ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Rueda Abbey - Wikipedia

ルエダ修道院: Google map ストリート・ビュー

ルエダはスペイン語で水車の意味で、この修道院には大きな水車があります。

ルエダ修道院 (Rueda Abbey)

ルエダ修道院 (Rueda Abbey) あるいはルエダ・デ・エブロ修道院 (Rueda de Ebro Abbey、 スペイン語:Real Monasterio de Nuestra Señora de Rueda or Royal Monastery of Our Lady of the Wheel (水車の王立聖母修道院)) は以前のシトー修道院で、 スペイン、アラゴン州 サラゴサ県、リベラ・バハ・デル・エブロ (Ribera Baja del Ebro) コマルカ (comarca, 地方行政区) のサスタゴ (Sástago) にあり、 サラゴサ (Zaragoza) の南東 74 km の エブロ川 (Ebro) の左岸にある。 建物は政府により保存され、ホテルと会議センターとして使用されることが意図されている。

修道院の建物のパノラマ
  1. 歴史
歴史
初期の歴史

最初のシトー修道院は 1089 年、フランス、シトー (Cîteaux) で設立された。 それ以来、4 つの修道院 (daughter abbeys) が生まれ、これには 1115 年のフランス、 モリモン (Morimond) のものが含まれる。 モリモン修道院 (Morimond Abbey) の修道士は 1152 年にフランスのジモン修道院 (Gimont Abbey) を設立した。 ジモンの修道士は 1162 年にスペインの Burjazud (サラゴサ (Zaragoza) の北の ビジャヌエバ・デ・ガジェゴ (Villanueva de Gállego)) の土地を譲渡された。 この土地は 1182 年に アラゴンの国王アルフォンソ 2 世 (King Alfonso II of Aragon) による譲渡で増え、 サラゴサ (Zaragoza) の南東のおよそ 50 km 下流の川岸の険しい城とエスカトロン村 (Escatrón) を含むことになった。 もう 20 年後に、 Real Monasterio de Nuestra Señora de Rueda がエブロ川の川岸の 島と塩水ラグーン (salt lagoon) (~ 12 km North) のそばに設立された。

訳注
上の文章で「島と塩水ラグーンのそば」としてある部分の意味が若干不明です。 修道院の場所はエブロ川のかなり上流にあり、「ラグーンのそば」とあるのは 原文を書いている人が英語を母国語にしていないため、不注意に用語を使用した結果と思われます。 恐らく河口のラグーンも修道院の所有地で、そこで塩を製造していたと思われる。(以下の記述を参照。)
主な入り口 内部の光景

主要工事が 13 世紀の最初の 1/4 世紀末に始まり、最初の境界は 1238 年の以前に奉献された。 lavatorium が 13 世紀に建設された。 回廊 (cloister) がバレル・ヴォールト (barrel vault) の石組建設を使用してデザインされた。 15 世紀初めまでに、 古い修道院長の邸宅 (Abbot's Palace)、農場支援建物 (farm support buildings) と俗人領域 (laity area) が完成した。 設置初期から、修道士は重要な水理工事 (hydrological works) を実施し、 これには エブロ川 (Ebro) の堰 (dam) と巨大な水車、あるいは 「ルエダ」 (rueda) の建設が含まれた。 水車は川の流れの一部分をゴシックの水道 (Gothic aqueduct) に振り向け、 修道院の色々な場所に分配した。 それ所か、水路の多くと配管 (plumbing) の使用は今日でもすぐに目に留まる。 この一連の水理の新しい考え (hydrological innovation) は初期の屋内配管 (indoor plumbing) と 下水処理 (waste disposal) の実例であり、更には本物のセントラル・ヒーティング・システムの実例である。

人が住んでいないイスラム教徒の辺境地域で、 修道士は多くの有益な手段 (implement) を開発し、 例えば、 塩輸送ラバの道 (salt mule track), 製塩所装置 (saltwork equipment), 河川桟橋 (fluvial pier), 河川ラバ・ハシケ輸送 (fluvial mule barge transport), 油ミル (oil mill), 製粉ミル (flour mill), 水車が付属した石造の灌漑用水 (stone irrigation ditch with a waterwheel), ブドウ園 (vineyard), ワイン貯蔵室 (wine cellar), 見張り詰め所がある壁で囲まれた果樹園 (orchard surrounded by a sentry-boxed wall) があった。

近現代 (Modern era)

更なる改良ともっと手の込んだ再建が 16 世紀と 17 世紀に起き、とりわけ主要広場の周りにあった。 注目すべきはヘレリアン様式 (Herrerian style) のルネッサンス・アーケードで、 これは中世の建築複合施設と 修道院長の邸宅 (Abbot's Palace) を接続している。 ここから一連の新参者の部屋と寝室がアーケードの後ろに建設された。

17 世紀と 18 世紀の国王ゲート (Royal Gateway) と門番小屋 (gatehouse) が、 全複合施設への現代の入り口になったいる。

19 世紀から現在まで

1837 年と 1838 年のメンディサバルの教会没収 (Ecclesiastical Confiscations of Mendizábal) の結果、 修道院に属していた土地と建物は売却されて、農業に使用され、 相当な破壊が起きた。 1990 年に資産はアラゴン政府 (Diputacion General de Aragón) による獲得を通じて、 政府のコントロール下に置かれた。 その後、巨大な出費、相当な保存と復活がなされた。 現在は 3 つ星ホテルと会議室を含んでいる。 中世の部分はどこも変更されていない。 更なる復元が将来に計画されている。