ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Ohio River - Wikipedia

関連項目:

オハイオ川の水門&ダムの一覧
オハイオ川の地図
オハイオ川の地図の kml ファイル
オハイオ川 (Ohio River)

オハイオ川はペンシルバニア州ピッツバーグからイリノイ州ケアロ (Cairo) に向かって西に流れ、 米国ミシシッピ川の支流で、容積では最大の支流である。 ミシシッピ川との合流地点ではオハイオ川はミシシッピ川よりも随分大きい。 (オハイオ川はケアロで 281,500 立方フィート/秒 (7,960 m3/s)、 ミシシッピ川はテベス (Thebes) で 208,200 立方フィート/秒 (5,897 m3/s)) であり、従って水文学 (hydrology) の点からは、川全体では主流である。

オハイオ川の最も広い場所は
ルイビルのダウンタウンのすぐ北で
ここでは幅が 1 マイル (1.6 km) ある。
オハイオ川の流域

この 981 マイル (1,579 km) の川は 6 つの州を通り抜けるか、その境界沿いを流れ、 この川の排水域は 15 州の 1 部分を含んでいる。 最大の支流であるテネシー川を通じて、排水域は米国南部の多くの州の 1 部分を含んでいる。 この川は 300万人 の飲料水の源泉である。

川はイロコイ語 (Iroquoian) あるいはセネカ語 (Seneca) で Ohi:yó、逐語的には "良い川"、 あるいはショーニー語 (Shawnee) で Pelewathiipi 及び Spelewathiipi と呼ばれた。 川はアメリカ原住民の歴史では随分重要で、 多くの文明が峡谷沿いに形成された。 何千年もの間、アメリカ原住民は川を主な輸送とトレード・ルートとして使用した。 川の水はコミューニティを接続した。 ヨーロッパ人が征服する 5 世紀前に、ミシシッピ文明は多くの酋長が支配する地域と ミシシッピ峡谷とサウスウェスト (Southwest) は無論の事、 インディアナ州エバンズビル (Evansville) の近くのエンジェル・マウンズの幾つかの大きなマウンド (塚) を形成した。 オーセージ族 (Osage)、オマハ族 (Omaha)、ポンカ族 (Ponca)、及び Kaw はオハイオ峡谷に住んでいたが、 北東のイロコイ族 (Iroquois) の圧力から 17 世紀にミシシッピ川の西に移住し、 ミズーリ州、アーカンソー州、オクラホマ州に移った。

1669 年に、 ルネ=ロベール・カバリエ,シュール・ド・ラ・サル (René-Robert Cavelier, Sieur de La Salle) はフランスの探検隊を引き連れて、オハイオ川に向かい、 川を見た最初のヨーロッパ人となった。 ヨーロッパ系アメリカ人が定住後は 川は現在のケンタッキー州と インディアン準州の境界となった。 米国の初期の西側への拡張の最中には川は主に開拓者の輸送ルートであった。 トーマス・ジェファーソンが 1781 年 - 1782 年に出版された 「バージニア州の覚え書き」 (Notes on the State of Virginia) で述べたことは: 「オハイオ川は地球上で最も美しい川である。 流れは優しく、水はきれいで、川面は滑らかで岩や急流で途切れることがないが、 1 ヵ所が例外である。」

19 世紀の間、川は 北西部領土の南の境界であった。 これは時々、ペンシルバニア州とメリーランド州を分割するメーソン・ディクソン線の西の延長と見なされ、 自由領地と奴隷領地の境界になり、 米国北部と米国南部あるいは南部北との境界になっていた。 川が狭い場所は、何千人もの奴隷が自由を求めて北部に逃げた道であり、 多くは 地下鉄道抵抗運動の自由黒人や白人に援助を受けた。

オハイオ州は気候が変化する場所で、 川は湿気の高い亜熱帯の場所と、湿気の高い大陸性の気候の場所の周囲に沿って走っている。 川にはどちらの気候の動植物も住んでいる。 冬には普通、ピッツバーグで川は凍結するが、 ずっと南のシンシナティやルイビルにかけてはほとんど凍結しない。 オハイオ川とミシシッピ川の合流点に近い南のケンタッキー州のパドゥーカ (Paducah) では 年中氷がない。 パドゥーカが設立されたのはオハイオ州で氷がない北端であるからである。

  1. ギャラリー
  2. 地理学と水路学
  3. 地質学
  4. 歴史
  5. 汚染
  6. 川の深さ
  7. 川沿いの市と町
ギャラリー
アレゲニー川 (左) とモノンガヒラ川
が合流して、ペンシルバニア州ピッツバーグ
でオハイオ川となる。この場所は川の流域
で最大の大都市圏である。
ホイーリング吊り橋は 1849 年から
1850 年にかけて建設され、オハイオ川を
横断する最初の橋となった。
ケンタッキー州ルイビル、オハイオ川で最も深
い場所はキャネルトン水門 (Cannelton locks)
とダム (リバー・マイル 720.7) のすぐ下の
擦り取り穴 (scour hole)。川の最も広い
場所はオハイオ川とミシシッピ川の合流点
ハシケがルイビル・ポートランド
運河で石炭を牽引。この場所が
オハイオ川で唯一の人工部分
トール・スタックス祭り
オハイオ州シンシナティで
川船を祝う。3, 4 年に一度。
地理学と水路学

オハイオ川はペンシルバニア州ピッツバーグのポイント州立公園で アレゲニー川とモノンガヒラ川が合流することによってできている。 ここから、オハイオ川はアレゲーニー郡とビーバー郡 (Beaver county) を通って北へ流れ、 ウェスト・バージニア州 - オハイオ州 - ペンシルバニア州の 3 州の境界 (オハイオ州イースト・リバプール、ウェスト・バージニア州チェスター、ペンシルバニア州ミッドランドの近く) で突然に南南西に向きを変える。 ここからオハイオ川はウェスト・バージニア州のホイーリング (Wheeling) の上流まで、 ウェスト・バージニア州とオハイオ州の境界を定める。

川は次におよそ南西を進み、次に西北西に進んでシンシナティに至り、 大半が西南西の方向のコースに曲がる。 このコースはウェスト・バージニア州とケンタッキー州の北の境界と、 オハイオ州、インディアナ州、イリノイ州の南の境界を定め、 オハイオ川はイリノイ州ケアロ市の近くでミシシッピ川に合流する。

川の重要な支流を流入口の場所で表示すると:

排水域
地質学

地質学的観点からはオハイオ川は若い。 川は少しづつ形成され、これは 250 万年から 300 年前に始まった。 最も早い氷河時代はこの時期に起き、北へ流れる川の部分をダムでせき止めた。 ティーイズ川 (Teays River) はこのような川の最大のものであった。 現代のオハイオ川は古代のティーイズ川の区間の中を流れている。 古代の川は配置し直され、氷河と湖になった。

オハイオ氷河湖
上流オハイオ川

上流オハイオ川は氷河湖の 1 つがティーイズ川の南へ流れる支流にあふれた時に形成された。 この事件が起きるまでは北に流れる スチューベンビル川 (Steubenville) (もはや存在しない) がニューマーティンズビル (New Martinsville) とパデン・シティ (Paden City) の間で終了していた。 あふれた湖は分離する丘を掘り川をつないだ。

この結果、起きた氾濫は小さなマリエッタ峡谷 (Marietta Valley) を大きくし、 大きな川に典型的な大きさにした。 新しい大きな川は、その結果、氷河湖を排水し、氷河時代の終わりに氷河を溶かした。 峡谷は氷河時代の最中とその後に成長した。

多くの小さな川は上流オハイオ川ができてから変化したり、見捨てられた。 見捨てられた川の峡谷は、 オハイオ州とウェスト・バージニア州の オハイオ州マリエッタとウェスト・バージニア州ハンティントン (Hungington) の間の 丘陵地帯の衛星写真や航空写真に今だに見ることができる。 大きな変化が起きた証拠は、このような谷が丘の上に見ることができる点である。

中流オハイオ川

中流オハイオ川も上流オハイオ川と類似な方法により作られている。 北へ流れる川が現代のルイビルで一時的にダムで南にせき止められ、 ダムが破壊されるまで大きな湖ができた。 新しいルートがミシシッピ川まで掘られた。 まもなく上流と中流区間がつながり、本質的に現代のオハイオ川となった。

歴史

北米東部のコロンブス以前の住民は 1 つのオハイオ川がミシシッピ川下流まで続いていると考えた。 川の名前はセネカ語 (イロコイ語) の Ohiːyo' に由来し、 これは "良い川" を意味する ohiːyoːh から得られた固有名詞である。 アレゲニー川とオハイオ川を合わせた川は長さ 1,310 マイル (2,110 km) で、 ミシシッピ川の支流の中で最大容積の水を運んでいる。 インディアン、初期の探検家、そしてこの地域の定住者も、しばしば アレゲニー川をオハイオ川の一部とみなした。 川の分岐点 (現在のピッツバーグであるアレゲニー川とモノンガヒラ川の合流点) は戦略的な軍事的場所と思われた。

フランスの毛皮商人はこの場所で操業し、フランスはアレゲニー川に沿って砦を建設した。 1669 年に ルネ=ロベール・カバリエ,シュール・ド・ラ・サル (René-Robert Cavelier, Sieur de La Salle) はフランスの商人の探検隊を率い、彼らは川を見た最初のヨーロッパ人となった。 彼はカナダから旅立ち、オハイオ川の源流に進入し、 現在のルイビルのオハイオ川の滝まで進み、その後帰還した。 彼は別の探検隊で戻って、川を再び探検した。 彼と旅を共にしたイタリアの地図製作者がオハイオ川の最初の地図を作った。 ラ・サルはオハイオ峡谷をフランスの領土と宣言した。

1749 年に、大英帝国 (Great Britain) はオハイオ会社を設立して、この地域に定住・トレードをした。 ペンシルバニア州とバージニア州の英国人の入植者による領地の探検と この地域のインディアンとのトレードはどちらも領有権を主張し、 フランス人との衝突となった。 1763 年に、 7 年戦争の後に、フランスはこの地域を英国に引き渡した。

1768 年の スタンウィックス砦条約 (Treaty of Fort Stanwix) により、ケンタッキーが植民地の 定住に開かれ、オハイオ川がアメリカ・インディアンの領地の南限になった。 1774 年に ケベック法によりミシシッピ川の東にあって、オハイオ川の北にある土地はケベックのものに戻され、 実際の所オハイオ川をカナダの南の境界にした。 これはカナダの英国系の住民を喜ばせたが 13 州を怒らせた。 オハイオ川の南の ダンモアの戦争も北の土地をケベックに与えることに貢献し、 英国の植民者を原住民に閉じ込めることが終了した。 米国独立戦争の時の 1776 年に、英国の軍事技術者の John Montrésor は川の地図を作成し、 ピット砦の戦略的位置を示し、オハイオ川の急流とこの地域の支流に関して 特別な航行情報を含ませた。 しかしながら パリ条約 (1783 年) により全オハイオ峡谷が米国のものになった。

オハイオ領土 (Ohio Country) の東部への経済接続は国道 (National Road) が メリーランド州カンバーランド (Cumberland) から西方に建設され、 バージニア州 (現在のウェスト・バージニア州) のホイーリング (Wheeling) に到達した時に 随分増大し、ポトマック川からオハイオ川への容易な陸上接続を提供した。

ルイビルは川の唯一の重要な自然の航行障壁 -- オハイオ川の滝 -- として設立された。 この滝は一連の急流で、 およそ 2 マイル (3.2 km) の区間で、川は 26 フィート (7.9 m) 落下する。 この地域では川は化石の豊富な硬い石灰岩の川床の上を流れている。 川の最初の水門 (locks) -- ルイビル・ポートランド運河 -- は 1825 年から 1830 年の間に滝を迂回するために建設された。 ルイビルの積み替え産業が崩壊する恐れは根拠がないことがわかった。 川の蒸気船とハシケの大きさが増大したため、 時代遅れとなった水門 (lock) は南北戦争のずっと後まで最小の船舶の役に立ったのみであった。 米国工兵隊による改良は 1960 年代にあり、 現代のマカルパイン水門&ダム (McAlpine Locks and Dam) となった。

蒸気ボート "モーニング・スター"
ルイビルとエバンスビル間の郵便船 (mail packet), 1858 年

オハイオ川は西に流れるため、ペンシルベニア州の西から旅をする開拓者による 西への移動には便利な手段であった。 オハイオ川とミシシッピ川の合流点に到達後は、 定住者はミズーリ州セント・ルイスまでミシシッピ川を北上した。 ここで、あるものはミズーリ川を遡上し、あるものはミシシッピ川を遡上し、 あるものは陸上を更に西に進んだ。 19 世紀初期にはサミュエル・メーソン (Samuel Mason) のような川の海賊はイリノイ州ケーブ=イン=ロック (Cave-In-Rock) で出没し、 川を下る旅人を待ち伏せた。 彼等は旅人を殺し、持ち物を奪い、船に穴を開けて沈没させた。 マイク・フィンク (Mike Fink) に関しての民間説話はヨーロッパ人の定住の初期のトレードに使用された キールボート (keelboat) を思い起こしている。 オハイオ川のボート乗り (boatman) は役者のダン・エメット (Dan Emmett) にとってインスピレーションで、 彼は 1843 年に "ボート乗りのダンス (The Boatman's Dance)" の歌を書いた。

トレード用のボートと船はミシシッピ川を南に下って、ニューオーリンズに至り、 時にはメキシコ湾、米国、ヨーロッパに至った。 これにより西部からの、随分必要とされる搬出ルートを提供された。 というのはアパラチア山脈を越える東向きのルートは長くて困難であったからである。 ニューオーリンズ港のアクセスの必要性から 1803 年にルイジアナ買収に至った。

川はオハイオ州、インディアナ州、イリノイ州の南の境界のため、 川は南北戦争までは自由州と奴隷州の間の境界の一部分であった。 「川を売られて下った」 という表現はアッパー・サウス、とりわけケンタッキー州の 奴隷の嘆きに由来し、彼らはオハイオ川とミシシッピ川を経由して、 米国最南部 (Deep South) の綿と砂糖のプランテーションに船で輸送された。 南北戦争以前とその最中に、 地下鉄道を経由して北部での自由に逃れるために、 オハイオ川を横断した奴隷達によりジョルダン川 (River Jordan) と呼ばれた。 何千人とも見積もられる多くの奴隷達が南北間のどの境界よりも多く、 オハイオ川を越えて北への危険な逃亡をした。 ハリエット・ビーチャー・ストウ (Harriet Beecher Stowe) の アンクル・トムの小屋 (Uncle Tom's Cabin) は 奴隷解放論を支持したベストセラーで、 オハイオ川を越えるこのような逃亡を描いた反奴隷主義の小説として最も良く知られている。 この時代は 20 世紀の小説家、例えばノーベル賞を受賞した トニ・モリソン (Toni Morrison) にも表現され、 彼女の小説 Beloved は同名の映画になった。 彼女は奴隷にされた女性の生活と裁判に基づいたオペラ 「マーガレット・ガーナー」 (2005 年、Margaret Garner) のために歌詞 (libretto) を作曲した。 マーガレット・ガーナーは家族と共にオハイオ川を横断して逃亡した人である。

オハイオ川はミッド・ウェストの五大湖州をアッパー・サウスの州と分離すると見なされ、 アッパー・サウスの州は歴史的には南北戦争の境界の州であった。

バージニアの植民憲章 (colonial charter) はその領地をオハイオ州の北岸までとしており、 従って川床はバージニアにより 「所有」 されていた。 川が今日、州の間の境界の役目を果たす場合に、 議会は川全体が東と南の州、すなわちウェスト・バージニア州とケンタッキー州に属すると指定した。 これは、これらの州がバージニアから分離して合衆国の一部となった時のことであった。

米国最高裁判所はケンタッキー州の司法権 (従って、潜在的にはウェスト・バージニア州の司法権) は 1793 年の低水位線 (low water mark) までしか拡張されないとした。 (これは重要で、川は航行のためにダム化されたからで、 従って現在の堤防は昔の低水位線よりも北にある。) 同様に 1990 年代に、 ケンタッキー州はイリノイ州が メトロポリスに接岸している川船カジノから税金を徴収するイリノイ州の権限に挑戦し、 ケンタッキー州が川全体を支配していることを引用した。 オハイオ川でインディアナ州エバンズビルに接岸する私的な川船カジノが同じ頃に開業した。 このようなボートはオハイオ川を楕円形のパターンで上流下流に航行するが、 ケンタッキー州はすぐに抗議した。 他の州は巡航を前進のみに制限して、 インディアナ州の岸では逆回転して後進しなければならなかった。 2002 年以来、インディアナ州は川船カジノが永久に停泊することを許可した。

1980 年代初頭に、 オハイオ川の滝国立野生生物保護地区がインディアナ州クラークスビルで設立された。

ミシシッピ川とオハイオ川の
合流点はイリノイ州ケアロ
にある
オハイオ州ポーツマスの
カール D. パーキンズ橋。
オハイオ川と右手に
サイオト川支流
ウェスト・バージニア州ポイント・プレザント
シルバー橋、これは 1967 年12 月 15 日
にオハイオ川に崩落し、46 名が死亡した。
オハイオ川の
ミシシッピ川への流入口
ケーブ=イン=ロック、オハイオ川の景色
(1832 年頃、イリノイ州 Cave-In-Rock)
Karl Bodmer による アクアチント版画
次の書籍の挿絵:「ヴィート皇太子
マクシミリアンの 1832 年 - 1834 年
の北米内部の旅行」
汚染

オハイオ川は全体としては 2009 年と 2010 年のデータに基づけば米国で最も汚染された川である。 もっとも、もっと産業化されたオハイオ川の地域の支流であるモノンガヒラ川が米国の他の 16 の汚染河川の背後で 17 位にいる。

オハイオ川は 1950 年代に始まる何十年にも及ぶデュポン社の流出パイプからの何十万もの PFOA の池により汚染されている。

川の深さ

オハイオ川は自然に浅い川で一連のダムにより人工的に深くされている。 川の自然な深さは 3 フィートから 20 フィート (0.91 m から 6.10 m) まで変化した。 ダムは水深を増やし、川を大まかに一連の貯水池に変え、浅い区間をなくして、商用輸送を可能にする。 シンシナティの起源から平均の深さはおよそ 15 フィート (5 m) である。 直接の水位の最大落下はマカルパイン水門&ダムで、 ケンタッキー州ルイビルのオハイオ川の滝にあり、ここでは氾濫は下流ゲージで水位が 23 フィート (7 m) に達した時に到達する。 しかしながら、川の最も深い場所はルイビルの西側の 168 フィート (51 m) である。 ルイビルから、川は非常にゆっくりと深さを失い、イリノイ州ケアロのミシシッピ川との合流点に至り、 ここでは水深はおよそ 19 フィート (6 m) である。

インディアナ州ローレンスバーグは
オハイオ川を航路として使用している
多くの町の 1 つである。

スミスランド水門とダム (Smithland Lock and Dam) からピッツバーグに至るオハイオ川の水位は 毎日 米国海洋大気庁 (National Oceanic and Atmospheric Administration) のオハイオ川予報センターにより予報されている。 水深予報は各地の氾濫原 (floodplain) に相対的なもので、 オハイオ川の排水域の予報雨量に基づき、次のような 5 つの予報がある。

「スミスランド水門&ダム」 からイリノイ州ケアロまでのオハイオ川の水路は米国海洋大気庁の ミシシッピ川予報センターにより予報されている。

ケンタッキー州ルイビルのダウンタウンのすぐ西のオハイオ川が最も広い場所のパノラマ
川沿いの市と町
主要都市人口
ピッツバーグ240万
シンシナティ220万
ルイビル140万
ハンティントン=アッシュランド
(Huntington-Ashland)
365,419
エバンズビル358,000
パーカーズバーグ
(Parkersburg)
160,000
ホイーリング145,000
ウィアートン=スチューベンビル
(Weirton-Steubenville)
132,000
オーレンズボロ
(Owensboro)
112,000

オハイオ川沿いの市には次がある。

ペンシルバニア州

  • ピッツバーグ (Pittsburgh)
  • セウィクリー (Sewickley)
  • マッキーズ・ロックス (McKees Rocks)
  • コラオポリス (Coraopolis)
  • サウス・ハイツ (South Heights)
  • アンブリッジ (Ambridge)
  • アリクイッパ (Aliquippa)
  • ロチェスター (Rochester)
  • モナカ (Monaca)
  • ビーバー (Beaver)
  • シッピングポート (Shippingport)
  • ミッドランド (Midland)
  • フリーダム (Freedom)
  • ロチェスター (Rochester)
  • コンウェイ (Conway)
  • ネビル島 (Neville Island)
  • ベイデン (Baden)
  • ベルビュー (Bellevue)
  • エッジワース (Edgeworth)
  • リーツデール (Leetsdale)

オハイオ州

  • イースト・リバプール (East Liverpool)
  • スチューベンビル (Steubenville)
  • マーティンズ・フェリー (Martins Ferry)
  • ベレア (Bellaire)
  • マリエッタ (Marietta)
  • ベルプレ (Belpre)
  • ポメロイ (Pomeroy)
  • ギャリポリス (Gallipolis)
  • アイアントン (Ironton)
  • ポーツマス (Portsmouth)
  • マンチェスター (Manchester)
  • アバディーン (Aberdeen)
  • リプリー (Ripley)
  • ニュー・リッチモンド (New Richmond)
  • シンシナティ (Cincinnati)

ウェスト・バージニア州

  • チェスター (Chester)
  • ウィアトン (Weirton)
  • ホイーリング (Wheeling)
  • マウンズビル (Moundsville)
  • ニューマーティンズビル (New Martinsville)
  • パデン・シティ (Paden City)
  • シスターズビル (Sistersville)
  • セント・メアリーズ (St. Marys)
  • パーカーズバーグ (Parkersburg)
  • レーブンズウッド (Ravenswood)
  • ポイント・プレザント (Point Pleasant)
  • ハンティントン (Huntington)
  • ケノーヴァ (Kenova)

ケンタッキー州

  • ビッグボーン (Big Bone)
  • ラビット・ハッシュ (Rabbit Hash)
  • Constance
  • Hamilton
  • ピーターズバーグ (Petersburg)
  • ベルビュー (Belleview)
  • ヘンダーソン (Henderson)
  • ユニオンタウン (Uniontown)
  • アシュランド (Ashland)
  • バンスバーグ (Vanceburg)
  • メイズビル (Maysville)
  • オーガスタ (Augusta)
  • フォート・トーマス (Fort Thomas)
  • ニューポート (Newport)
  • コビントン (Covington)
  • ラッドロー (Ludlow)
  • ルイビル (Louisville)
  • ホウズビル (Hawesville)
  • ルイスポート (Lewisport)
  • オーエンズボロ (Owensboro)
  • パドゥーカ (Paducah)
  • スミスランド (Smithland)
  • Warsaw
  • ゲント (Ghent)
  • キャロルトン (Carrollton)
  • ブランデンバーグ (Brandenburg)
  • ベルビュー (Bellevue)
  • デートン (Dayton)
  • Concord

インディアナ州

  • ローレンスバーグ (Lawrenceburg)
  • オーロラ (Aurora)
  • ライジング・サン (Rising Sun)
  • ベベイ (Vevay)
  • マディソン (Madison)
  • ジェファーソンヴィル (Jeffersonville)
  • クラークスビル (Clarksville)
  • ニューオールバニー (New Albany)
  • キャネルトン (Cannelton)
  • テル・シティ (Tell City)
  • トロイ (Troy)
  • ロックポート (Rockport)
  • ニューバーグ (Newburgh)
  • エバンズビル (Evansville)
  • マウント・バーノン (Mount Vernon)

イリノイ州

  • オールド・シャウニータウン (Old Shawneetown)
  • ケーブ=イン=ロック (Cave-In-Rock)
  • エリザベスタウン (Elizabethtown)
  • ロジクレア (Rosiclare)
  • ゴルコンダ (Golconda)
  • ブルックポート (Brookport)
  • メトロポリス (Metropolis)
  • マウンド・シティ (Mound City)
  • ケアロ (Cairo)