ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Allegheny Front - Wikipedia
アレゲーニー・フロント (Allegheny Front)

アレゲーニー・フロント (Allegheny Front) はアレゲーニー山脈にある 南東あるいは東を向く主要な急斜面で、 これがある場所は: ペンシルバニア州南、 メリーランド州西、 ウェスト・バージニア州東である。 アレゲーニー・フロントは東の リッジ&バレー・アパラチア (Ridge-and-Valley Appalachians) と西のアパラチア高原 (Appalachian Plateau、 ここではアレゲーニー高原と呼ばれる) の境界になっている。 フロントはアパラチア山脈の東部大陸分水嶺 (Eastern Continental Divide) と密接に関連し、 この分水嶺はメキシコ湾に流れる オハイオ川/ミシシッピ川システムの水を、 チェサピーク湾及びここから大西洋に流れる複数の川から分離している。

しかしながら、フロント (the Front) と分水嶺 (the Divide) は常に同じではない; 例えば、ポトマック川の北支流はアレゲーニー・フロントのずっと西の、 メリーランド州南西角の近くのフェアファックス石 (Fairfax Stone) で始まり、 これは西方のモノンガヒラ川/オハイオ川に排水するヨカゲイニ川 (Youghiogheny River、/jɒkəˈɡeɪni/) の源流から、 実際の分水嶺を越えてたった 10 マイルの所にある。

訳注
フェアファックス石 (Fairfax Stone) に関しては、 アレゲーニー山脈最初の測量に簡単な記述がある。

アレゲーニー・フロントはミシシッピ川の東で、もっとも風のある場所の 1 つで、 最近ここに ウィンド・ファーム(wind farm、風車群)が設立されることになった。

メリーランド州のアレゲーニー・フロントの一部分
であるダンズ山 (Dans Mountain)
アレゲーニー・フロントはカンバーランド峡谷の西で、
ニューヨークのハイデルバーグ (Heiderberg) 急斜面
とテネシー州のウォールデン尾根 (Walden Ridge)
の間に広がるアパラチア急斜面の一部分である。
  1. 地理
  2. 地質
  3. 生態系
  4. 経済的重要性
地理

アレゲーニー・フロントはアパラチア山脈構造フロント (Appalachian Structural Front) の一部分をなし、 アパラチア高原をアパラチア山脈リッジ&バレー地形区 (Appalachian's Ridge and Valley Province) から分離している。 この構造的造作に沿った色々な他の急斜面には 北東のキャッツキル急斜面 (Catskill Escarpment) と南西のカンバーランド急斜面 (Cumberland Escarpment) が含まれる。 アレゲーニー・フロント (Allegheny Fron) 自身は ペンシルバニア州中央南から南西におよそ 180 マイル (290 km) 延長し、 メリーランド州西を通り抜け、 ウェスト・バージニア州の東のパンハンドル部 (panhandle, フライパンの柄、突き出た部分) をこの州のそれ以外から分離している。

"アレゲーニー・フロント" (Allegheney Front) の名称はその範囲の大半を通じて、 その急斜面に適用される。もっともメリーランド州ではこの名称はほとんど使用されない。

アレゲーニー・ポーテッジ鉄道がアレゲーニー・フロントを横断するこの外形 (profile)
が、フロントの急斜面とアレゲーニーのギャップの険しさが如何にして、植民地及び
独立戦争後の西部 (今日の 中西部 (mid-west)) への容易な定住を妨げたか
の貴重な視点を与えている。これはフロントの西側の高地 -- アレゲーニー高原 --
の性質も示しているが、 リッジ&バレーの他の尾根線 (ridgeline) の一般的な
障壁山脈 (barrier range) としての性質を明確に実証していない。
標高 (elevation)

アレゲーニー・フロント (Allegheney Front) の最高部分は、 最南端の高地点であり、 ウェスト・バージニア州の ペンドルトン郡 (Pendleton)/ ランドルフ郡 (Randolph) の境界にあるポルト・クレヨン山 (Mount Porte Crayon) の 4,770 フィート (1,450 m) である。 この最も低い地点の 790 フィート (240 m) は ウェスト・バージニア州カイザー (Keyser) の近くのポトマック川の北支流 (North Branch) に沿っている。 フロントに沿った他の高地点に含まれるのは: ウェスト・バージニア州ドリー・ソズ地区 (Dolly Sods)、広い岩がちな高原で、およそ 4000 フィート (1,200 m) の標高がある; メリーランド州ダンズ山 (Dans Mountain) のダンズ岩 (Dan's Rock) で、2,895 フィート (882 m); ペンシルバニア州 ベッドフォード郡 (Bedford County) 北のブルー・ノブ (Blue Knob) で、 標高は 3,120 フィート (950 m) 以上である。

訳注
ノブ (knob) = 〈米〉小高くなった丸い丘
東部大陸分水嶺 (Eastern Continental Divide)

東部大陸分水嶺 (Eastern Continental Divide) の地方区間は通常、アレゲーニー・フロントの数マイル以内を通過し、 多くの場所ではこれと一致している; 大西洋とメキシコ湾の水を分離する分水嶺は西に流れるオハイオ川の集水域 (watershed) と 東に流れる サスケハナ川 ポトマック川及び ジェームズ川の集水域を分離する。 幾つかの東に流れる川 (creeks and rivers) では、源流がアレゲーニー・フロントに 切り込んで分水嶺を西に移動している。 これにはメリーランド州 カンバーランド西のポトマック川の北支流 (North Branch of Potomac River) があり、 これはアパラチア高原にずっと入り込んだ フェアファックス石 (Fairfax Stone) に源流があり、 ここはメリーランド州南西の端のすぐ南である。 フロントを東から西に横断する川はない。

ウェスト・バージニア州のドリー・ソズ (Dolly Sods)
地区のアレゲーニー・フロント頂上 (crest) 西側の
レッド川 (Red Creek);川は東部大陸分水嶺に沿っ
た源流があり、水はオハイオ川集水域の一部分として
メキシコ湾に流れる。
セネカ川 (Seneca Creek) はセネカ岩 (Seneca
Rocks) の西でアレゲーニー・フロントに切り込んで
いる。この短い急こう配の川は東部大陸分水嶺
に沿って源流がある; この水はポトマック川と
チェサピーク湾を経由して大西洋に流れる。
訳注
東部大陸分水嶺 (Eastern Cotinental Dives) は北米の分水嶺で、次の図の黄色の線です。 (Eastern Continental Divide - Wikipedia)
コースの詳細

アレゲーニー・フロントはロック・ヘイブン (Lock Haven) の町のすぐ北のペンシルバニア州中央で始まり、 南西に延長し、並走するのは; 最初はボールド・イーグル山 (Bald Eagle Mountain、ハゲタカ山)、 次にその東のブラシ山 (Brush Mountain) である。 フロントはペンシルバニア州とメリーランド州の境界のすぐ北の地点まで続き、 ここでおよそ 10 マイルほど東にズレて (offset)、 アルトゥーナ (Altoona) の西でこれを 特徴づける大胆な急斜面から、メリーランド州のもっと穏やかな斜面になる。

ペンシルバニア州の 1827 年のフィンリー地図 (Finley Map)

メリーランド州の メイソン・ディクソン線 (Mason-Dixon line) を横断して、 フロントは カンバーランドの西で ダンズ山 (Dans Mountain) になり、ダンズ岩 (Dan's Rock) で標高が 2,895 フィート (882 m) に達する。 メリーランド州の南の境界に沿って、 ポトマック川の北支流 (North Branch of Potomac River) は、 ウェスト・バージニア州カイザー (Keyser) のすぐ西で、 フロントを 790 フィート (240 m) に切り下げて通り抜けている。

ポトマック川の南の、ウェスト・バージニア州で、 フロントはストーム山地区 (Mount Storm) を通り抜け、次にドリー・ソズ (Dolly Sods) -- 標高 4000 フィート (1,200 m) の広いポッツビル礫岩 (Pottsville conglomerate、[訳注:Pottsville, 地名]) の岩盤 (bedrock) を持つ -- の東の端に沿って通過する。 ソズ (Sods) から、 フロントはポトマック川の南支流 (South Branch) の支流であるノース・フォーク (North Fork) 西側の のますます急になる急斜面として南に継続し、 「ロウアリング・プレーン」 (地名、Roaring Plains、咆哮する平原) が 急斜面の頂上 (crest) と共に、ドリー・ソズ地区 (Dolly Sodsz area) の高い高原を継続する。 アレゲーニー・フロント (Allegheny Front) の南端は、 ポルト・クレヨン山 (Mount Porte Crayon、 4,770 フィートあるいは 1,450 m) であり、 この後で大地はセネカ岩 (Seneca Rock) の西で、急激にセネカ川 (Seneca Creek) に落下する。

南方の急斜面

ポルト・クレヨン山 (Mount Porte Crayon) とセネカ川 (Seneca Creek) の南で、アパラチア山脈構造フロント (Appalachian Structural Fron) はそれほど、はっきりとまとまっていない。 ポッツビル礫岩をかぶせた (Pottsville-capped) スプルーズ山 (Spruce Mountain) の南とセネカ川 (Seneca Creek) の東で、 アレゲーニー・フロント (Allegheny Front) の地質が南に継続する; この尾根はスプルース・ノブ (Spruce Knob) -- ウェスト・バージニア州の最高点 -- で 4,863 フィート (1,482 m) の高さに達する。 同様に、急な急斜面 (steep escarpments) が 同じ地質構造を共有するのは、近くのアレゲーニー山脈 とバック・アレゲーニー山 (Back Allegheny Mountain) の東の斜面に沿っても (シェイバーズ山 (Shavers Mountain) の南端に沿ったものと同様に) 存在している。 アレゲーニー山の長い、ほとんど平坦な山頂は一般に、 高度がおよそ 4000 フィートから 4200 フィート (1,200 m から 1,300 m) で、 パディ・ノブ (Paddy Knob) は 4,477 フィート (1,365 m) に達している。 バック・アレゲーニー山 (Back Allegheny Mountain) と隣接するシェイバーズ山 (Shavers Mountain) の 高地点に含まれるのは: ガーティニア・ノブ (Gaudineer Knob、4,432 フィートあるいは 1,351 m)、 そしてボールド・ノブ (Bald Knob、4,842 フィートあるいは 1,476 m) である; これらの 2 つの山はオハイオ川の集水域 (watershed) の一部分である モノンガヒラ川 ニュー川の間の 分水嶺の一部分を形成している。

ウェスト・バージニア州のポッツビル礫岩をかぶせた
(Pottsville-capped) スプルース・ノブ (Spruce Knob)
地質

アレゲーニー・フロントの大半は白いポッツビル礫岩 (Pottsville conglomerate) のほとんど水平な、耐食性地層 (岩石層 (rock layer)) で頂上が覆われ、 時々石炭紀の地層が一番上で平らになっている。 シリカで固まった砂利を含むポッツビル岩 (Pottsville rock) が ペンシルバニア地質時代に広大なデルタの一部として形成された。

アレゲーニー・フロントの頂上にあるポッツビル礫岩 (Pottsville conglomerate)
は風食 (ventifact (wind) etching、[訳注:風で浸食されたこと]) を示す。
ウェスト・バージニア州ドリー・ソズ (Dolly Sods) のベア岩 (Bear Rocks)

この地域は次に持ち上げられて、 石炭紀 (Carboniferous) 且つ ペルム紀 (Permian) の地質時代の およそ 32000 万年 - 25000 万年前にアレゲーニー造山運動の最中に褶曲 (folded) され、 北米古代大陸とアフリカ古代大陸が プレート理論 (plate tectonics) の行程により衝突して、 現代のアパラチア山脈が形成された。

その後の (200,000,000 年間以上の) 浸食により、 取り囲む色々な柔らかい岩が選択的 (preferentially) に取り除かれ、 とりわけ簡単に溶けるグリーンブライヤー石灰岩 (Greenbrier limestone) が取り除かれ、 硬いポッツビル礫岩 (Pottsville conglomerate) の部分が直下の柔らかい岩石層 (rock strata) を 保護する被せ岩 (caprock) として残された。 ポッツビル岩盤 (Pottsville bedrock) はフロントの東端沿いに色々なもっと露出した場所で、顕著に露頭している。 これらの崖上 (clifftop) の多くは幅広い景観 (scenic view) を与え、 一般に森で覆われたアパラチア山脈内の大半の山とは違っており、すぐにアクセスできる場所は 人気の高い観光客の目的地となり、 これに含まれるのは: メリーランド州ダンズ山 (Dans Mountain) のダンズ岩 (Dan's Rock)、ドリー・ソズ (Dolly Sods)、 そしてウェスト・バージニア州の US ルート 50 沿いの高台 (an overlook) がある。

フロントの東側はチェサピーク湾に流れる川で排水され、 リッジ&バレー地形区 (Ridge and Valley Province) を通り抜けて、 標高の低い グレート・アパラチア峡谷 (Great Apparachain Valley) に随分と急速に落下し、 この被せ岩 (caprock) 層の東側斜面の浸食は西の斜面よりももっとずっと激しく、 西の斜面では、低い場所への排水は (とりわけ川の蛇行を考えると) より長距離に広がり、 アパラチア高原からオハイオ川に通り抜ける。 これらの浸食の対照的なパターンにより、フロントの東側の端の多くに沿って、 急な急斜面があり、フロントの西の山岳地帯は一般的にもっと穏やかに傾斜してアパラチア高原に入る。

生態系 (Ecology)

ほとんど連続的な高地 (high elevation) とアレゲーニー・フロントの 崖上 (clifftop) の岩盤 (bedrock) の露出により、アパラチア山脈中央の 高地生息域 (upland habitat) の重要な回廊が提供される。

渡り鳥の通り道 (Migratory bird flyway)

秋には、アレゲーニー・フロント (Allegheny Front) は渡り鳥が 北の繁殖地から南の越冬地まで移動する重要な通り道と関連する。 良好な天候であれば、鳥は朝早くから見ることができ、 この時鳥は上昇気流 (thermal) -- 暖かい空気の上昇帯 (rising pocket) -- を利用して、飛行を容易にし、上昇気流が午後遅くに停止するまで継続する。 鳥類標識ステーション (bird-banding stations) と通り道に関連する 渡り鳥観測所 (migratory bird observatories) の中には:

ドリー・ソズ地区 (Dolly Sods area)

ウェスト・バージニア州のドリー・ソズ (Dolly Sods)、 そしてポルト・クレヨン山 (Mount Porte Crayon) に至る南方で、 フロントには 10 マイル (16 km) 以上の、 幅が広くほとんど平坦な高原が、露出した岩盤の上にあって、 これが 2,800 フィートから 3,200 フィート (850 m から 980 m) の 高さで東側のノース・フォーク川に落下する急斜面の端に沿い、 川はフロントの基礎に沿っている。 これらの吹き曝しの露頭の多くはほとんど植物が生えておらず、 所々に一方向の (旗のような) 赤トウヒ (red spruce、Picea rubens) の木があり、 開放された生息域は色々な低地で育つアパラチア山脈と北方に育つ種 (boreal plant species) が支配的である。

訳注
ドリー・ソズ (Dolly Sods) は正式にはドリー・ソズ・ウィルダネス (Dolly Sods Wilderness) で、 ウィルダネス (Willderness) は「厳正自然環境保全地域」のことです。
アメリカナナカマド (America mountain-ash、Sorbus americana)、
アレゲーニー・フロント沿いの高地の崖端の植生の特徴
経済的重要性

長く、急で、ほとんど連続的で、しばしば吹きさらしのアレゲーニー・フロントの急斜面は アパラチア山脈地域の社会と文化に肯定的且つ否定的な影響がある。

輸送と輸送路への挑戦 (Challenge to transportation and communication)

道路と鉄道はほとんどアレゲーニー・フロントを横断しておらず、 東と西の地域の間の輸送 (transportation) と輸送路 (communication) を制限している。 フロントの通路を設立することは、19 世紀後半の 米国鉄道網発展 -- 従って、 ミッドウェスト (Midwest) を大西洋岸に鉄道で接続すること -- のキーであった。 ペンシルバニア鉄道ホースシュー・カーブ (Horseshoe Curve、蹄鉄カーブ) の軌道区間を アルトゥーナ (Altoona) の西に建設し、 従って貨物列車による西の アレゲーニー高原への上り下りが可能である。

リクリエーションと観光

アレゲーニー・フロントの頂上 (crest) と斜面 (slopes) の随分多くの部分は、 国立森林公園 (nationa forest) (ウェスト・バージニア州のモノンガヒラ) もしくは色々な州、地方、あるいは私的な 荒地 (wildland) の公園ないしは保護地 (preserves) である。

アレゲーニー・フロントのすぐにもアクセスできる数少ない景色の良い場所 (viewpoint) は 人気の高い観光客の目的地である。 ウェスト・バージニア州の US ルート 50 に沿った「スカイライン高台」 (Skyline Overlook、[訳注:スカイラインは地名]) は主な道路で すぐにもアクセスが可能である。 フロントの多くの場所は、 東の色々な基幹道路 (highway) と ウェスト・バージニア州のノース・フォーク山 (North Fork Mountain) のような山々からの景色がよい。

ウェスト・バージニア州の US ルート 50 沿いの
アレゲーニー・フロントの頂上からの日の出、
サドル山 (Saddle Mountain) の光景
ウェスト・バージニア州のネッドパワー・
マウント・ストームウィンド・プロジェクト
(NedPower Mount StormWind Project)
ウィンドファーム (Wind farm)

ウェスト・バージニア州の ネッドパワー・マウント・ストームウィンド・プロジェクト (NedPower Mount Wind Project) には、 ストーム山 (Mount Storm) の近くの グラント郡 (Grant County) における 12 マイル (19 km) の アレゲーニー・フロントに沿う 132 基のウィンド・タービン (wind turbines) が含まれる。 これは 2006 年と 2008 年の間に建設され、 大西洋中部送電網 (mid-Atlantic power grid) のために 264 メガワットまでの電力を発電し、 およそ 66,000 軒の家庭と事業に貢献するのに十分である。

2016 年 12 月に、 エネルギー開発に、木が生える山頂でエネルギー開発に反対するグループである セイブ・アワ・アレゲーニー・リッジ (Save Our Allegheny Ridge、我々のアレゲーニー尾根を救え) が、 ニュースの公開で述べたことは、 インベナジー (Invenergy) が アレゲーニー・フロント鷹観測所 (Allegheny Front Hawk Watch) のほんの数マイル北の サマセット郡 (Somerset County) のシェーファー山 (Shaffer Mountain) の頂上で、一連のウィンド・タービンを設置することを計画していることであった。