ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Industrial Revolution in the United States - Wikipedia

この文章では工場による繊維産業を産業革命ととらえているがこれは正しくありません。 19 世紀始め頃までは、米国東海岸の状況は農業が支配的で、農業以外の職業がほとんどなく、 繊維工場の人手不足を補うために女工 (ミル・ガールズ) 方式などが使用された (ローウェル・ミルズウォルサム・ローウェル・システムを参照)。 農業の効率が上がれば、農業人口の比率が少なくても十分となり、 他の産業に従事できる人が増え本当の産業革命になる。 産業革命には農業の効率化が最初に必要となり、このために効率の良い物流網 (運河など、農産物の出荷用)、 効率の良い農機具が当面必要となる。 更なる発展のためには、更に効率の良い機械 (農業機械も含む) の必要性も出てくるかもしれないし、 繊維産業により機械を製造する産業が育つかもしれない。 英国は木綿の製造機械の輸出を禁止していたので、是非とも米国で製造する必要があったことであろう。

この文書の末尾で訳注:米国産業化の年表を追加しています。

サミュエル・スレーターが英国から木綿製造技術を盗んで、米国に旅立ったのは 1789 年のことで、 この時点で米国はすでに独立を達成 (1783 年) していますから、この話は米国が独立国になってからの話です。

第二次世界大戦前の日本の生糸工場の機械は英国からの輸入品で、自国で生産したものではなく、 しかも消費者の少ない生糸のみの製造ですから、この米国における黎明期の木綿産業よりははるかにレベルが低いものです。

米国の産業革命
(Industrial Revolution in the United States)

米国における産業革命は手作業を基礎にする産業から、技術を基礎にする産業への移行が 関連し、これにより米国における全体的な製造と経済成長を大いに増大した。 これは農業経済から産業経済への移行を意味し、広く認められているように、 サミュエル・スレーター (Samuel Slater) が英国産業革命の繊維産業の手段を米国に導入したことの結果であり、 1812 年の戦争によって必要とされたものであった。

サミュエル・スレーター、米国産業革命の父
  1. 原点
  2. 第一次産業革命の影響 (Effect of the First Industrial Revolution)
  3. 訳注:米国産業化の年表
原点

西ヨーロッパが 1700 年代末と 1800 年代始めに産業化を始めた時に、 米国は農業的なままで、 資源処理、例えば穀物ミル (gristmill) や 製材所 (sawmill、鋸ミル) が 主な半産業の仕事であったが、米国での資源の需要が増え、 希薄な人口により、運河と鉄道が経済成長に極めて重要となり、 とりわけ西部の辺境地域 (Western frontier) のような資源が豊かな場所でこのようになった。 これにより、米国は技術的な可能性を拡張することが必要となり、 これにより産業革命が米国の海岸に到達することになり、 事業家が競って、互いに学び、よりよい技術を開発し、 基本的にそして恒久的に米国の経済を変更して、新しい産業化の時代に押し込んだ。

「産業革命の父」 (The "Father of the American Industrial Revolution") であるサミュエル・スレーター (Samuel Slater) は 1768 年 6 月 9 日にイングランド、 ダービーシャー、のベルパー (Belper) で生れ、 10 才から木綿ミル (cotton mill, 木綿工場) で働き始めた。 彼は米国人が産業革命の新技術に興味を持っていることを知っていたが、 このようなデザインを輸出することはイングランドでは違法であったため、 彼はできる限り記憶して、1789 年にニューヨークに向けて違法に出発した。 ロード・アイランドの先導的な産業家であるモーゼズ・ブラウン (Morses Brown) はポータケット (Pawtucket) で、 1 台の 「32 スピンドルの紡績機」 (32-spindle frame) を持つ工場を操業しようとしていたが、 できなかった。 この時にスレーター (Slater) はサービスを申し入れ、ブラウンのために英国のデザインを再現する約束をした。 ブラウンがスレーター (Slater) に最初の要求を満たす初期投資をした後で、 工場は 1793 年に成功裏に開かれ、米国で水力によるローラー紡績工場 (roller spinning textile mill) になった。 1800 年までに、スレーター (Slater) の工場は他の多くの事業家によって模倣され、スレーター (Slater) はより豊かになり、 彼の技術はますます人気になり、 これにより彼は、米国では アンドルー・ジャクソン (Andrew Jackson) により「米国産業革命の父」 と呼ばれたが、 英国では多くの人に「裏切者スレーター」と呼ばれた。 多くの人は彼が自分達を米国人に売ったと感じた。

第一次産業革命の影響
(Effect of the First Industrial Revolution)

産業革命は米国経済を恒久的に変更し、米国が 金メッキ時代 (Gilded Age) における技術的変更と 第二次産業革命を支配する舞台を設定した。 アメリカ・システム (経済計画) (American System (economic plan)) は新しい経済的な考えに道を譲り、 これには 古典派経済学 (classical school of economics) があり、これは貿易と商業の成長を支援し、 しかし、今度は米国が輸入国であるよりもより大きな輸出国となり、 これは冷戦の終わりまで続き、中国からの劇的な増加があった。 産業革命では頻々と人手不足不足が少なくなることも示し、 人手不足は 18 世紀末と 19 世紀始めの米国経済を特徴づけるものであった。 これは、同時期に起きた輸送革命 (transportation revolution) があったからで、 これは、当時の米国の本当の大きさと低人口密度により随分と重要であり、 ウィルダネス・ロード (Wilderness Road、[訳注:開拓時代に東海岸からケンタッキーに到達した道]) とエリー運河を通り抜けるような当時の人口の中心地を接続するものであった。 これは蒸気ボートと鉄道輸送の発展と連動して、 手始めに都市化の現象が起き、ニューヨークやシカゴのような大都市の近郊で利用可能な労働力を増やし、 当時の古典的な米国の人手不足を緩和した。 これにより、国中で資源と物資のより敏速な移動も可能になり、 劇的にトレードの効率と出力を増やし、 一方で、米国が第二次産業革命から成長するための広大な輸送基地が可能となった。

訳注:米国産業化の年表
1789 年 ダーウェント峡谷で繊維技術を盗んだ サミュエル・スレーターがイングランドからニューヨークに向けて出発。
1793 年 スレーターとブラウンがポータケット (Pawtucket) に最初の木綿工場を作る。 (スレーター・ミル歴史遺跡)
19 世紀始め ウォルサム・ローウェル・システム (女工システム) を使用して、木綿製造工場に女工の採用。 本格的な産業革命に達していないので、労働者の確保が困難となり女工に依存。 (本格的な産業革命では農業の効率化が進み、労働力が余剰となって労働者の採用が容易になる。) 女工システムは南北戦争頃に終焉。
1825 年 エリー運河の開通、同じ頃リーハイ運河の操業開始。 (アパラチア山脈から東海岸に石炭を輸送。) リーハイ運河により米国は始めて国内産石炭の使用が可能 となる。(これ以前は英国から輸入。)
1831 年 モリス運河の開通、リーハイ運河の石炭をニューヨークの近くまで輸送。米国の石炭利用が加速する。

エリー運河が開通した頃から米国の東海岸では産業革命に突入することがわかります。以下のようにことが進みます: エリー運河が開通した頃にリーハイ運河も操業を開始し、これにより 米国東海岸では国内産の石炭の使用が可能となり、ニューヨークでは 製鉄産業が発展し、これで鉄製の農機具 (鋳鉄製) が製造されるようになります。 (もっとも、そのうちニューヨークが都会化して、産業がニューヨークから消滅する。)

鉄製の農機具はエリー運河経由で アパラチア山脈の西に運ばれ、農業の効率化が開始することになり、 農業で労働力が余剰となり、他の産業に従事できる労働力が登場することになり、 これで米国の東海岸で産業革命に突入することになるのです。

従って、米国東海岸に限定すれば、産業革命に入る前から、繊維産業があることがわかり、 繊維産業 = 産業革命 が、そもそも成立していないことがわかります。 産業革命に突入していないため、余剰の労働力の確保がむつかしく、 ウォルサム・ローウェル・システム (女工システム) によって、木綿製造工場の労働力を確保しようとしたのです。

なお米国全体で産業革命に突入するためにはもっと多くのことが必要となり、 米国全体で産業革命に突入する時期は 19 世紀中頃と言われています。 (蒸気ボート + 鉄道 (蒸気機関車) による物流網、更には蒸気動力の農業機械、などなどが必要となる)