ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Chichester Cross - Wikipedia

チチェスター・クロス: Google map

チチェスター・クロス (Chichester Cross)

チチェスター・クロス はウェスト・サセックス州チチェスター市の中心にある 精巧な垂直ゴシック様式のマーケット・クロス (Perpendicular market cross) で、4 つの主要な道路の交差点に立っている。 銘文によると、このクロスはチチェスター大司教 (Bishop of Chichester) である エドワード・ストーリー (Edward Story) により 1477 年から 1503 年にかけて建設された。 しかし確かなことはほとんど知られていない、この建築物のスタイルと飾りから示唆される点は エドワード 4 世の治世の時代のものであることである。 これが建設されたのは貧しい人々に商品の売り場所を与え、集会場所を与えるためであった。 より初期の木造クロスが大司教のウィリアム・リード (William Reade, 1369 年 - 1385 年) により同じ場所に設置されていた。 石造クロスはチャールズ 2 世の治世の時代に修理され、 1746 年に第 2 代リッチモンド公爵 (2nd Duke of Richmond) であるチャールズ・レノックス (Charles Rennox) の経費で賄われ、今日に至っている。

2002 年のチチェスター・クロス 1831 年頃のチチェスター・クロス
イラスト

このマーケット・クロスはカーン石 (Caen stone, 仏 カーンの近くで産出される石灰岩) -- この時代の最も好まれた建築資材の 1 つ -- により建設された。 クロスの形は八角形で各頂点には強固なアーチの支え (butment) あり、 小尖塔 (pinnacle) が上に 載っている。 各面には尖ったアーチを通り抜ける入り口があり、アーチはクロケット (crocket、葉飾り) とフィニアル (finial、尖塔の先端部の装飾) で飾られている。 この上の 4 つの側面にタブレット (tablet) があり、 チャールズ 2 世の治世における修復を記念している。 各タブレットの上には文字盤があり、3 つの主要なストリートに時刻を表示し、 4 番目はこの特典から除外され、角度をなして面している。 中央には大きな円柱があり、この基底部が中央になり、 この柱に幾つかのアーチ天井 (vault) が挿入され、交差部が中央から広がり、美しく形作られた天井を形成している。 中央の柱は屋根を突き抜けているように見え、8 枚の空を飛ぶ支え壁 (butress) により、支えがないように見え、 支え壁は建造物の幾つかの角に安置されている。 ウィルトシャー州 (Wiltshire) のマームズベリー・マーケット・クロス (Malmesbury Market Cross) は これ以外に現存する類似の中世末期屋根付きのイングランドのマーケット・クロスであるが、少し小さく、もっと単純である。

19 世紀の初めまでは、このクロスはマーケット・プレース (market place) として使用されたが、 市の人口が増え、この目的のためにはもっと広い場所が必要となり、 1807 年頃に、大きくて、もっと便利なマーケット・ハウス (market house) がノース・ストリートに設置され、 これの完成により、このクロスを取り壊すことが提案された、これが邪魔と思われたからである。 市 (corporation) の何人かのメンバーがこのクロスの北側の何軒かの家屋を購入して、これを取り壊して通りを広げた時に、 このクロスの取り壊しが免れた。