ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Showman's road locomotive - Wikipedia
ショーマンの道路機関車
(Showman's road locomotive)

ショーマン (興行師) の道路機関車 あるいは ショーマンのエンジン は蒸気動力で道路を進む機関車で、移動遊園地あるいは移動サーカスに動力と移動手段を提供するものである。 道路を進む他のトラクション・エンジンと類似しているが、ショーマン・エンジンが異なる点は、 全長にわたるキャノピー (屋根)、煙突の前に搭載された発電機、明るい色の塗装で、 華麗な飾りを施しているからである。 発電機は照明をしたり、色々な遊園地の乗り物に動力を与えるための発電に使用される。 元々は乗り物の動きは内部の蒸気エンジンで動力を与えたが、 後の乗り物の幾つかは、ベルト駆動によってショーマンのエンジンから直接動力を得た。

ショーマンのエンジンの夜景
グレート・ドーセット蒸気祭り
2007 年
アイアン・メードン
保存されたショーマンのエンジン

ショーマンの道路機関車は色々な大きさで建設され、 比較的小さな 5, 6, 7 NHP (公称馬力) のエンジンから、 大きな 8 あるいは 10 NHP に至るエンジンまであった。 恐らく最も人気のあったデザインはバレル (Burrell) の 8 NHP のシングル・クランクの 複合エンジン (compound engine) である。

  1. 歴史
  2. 特徴のある造作
  3. 部分型式
  4. 製造業者
  5. 有名なショーマン・エンジンの所有者
  6. 保存
歴史

ショーマンが製造業者から直接注文した最も初期のエンジンの 1 つは 1889 年に建設された バレル No. 1451 モナック (Monach, 君主) であった。 これらのショーマンの道路機関車が登場する前は、すべての移動は馬のチームによるもので、 これは労力を食い、移動チームの大きさを随分制限した。

ショーマンのエンジンの製造は 1920 年代後半に次第に減少し、バレルの最後の シンプリシティ (Simplicity) は 1930 年にレイストン (Leiston) のギャレット (Garrett) のために建造された。 ショーマンのエンジンで建造された最後のものはファウラー (Fowler) の シュープリーム (Supreme) で、"スーパー・ライオンズ" (Super Lions) の一台であった; これは A. ディーキン (Deakin) 夫人のために 1934 年 3 月に完成した。 彼女は シンプリシティ も購入した。

特徴のある造作

一般にショーマンの道路機関車は他の道路を進むトラクション・エンジンと同じデザインと技術を使用するが、 幾つかの造作により、ショーマンのエンジンが別のものとなる。

飾り立てた塗装

大半が明るく塗装されていた; バレルの標準は "深紅の湖" (Deep Crimson) で "深い黄色" の車輪が付いていた。 ジョージ・チュビ (George Tuby) のエンジンは独特なグレート・イースタン・ブルーに塗装され、 黄色い車輪と裏打ちがあった。 他の装飾物には巻物の塗装があり、これはとりわけ 20 世紀の始めに人気があった。 典型的には側板には、所有者あるいはエンジンが搭載された乗り物の名前が金色で記されていた。

真鍮の飾り

大半のエンジンには屋根を支えるための単純な鋼の棒があるが、ショーマンのエンジンでは もっと派手やかで、ねじ曲がって磨かれた真鍮のデザインがある。 真鍮の星や他の装飾がしばしば機械の覆いや水タンクに搭載されていた。

発電機

これはエンジンのはずみ車を通るベルトで駆動され、 動力を与えるのは: 乗り物の照明;屋台;及び、しばしば乗り物自身である。 動力はエンジンの公称馬力に依存し、 典型的な 5 馬力 (5 NHP) であれば小さな 110 V の発電機が付き、 大きな舞台エンジン (scenic engine) であれば大きな 110 V DC (直流) 発電機と、 より小さな 80 V のエクサイター (exciter) が付く。

全長にまたがる屋根

大半の道路機関車は何らかの屋根、あるいはキャノピー (canopy) が装着され、 人のいる場所 (ドライバーが制御する箇所) とクランクシャフトの領域を覆っている。 ショーマンのエンジンのキャノピーは煙突の前方まで拡張され、 発電機を雨の進入から防いでいる。 キャノピーの縁にはしばしば照明が装着され、夜間の効果を高めている。 これは以前よりも保存状態でもっと普通になった。

拡張煙突

静止した時の煙突を拡張するために、拡張チューブを携行している。 このチューブは 6 フィートから 8 フィート (1.8 m から 2.4 m) の長さがあり、 エンジンの大きさに依存している。 煙突チューブは屋根の上の専用のブラケットで運ばれる。 煙突の余分な長さは換気を改良し、煙やしみが遊園地巡りの人に吹き付けるのを防いでいる。

起重機

多くの舞台エンジン (scenic engine) には大きなブーム起重機が炭水庫 (tender) に取り付けてある。 これはゴンドラのような (遊園地の) 乗り物や可動装置を場所ごとに設置するのに使用される。

ファウラー no. 15653 レナウン
後部に起重機を装備
(移動遊園地の) 乗り物を搭載するもの
円板のはずみ車

大半の道路機関車には円板のはずみ車が装着されている。 このようにするのは、もしも途上で馬に遭遇した時に、馬は回転する円板にはあまり驚かないことによっている。 しかし、もしもショーマンがはずみ車を飾り始めれば、馬が驚きやすくなり、効果が逆になる。

部分型式
ショーマンのトラクター

ショーマンのトラクターは基本的にはより大きな製品のミニチュア版である。 多くは重量制限を 7 トンまで引き上げる (英国) 政府の法律によって建設され、 そのため 5 トンと 7 トンの間のこれらのエンジンはとても人気がでた。 バレルは再び多産な業者であったが、ウィリアム・フォスターも同様であった。 しかし市場のリーダーは恐らくギャレット (Garrett) のレイストン (Leiston) で、 彼等の人気の高い 4CD トラクター・エンジンに基づくショーマン・エンジンであった。

「特別舞台」 エンジン

特別舞台エンジンは恐らくショーマンの道路機関車の究極的な発展型である。 セットフォード (Thetford) のバレル社がほとんど単独で建造し (ファウラー社は唯一の実験エンジンを建設したのみ)、 これらは登場しかけていたより重い車両用に開発された。 基本的には 「特別舞台」 エンジンにはエクサイター (exciter) と呼ばれる煙突後部の第 2 の発電機がある。 余分の発電機により、重くて新しい舞台乗り物を開始することができた。 新しく 「特別舞台」 として建造された最初のエンジンは No. 3227 ヴィクトリー であった。 1920 年にノリッジ (Norwich) のチャールズ・サーストン (Charles Thurston) に供給され、 このエンジンは今ではノーフォーク (Norforlk) のサーズフォード・コレクション (Thursford Collection) で保存されている。

ショーマンの蒸気ワゴン

トラクターや、より大きな道路機関車ほど一般的ではないが、 ショーマンはすぐに普通の蒸気ワゴンをショーに使用する考えを好むことになった。 フォーデン (Foden) のワゴンが恐らく最も人気のある選択で、 バレルは 1 人のショーマンのために、たった 1 台のワゴンをかって売却した: no. 3883 エレクトラ (Electra) はノリッジ (Norwich) のチャールズ・サマーズ (Charles Summers) のために 1921 年に建設され、後にプリマスの操業者に売却された。 しかし、後にナチのプリマス爆撃により第二次世界大戦で破壊された。

製造業者

これらの車両の最も多産な製造業者は Norfolk、Thetford のチャールズ・バレル (Charles Burrell) がいた。 彼等の後の 8 nhp エンジンは操業者により、とても高く評価された。 他の主な製造業者にはリーズ (Leeds) のジョン・ファウラー社 (John Fowler & Co.) と リンカーン (Lincoln) のウィリアム・フォスター社 (William Foster & Co.) がいた。 他の製造業者はショーマンのエンジン市場では、それほど冒険をしなかった。 これらに含まれる業者には: ベージングストーク (Basingstoke) のウォーリス・スチーブンズ社 (Wallis and Steevens)、サンドバック (Sandbach) のフォーデン社 (Foden)、ロッチェスター (Rochester) のアベリング・ポーター社 (Aveling and Porter) がいた。

ファウラー B6 "スーパー・ライオン"

1930 年代初頭に、道路の蒸気が凋落していた時に、 ファウラー社はバレル社のシドニー・ハリソン (Sidney Harrison) の忠告により、 かって建造された最も洗練されたショーマンの道路機関車の 4 台を製造した。 これらは人気の高いバレルのデザインの多くの造作を組み込み、蒸気の最終形であった。 最初のものは no. 19782 ザ・ライオンで、1932 年 3 月にブリストルのアンダートン・ロウランド (Anderton and Rowland) のために建設された。 同じ年の 4 月に、no. 19783 キング・カーニバル II がウェスト・ハートルプール (West Hartlepool) のフランク・マコンビル (Frank Mcconville) に提供された。 3 番目のエンジン no. 19989 オンワード (Onward) はチェシャー (Cheshire) のサミュエル・インガム (Samuel Ingham) のために建設された。 4 基のエンジンで最後のもので、かって建設されたショーマンのエンジンの最後のものは、 no. 20223 シュープリーム (Supreme) は 1934 年 3 月にディーキン夫人 (Mrs. A. Deakin) のために建設された。 これらのうちの 3 基のエンジンは生き延びて保存され、シュープリームキング・カーニバル II は商用使用の最後の日には 道路で牽引作業をしていた。オンワード は不幸なエンジンで、 1946 年に解体されたが、オンワード の忠実なレプリカが 2016 年に完成した。

ファウラーシュープリーム (手前) が、
再現されたオンワードのそばにいる。
2016 年 5 月のカーターの蒸気祭り。
改造

本当に工場で建造された機械はもとよりの事、多くのエンジンは通常の道路機関車から改造されて完全なショーマンのエンジンになった。 これはショーマンによってなされたこともあるし、 オープンショー (Openshaw) のような個人に関連することもあった。 改造されたエンジンの大半は元々、戦争省のファウラー・エンジンとマクラーレン・エンジンであった。 他のものは、もっと強力な契約者型式の道路機関車で、 この多くは工場モデルの安くて強力な代替であり、そして第一次世界大戦によって、 豊富にあった。

完全な改造は無論の事、ショーマンは余分な発電機を追加したり、 自分のデザインでクレーンやキャノピーを追加することでも専門家であった。 これにより、エンジンに変動の世界が生まれた。 幾つかの自家製のデザインは他のものよりも優れていたが、多くが生き延びた。

ショーマン・エンジンの需要とこれに付随する名声から、 最近では主にロード・ローラーであった多くの機械が保存家により (ショーマン・エンジンに) 改造された。 この実践は、熱狂家の何人かに懸念を引き起こした。 というのは、ある場合にはあるモデルのユニークな実例が失われたからである。 数少ない場合には、所有者がエンジンを元々の型式に復元しなおした。

有名なショーマン・エンジンの所有者

何百ものショーマンの家族がショーマン・エンジンを操業したが、 述べる価値がある人は少ししかいない。

パット・コリンズ (Pat Collins) と家族は 25 台以上ものショーマン・エンジンを操業した。 圧倒的にバレルのエンジンが多かったが、 彼は色々なファウラーのエンジンや他のエンジンも所有していた。

チャールズ・サーストン (Charles Thurston) と家族は非常に多くのバレルとフォスターのエンジンを操業した。 彼等のエンジンの幾つかは保存された。 フォスターの アドミラル・ビーティ (Admiral Beaty) と バレルの ブリタニア はウィリアム・サーストンによって所有されている。 4 台のチャールズ・サーストンの例のないセットはノーフォークのサースフォード (Thursford) コレクション で保存されている。 これらはすべてバレルのエンジンで: 1905 年の キング・エドワード VII、 1920 年の ビクトリアユニティ、及びアレクサンドラ である。

保存

最後のショーマン・エンジンが商用ショーで使用されたのは 1958 年で、 この後で、このエンジンは二束三文でスクラップとして売られた。 ジョージ・クッシング (George Cushing) -- サースフォード (Thursford) コレクションの創始者 -- はビクトリーアレクサンドラ、そしてユニティ を各々 £40 ほどで購入した。 (比較すると、類似のエンジン no. 3865 No. 1 は 2003 年の競売での競り値は £320,000 であった。) 1930 年の終わりにかけて、エンジンは単に時代遅れとなった。 第二次世界大戦の終わりに何百もの安くて強力な元々軍隊のトラックがショーマン・エンジンの代わりとなり、 後者が時代遅れとなった。これらの多くのエンジンはスクラップにされたが、 多くは生き延びて保存された。多くは英国中のラリーに登場し、 それ以外はサースフォード (Thursford) の博物館やホーリーコンブ・コレクション (Hollycombe Collection) に属している。