ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Market town - Wikipedia
マーケット・タウン (Market town)

マーケット・タウン (market town) あるいは マーケット権 (market right) とは中世に始まる法的な用語で、 マーケットを開催する権限を持つヨーロッパの集落のことで、 村や市とは別のものである。 町 (タウン) が「マーケット・タウン」である、あるいは「マーケット権」があると正しく述べるためには、 マーケットを開催しなくても、開催するための法的な権利を持っていればよい。

マーケットにて、 Felix Schlesinger 作、1890 年頃
  1. 手短な歴史
  2. チェコ共和国
  3. デンマーク
  4. ドイツ語地区
  5. ハンガリー
  6. ノルウェイ
  7. 英国とアイルランド
  8. 芸術と文学において
手短な歴史

マーケット・タウンの主な目的は周辺地域に物資とサービスを提供することである。 マーケット・タウンは古代から知られているが、その数は 12 世紀に急速に増えた。 マーケット・タウンは改良された経済、より都会化された社会、 そして貨幣に基礎を置く経済の広範囲な導入と共にヨーロッパ中で繁栄した。 1086 年の ドゥームズデイ・ブックはイングランドの 50 ヶ所のマーケットの一覧を与え、 1200 年と 1349 年の間に 2000 ヶ所の新しいマーケットが設置された。 同じ頃にヨーロッパ中でマーケット・タウンが芽生えた。 当初はマーケット・タウンは要塞化された場所の近くに育ち、 これには城や修道院があり、これらの保護を甘受するのみならず、 物資とサービスに関しての大きな荘園と修道院内部の需要の理由からであった。 歴史家はこれらの非常に初期のマーケット・タウンを 「慣行マーケット・タウン」 (prescriptive market town) と呼んでいる。 これは 1199 年以前に存在していたのであれば、許可証 (charter) のような公的な認可を受けたわけでなく、 慣習と慣例によりマーケット・タウンが認められていたからであった。 とても初期の頃から、 国王と統治者が理解したことは、成功したマーケット・タウンは 人々を引き寄せ、収入を生成し、町 (タウン) の守りにも貢献することであった。 12 世紀頃から、イングランドとヨーロッパの王は特別な日にマーケットを開くための許可証を村に与え始めた。

Octavius の凱旋門の下のローマ帝国の魚のマーケット
アルバート・ビアスタット

サフォーク州 (Suffolk) フラムリンガム (Framlingham) は要塞化された建物の近くにあるマーケットの顕著な実例である。 付け加えると、マーケットは輸送が最も優しい場所にあり、例えば交差点、川、浅瀬に近い所、例えば ヴェール・オブ・グラモーガンのコウブリッジ (Cowbridge) がある。 地方鉄道が最初に敷設されるときに、マーケット・タウンは物資の輸送を容易にするために 優先権が与えられた。例えば、ウェスト・ヨークシャーのカルダーデール (Calderdale) で、 互いに近い幾つかのマーケット・タウンは新しい鉄道を利用するために指定された: ハリファックス (Halifax)、ソワービーブリッジ (Sowerby Bridge)、 ヘブデン・ブリッジ (Hebden Bridge)、トッドモーデン (Todmorden) はこの実例の 1 つである。

幾つかの研究は経済の地方化により、中世の町と田舎に、定期的なマーケットが普及したことを 指摘している。 マーケットの場所 (marketplace) はトレード、社会的交流、 情報とうわさ話の場所として広く受け入れられた場所であった。 幅広い小売商人がマーケット・タウンに集まった -- 行商人、小売商人、呼び売り商人 (huckster)、露天商 (stallholder)、 商人、そしてそれ以外のトレーダーがいた。 何人かは、職業的な商人で、パン屋やビール酒場 (alehouse) のような店を持ち、あるものは一時的な商人で、 露店を設置したり、マーケットの日に売り物をバスケットに入れて運んでいた。 マーケットのトレーダーは、よそから来たにせよ、地元民にせよ、地元の消費者の必要性のために供給した。

ブローデル (Braudel) とレイノルド (Reynold) は 13 世紀と 15 世紀の間のヨーロッパのマーケット・タウンの系統的な研究をした。 彼らの調査が示すことは、地域のマーケットは 1 週間に 1, 2 度開催され、 大きな都市でのマーケットは毎日開催されるのが普通であった。 時間と共に恒久的な店が毎日営業するようになり、 次第に定期的なマーケットの代わりになった。 一方、行商人と巡回商人 (itinerant seller) は流通の溝を埋め続けた。 物理的なマーケットは交換取引で特徴づけられ、物々交換は普通であった。 店は間接経費 (overhead cost) が高いが、定まった営業時間と顧客との結びつきを提供でき、 信頼できる客には「つけ」などの、付加価値をもったサービスを提供できた。 経済は地方取引により、特徴づけられ、 これでは物資は比較的近距離でトレードされた。 ブローデルの報告では 1600 年に穀類は 5-10 マイルしか移動せず、 牛は 40-70 マイル、羊毛と羊毛の布は 20-40 マイルしか移動しなかった。 しかしながら、ヨーロッパの大航海時代 (age of discovery) に引き続き、 物資は遠隔地から輸入された -- インドからは キャラコ (calico cloth)、 中国及び東南アジアからは磁器、絹、そして茶、 新世界からはタバコ、砂糖、ラム酒、そしてコーヒーがあった。

地方マーケットの重要性は 16 世紀中頃に退潮し始めた。 恒久的な店がもっと安定した営業時間を提供するようになり、 定期的なマーケットの代りになり始めた。 付け加えると商業階級の興隆により、広範囲の物資が輸入・輸出されるようになり、 地方の製品に依存することが少なくなった。 この新しい大局的なトレードの中心に アントウェルペン (Antwerp) があった。 これは 16 世紀中頃までに、明らかにヨーロッパ最大のマーケット・タウンになった。

16 世紀中頃までに アントウェルペン (Antwerp) は
ヨーロッパで 最大のマーケット・タウンになった。

個々のマーケット・タウンの随分多くの地方史がある。 しかしながら、ヨーロッパ中でマーケット・タウンの興隆のもっと一般的な歴史は見つけることが もっと困難である。 クラーク (Clark) が指摘するように、地方経済におけるマーケットの経済価値は多くのことが知られているが、 マーケット・タウンンの文化的役割には学問的注意がほとんど払われていない。

チェコ共和国

Městys (未翻訳) を参照。

デンマーク

デンマークではマーケット・タウン (デンマーク語: købstad) の 概念は鉄器時代から存在している。 どこが最初のデンマークのマーケット・タウンであるかは知られていないが、 ヘーゼビュー (Hedeby、現在の シュレースヴィヒ=ホルシュタイン州 (Schleswig-Holstein) の一部) と リーベ (Ribe) は最初のものである。 1801 年にはデンマークに 74 ヶ所のマーケット・タウンがあった。 マーケット権 (デンマーク語: købstadsprivilegier) を最後に手に入れた町は 1958 年の スキャーン (Skyern) であった。 1970 年の都市改革で、マーケット・タウンは隣接する教区に合併され、 特別な地位と特権を失った。

ドイツ語地区

マーケットを開催する中世の権利 (独語:Marktrecht) はオーストリアとドイツの多くの町 (タウン) の名称の接頭辞 (prefix) の Markt (マルクト) に反映され、例えばマルクト・ベロルツハイム (Markt Berolzheim) やマルクトベルゲル (Marktbergel) がある。 マーケット・タウンに使用される他の用語は 北ドイツの Flecken あるいは ヴェストファーレン (Westphalia) の Freiheit と Wigbold がある。

マーケット権は随分以前に カロリング帝国 (Carolingian Empire) の最中に指定されている。 800 年頃に、 カール大帝 (Charlemagne) はエスリンゲン・アム・ネカー (Esslingen am Neckar) にマーケット・タウンのタイトルを与えている。 コンラート (Conrad) は 11 世紀を通じ ザクセン (Saxony) に幾つかのマーケット・タウンを作り、 商人に特別な 「平和」 (peace) と マーケットの場所に特別で恒久的な 「平和」 を与えて、 平和なマーケットを開発することに多くのことをした。 領地の拡大により、マーケット・タウンを指定する権利は、 ドイツの町 (タウン) の法律の基礎として王子 (princes) や公爵 (duke) に手渡された。

マーケット・タウン (Marktgemeinde あるいは Markt)) の地方条例の身分は、 オーストリア、 バイエルン (Bavaria) のドイツ国、そして 南ティロル (South Tyrol) のイタリア県の法律で永続した。 しかし、このタイトルはそれ以上の法的な意味がなく、 これはそれ以上の特権がなかったからである。

フランクフルト=ヘーヒスト
のマーケット・ホールは
早くも 1358 年にトレード。
中央マーケット・ホール、
ベルリン、1898 年 (外側)
中央マーケット・ホール、
ベルリン、1890 年 (内側)
ドイツ、Invalidenstraße
マーケット・ホール
ドイツ、ヴェエツェ
(Weeze)、
マーケット・プレース
泉のあるマーケット・プレース
ドイツ、シュメルン
(Schmölln)
野菜マーケット
ハンブルク、1900 年頃
マーケット・プレース
オーストリア、
フロリッツドルフ
1895 年頃
ザルツブルク・マーケット
オーストリア
ハンガリー

ハンガリー語ではマーケット・タウン "mezõváros" の用語は実際には 「要塞化されていない町」 を意味する。 ハンガリーではマーケット・タウンは町の壁がないことで、他の町 (タウン) と 建築的に違っている。 マーケット・タウンの多数は 14 世紀と 15 世紀に許可証が与えられ、 典型的にはそれ以前の 13 世紀の村々の上に開発された。 家畜を育てるブームがこの期間にマーケット・タウンの数が急増した引き金であったかもしれない。 考古学的調査から、示唆されることは、これらのマーケット・タウンの敷地の計画は ストリートが複数あって、複数の村を 1 つにすることで登場し、 それ以前の集落が退潮して、新しい都市を作るものであった。

ハンガリーの
果物マーケット
Wilhelm Hahn の
独自画、1868 年
メイン・マーケット・
ストリート、 ミシュコルツ
1884 年
Heti vásár
(週毎のマーケット)
ナジカニジャ
マーケット広場
Hal tér, 1923 年
はかりを持った
マーケットのトレーダー
Hal tér, 1923 年
マーケット、
ジェール、1950 年
エステルゴム
マーケット、Simor
János の写真、1972 年
シュプロンのマーケット
2012 年
ノルウェイ

ノルウェイでは、中世のマーケット・タウン (古代ノルウェイ語の kaupstaðr に由来するノルウェイ語の kjøpstad と kaupstad) は国王や他の機関により商業特権を与えられた町 (タウン) のことである。 町の市民は 製品の買収・販売、そして他の事業の独占権があり、 これは町とその近隣地区のいずれも持っていた。

ノルウェイはヨーロッパの他の地区よりも随分遅れてマーケット・タウンを発展させた。 このように発展が遅れたのは複雑ではあるが、 人口がほとんどなく、都会がなく、実際の製造産業がなく、現金経済がなかったからである。 最初のマーケット・タウンは 11 世紀のノルウェイに作られ、事業が特別な町の周りに集中することを 奨励した。 オーラヴ王は 11 世紀に ベルゲン (Bergen) にマーケット・タウンを設置し、これはまもなく豊かな家族の住処になった。 輸入・輸出はマーケット・タウンを通じてのみ実施され、商業を監督し、 物品税と関税を課すことを単純にした。 この慣行は戦略的重要性がある地域に成長を促し、この場所を守るための要塞の建設と 十分な防衛をするための経済基礎を提供した。 これは ハンザ同盟の商人たちが指定された場所以外でトレードをすることを制限する役目も果たした。

ノルウェイにはマーケット・タウンの下位のカテゴリーに 「スモール・シーポート」 (small seaport、 ノルウェイ語で、lossested あるいは ladested) があり、 これは港と周辺地区両方の、物資と資材を輸入・輸出する独占権を持った港 (port あるいは harbour) のことである。 典型的には、これらは木材を輸出して、穀物と物資を輸入する場所である。 地元の農産物と木材の売却は輸出の前にスモール・シーポートあるいはマーケット・タウンの 商人を通過する必要がある。 これにより、トレードが地元商人を通して実施されることを奨励し、 これは監督されていない売却 (密輸) を制限する上で非常に効果的であった。 関税の収入が、1600 年に全収入の 30% にも満たなかったものが、 1700 年には全収入の 50% 以上に増えた。

ノルウェイのマーケット・タウンは 19 世紀に廃れ、自由マーケットで交代された。 1952 年以後、スモール・シーポートとマーケット・タウンのどちらも単純な町に格下げになった。

魚マーケット
ノルウェイ、 ベルゲン
1890 年頃
マーケットと税関
ポシュグルン
1891 年 - 1910 年頃
マーケット広場
Youngstorget Nytorvet
1915 年 - 1920 年頃
ノルウェイのマーケット
Storfjord, Skibotn,
トロムス県, 1917 年
ノルウェイのマーケット
1921 年 - 1935 年頃
マーケット (イラスト)
1927 年頃
伝統的な冬の
マーケット
レーロース, 2001 年
マーケット、
トンスベルグ
ノルウェイ、2010 年
英国とアイルランド
イングランドとウェールズ

ノルマン人の征服以来、許可証を授与する権利は一般に王室の特権と思われていた。 しかしながら、許可証の授与は 1199 年まで、系統的に記録されていなかった。 一旦、許可証が与えられれば、これにより地方の領主が料金を取る権利が与えられ、 競合するマーケットから何らかの保護が町 (タウン) に与えられた。 許可されたマーケットが特別な日に開催されれば、近くの競合するマーケットは同じ日に開催できなかった。 12 世紀と 16 世紀の間に許可されたマーケット網が生じ、 ひいきにしたいマーケットで、消費者に妥当な選択肢が与えられた。

1200 年より前には、マーケットはしばしば日曜日に開催され、 日曜日には共同体が教会に出席するために、町 (タウン) に集まっていた。 もっと古代のマーケットの幾つかは教会の構内で開催されたようである。 ノルマン人の征服の時に、人口の大半は農業と牧畜で生計を立てていた。 大半は農場に住んで、町 (タウン) の外におり、 町 (タウン) 自身には恒久的な住人が比較的少なかった。 農民と家族は礼拝の後で、教会の構内で開催される非公式なマーケットに余剰の製品を持ち込んだ。 13 世紀までに、日曜日のマーケットには反対が多くなり、マーケットは次第に町 (タウン) の中央に移動し、 週日に開催されるようになった。 15 世紀までに教会の構内でマーケットを開催することは法的に禁止された。

魚マーケット
ヘイスティングス・ビーチ
Joseph Mallord William
Turner 作、 1810 年
魚マーケット
Joachim Beuckelaer 作
1568 年頃

考古学的な証拠から示唆されることは コルチェスター (Colchester) はイングランドで記録されている最古のマーケット・タウンで、 英国の南部をローマが占領していた時代までさかのぼる。 別の古代のマーケット・タウンは サイレンセスター (Cirencester) で、ローマ帝国英国の後期にマーケットを開催した。 用語は マグナ・カルタの通過と最高法院 (parlement) に向けた最初の法律の後で、 13 世紀に確立した 「マーケット (market) と展示会 (fair)」 に由来している。 1258 年の オックスフォード条項 (Provisions of Oxford) が可能であったのは、 ラニーミード (Runnymede) 上流のテムズ川横断点にあるタウンと大学の基礎の理由からで、 ここに川の U 字型の湖 (oxbow lake) があった。 初期の (マーケット・タウンの) 後援にはハラムシャー卿 (lord of Hallamshire) の Thomas Furnyvale がおり、彼は 1232 年に一つの「展示会とマーケット」 (Fair and Market) を設立した。 旅行客は町の壁の中で、一週間の展示会 (fayres) の間、比較的安全に製品を見て、トレードをすることができた。 ヘンリー 8 世の治世の時に確立されたマーケット展示会 (market fair) で急激な増大があった。 ド・モンフォール (de Monfort) の敗北により、 立法者 エドワード I 世 (Edward I the lawgiver) によるマーケットの試行テスト (sample testing) が増え、 彼は 1295 年 模範議会 (Model Parliament) を招集して、森とタウン (町) の境界を巡回調査した。

マーケット・タウンは地方活動の中心で成長し、 田舎の生活の重要な造作の 1 つとなり、 社会生活の重要な中心にもなった。 これは幾つかの地名からも示唆される: マーケット・ドレイトン (Market Drayton), マーケット・ハーバラ (Market Harborough), マーケット・レーゼン (Market Rasen), マーケット・ディーピング (Market Deeping), マーケット・ウェイトン (Market Weighton), チッピング・ノートン (Chipping Norton), チッピング・オンガー (Chipping Ongar), そして チッピング・ソドベリー (Chipping Sodbury) があった – チッピング (chipping) は サクソン語 (Saxon) の動詞に由来し、「買う」を意味している。 ロンドン大学 (University of London) が実施した大規模な調査から、1516 年までに、 イングランドの町 (タウン) に少なくとも 2400 のマーケットがあった証拠を見つけた。

ロンドンの Clare マーケット
Thomas Shepherd 作、 1815 年

イングランドの許可証のシステムでは新しいマーケット・タウンは既存のものから、 ある旅行距離以内では作ることができない。 この限度は通常はマーケットから 1 日の旅行距離 (およそ 10 km (6.2 km)) である。 もしも、旅行距離がこの標準を超えていれば、その場所にマーケット・タウンを設置できる。 この限度の結果、公的なマーケット・タウンは他の町の非合法なマーケットに近い場所で 嘆願する。 これらの距離はイングランドではまだ法律である。 他のマーケットは、王室許可証を持っている組織に許可をもらえば設置でき、 これは現在は地方の町議会である。 これができなければ、国王が許可証を贈与できる。

贈与される許可証が増えるにつれ、マーケット・タウンの間の競争が増大した。 競争の圧力に呼応して、 タウン (町) は質の高い農産物、効率の高いマーケットの規制、 訪問客にとり良い施設 -- 例えば屋根付きの施設 -- に投資した。 13 世紀には、重要な繊維産業を持つカウンティは布の 販売のために、この目的用のマーケット・ホールの建設に投資した。 特別なマーケット・タウンは高品質な地方製品のための名声を培った。 例えばロンドンのブラックウェル・ホール (Blackwell Hall) は 布の中心となり、ブリストルは 「ブリストル・レッド」 と呼ばれる特別な型式の布と関連し、 ストラウド (Stroud) は繊細な羊毛の布の製造で知られ、 ワーズテッド (Worsted) の町は織り糸 (yarn) の型式と同義語になり、 バンベリー (Banbury) と エセックス (Essex) はチーズと強く結びついた。

中世イングランドの修道士と他の人の購買習慣の研究から、 示唆されることは、当時の消費者は比較的区別していることである。 購買決定は、物資の範囲、品質、そして値段に関しての消費者の認識の ような購買判断に依存していた。 これにより、どこで購入するかの判断情報が与えられた。

伝統的なマーケット・タウンが発展すると、 広いメイン・ストリートと中央のマーケット広場を呼び物にした。 これらはマーケットの日に人々が露店 (stall) と屋台 (booth) を 設置するための余地である。 しばしば町は町の中心に、 トレードで神の祝福を得るためにマーケット・クロス (マーケット十字票) を設置した。 イングランドにおけるマーケット・クロスの顕著な実例は チチェスター・クロス (Chichester Cross)、 マームズベリー・マーケット・クロス (Malmesbury Market Cross) そしてウィルトシャー (Wiltshire) のディバイザス (Devizes) である。 マーケット・タウンは、しばしばその上に、 マーケット・ホールを呼び物にし、 屋根付きのトレードの場所の 2 階には管理あるいは市民部門があった。 より小さな立場を持つマーケット・タウンには: グロスターシャー、ストラウド (Stroud) の近くの、 ミンチンハンプトン (Minchinhampton)、 ナイルスワース (Nailsworth)、及び ペインスウィック (Painswick) がある。

マーケット・クロス、
ウィルトシャー
マーケット・タウンの
ディバイザス (Devizes)
マーケット・プレース
ケンブリッジシャー、
イーリー (Ely)、
W.W.Collins 作、1908 年

「マーケット・タウン」は通常は「タウン」を定義する法的基礎である自治に関する権利を持っていたり、そうでなかったりする。 例えば、シュロップシャーのニューポートは自治都市のテルフォード・レキン (Telford and Wrekin) にあるが、 テルフォード・レキンと分離している。 イングランドで、このような権利を持ったタウンは自治都市 (borough) の身分で区別されている。 一般に認められていることであるが、 このような場合には、タウンがマーケットを認められている時には、 タウンは追加の自治を手に入れ、分離したタウンになっている。 初期のマーケット・タウンの多くは最近まで営業を続けた。 例えば、ノーザンプトン・マーケットは 1189 年に最初の許可証を授与されたが、 マーケットは現在に至るまで広場でなお開催されている。

国内マーケット・トレーダー連合 (National Market Traders Federation) は サウス・ヨークシャーのバーンズリー (Barnsley) にあって、 およそ 32000 の会員があり、ヨーロッパ中のマーケット・トレーダー連合 (market trader's federation) と 密接な関連を持っている。 英国国内文書局 (UK National Archives) によると、 マーケットと展示会を開催する現代的な資格を 1 つで登録することはない。 しかしながら 1516 年までの歴史的な許可証の一覧は 「イングランドとウェールズのマーケットと展示会の地名辞典」 (Gazetteer of Markets and Fairs in England and Wales) に載っている。

ウェールズ、
ホーリーヘッド・マーケット
木版、1840 年
バーミンガム・マーケット
の許可証 1164 年 と
1189 年
ランボーンの
マーケット・クロス
1446 年設置
ソールズベリーの
許可証を与えられた
マーケット
セドバーグの
許可証を与えられた
マーケット
マーケット広場
ハンティンドン
ノーサンプトン・マーケット
1255 年頃設立
オルトリナム
許可証を与えられた
マーケット
ホーンカッスルの
マーケット広場の角
許可証は 13 世紀に
与えられた。
モノウ・ブリッジ
の農民マーケット、
ウェールズ、2008 年
アイルランド

マーケット・ハウス (Market house) はアイルランド島中で普通の造作である。 これらのアーケードが付いた建物はマーケットの機能を実施し、 しばしばコミュニティ・スペースが 2 階にあった。 最古の現存する建物は 17 世紀中頃のものである。

スコットランド

スコットランドでは自治都市マーケット (borough market) は随分初期の頃から毎週開催されていた。 国王のマーケットは 1171 年頃から特別な日にロックスボロー (Roxburgh) で開催されていた; 木曜のマーケットはグラスゴーで開催され、 土曜のマーケットはアーブロース (Arbroath)、 日曜のマーケットはブレチン (Brechin) にあった。

スコットランドではマーケット・タウンはしばしば 「マーキャット・クロス」 (スコットランド語、mercat cross (= market cross)、マーケット・クロス) で区別され; ここは定期的なマーケットあるいは展示会を開催する権利が、 支配機関 (王室、貴族、教会) により、贈与されたものである。 英国の他の場所と同様に、クロス (十字架) があった場所は、 ほとんどいつでも中央にあり、広場ないしは広いメイン・ストリートである。 今でも定期的なマーケットを開催しているタウンには: インヴェルリー (Inverurie), セント・アンドルーズ (St. Andrews), セルカーク (Selkirk), ウィグタウン (Wigtown), ケルソー (Kelso), およびクーパー (Cupar) がある。 これらのすべてがマーキャット・クロス (マーケット・クロス) をまだ持っている わけではない。

スコットランド
ケルソー農民マーケット
手前に丸石広場
クリスマス・マーケット
エジンバラ、2012 年
セント・ジャイルズ教会
の前の広場は
中世のマーケットの場所
Hatston 工業団地
Orkney・
オークション・マート
大陸テーマ・マーケット
2007 年
キャッスル・テラス
の週毎の農民マーケット
ドイツ・テーマ・マーケット
プリンセス・ストリート
芸術と文学において

アントウェルペン (Antwerp) のオランダの画家は 10 世紀以来、 主題として、マーケットの場所とマーケット・タウンに大いに興味を持っていた。 ピーター・アールツエン (Pieter Aertsen) は「マーケットの偉大な画家」として知られていた。 画家のマーケットに対する興味は少なくとも部分的には当時のマーケット・システム の変貌する性質によっていた。 商人のギルドの興隆と共に、公衆は 2 種類の商人を区別するようになった。 ミーアシニア (meerseniers) は地方商人を指し、これに含まれるのは: パン屋、雑貨商 (grocer)、乳製品 (dairy product) の販売者、 露店を持っている人であり、 クーマン (kooman) は新しく登場したトレーダーの階層で、 彼らは大規模に商品あるいは信用取引をした。 毎日のマーケットの場面を描くことは、 情のこもった試みであったのかもしれない、 これにより見慣れた画面を記録し、 失われる危険がある世界を記録した。

マーケット・タウンとマーケットの場面の絵画

マーケットの光景
Pieter Aertsen 作
1550 年
田舎のマーケット
(Nundinae Rusticorum)
Pieter Bruegel the Elder 作
1555 年 - 1556 年
魚マーケット
Joachim Beuckelaer 作
1568 年
マーケットにて
Jonge Lange 作
1584 年
小作人がマーケット
に行く、 ピーテル・
パウル・ルーベンス

1602 年
オランダの野菜
マーケット
Sybrand van Beest 作
1648 年
オランダの
果物野菜マーケット
Sybrand van Beest 作
1652 年
やかましい村の
マーケット
Cornelis Pietersz Bega 作
1654 年
マーケットの光景
Jan van Horst 作
日時不明
フランドルの
マーケットと洗い場
Joos de Momper 作
17 世紀前半
Bruges のマーケット広場
Jan Baptist van
Meunincxhove 作
1696 年
村の広場の魚マーケット
Barent Gael 作、
日時不明、(17 世紀末)
村の宿の前の鶏マーケット
Barent Gael 作
日時不明、17 世紀末
マーケット
Alessandro Magnasco 作
18 世紀前半
アベリストウィス (Aberystwith)
のマーケット、 セピア
Samuel Ireland 作
1797 年
マーケットからの帰り
油絵
Augustus Wall Callcott 作
1834 年頃
Woudrichem の
魚マーケット
Jan Weissenbruch 作
1850 年
Zaltbommel の
マーケットの日
Elias Pieter Van Bommel 作
1852 年
Bangor の
マーケットの日
John J Walker 作
1856 年
コンスタンティノープル
のマーケットの光景
Ivan Aivazovsky 作
1860 年
オランダの
Crote マーケット
Cornelis Springer 作
1862 年
タウンホールと
マーケット
Cornelis Springer 作
1864年 (詳細)
ウェールズの Pwllheli
マーケット、水彩画
Frances Elizabeth Wynne 作
1866 年頃
月光がさす
野菜マーケット
Petrus van Schendel 作
19 世紀
マーケットの光景
Alberto Pasini 作
19 世紀末
北アフリカのマーケット
Frederick Arthur
Bridgman 作、1923 年
Poltava のマーケット
Vladimir Egorovich
Makovsky 作、 日時不明