ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Arcade (architecture) - Wikipedia

アーケードは屋根付きの通路で、連続するアーチが通路の屋根を支えるものですが、 英語のアーケードは日本語で使用するアーケードとは少し違い、 連続するアーチが通路をまたぐ必要はありません。写真を見れば違いがわかります。

アーケード (建築) (Arcade (architecture))

アーケードは隣接するアーチが連続したもので、各アーチが柱 (column) あるいは支柱 (pier) で支えられたものである。 外部アーチは歩行者に屋根のある歩行路を提供するためにデザインされている。 歩行路は両側に店が並んでいることもある。 アーケードには歩行路の両側にアーチがあることがある。 あるいは、ブラインド・アーチではアーケードは中が詰まった 1 つの壁に重なっている。 ブラインド・アーケードはゴシック建築に影響を与えたロマネスク建築の造作である。 ゴシック建築の伝統では、 アーケードは内部にあることもあり、 ネイブ (nave) の最下層の壁で、 大聖堂のトリフォリウム (triforium) とクリアストーリー (clerestory) を支えたり、 あるいは外部にあることもある。 後者の場合には通常は中庭と回廊を取り囲む歩行路の一部である。

多くの中世のアーケードは、アーケードの空間内、あるいは壁の後ろに店や屋台を収容している。 ここから 「アーケード」 は建築的なアーケードの中になくても、単一の建物にある一連の店を意味する一般的な 言葉になった。

アーケード (arcade) はフランス語の arcade に由来し、 これはプロバンス語の arcade、あるいはイタリア語の arcata に由来し、 元々はラテン語の arcus (弓) を基礎に置いている (arc (弧) と arch (アーチ) を参照の事)。

ウクバのモスク内部の
アーケード、ここは
カイルアンの大モスク
とも呼ばれる。
チュニジア、 カイルアン
イーリー大聖堂
ノルマン様式の
ブラインド・アーチ
  1. 歴史
  2. アーケード商店街 (Shopping arcades)
  3. 著名なアーケード
  4. ギャラリー
歴史

アーケードは少なくとも、ヘレニズム時代の古代ギリシャ建築にさかのぼり、 ローマ人によって、例えば、 コロッセウム (Colosseum) の基礎によく使用された。 教会の回廊は非常にしばしばアーケードを使用した。 イスラム建築は非常にしばしば、とりわけモスクの中と外でアーケードを使用した。 ルネッサンスの建築では、 優雅なアーケードが正面の顕著な造作としてしばしば使用され、 例えば、オスペダーレ・デリ・インノチェンティ (Ospedale degli Innocenti, Hospital of the Innocent, 孤児院) (1419 年依頼)、 あるいはパラツォ・バルディ (Palazzo Bardi) があり、どちらもフィレンツェの フィリッポ・ブルネレスキ (Filippo Brunelleschi) によるものである。

ダマスカスの大モスクの中庭 後方に店があるアーケードが
フランス、メッツ (Metz) の元々
中世盛期の家屋の列に沿って走る。
アーケード商店街 (Shopping arcades)

フランスの建築家のベルトラン・ルムワンヌ (Bertrand Lemoine) は 1786 年から 1935 年の時代を l’Ère des passages couverts (レートル・デ・パサージュ・ウベール、 アーケード時代) と述べている。 彼はこの時代にヨーロッパ中で繁栄した偉大なアーケード商店街を言及している。 アーケード商店街 (shopping arcade) は 1 つの屋根の下で営業する複数の商店を言及している。 典型的には屋根はガラスで建設して、自然な光を取り入れて、ロウソクや電灯の光の必要性を削減した。 18 世紀と 19 世紀のアーケードは上品な中流階級 (genteel middle classes) を引き付けるようにデザインされていた。 そのうちに、これらのアーケードは買い物をして見物する場所になった。 アーケードは騒々しくて汚い通りを特徴づける混乱からかけ離れた閉鎖空間を買い物客に提供した; 厳しい気候からかけ離れた、温かくて乾燥した空間が与えられ、 人々が溶け込んで、暇な時間を過ごす安全な場所が与えられた。 アーケードを覆う何千枚ものガラスがヨーロッパ中に広がるにつれ、 アーケードはより壮大に、もっと飾り立てられた。 19 世紀中頃には、これらはファッションと社会生活の顕著な中心となった。 これらのアーケードをぶらぶら歩くことが、登場し始めた中流階級にとり、 人気の高い 19 世紀の気晴らしになった。

壮大なアーケード商店街のインスピレーションはフィレンツェの 開放 ロッジア (loggia) に由来するかもしれない。 16 世紀の最中に、屋根付きアーケードの下で、移動可能な屋台を使用するマーケット・トレードのパターン がフィレンツェで確立し、ここからイタリア中に広がった。 最も初期のロッジア (loggia) の実例に含まれるものは: メルカート・ヌオーヴォ (Mercato Nuovo (New Market), 1547 年)、 ジョバンニ・バチスタ・デル・タッソ (Giovanni Battista del Tasso) によるもの (資金繰りは メディチ家による); フィレンツェのメルカート・ヴェッキオ (Mercato Vecchio (Old Market))、 ジョルジョ・ヴァザーリによるもの (1567 年); ロッジア・デル・グラノ (Loggia del Grano, 1619 年)、 ジュリオ・パリッジ(Giulio Parigi) によるものがある。

ロッジア・デル・メルカート・ヌオーヴォ、」
イタリア、フィレンツェ

アーケードはまもなくヨーロッパ、北米、そして地球の反対側に広がった。 これらの壮大なアーケード商店街の実例に含まれるものは: パレ・ロワイヤル (Palais Royal)、パリ (1784 年開設); パッサージュ・ド・フェイドー (Passage de Feydeau)、パリ (1791 年開設); ピカデリー・アーケード (Picadily Arcade)、ロンドン (1810 年); 及び、 ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア (Galleria Vittorio Emanuele)、ミラノ (1878 年) である。 これ以外の 19 世紀の著名な大アーケードに含まれるものは ブリュッセルの ギャルリー・ロワイヤル・サンチュベール (Galeries Royales Saint-Hubert、1847 年落成)、 および、 イスタンブールのチチェッキ・パサジュ (Çiçek Pasajı、 1870 年に開設) がある。 アーケード商店街は現代のショッピング・モールの先駆であり、 単語の「アーケード」 はしばしば建築的な型式を全く使用しないモールに使用される。

パレ・ロワイヤルは 1784 年に開設し、パリで最も重要な市場の 1 つとなり、 一般的に大アーケード商店街の最も初期の実例とみなされている。 元々、王宮で、複合施設を構成していたのは: 庭園、店、そしてエンターテイメント施設が元々の (アーケードを支える) 柱列の下にあった。 この場所が誇ったのは 145 軒ほどの、ブティック (boutique)、 カフェ (cafés)、サロン (salons)、ヘアー・サロン (hair salons)、本屋、 博物館、多くの軽食のキオスク (kiosk)、更には 2 つの劇場は言うまでもなかった。 小売店はぜいたく品を専門にし、例えば上質宝石類、毛皮、絵画、 そして裕福なエリートに訴えるようにデザインされた家具を扱った。 パレの複合施設で営業する店は物々交換のシステムを放棄したヨーロッパで最初の店の 1 つであり、 固定価格を採用し、客が物々交換で口論することから解放した。 店には長いガラスの外部の窓があり、これにより登場しかけている中流階級が ウィンドウ・ショッピングをすることを可能とし、高い値段を工面できなくても、 空想に浸ることができた。 従って、パレ・ロワイヤル (Palais-Royal) はアーケード商店会の新スタイルの最初の実例の 1 つとなり、 貴族と中流階級のどちらも、始終訪れた。 ここは洗練された会話の場所として有名となり、 サロン、カフェ、本屋のまわりをめぐったが、 非番の兵士が始終行く場所となり、売春婦がうろつく場所になり、彼女たちは建物のアパートを 借りていた。

アーケード商店街の英国で最初の実例の 1 つである、イングランド、オクスフォードの カバード・マーケット (Covered Market) は 1774 年 11 月 1 日に公式に開設し、 現在でも現役である。 カバード・マーケットは 「だらしなく、汚く、まずい屋台」 を一掃する一般の望みに応えて開始した。 マグダレン橋 (Magdalen Bridge) の建築家であるジョン・グウィン (John Gwynn) が計画を描き、 4 つの入り口を持つ前面のハイ・ストリート (High Street) をデザインした。 1772 年に、新しく作られたマーケット委員会 -- 半分が町の人で、半分が大学の人 -- は 20 軒の肉屋 (butcher) の店の建設に 916 ポンド 10 シリングの見積もりを認めた。 もう 20 軒がすぐに続き、1773 年の後では肉はマーケット内部でのみ売ることが許可された。 この中心部から、マーケットが育ち、菜園の農産物、豚肉、乳製品、魚の屋台があった。

サンクトペテルブルク (St. Petersburg) の ゴスチーヌイ・ドヴォール (Gostiny Dvor) は もう一つのアーケード商店街である。 ネフスキー大通り (Nevsky Prospect) と サドーヴァヤ通り (Sadovaya Street) の交差点を 1 km 以上広がり、 53,000 km2 (570,000 平方フィート) の地区を取り囲み、 100 店舗以上の屋内複合施設は建設するのに 28 年以上かかった。 建設は 1757 年に バルトロメオ・ラストレッリ (Bartolomeo Rastrelli) による入念なデザインで開始したが、 これはまもなく見捨てられ、もっと高価でなく、もっと機能的な新古典的なデザインが支持され、 これはジャン-バプティスト・ヴァラン・ドゥ・ラ・モト (Jean-Baptiste Vallin de la Mothe、1729 年 - 1800 年) により提出されたものであった。

続く世紀の間を通じて、 ゴスチーヌイ・ドヴォール は増大され、その結果内部に 10 本の通りができ、20 世紀までに 178 もの店舗ができた。 第二次世界大戦後の再建の最中に、内部の壁が取り壊され、 巨大なショッピング・モールができた。 巨大な 18 世紀の構造は最近模様替えされ、 東ヨーロッパで最もファッショナブルなショッピング・センターの 1 つとして、21 世紀に進入した。

初期のフランスのアーケードにパサージュ・デュ・ケール (Passage du Caire ) があり、 エジプトとシリアへのフランスの戦役にたいする賛辞として 1798 年に作られた。 これは天候、騒音、そして通りのごみから保護されているとして公衆により評価された。 1 年後、アメリカの建築家のウィリアム・セイヤ― (William Thayer) は パサージュ・デ・パノラマ (Passage des Panoramas) を作り、2 つのパノラマ画の間を通る店の列があった。 アーケード商店街がますます第二次 フランス復古王政 (Bourbon Restoration) で建設された。 アーケードの 2 階にはしばしばアパートがあり、時には売春宿があった。

著名なアーケード
宗教建築物
アーケード商店街
ギャラリー
カバード・マーケット内部
イングランド、オクスフォード
クリーブランド・アーケード
米国オハイオ州クリーブランド、
ダウンタウン、1890 年建設
ワルザザート・スーク
(Ouarzazate souk)
モロッコ
ストランド・アーケード
シドニー CBD
オーストラリア、1892 年開設
パサージュ・デ・パノラマ
フランス、パリ
マドンナ・ディ・サン・ルカ聖堂
のアーケード、イタリア、
ボローニャ、 2016 年
ロイヤル・アーケード
オーストラリア、メルボルン
1870 年開設
Bonne-Espérance Abbey
(ボン・エスペランス修道院)
内部のアーケード
Mozaffarieh:
タブリーズのバザール
(Tabriz Bazaar)、イラン
絨毯の販売専門