ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

John Wilkinson (industrialist) - Wikipedia

ジョン・ウィルキンソンはワットの蒸気エンジンで、 ピストンにきっちり適合する大きなシリンダーを提供した人ですが、 彼こそが世界最初の鉄の橋 -- アイアンブリッジ -- の建設を提案した重要人物です。

ジョン・ウィルキンソン (産業家)
(John Wilkinson (industrialist)

ジョン "鉄きちがい" ウィルキンソン (1728 年 - 1808 年 7 月 14 日) はイングランドの産業家で、 産業革命時代に鋳鉄の製造と鋳鉄製品の使用を開拓した。 彼は鋳鉄製のシリンダーに穴を開けることができる精密穴あけ機の発明家で、 これはジェームス・ワットの 蒸気エンジンに使用することができた。 彼は高炉用の空気吹き出し装置 (blowing device) で高温でも使用できるものを開発し、効率を上げた。

ジョン・ウィルキンソンの肖像
レミュエル・フランシス・アボット作
(Lemuel Francis Abbot)
  1. 伝記
  2. 発明
  3. アイアンブリッジ
  4. 銅の利権
  5. 鉛鉱山と工場
  6. 博愛 (Philanthropy)
  7. 家庭生活と死
伝記
初期の人生

ジョン・ウィルキンソンはカンバーランド (Cumberland) の ブリッジフット (Bridgefoot)、 リトル・クリフトン (Little Clifton) で生まれ、 アイザック・ウィルキンソン (Isacc Wilkinson) とメリー・ジョンソン (Mary Joohnson) の長男であった。 アイザックは当時そこの高炉のポット鋳造者で、 高炉は木炭の代わりに石炭を使用する最初のものの一つで、 エイブラハム・ダービーにより開拓されたものであった。

ジョンと異母兄弟であるウィリアム -- 彼は 17 才若かった -- は 非国教徒のプレスビティリアン (Plesbyterian) の家族に育てられ、 カレブ・ロザラム博士 (Dr. Caleb Rotherham) が経営するケンダンル (Kendal) の反国教徒のアカデミー [訳注:小学校より上位の学校] で教育を受けた。 彼の姉妹のメリー (Mary) は別の非国教徒である ジョゼフ・プリーストリー (Joseph Priestley) と 1762 年に結婚した。 プリーストリー (Priestley) はジョンの弟のウィリアムを教育する役目も演じた。

1745 年に、ジョンが 17 才の時、彼はリバプールの商人に 5 年間見習いとなり、 その後で父親の共同事業者となった。

訳注
「見習い」 は原語では 徒弟 (apprentice) のことです。 この文面から分かりますが、すでに英国ではこの時点で徒弟制が事実上崩壊していることがわかります。 徒弟性の仕事を覚えるための役目がすでに失われている。

彼の父親が 1753 年にレクサム (Wrexham) の近くのバーシャム溶鉱炉 (Bersham furnace) に移動した時に、 ジョンはウェストモーランド (Westmorland) のカークビー・ロンズデール (Kirkby Lonsdale) にとどまり、 ここで彼は 1755 年 6 月 12 日にアン・モーズリー (Ann Maudesley) と結婚した。

製鉄業者

1755 年からジョン・ウィルキンソンはバーシャムの事業の共同事業者となり、 1757 年に彼はシュロップシャーのブロズリー (Broseley) の近くのウィリー (Willey) に高炉を設立した。 後にニュー・ウィリー (New Willey) に彼は別の高炉と工場を建設した。 彼はブロズリーに家庭を持ち、家屋を"ザ・ローンズ" (The Lawns, 芝生) と呼び、これは長年の間、彼の本部となった。 ザ・ローンズの両側に家があり、これが経営のためにあり、 1 つはザ・ミント (The Mint, 造幣局) と呼ばれ、何千個ものトークン (token, 代用貨幣) の配布に使用され、 1 個ずつが半ペンスに等価であった。 イースト・シュロップシャーで彼は次の場所で製鉄所も建設した: スネッズヒル (Snedshill)、 ホリンズウッド (Hollinswood)、 ハードリー (Hadley)、 ハンプトン・ロード (Hampton Load)。 彼とエドワード・ブレークウェイ (Edward Blakeway) は土地も借りて、 ウォルヴァーハンプトンの近くのビルストン教区 (Bilston parish) のブラッドレイ (Bradley) に別の工場を建設することになった。 ([訳注:以下の文章に見えるように、これがブラック・カントリーの開始。]) 彼は広大なサウス・スタッフォードシャー鉄産業の父と呼ばれ、 ビルストン (Bilston) がブラック・カントリーの開始点であった。 1761 年に彼はバーシャムの製鉄所を引き継いだ。 ブラッドレイ (Bradley) が最大で最も成功した企業で、 鋳鉄製造のために生の石炭をコークスの代わりに使用するための 徹底的な実験場所となった 絶頂期に、ここに含まれていたのは: 幾つかの高炉、レンガ工場、製陶工場、ローラー工場 (rolling mill) であった。 バーミンガム運河はまもなくブラッドレイの工場の近くに建設された。

訳注
  1. ブラック・カントリーには次の記載があります。
    ジョン・ウィルキンソン (John Wilkinson) がビルストン (Bilston) の近くのブラッドレイ (Bradley) で製鉄所を 設置した時であった。 1757 年に、彼は木炭を使用するのではなくコークスを使用して製鉄を始めた。
  2. ローラー工場 (rolling mill) のローラーには、今日的な使用方法以外の用途がある。 パドル炉から取り出したままの錬鉄は不純物を随分含んでいるので、 不純物を除去するためにローラーを何度も通した。
ウィルキンソンの肖像画 (作者不明)
ウォルヴァーハンプトン・アート・ギャラリー

バーシャムは高品質の鋳造と鉄砲・大砲の製造業者として知られるようになった。 歴史的には大砲は中心部まで鋳造され、 次に完全にするために穴を開けられたが、1774 年にウィルキンソンは穴あけ用の棒ではなく、 大砲を回転させることにより、塊から鉄をくりぬく技術の特許を取った。 特許は 1779 年に無効になった (海軍はこれを独占と見なし、これを覆そうとした) が、 ウィルキンソンは主な製造業者のままであった。

1792 年に、ウィルキンソンはデンビーシャー (Denbighshire) のブランボ・ホール地所 (Brymbo Hall) を購入し、 バーシャムから遠くないところにあった。 ここに溶鉱炉と他のプラントが設置された。 彼の死と産業帝国の凋落の後で、製鉄所は 1842 年に至るまで何年間か利用されなかった。 これは、もう一度重要な工場となり、まもなくブランボ (Brymbo) 鋼工場となり、 1990 年まで操業し続けた。

発明
蒸気エンジン用の穴あけ機

ジェームズ・ワットは数年間、彼の蒸気エンジン用の正確なシリンダーの穴あけ機を手に入れようとして成功しなかった、 そこでハンマーで加工した鉄 [訳注:シリンダー] を使用することを余儀なくされたが、 これは丸くなく、ピストンから漏れを生じた。 1774 年に、ジョン・ウィルキンソンは穴あけ機を発明し、 これでは切削工具を保持する軸が円柱を貫き、両端で支えられて、 その当時使用されていたカンチレバーの穴あけ機とは違っていた。 彼は、この機械で、ボールトン・ワットの最初の商用エンジンのシリンダーの穴を開けることができ、 このシリンダーの提供で独占的な契約が与えられた。 この時代までは、ドリルの穴あけ、くりぬきは火器と大砲の砲身への応用しかなかった; ウィルキンソンの業績は穴あけ技術の緩やかな進展のマイルストーン (里程石) で、 応用面をエンジン、ポンプ、そして他の産業用途に拡大したのであった。

蒸気エンジンの主市場は鉱山から排水を汲み上げることであったが、 彼はエンジンの多くの用途を、機械の駆動に見出し、このような機械には: 吹き出しエンジン (blowing engine)、 フォージ・ハンマー (forge hammer)、 圧延機械 (rolling mill)、 最初のロータリー・エンジンがあり、 後者は 1783 年にブラッドレイ (Bradley) に設置された。 彼の多くの発明の中に、 逆向きに回転するローラー機械 (reversing rolling mill) があり、 2 つの蒸気シリンダーが付き、工程をずっと経済的にした。

ジョン・ウィルキンソンはコーンウォールの銅山の所有者から、 もっと効率のよい蒸気エンジンや他の鋳造品の注文を得るのに重要な興味を持っていた。 部分的にはこの興味から、彼は資本の提供のために、 8 つの鉱山から株式を購入した。

水圧吹き出しエンジン

1757 年にウィルキンソンは高炉用の水圧吹き出しエンジンの特許を取った。 歴史家の ジョセフ・ニーダム (Joseph Needham) はウィルソンのデザインを 中国帝国政府の冶金学者の王禎 (Wang Zhen) が農書 (Treatise on Agriculture) で述べているものと似ているとした。

アイアンブリッジ

1775 年に、ジョン・ウィルキンソンは アイアンブリッジの建設の口火を切った主要な発起人であり、 橋は当時重要であった産業の町ブロズリー (Broseley) を セバーン川の対岸に接続するものであった。 彼の友人のトーマス・ファーノルズ・プリチャード (Thomas Farnolls Pritchard) は彼に橋の計画で手紙を書いた。 投資予約者 (subscriber) -- 大半がブロズリーの事業家 -- の委員会が作られ、 木や石の代わりに鉄を使用することに同意し、時価と議会法の認可を得ることになった。

アイアンブリッジ

ウィルキンソンの説得と運動がグループの支持をまとめて、議会の進行で幾つかの問題を通り抜けた。 ウィルキンソンがこれで成功せずに、影響力のある議員の支持を引き出せなかったら、 橋は建設されなかったかもしれないし、違う素材で作ることになったかもしてない。 その結果、「アイアンブリッジ」 の名称はマデリー (Madeley) 地区のためには作られることがなく、 この場所は世界遺産の場所にはならなかったであろう。 エイブラハム・ダービー 3 世は橋の建設費を £3,150 と見積もってから望ましい建設者として選ばれた。 建設が開始した時に、ウィルキンソンは彼の株式を エイブラハム・ダービー 3 世に 1777 年に売却し、後者にプロジェクトのやりくりをさせ、 1779 年に成功裏に完成させ、1781 年に開通した。

1787 年に彼は最初の鉄のハシケをブロズリーで建設して、進水させた。 彼は他に幾つかの発明の特許を得た。

銅の利権

ジョン・ウィルキンソンは鉄製の良質な製品で財産を作り、投資の限度まで到達した。 彼の専門的知識は、彼が多くの銅の利権に投資した時に有益であることがわかった。 1761 年に、王立海軍は フリゲート艦 HMS アラーム (Alarm) の船体を銅板で覆い、海洋性の生物付着を減少させ、 テレド (Teredo) フナクイムシの攻撃を防ごうとした。 船体の増大による抵抗は速度を減少させ、フナクイムシは深刻な船体の被害を引き起こし、とりわけ熱帯の海でこのようになる。 この作業が成功した後で、海軍は全ての船を (銅で) 覆うように布告した。 これは銅の大きな需要を創設し、ウィルキンソンが造船所に訪問した時に言及した。 彼はコーンウォールの 8 ヵ所の銅鉱山の株式を購入し、 アングルシー島のパリーズ山鉱山 (Parys Mountain mines) の "銅キング" (Copper King) の トーマス・ウィリアムズ (Thomas Williams) に会った。 ウィルキンソンはウィリアムズに大量のプレート (皿) と装置を提供する一方で、 セメンテーション (cementation) の溶液から銅を回収するためのスクラップも供給していた。 ウィルキンソンはパリーズ山の Mona 鉱山の 1/16 の株式と 以下のウィリアムズ産業の株式を購入した: フリントシャー (Flintshire) のホリウェル (Holywell)、 リバプールの近くのセント・ヘレンズ (St. Helens)、 サウス・ウェールズのスウォンジー (Swansea)。 ウィルキンソンとウィリアムズは幾つかのプロジェクトで共同で作業をした。 彼等は少額の硬貨不足を緩和するためにトレード・トークン ('Willys' あるいは 'Druids') を発行した最初の企業であった。 彼等は共同で 1785 年に 「コーンウォール金属会社」 (Cornish Metal Company) を 銅のマーケティング会社として設立した。 この目的はコーンウォールの鉱山には良い収入と、銅の利用者には安定した価格を確実にするためであった。 倉庫はバーミンガム、ロンドン、ブリストル、そしてリバプールにあった。

ウィルキンソンは彼の事業の利権を助けるためと、 トレード・トークンのサービスのために、 以下の場所の銀行の株式を購入して共同事業にした: バーミンガム、ビルストン (Biston)、ブラッドレイ (Bradley)、ブラムボ (Brymbo) そしてシュルーズベリー (Shrewsbury)。

鉛鉱山と工場

ウィルキンソンは以下の鉛鉱山を購入した: バーシャム (Bersham) から 5 マイルの箇所のレクサム (Wrexham) のミネラ (Minera)、 Soughton (現在のシヒディン (Sychdyn)) の Llyn Pandy、 及びフリントシャー (Flintshire) のモールド (Mold) であった。 彼はこれらが存続できるように蒸気揚水エンジンを設置した。 彼の鉛はチェスター港を通じて輸出された。 鉛製品の幾つかを使用するためにウィルキンソンはロンドンのロザーハイズ (Rotherhithe) に鉛パイプ工場を持っていた。 この工場は長年継続し、まもなくダグナム (Dagenham) の車工場で使用されたハンダ充填合金を製造した。

博愛 (Philanthropy)

ウィルキンソンは雇用者として良好な評判があった。 新しい工場が設置されると、宿舎 (cottage) を建設して、従業員と彼らの家族を収容した。 彼は異母兄弟の ジョゼフ・プリーストリー博士 (Dr. Joseph Priestley) に随分と資金的援助を与えた。 彼はブロズリー (Broseley) の教区委員 (church warden, 英国国教会) になり、 後にデンビーシャー (Denbighshire) の州長官 (High Sheriff, 無給の名誉職) に選ばれた。 石板 (slate) のない学校では、 彼は砂を入れる鉄製の槽を提供して、筆記と算数の練習用にさせた。 彼はビルストン (Bilston) の教会の鋳鉄製の演壇も提供した。

家庭生活と死

ジョンは 1759 年にアン・モーズリー (Ann Maudsley) と結婚した。 彼女の家族は豊かで、持参金は 「新ウィリー会社」 (New Willey Company) の分担金を支払う助けになった。 アンの死後、彼の 2 度目の結婚は 35 才の時で、メリー・リー (Mary Lee) とであった。 彼女の金は共同経営者の株を買い取る助けになった。 彼が 70 代になった時に、 彼の愛人のマリー・アン・ルイス (Mary Ann Lewis) -- 彼のブランボ・ホール (Brymbo Hall, 邸宅) の女中 -- は 彼の子供 -- 男の子 1 人と女の子 2 人 -- を産み、彼にはこれ以外に子供がいなかった。

彼が 68 才になった 1796 年に彼は英国の鋳鉄のおよそ 1/8 を製造していた。 彼はタイタン (titan) になった。 -- 非常に裕福で、少々常軌を逸していた。 彼の 「鉄キチガイ」 (iron madness) は 1790 年代に頂点に達し、 この時、彼は身の回りのものをすべて鉄で作り、幾つかの棺桶と彼の墓を飾るためのオベリスクさえ 鉄で作った。オベリスクは今なおランカシャー (今ではカンブリア) のリンデール村 (Lindale-in-Cartmel) に 建っている。 彼は 1799 年にデンビーシャー (Denbighshire) の州長官 (Sheriff) に任命された。

ジョン・ウィルキンソン
1793 年の半ペンス・トークンに描写
マシュー・ボウルトンの
ソーホー鋳造所で鋳造。

彼は 1808 年 7 月 14 日にブラッドレイ (Bradley) の工場で亡くなり、 恐らくは糖尿病からである。 彼は元々、リンデールのキャッスルヘッド地所 (Castlehead estate) に埋葬された。

彼は非常に広い地所を遺言で残した (£130,000 以上で、2016 年では £9,300,000 に等価)。 遺言で彼は 3 人の子供を主な相続人にし、遺言の執行者に子供たちのために地所の管理を させた。 しかしながら、彼の甥のトーマス・ジョンズ (Thomas Jones) がチャンセリー (Chancery) の法廷で遺言に挑戦した。 1928 年までに地所は裁判と貧弱な管理により大方は消え失せた。 彼の亡骸は特有な棺桶と共に続く何十年もの間に何度も移動され、現在では失われている。