ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Black Country Living Museum - Wikipedia

ブラック・カントリー・リビング博物館: Google map

ブラック・カントリー・リビング博物館
(Black Country Living Museum)

ブラック・カントリー・リビング博物館 (以前の ブラック・カントリー博物館) はイングランド、 ウェスト・ミッドランズ ダドリー (Dudley) の再建された建物から成る野外博物館である。 これはバーミンガムの西 10 マイルにある ブラック・カントリーの中心部にある。 博物館は 105,000 m2 (26 エイカー) の以前の工場用地を占有し、 部分的に再利用したのは、 以前の鉄道貨物操車場、 使用されていない石灰窯、 運河支線、 そして以前の炭坑である。

博物館は 1978 年に公開され、 それ以来追加したのは、 50 以上の仕事場、 家屋、 工場建物で、 ダドリー (Dudley)、 サンドウェル (Sandwell)、及び ウォルソール (Walsall) の 大都市自治区 (Metropolitan Borough) と ウルヴァーハンプトン市 (City of Wolverhampton) (まとめてブラック・カントリーと呼ばれる) のものである; 主に特別に建設されたビレッジ (village、村) にある。 大半の建物は元々の場所から移転されて基礎を作り、 ここから実演者が 300 年以上にわたる歴史の生活を描き、 1850 年 - 1950 年に焦点が合わせられている。

博物館は、 更に建物と他の展示が追加されるにつれ、進化し続けている。

主なビレッジ・ストリート ウェスト・ミッドランズにおける位置
  1. 背景
  2. 展示
  3. 鉱山と石灰窯
  4. 金属加工 (Metal working)
  5. ビレッジ (Village、村)
  6. 1930 年代のストリート (オールド・バーミンガム・ロード)
  7. 1970 年代の遊園地
  8. ウォード卿の運河支線 (Lord Ward's Canal Arm)
  9. 輸送コレクション
  10. 他のコレクション
  11. 撮影場所
  12. 将来の計画
  13. ギャラリー
背景

博物館はダッド・ダドリー (Dud Dudley) が 木炭の代りに石炭で鉄を精錬する技術を習得し、 産業用途に十分な鉄を作った場所に近い。 ブラック・カントリーは 「産業革命の誕生の場所」 と主張し、マイルド・スチールを基礎にした幅広い製品で有名で、 釘から錨、そしてタイタニック号の錨の鎖に至っている。

訳注
  1. この箇所で原文は midsteel-based としており、 これは意味がないので、マイルド・スチール (mildsteel-based) の間違いと思われます。 産業革命の時代にはこれは錬鉄の意味になります。
  2. ブラック・カントリーが発展したのはバーミンガム運河の建設の結果によるものと 思われるので、「産業革命の誕生の場所」は コールブルックデールの方に分がある。

博物館における (エンジンの) 再建は 1719 年に トーマス・バーニー (Thomas Barney) -- ウルヴァーハンプトンの filemaker -- により彫刻された版画に基礎を置いている。

訳注
filemaker の意味が不明です。

電動トラム (路面電車) とトロリーバスがビレッジの入り口から観光客を運び入れる場所は、 30 件の家庭の建物と工場の建物が移設された所で、 運河のベイシン (basin、係留地) に近い所にある。 博物館は英国で稼働トロリーバスがある 3 ヶ所のうちの 1 ヶ所である。 ビレッジ (village) へのルートには複数の鋳鉄製の家屋 (Cast Iron Houses) と 1930 年代の遊園地 (fairground) を通過する。 ダドリー運河トラスト (Dudley Canal Trust) が操業する ナロウボート (narrowboat) は ダドリー運河 (Dudley Canal) とダドリー・トンネル内部を遊覧する。

2012 年 2 月 16 日に、 博物館のコレクションはアーツカウンシル・イングランド (ACE, Arts Council England) により、 指定される地位を受賞し、 国内及び国際的重要性を祝福される特質の印であった。

博物館はイングランドの法律の下で登録された慈善団体である ブラック・カントリー・リビング博物館トラスト (Black Country Living Museum Trust) により運営されている。

展示

主要な入り口のそばの、 昔のロルフ・ストリート・バス (Rolfe Street Baths、ロルフ・ストリートの風呂、 [訳注:ブラック・カントリーでは水が不自由していたらしい]) には 地元の工芸品 (artefact) の展示があり、 ブラック・カントリーの産業により作られた多くの製品の幾つかを網羅しており、 鋳鉄製の深い食器 (cast iron hollow ware), 動物の罠 (animal traps), 車両 (vehicles), 鎖 (chain), 錨 (anchors), エナメル (enamels), 計量器 (weighing scales), 洗濯アイロン (laundry irons), 釘 (nails), 鍵 (locks) 及び耐火粘土の製品 (fire clay products) がある。 展示にはガラス製品のように、もっと壊れやすいものが含まれ、 これは 鉛クリスタルガラス (lead crystal glass) を製造した 何世紀にも及ぶ産業 と オールドベリー (Oldbury) とスメスウィック (Smethwick) の間の ジョセフ・チャンス・ガラス工場 (Joseph Chance glass works を反映している。

ルビー・ガラスのスウィート・ボウル (sweet bowl、菓子器)
鉱山と石灰窯

博物館の場所には 42 ヶ所の鉱山の立て坑があり、この大半は埋め立てられている。 2 つが保存され、 レースコース炭坑 (Racecource Colliery、競馬場炭坑) のものとブルック立て坑 (Brook Shaft) である。

1712 年に、トーマス・ニューコメンは 世界で最初の蒸気エンジンを成功裏に建設し、 これはダドリー卿の地所の炭坑から排水するために使用された。 1986 年に、10 年間の調査の後で、博物館はこのエンジンの実物大の 可動レプリカの建設を完成した。 「火炎エンジン」 (fire engine) はレンガの建物に格納され、 ここから木造のビーム (beam、梁) が壁を通り抜けて、突き出ている。 棒がビームの外側の端から垂れ下がり、鉱山の立て坑の底のポンプを駆動し、 これにより水が地表に持ち上がる。 エンジンには ボイラー、 シリンダー、 そしてピストンと作動バルブがある。 石炭の火はボイラーの水を加熱し、ボイラーは蓋のついた鍋 (pan) 以上のものではなく、 生成された蒸気はバルブを通り抜けて、上の真鍮製のシリンダーに入る。 シリンダーは 2 m 以上の長さで、直径が 52 cm である。 シリンダーの蒸気は冷水の挿入により凝縮し、ピストンの下の真空がビームの内側の端を 下方に引き、ポンプを作動する。

石灰の作業と加工はこの場所で中世以来実施されてきた。 石切り場と地下の証拠が残り、 運河と保存された石灰窯は古代モニュメント一覧 (scheduled ancient monument) の 一部分で、これには中世、産業革命、そして 20 世紀の造作がある。 支線運河のそばに、石灰窯があり、 これはダドリー伯爵により建設され、レンズ・ネスト (Wren's Nest, ミソサザイの巣) 作業場から切り出された石灰を処理した。 3 基の現存する窯で、最も古いものは 18 世紀末のものである。

ブラック・カントリー・リビング博物館の石灰窯
金属加工 (Metal working)

罠店 (trap shop) はウェンズフィールド (Wednesfield) のルーカリー・ストリート (Rookery Street) で 1913 年に建設された。 これは 1982 年に博物館に提供された。 サイドバザム (Sidebotham) の鋼罠工場 (Steel Trap Works) は完全には再建されず、 元々の構造は短くされた。 展示は、1930 年頃に設定され、含まれるものは: 事務所、罠店 (trap shop) そして機械作業場 (machine shop) である。

釘の作業場 (nail shop) は裏庭作業場 (back-yard workshop) のレプリカで、 1880 年代に建設されたもので、ヘールズオーエン (Halesowen, /heɪlzˈoʊ.ɪn/ haylz-OH-in) のチャペル・ストリート 17 (Chapel Street 17) から移設したものである。 これは、1940 年代にシドニー・テザー (Sidney Tether) が操業したヘールズオーエン (Halesowen) の作業場の装置を収納している。 これは手作業で釘をフォージ ([訳注:動力ハンマーを使って作ること]) する技術を実演する常駐釘製造者により定期的に使用されている。

真鍮鋳造所が 1869 年に ウォルソール (Walsall) のショー・ストリート (Shaw Street) に建設され、 第二次世界大戦後に閉鎖された。しかし、 1964 年にジェームス・パウエル (James Powell) が再開し、 1973 年の彼の死に至るまで使用された。 建物と装置は 1986 年に博物館に移転された。 これは操業されているのを見ることができ、 真鍮鋳造者は 馬具の真鍮飾り (horse brass)、 (S 字型の) 自在鉤 (pot hook) 等の小さな品物を鋳造する伝統的な技術を実証する。

1923 年にオールドベリー (Oldbury) のバーチリー工場 (Birchley Works) にローラー機械 (rolling mill) が設置され、 1976 年に操業を停止して、ウォード卿の運河支線 (Lord Ward's Canal Arms) に移動した。 博物館はボランティアを使用して時々これを操業している。

鎖フォージ (Anchor Forge、フォージ = ハンマーによる成形、あるいはこれをする機械) は クラッドリー・ヒース (Cradley Heath) のアイザイア・プレストンの工場 (Isiah Preston's) から救済された。 この蒸気ハンマーは 1920 年代に中古で設置され、 船舶の錨の部品をフォージした。溶鉱炉とボイラーを含む他の装置もプレストン (Preston) にあったものである。 建物は、ウェスト・ブロミッジ (West Bromwich) のジョンソンズ・ローリング・ミル (Johnson's Rolling Mill) の場所から救済された。

鎖製造業者の作業場は、小さな、あるいは中程度のサイズの鎖を製造した 多くの作業場の 1 つを代表している。 1800 年代中頃までに、鎖産業が関連していたのは: クラッドリー (Cradley), クラッドリー・ヒース (Cradley Heath), オールド・ヒル (Old Hill), クワリー・バンク (Quarry Bank) 及びネザートン (Netherton) であった。 これは操業可能で、手作業で鎖を作る技術は毎日見ることができる。

オリバー・ハンマー (Oliver hammer) はペダルで操作するハンマーで、 これにより、灼熱の鉄棒を鋳型に強制的に押し込んで、ボルトを製造した。 機械作業場には特別の注文部品をフォージするのに使用された幾つかのオリバー・ハンマー (Oliver hammer) がある。 これは、オナン・ロウ (Onan Lowe) により設立され、T. W. レンチ社 (T. W. Lench Ltd.) により引き継がれた。

ビレッジ (Village、村)

この場所の北の端の低地では、家屋、店、作業場、そして公共の建物が取り壊され、 レンガ 1 個ずつを再建して 20 世紀始めの村を作った。 建物内の活動は時代物の衣装を着たスタッフにより実演されている。 このビレッジ (village、村) は社会的、産業的歴史の断面を保存している。

ビレッジの店に含まれるのは: グレゴリーの雑貨店 (Gregory's General Store)、 エミール・ドゥーの薬屋 (Emile Doo's chemist shop)、 菓子屋 (sweet shop)、 後ろにパン屋がついたケーキ屋 がある。 ウルヴァーハンプトンのパイパーズ・ロウ (Pipers Row) にあった金物屋 (hardware and ironmongers) と 1991 年に博物館に移動した質屋がある。

ブラック・カントリー・リビング博物館
の金物屋、以前はウルヴァーハンプトン
のパイパーズ・ロウ (Pipers Row)
ブラック・カントリー・リビング博物館
の背中合わせ (ブルック・ストリート)
の家の方向を見る。
ビレッジの作業場でガラス彫刻家
が作業中

ブルック・ストリート (Brook Street) の背中合わせの家々 (back-to-back houses、長屋) は、1850 年代に建設され、 ウッドセットン (Woodsetton) から移動され、 炭坑労働者、農業労働者、製鉄労働者の家であった。 オールド・ヒル (Old Hill) のローレンス・レーン (Lawrence Lane) にあった錨製造者の家は博物館に移動された 最初のものであり、ビクトリア時代末期の家屋の実例である。

公共の建物に含まれるのはネザートン (Netherton) の近くのダービー・エンド/ハンド (Darby End/Hand) にあったプロビデンス礼拝堂 (Providence Chapel) -- 再建された最初の建物の 1 つ --、 そしてボトル・グラス・イン (Bottle and Glass Inn) -- 1910 年にあったように設置された現役のパブ (working public house) -- がある。

ビレッジの郵便ポストは 1865 年にロンドンの ベイカー・ストリート (Baker Street) とブランドフォード・ストリート (Blandford Street) の角に立っていた。 これは建築家の J W ペンフォールト (J W Penfold) によりデザインされ、 コクレン・グロウブ社 (Cochrane, Grove and Company) により製造された。

カノック (Cannock)、バーントウッド (Burntwood) のオグリー・ヘイ・ロード (Ogley Hay Road) のカーターの仕事場 (Carter's Yard) は 1900 年頃に建設された。 これは 1990 年代に分解されて、博物館に運ばれた。

1930 年代のストリート (オールド・バーミンガム・ロード)

オールド・バーミンガム・ロード (Old Birmingham Road) は 「セント・ジェームズ・スクール」 (St. James's School) と 「クラッドリー・ヒース労働者会館」 (Cradley Heath Workers' Institute) を結んでいる。 ここでは、建物は 1930 年代に設定され、 第二次世界大戦に至る年々の物語を語っている。

セント・ジェームズ・スクール (St James's School) の博物館のスタッフは 20 世紀の変わり目の 授業と学校生活を実演している。 この学校の建物は 5 - 11 才の生徒のためにダドリーのイブ・ヒル (Dudley, Eve Hill) に開設された。 建物を博物館に移動することは 1989 年に決定され、 移設は 1990 年 10 月までに完了し、展示は翌年に開設した。

ホッブス&サンズ (Hobbs & Sons) の フィッシュ・アンド・チップス (fish and chip) の店と、 H モラル (H Morrall) の 紳士装身具商 (gentleman's outfitters) は 1935 年の状態に戻された。 この店は ダドリー (Dudley) のホール・ストリート (Hall Street) から移動し、 18 世紀末のものである。1889 年に明るい赤の、プレスしたレンガ細工で表面を作り直した。 ホッブス (Hobbs) のタイル張りの内部は復元された手塗りタイルの壁パネルを呼び物にしている。 油いためのレンジ (frying range) は 1932 年に特許が取られたデザインで、 ハダースフィールド (Huddersfield) の E. W. プロクター (Proctor) により製造された。 1930 年代にはジョセフ・ホッブス (Joseph Hobbs) の顧客の多くは工場と店で働いていた。

4 つの建物がオールドベリー (Oldbury) のバーミンガム・ストリート (Birmingham Street) から救済された。 およそ 1860 年のものである。 このブロックにはハンフリー・ブラザーズ (Humphrey Brothers、ハンフリー兄弟) -- 建設業の商人 (builder's merchant) で、1921 年から建物を占有していた -- の緑に塗られた看板がそびえていた。 これには 1932 年頃のレプリカの店頭 (front shop) がある。 ハンフリー達 (Humpreys) が売ったのは暖炉、衛生用品 -- これには Walpamur が含まれる --、 内壁に使用されるつやなし塗料 (flat paint) である。 オートバイの店 (motorcyle shop) は A. ハーティル&サンズ (A. Hartill & Sons) の事業に基づいており、 これはビルストン (Bilston) のマウント・プレザント (Mount Pleasant) にあった。 ウィンドーには 1929 年 - 1934 年に地元で作られた 6 台のオートバイが展示されている。 次の店はアルフレッド・ピーディー&サンズ (Alfred Peedy & Sons) のタバコ屋で、 1868 年に ダドリー (Dudley) に設立された。 ジェームズ・グリプトン (James Gripton) のラジオ店は 1920 年代のもので、 この再建は 1939 年に設定され、新しいラジオと中古のラジオが並んでいる。

レンガのトンネルと荷馬車の入口により、1930 年代末の台所に入ることができ、 ティプトン (Tipton) の Revo 社で作られた電気調理器 (electric cooker) がある。 グリプトン (Gripton) の店の後ろには、ラジオの作業場があり、そこで階段を上ると 2 階の 2 つの居間と 2 つの寝室がある。 すべて 1930 年代末に設定され、元々の 1930 年代の様式の家具と壁紙が取り付けられている。

クラッドリー・ヒース労働者会館 (Cradley Heath Workders' Institute) は 1910 年に集められた余剰の資金で建設され、 これは女性の鎖製造者による最低賃金のストライキの最中であった。 アーツ&クラフツ・スタイル (Arts and Crafts style) の建物は建築家のアルバート・トーマス・バトラー (Albert Thomas Butler) によりデザインされ、 1912 年 6 月 10 日に開設された。 これは教育的会合、社会的集会、そしてクラッドリー・ヒース (Cradley Heath) の労働組合の活動の中心となった。 博物館で再建されたのは、 マリー・マッカーサー (Mary Macarthur) のモニュメントと、 酷使職業 (sweated trade) -- ここでは人々は典型的にはぞっとするような条件 (appalling condition) で、 貧困賃金で長時間働いていた -- における国内最低賃金を設立する運動であった。 建物に含まれるのは: 再建された事務所、 ストライキの背景のデジタル解釈があるニューズ・ルーム、 そして幅広い活動に使用される大きなホールがあり、 これには劇の上演 (theater performance) とコンサートが含まれる。

1930 年代の遊園地

学校の後ろにある 1930 年代の遊園地は移動遊園地で、 1900 年代始めに 人々に楽しみ (entertainment) をもたらしたものである。 このような遊園地は荒地に設置され、数日の間、 休日にどこにも行くことがない人々に、 スリル、楽しみ、と変化をもたらした。 歴史的な乗り物のコレクションにはヘルター・スケルター (helter skelter、[訳注:高い塔の周りのラセン状の滑り台]) とアーク (Ark) があり、 後者は 1920 年代に導入された時には高速の乗り物では最新のものであった。 これは何年もの間に更新されたがワルツァー (waltzer) には変換されなかった。 これは国内で数少ない 'fourlift' Arks のままである。

訳注
  1. 移動遊園地の事はショーマンの道路機関車が参考になる。 同じかどうかは不明。
  2. ワルツァーは遊園地の乗り物で、幾つかの車からなり、中央の軸の周りをまわり、 自由にスピンする。メリーゴーラウンド (carousel) と類似。
ウォード卿の運河支線 (Lord Ward's Canal Arm)
訳注
「ロード卿の運河」(Lord Ward's canal) は ダドリー運河の一部の事です。 ダドリー・トンネルトンネルの建設に説明があります。

工事が 1976 年にボートの港 (boad dock) で始まり、 博物館は バーミンガム運河水路網 (BCN, Birmingham Canal Navigation) に見られる典型的な港 (dock) を再建することを目的にした。 博物館におけるような港 (dock) は再利用した木造ボートで作られるものであった。 これらは木造ボートの建設や、鉄の混合ボートを保守するために使用された。

ブラック・カントリー・リビング博物館の
後方のダドリー・トンネル外のダドリー運河トラストのボート

博物館に隣接して ダドリー・トンネルがある。 観光客は、ダドリー運河トラストの操業するボートに乗って、 船長にガイドされた45 分間の見学をし、 トンネルに入って、歴史的な石灰鉱山と洞穴を通り抜ける。

ボート・コレクション

博物館のボート展示は、博物館が所有しているものと、 借りているもの、あるいは係留することに合意しているものである。

博物館が所有しているものは:

プロスパー (Prosper)、 エドナ・アイリーン (Edna Irene)、 アドミラル・ビーティ (Admiral Beatty、提督ビーティ)、 ウェアハウス (GKN14) (Warehouse (GKN14))、 ハム (Ham)、 Amp (GWR 19)、 スチュワーツ & ロイズ (Stewarts and Lloyds)、 100、 マティー・バティ (Matty Butty)、 ノース・スター II (North Star II、北極星 II)、 ダイアモンド (Diamond)、 ベシー (Bessie)、 ユースタス (Eustace)、 プレジデント (President)、 キルデア (Kildare)、 スタウアー (Stour) バーチルズ (Birchills)

博物館にある他のボートは:

ディストリクト・ナンバー 1 (District Number 1)、 ピーコック (Peacock)、 コヴェントリー (Coventry)、 GWR 15、 BHP 2、 FMC 138、 BHP 3、 ロス (Ross)

輸送コレクション

博物館の敷地の大きさにより、多くの道路輸送の 展示を実演する機会があり、 この展示はブラック・カントリーで使用されたもの、 そしてここで作られたものである。

トラム (Trams, 路面電車)
ウルヴァーハンプトン地方電気
トラムウェイズ会社 No 34
ダドリー・スタウアーブリッジ&地方電気牽引
会社のトラム No 5、 1990 年博物館で操業
バス (motor buses)
ガイ (Guy) の 1 階建て KTT 689
トロリーバス (Trolleybuses)

ブラック・カントリー・リビング博物館は一定の日に トロリーバスを運行している、 これは 1 週間に 7 日操業するトラム (tram) とは違っている。 ルートは世界で残されている数少ない 2 階建てトロリーバスの運行の 1 つである。 というのは世界のトロリーバスの大半は 1 階建てだからである。

博物館の全車両にはブラック・カントリーの以前の トロリーバス網の 2 つからの 3 台の常駐トロリーバス、 と地元のトロリーバスに似せた塗装の 1 台がある。 バーミンガムのトラムとは違い、 バーミンガム自治体 (Birmingham Corporation) のトロリーバスは 決してブラック・カントリーでは操業しなかった。 常駐する全車両の一覧は以下で与えられる。

ブラック・カントリー・リビング博物館の
ウォルソール自治体トロリーバス 862
自動車 (Motor cars)

ウルヴァーハンプトンは初期の自動車の製造会社の幾つかの 本拠地であった。 これには サンビーム (Sunbeam)、 クリノ (Clyno)、 AJS 及び スター (Star) がいる。 フリスキー (Frisky) の車も、 ウルヴァーハンプトンで製造されたが、 一方で、ブラック・カントリーの町のキングスウィンフォード (Kingswinford) はウェストフィールド (Westfield) の車の 本拠地であった。

博物館のコレクションには 1903 年のサンビーム (Sunbeam)、 1912 年のスター (Star)、 1931 年の AJS、 更には後の車両の実例もあり、例えば キーフト (Kieft)、 フリスキー (Frisky)、 及びウェストフィールド・トパーズ (Westfield Topaz) がある。

オートバイ (Motorcycles)

博物館のコレクションに、およそ 40 台のオートバイがあり、 このどれもがブラック・カントリーで製造された。 多くの部分はサンビーム (Sunbeam) と AJS により製造されたが、 ウェアウェル・サイクル会社 (Wearwell Cycle Company) とロックサン (Rockson) のような企業による実例もある。 博物館は英国オートバイ慈善トラスト (British Mortorcycle Charitable Trust) に加盟している。

他の車両

博物館はブラック・カントリーの自転車の広範囲なコレクションを持っていないが、 ハリー・アルビノ (Harry Albino) とスター (Star) のような製造業者による実例がある。

全車両の中の普通とは違う車両に含まれるのは: 1924 年のガイ・モリス (Guy-Morris) 消防車、 ウィレンホール (Willenhall) の企業であるブレビット社 (Brevitt's) により使用された モデル T フォード・バン (Model T Ford van)、 ティプトン (Tipton) のビーン (Bean) の フラットベッド・トラック (flatbed truck) がある。

他のコレクション

幅広い展示コレクションに加え、 博物館は広大な調査コレクションを保管している。 これには歴史的なオブジェクト、 記録資料、そして図書館の本があり、」 この全ては予約により見ることができる。

博物館の広範囲な保管室の
ストーンウェア (stoneware) の色々なボトル
撮影場所

博物館は多くの映画とテレビ番組のセットとして使用された。 とりわけ、ロージー&ジム (Rosie & Jim) の最初のシーズン、 BBC のドラマのピーキー・ブラインダーズ (Peaky Blinders) がある。 スタン & オーリー (Stan & Ollie) -- ローレル & ハーディ (Laurel and Hardy) の人生を呼び物にした映画 -- は博物館の 1930 年代のストリートで幾つかのシーンを撮影した。

将来の計画

2017 年 6 月 15 日に表明されたことは、 博物館は国内宝くじから、 彼らの £2170万のプロジェクト BCLM: Forging Ahead (前方に向かってフォージする) に向けて、 £9800万 を授与されたことであった。 このプロジェクトは 1968 年のバガリッジ石炭鉱山 (Baggeridge Coal Mine) の閉鎖までブラック・カントリーの物語を博物館が語るものである。 計画には次の項目の移転、復元、あるいは複製が含まれる: ウルヴァーハンプトンの エレファント&キャッスル・パブ (Elephant & Castle pub)、 ダドリーとバーギンの新聞販売店 (Dudley's Burgin's Newsagents), 美容院 (hairdressers), NHS 診療所 (an NHS clinic), ウェスト・ブロミッジのガスのショールーム (West Bromwich Gas Showroom)、及び ダドリーのウッドサイド図書館 (Dudley's Woodside Library), そして 肉屋 (a butchers) であり、 すべて 1940 年代と 1960 年代のものである。 新しい計画では博物館のスペースは 1/3 増える。 計画は 2022 年に完成することになっている。 この拡張により、60 の職が増えることが期待される。

ギャラリー
ステーション・ロード
のコッテージ
初期のサンビーム
(Sunbeam) の自動車
2008 年以前前に展示ホール 2 に展示
された自動車。現在車両コレクション
はブラッドバーン&ウェッジ (Bradburn
& Wedge) ショールーム等、敷地全体
に渡っている。
展示ホール 1 で展示されて
いるタンギー (Tangye)
固定エンジン
初期の消防自動車、恐らくウルヴァー
ハンプトンのジョン・マーストン社 (John
Marston Co Ltd.) 製造、ここは
サンビームカーとオートバイを製造した。
レジャイナ・エナメルウェア
(Regina Enamelware) は
地元のライ (Lye) で製造された
博物館のトロリーバス 1909 年製造のフェローズ・モートン&
クレイトン (Fellows Morton and
Clayton) の蒸気ナローボートの
プレジデントは可動状態で保存、
BCML を基地。
クラッドリー・ヒース (Cradley Heath)
のクラッドリー・ボイラー社 (Cradley
Boiler Co.) により製造されたボイラー
の詳細、ブラック・カントリー・
リビング博物館に展示中
ブラック・カントリー・リビング博物館のトロリーバス、
後方の車両 (ダーク・グリーン、クリーム) はダービー (Derby)
前方の車両 (ライト・グリーン、黄色) は ウルヴァーハンプトンのもの
遠くの赤いバスは BMMO のバス。