ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Ridge-and-Valley Appalachians - Wikipedia

この場所の呼び方は色々あり、Valley Ridge のような呼び方をすることもあります。 基本的にはアパラチア山脈の中で尾根と峡谷が混在している場所です。褶曲による造山活動でできる地形と思われます。

アパラチア山脈地理/地区の中で、 褶曲山脈 (folded mountains) をリッジ&バレー地形区 (ridge and valley province) と呼んでいます。

自然地理学のことに関しては、 米国の自然地理学的地域を参照。 本文中で Stanley とあるのは次の文献:

Stanley, Steven M. Earth System History. New York: W.H. Freeman and Company, 1999. ISBN 0-7167-2882-6

リッジ&バレー・アパラチア
(Ridge-and-Valley Appalachians)

リッジ&バレー・アパラチア (Ridge-and-Valley Appalachians) はリッジ&バレー・プロビンス (Ridge and Valley Province)、 あるいはバレー&リッジ・アパラチア とも呼ばれ、より大きなアパラチア地域 (larger Appalachian division) の自然地理学的プロビンス (physiographic province) で、 アパラチア山脈 (Appalachian Mountains) 内の 帯状地帯 (belt) でもあり、 ニューヨーク州南東から、 ニュージャージー州北西を通り抜け、 西方に向かってペンシルバニア州に入り、 南方に向かって メリーランド州、 ウェスト・バージニア州、 バージニア州、 ケンタッキー州、 テネシー州、 ジョージア州、 そしてアラバマ州に延長する。 これらは ブルーリッジ山脈 (Blue Ridge Mountains) と アパラチア高原自然地理学的プロビンス ( アレゲーニー高原カンバーランド高原)) の間の広い弧を形成する。 これらを特徴づけるのは、長い切れ目のない尾根 (long, even ridge) とその間の長い連続的な峡谷である。

訳注
少し混乱しそうなので整理をしておく。 米国の自然地理学的地域によると、 自然地理学におけるアパラチア高原プロビンスを構成するのは アレゲーニー高原とカンバーランド高原だけではない。全部で 7 つのセクションがある。 しかし、「リッジ&バレー・アパラチア」 が「アパラチア高原プロビンス」と「ブルーリッジ山脈」の間の領域と考えてよい。 この点で 米国の自然地理学的地域では「リッジ&バレー・アパラチア」は 「バレー&リッジ・プロビンス」と記述され、 「ブルーリッジ山脈」 は 「ブルー・リッジ・プロビンス」と記述されていることと両立している。
リッジ&バレー、バージニア州ノートン (Norton) の近く

河川峡谷は何千年もの間、原住民が定住した場所である。 歴史時代に、 チェロキー族 (Cherokee people) が町を作っていたのは、 サウス・カロライナ西部とノース・カロライナの多くの川沿い、 更には現在のテネシーのアパラチア山脈 (Appalachian Mountains) の西側にもあった。 同様に、カトーバ族 (Catawba people) が占有していたのは、 ノース・カロライナのカトーバ川 (Catawba River) に沿っており、チェロキーの国の東にまで至っていた。

尾根 (ridge、リッジ) と峡谷 (valley、バレー) のシステムは東西の陸上移動には重要な障害で、 今日の技術をもってしても、こうである。 これはヨーロッパ系米国人にはほとんど越えられなかった障壁で、 彼らは歩いたり、あるいは馬に乗って西に向かい、 オハイオ・カントリー (Ohio Country) に定着し、 後には 北西部領土 (Northwest Territory) と オレゴン・カントリー (Oregon Country) に定着した。 動物の力が輸送を支配していた時代には、 山脈の中間で東西を横断する安全な方法はなかった; 横断は両端の近くのみで可能であった。 但し、植民地時代に中間に開通した幾つかの荒れた通路があった。 このような通路に、 カンバーランド・ギャップ (Cumberland Gap)、 ブラドック・ロード (Braddock's Road) そして フォーブス・ロード (Forbes Road) があった。 これらは後に米国の最初の国道になった (それぞれ、 ウィルダネス・ロード (Wilderness Road)、カンバーランド・ロード (Cumberland Road)、 リンカーン・ハイウェイ (Lincoln Highway)、 あるいは後には US 40 と US 30 に指定された)。 オハイオ・カントリー (Ohio country) の初期の定住者は オハイオ川を経由して入る傾向があった; 河川システムは最も重要な輸送回廊であった。 この地域を通る鉄道と現代的な基幹道路 (highway) を建設することは 19 世紀末と 20 世紀には困難であった。

  1. 地理
  2. 地質
  3. 重要な尾根 (北から南へ)
地理

リッジ&バレー地区 (Ridge and Valley region) の東の頭部には グレート・アパラチア峡谷 (Great Appalatian Valley) があり、 これは ブルーリッジ山脈 (Blue Ridge) のすぐ西にある。 リッジ&バレー地区の西側には急な急斜面があり、 例えば アレゲーニー・フロント (Allergheny Front)、 カンバーランド山脈 (Cumberland Mountains)、そして ウォールデン尾根 (Walden Ridge) がある。 リッジ&バレーは ブルーリッジ山脈 (Blue Bridge Mountains) の西側にある。

地質

これらの興味深い形成は古代のフォールド・アンド・スラスト・ベルト (fold-and-thrust belt、 褶曲 衝上断層帯) の 痕跡であり、 アレゲーニー 造山帯 (Alleghenian orogeny) で形成された山の核 (mountain core) の西である。 ここで、地層 (stratum) は西に褶曲され (folded)、 巨大な 衝上断層 (thrust fault) の上に押し上げられた; 変成作用 (metamophism) はほとんどなく、 火成貫入岩 (igneous intrusion) がない (スタンリー (Stanley), 421-2)。 尾根は耐浸食地層 (erosion-resistant strata) の端であり、 峡谷は浸食性の地層 (erodible strata) がもっと存在していないことを示している。 小さな川はより容易に侵食される地層の線をたどって発達した。 しかし数少ない大きな川 -- 例えば デラウェア川 サスケハナ川 ニュー川 (New River)、 そして ポトマック川 -- は、現在の山よりも明らかに古く、硬い地層の尾根に垂直に ウォーター・ギャップを切り取った。 痕跡が示すことは、全地域 (元々の山脈) が低いレベルまでほとんど起伏なくすり減らされたことで、 そのため、大きな川は基礎の岩石構造に影響を受けていない未固結堆積物 (unconsolidated sediment) に流れ込んだ。 次に一帯が十分ゆっくり持ち上がって川がコースを維持することができ、 進展するにつれ尾根が切り開かれた。

峡谷は 向斜 (synclinal) のことも 背斜 (anticlinal) のこともある。

これらの山脈はペンシルバニア中央で最も進展しており、 ペンシルバニア・クライマックス (Pennsylvania climax) と呼ばれる現象である。

米国におけるアパラチア山脈地帯 - USGS
重要な尾根 (北から南へ)
名称
シャワンガンク・リッジ (Shawangunk Ridge) ニューヨーク州
キッタティニー・マウンテン (Kittatinny Mountain) ニュージャージー州
ボールド・イーグル・マウンテン (Bald Eagle Mountain) ペンシルバニア州
ブルー・マウンテン (Blue Mountain) ペンシルバニア州
ジャックス・マウンテン (Jacks Mountain) ペンシルバニア州
ムーシック山脈 (Moosic Mountains) ペンシルバニア州
ニタニー・マウンテン (Nittany Mountain) ペンシルバニア州
タスカローラ・マウンテン (Tuscarora Mountain) ペンシルバニア州
タッシー・マウンテン (Tussey Mountain) ペンシルバニア州
ウィルズ・マウンテン (Wills Mountain) ペンシルバニアとメリーラド州
サイドリング・ヒル (Sideling Hill) ウェスト・バージニア州, メリーランド州, とペンシルバニア州
カカポン・マウンテン (Cacapon Mountain) ウェスト・バージニア州
ノブリー・マウンテン (Knobly Mountain) ウェスト・バージニア州
ミル・クリーク・マウンテン (Mill Creek Mountain) ウェスト・バージニア州
ニュー・クリーク・マウンテン (New Creek Mountain) ウェスト・バージニア州
ノース・フォーク・マウンテン (North Fork Mountain) ウェスト・バージニア州
パターソン・クリーク・マウンテン (Patterson Creek Mountain) ウェスト・バージニア州
スリーピー・クリーク・マウンテン (Sleepy Creek Mountain) ウェスト・バージニア州
サウス・ブランチ・マウンテン (South Branch Mountain) ウェスト・バージニア州
スプルース・ノブ (Spruce Knob) ウェスト・バージニア州
アレゲーニー・マウンテン (Allegheny Mountain) バージニア州 と ウェスト・バージニア州
グレート・ノース・マウンテン (Great North Mountain) バージニア州 と ウェスト・バージニア州
ノース・マウンテン (North Mountain) バージニア州 と ウェスト・バージニア州
シェナンドーア・マウンテン (Shenandoah Mountain) バージニア州 と ウェスト・バージニア州
マサナッテン・マウンテン (Massanutten Mountain) バージニア州
パイン・マウンテン (Pine Mountain) ケンタッキー州, バージニア州, と テネシー州
クリンチ・マウンテン (Clinch Mountain) テネシー州 と バージニア州
パウェル・マウンテン (Powell Mountain) テネシー州 と バージニア州
ベイズ・マウンテン (Bays Mountain) テネシー州
ハウス・マウンテン (House Mountain) テネシー州
シャープス・リッジ (Sharp's Ridge) テネシー州
テーラー・リッジ (Taylor Ridge) (ジョージア州) ジョージア州
ホワイト・オーク・マウンテン (White Oak Mountain) テネシー州 と ジョージア州
ミショナリー・リッジ (Missionary Ridge) テネシー州 と ジョージア州
ストリンガーズ・リッジ (Stringer's Ridge) テネシー州
ルックアウト・マウンテン (Lookout Mountain) テネシー州, ジョージア州, と アラバマ州
レッド・マウンテン (Red Mountain) アラバマ州