンネルの制約された大きさと、曳舟道がないことにより、 多くのボートはこれを通過できない。 通過できるボートは、トンネルが換気されていないため、 ディーゼル・エンジンを使用することが許可されていない。 訪問客はダドリー運河トラストの操業するバッテリーを動力とするナローボート を使用して、トンネルを通り抜けてもよいし、 トンネルの中間から通り抜けてもよいし、 隣接する鉱山から通り抜けてもよい。 また、足を使って (legging)、ボートで通過してもよい。

トンネルが掘削されているキャッスル・ヒルの岩 -- オーライト石灰岩 (Oolite limestone, 魚卵状粒子石灰岩) -- は、その中に保存された三葉虫 (Trilobite) の化石を見ることができる。 注目に値し、水面の近くにある幾つかの化石は取り除かれて侵食や観光客の攻撃から保存されている。 トンネルの他の部分は花崗岩型式の岩 -- 地元ではローリー・ラグ (Rowley Rag) と呼ばれる -- を通り抜け、そして石炭メジャー (coal measure) を通り抜けている。

ネザートン・トンネルが南東に 11/2 マイルの所に平行なルートを取り、 これには 2 本の曳舟道が通っている。 これはダドリー・トンネルの混雑を緩和するために建設された。

座標
地点座標
北の入口 52.52173°N 2.07840°W
南の入口 52.50110°N 2.10086°W