ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Lehigh Canal - Wikipedia
リーハイ運河 (Lehigh Canal)

リーハイ運河はペンシルバニア州東部のリーハイ川に沿った 72 マイル (118 km) の運河である。 運河は 1818 年から 1830 年代にかけて「リーハイ石炭 & 水路会社」によって建設された。 運河はリーハイ峡谷上部の無煙炭を北東の市場、とりわけフィラデルフィアに輸送することに使用された。 運河はペンシルバニア運河 -- 運河と曳舟道の複合システム -- の一部をなしている。 運河は 1960 年代にリクリエーション用に売却された。 今日では運河の部分はデラウェア・リーハイ国立歴史遺産回廊 -- 多目的鉄道トレイル -- に変換された。

  
防御水門から見たリーハイ運河
と水門の家、ペンシルバニア州
ノーザンプトン郡アイランド・パーク・ロード
リーハイ運河の下流運河区
ジム・ソープからイーストンまで
  1. 歴史
  2. 活動
  3. 画像
歴史
初期の歴史

最初の建設

無煙炭の大きな鉱床の発見により、 リーハイ炭坑会社が作られ、石炭が輸送された。 石炭はリーハイ川を下り、デラウエア川に出て、 フィラデルフィアの成長する消費市場に運ばれた。 この際にイーストンのペンシルバニア運河 (デラウェア運河区) の接続を経由した。

リーハイ運河は、ニューヨークのエリー運河の技術者の 1 人であるキャンバス・ホワイト (Canvass White) によりデザインされ、1818 年から 1829 年に建設された。 拡張されたリーハイ水路はペンシルバニア州のマウフ・チャンク (Mauch Chunk、今日のジム・ソープ (Jim Thorpe)) とイーストン (Easton) の間の 46 マイル (74 km) におよび、 52 基の水門、8 基の防御水門、8 基のダム、6 基の水道橋があり、 水路が 350 フィート (107 m) の高度差を克服した。 計量水門 (weigh lock) がボートの通行料を決め、 これはマウフ・チャンクの半マイル (1 km) 南にあった。 デラウェア川を横断してモリス運河に接続し、ニュージャージー州を通り抜ければ、 リーハイ運河からニューヨーク市まで石炭をもっと直接的に輸送できた。

訳注
Google map: ジム・ソープ (Jim Thorpe)

拡張

1830 年代に、ペンシルバニア州ホワイト・ヘブン (White Haven) まで 26 マイル (42 km) 延長され、ここには 20 基のダムと 29 基の水門があり、 マウフ・チャンクから 600 フィート (183 m) 上昇した。 1855 年に運河は最盛期を迎え、百万トン以上の荷を運んだ。

訳注
Google map: ホワイト・ヘブン (White Haven)

凋落

運河の凋落は鉄道との競争と 1862 年 6 月 4 日の破局的洪水により始まった。 運河は 1940 年代まで輸送手段の 1 つとして使用され、 (これは他の類似の運河が操業を停止してからおよぞ 10 年後のことで、) 北米で曳舟道が付いた運河として完全に機能した最後の運河であった。 1962 年に、運河の大半は、 リクリエーション用として、私的あるいは公的な組織に売却された。

最近の歴史

運河の幾つかの区間は 1979 年に 国の登録歴史財 (National Register of Historic places) として登録され、 その登録名は: 「リーハイ運河」、「リーハイ運河のカーボン郡区間」(#79002179)、 「リーハイ運河:東部区間のグレンドンとアボット・ストリート産業遺跡」(#78002437)、 「リーハイ運河:アレンタウンからホープビル区間」(#79002307) 等である。 カーボン郡区間は、「上運河水門 #1 から下運河ダム #3」とも呼ばれ、 登録財には 30 の貢献構造物が含まれている。

訳注
Google map: カーボン郡 (Carbon County)、 グレンドン (Glendon)、 アレンタウン (Allentown)、 イーストン (Easton)

東部区間はリーハイ川のそばを走り、 ホープビルからペンシルバニア州イーストンのリーハイ川とデラウェア川の合流点まで走っている。 ここにはチェーン・ブリッジが含まれ、1974 年に別に国の登録歴史財に登録されている。 東部区間の登録歴史財は 260 エイカー (110 ヘクタール) の領域で、 3 件の貢献建造物、7 件の貢献遺跡、11 件の貢献構造物がある。

訳注
チェーン・ブリッジ (固有名詞) は次の鋼のケーブルのことで、 移動橋とのことです。
移動橋というのは曳舟道が運河 (or 川) の反対側に移るときに通る橋のことなので、 運河 (川) の反対側に行くためにケーブルを引いて反対側に渡ったと思われます。 これはかなり重労働になります。

アレンタウン (Allentown) からホープビル (Hopeville) の区間は、 53.9 エイカー (21.8 ヘクタール) の領域で、 貢献建造物にはギリシャ復古調でこの地固有の連邦建築が含まれ、11 の貢献構造が含まれている。

訳注
「ギリシャ復古調」(Greek Revival) と「連邦建築」(Federal architecture) に関しては、 アメリカ合衆国の建築に解説があります。
活動

8 マイル (13 km) の曳舟道の区間は多目的トレイルに変換され、 フリーマンズバーグ (Freemansburg) から、ベツレヘム (Bethlehem) を通り、アレンタウン (Allentown) に至っている。 トレイルは川と活動中の鉄道軌道のそばを走っている。 ジム・ソープの近くの区間はリクリエーション用である。 イーストンの最後の区間は国立運河博物館によって維持・操業されている。 他の区間もアクセスできるが、自然の力で曳舟道がすり減った場所もあり、アクセスすることが安全ではない場所がある。

訳注
Google map: フリーマンズバーグ (Freemansburg)、 ベツレヘム (Bethlehem)
画像
マウフ・チャンクのシュートで
石炭を荷済み。1873 年
はかりの付いた計量水門で
料金を決定、1873 年
運河がベツレヘムを通過、1906 年
水門 25 の遺構、2006 年 水門 28 の入り口のゲート 水門 28 の壁、積み上げられた石の
詳細、ホワイト・ヘブンの近く、2008 年