ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Angel Mounds - Wikipedia

エンジェル・マウンズ: Google map

エンジェル・マウンズ
(エンジェル塚、Angel Mounds)

エンジェル・マウンズ州立歴史遺跡 (Angel Mounds State Historic Site) は米国インディアナ州の南西の角のバンダーバーグ郡 (Vanderburgh) と ウォリック郡 (Warrick) のオハイオ川の流域にある。 これはミシシッピ文明 (Mississippian culture) の最も北東の端に ある遺跡の 1 つで、 AD 1100 年から AD 1450 年にかけて建設・居住された町の遺跡である。 遺跡はグリーン川 (Green) とオハイオ川のすぐ上流にあり、 現在のエバンズビル (Evansville) の 8 マイル (13 km) 南東にある。 これはインディアナ州博物館・歴史遺跡の部門である インディアナ州天然資源局により、 16 ヵ所の州立博物館・歴史遺跡の 1 つとして管理されている。

インディアナ州エバンズビル
エンジェル・マウンズ遺跡
マウンド A
インディアナ州における
位置

1964 年に、このマウンズ (土塁) の主要複合施設は、 その重要性から国の歴史ランドマーク (National Historic Landmark) に指定された。 これは 19 世紀中頃から 1938 年までにマウンズがある地所を 所有したエンジェル家にちなんで名付けられている。

  1. 歴史
  2. 背景
  3. マウンズ
  4. キンケイド焦点
歴史

何千年もの間、インディアナ州南西部は米国原住民の次々に起きる文明の 本拠地であり、彼らは川の近くに定住し、 川を移動とトレードのために使用した。 AD 1000 年を過ぎた頃に始まり、 広範囲にわたるミシシッピ文明の人々は、 この場所に町を作り、 これは広さが 100 エーカー (0.40 km2) あり、川のそばの大きな段になった塚 (terraced mound) の上にあった。 今日、エンジェル・マウンズ州立歴史遺跡は米国で最も良く 保存された有史以前のアメリカ原住民の遺跡の 1 つとして国内で認められている。 これは認められて、国の歴史ランドマーク (National Historic Landmark) の 地位が与えられている。 この場所はミシシッピ文明の最も北東の端で、 ミシシッピ文明はミシシッピ川とオハイオ川のような支流の峡谷に広がって、 ノース・カロライナ州まで至り、 ミシシッピ川と同じように南に至っている。 この場所の連続した発掘により複雑な社会の新しい要素が明らかになっている。

AD 1100 年から AD 1450 年にかけて、中部ミシシッピ文明 (Middle Mississippi culture) の人々はこの場所に町を建設・居住した。 彼等は特徴のあるマウンド (土塁) を造ったことで知られ、 マウンドの形はプラットフォーム (段、platform)、円錐 (conical)、 (カホキア (Cahokia) に見られる) 尾根の頂 (ridgetop) が含まれる。 エンジェル・マウンズは酋長社会 (chiefdom) のもので、 大きな居住共同体、且つ農業共同体の地域の中心で、 周囲数マイルに広がっている。 彼等は主な土塁を建設し、色々な土壌で作業をして、安定的な塊にしている。 プラットフォーム・マウンド (段の塚) は彼らの中央共同体のものであった。 彼等はオハイオ川とミシシッピ川沿いの他の酋長社会や人々とトレードをした。 この定住場所はインディアナ州で当時知られている限りでは最大の町であった。 学者は町には最盛期に 1000 名もの住民がいたかも知れないと信じている。

考古学者はエンジェル・マウンズの時代区分を決めるするために、 ここ、及びオハイオ川峡谷のこの区間にある衛星共同体で生産された 特色ある陶器類を使用した。 考古学者は小さな共同体は中心地に政治的に従属すると推測した。

人々はオハイオ川の豊かな低地帯で猟と農業に従事した。 彼等は儀式的 (ceremonial) で宗教 (cosmological) 目的のマウンズ (土塁) のほかに防御用の 12 フィート (3.7 m) の高さの 土壁 (wattle and daub, 枝と泥を塗り合わせた壁) を建設し、土壁の所々にとりでを作った。

エンジェル・マウンズの博物館
のジオラマの陶器製造

ミシシッピ文明の人々はヨーロッパ人が来るはるか前にこの場所を見捨てていた。 誰も、なぜ文明が凋落したのか知らないが、 学者たちが憶測していることでは、 この地域の長い干ばつからトウモロコシの余剰が減少し、この余剰が人口の集中を 可能にしていたものであった。 付け加えると、人々は猟をし過ぎた可能性があり、 更には土壁、家、燃料のために木材を消費して森が小さくなった可能性がある。 考古学者の理論では 1450 年までの酋長社会の崩壊と共に、 エンジェル・マウンズの人々はオハイオ川とウォバッシュ川の合流する下流まで移転した。 この結果、新しい後期ミシシッピ文明のグループが登場し、 考古学者によりカボーン・ウェルボーン文明 (Caborn-Welborn culture) と呼ばれている。

ショーニー族 (Shawnee)、マイアミ族 (Miami) 等の歴史的部族のグループが東の谷から、 およそ AD 1650 年にこの場所に移動し、 これはミシシッピ文明の人々がエンジェル・マウンズの町を見捨ててから随分後の事であった。 18 世紀末と 19 世紀にヨーロッパ系アメリカ人が東からこの場所に移住し、 土地を耕すために定住した。 アメリカ原住民と同じように彼らは豊かな土壌と温暖な生育シーズンに引き付けられた。 これらの定住者の中にマチアス・エンジェル (Mathias Angel) がおり、 彼は 1852 年から 1899 年に亡くなるまでエンジェル・マウンズの農場を所有した。 彼の兄弟が隣接する農場を所有し、 この土地は 1938 年までエンジェル家の物のままであった。 エンジェル・マウンズ州立歴史遺跡はこの家族にちなんで名付けられた。

遺跡保護

1938 年に、インディアナ州歴史協会 (Indiana Historical Society) は 480 エイカーのエンジェル家の地所を購入して、 歴史的に貴重な遺跡を保護した。 重要な事業家で博愛主義者のエリ・リリー (Eli Lilly) は購入のための資金を寄付した。 1946 年に歴史協会は地所をインディアナ州に与えた。 1965 年に考古学的発掘調査の権利がインディアナ大学に与えられ、1945 年以来、インディアナ大学がそこで 研究を実施している。 元々の土地は初期の森林のマウンドを含む 20 エイカーの土地をエルダ・クレイトン・ハート (Elda Clayton Hert) が寄付をして増加した。

1930 年代に、考古学者グレン A. ブラック (Glenn A. Black) の指導の下で、 WPA (公共事業促進局, Works Progress Administration) の労働者は世界恐慌の最中に 科学的発掘を始めた; プロジェクトはフランクリン D. ルーズベルト大統領により資金が与えられた。 インディアナ大学は 1945 年以来、そこで考古学の研究を続けている。 エンジェル・マウンズ州立歴史遺跡における保存と考古学的発掘は高度に発展した文明を垣間見せてくれる。 60 年間に、この生きた博物館はヨーロッパ人が接触する以前のオハイオ川における重要な アメリカ原住民の文明の物語を語ってきた。

エンジェル・マウンズの発掘調査はインディアナ大学の 「グレン A. ブラック実験室」 が実施している。 この実験室はエンジェル・マウンズの大半の発掘調査をした考古学者のグレン・アルバート・ブラック (Glenn Albert Black) にちなんで名付けられた。 彼はこの遺跡に国内の注目を集めた。 彼のこの遺跡に関しての 2 冊の研究 (1967 年) は決定的な仕事のままである。 大学は夏の間にこの遺跡で 1 年に 1 度の考古学野外学校を開き、 6 週間の訓練と作業をさせている。

この遺跡は 1964 年に国の歴史ランドマーク (National Historic Landmark) に指定された。

2006 年 5 月に研究者が遺跡で陶器製造場所と思われる場所を発見した。 この発見によりミシシッピ文化の人々の芸術的技術が明らかになった。 発掘シーズンの間に発見されたのは陶器用の道具と準備した塊で、 これは少しだけ火を通した粘土であった。 これはある種の製造ラインと思われ、完成と火入れを待つ椀 (bowl)、つぼ (jar)、像 (figure) などの製品があった。

背景

ミシシッピ文明の農民たちはオハイオ川のそばの場所が農業目的のために 理想的であることに気が付いた。 というのは毎年春の洪水が栄養分を補充し、トウモロコシの栽培を可能にしたからである。 豊かな土壌は余分な収穫を可能にし、 この余分な収穫をミシシッピ文明の人々はトレードに使用したり、 多すぎる人口を支えて、職人や工芸の専門を発展させた。 町はオハイオ川を見下ろし、 地域の酋長社会の中心になった。

エンジェル・マウンズ遺跡
芸術家の考え

人々は土のマウンドの 3 段目 (third terrace) に町を計画・建設し、 定期的に氾濫する場所の上に作り、畑に近かった。 泥沼が町の 3 辺を囲んで、町を事実上の島にし、川が 4 番目の辺にあった。 この場所が最初に定着された時には、泥沼はより深く、人々は沼に灌木や木々が生えないようにした。 共同体は段の頂上で南を望み、狭い水路を越えて、 スリー・マイル島 (現在のケンタッキー州) に面していた。 泥沼と島は、エンジェル・マウンズに人が住んでいる間、静かなよどみを作り、 カヌーを使用したり、水を汲んだり、水浴びに適切であった。 19 世紀の終わり近くに至るまでオハイオ川は、きれいで飲用に適していた。

防御柵

考古学的発掘から明らかになったことは、町は防御柵で囲まれ、 オハイオ川は 4 番目の障壁として作用していることであった。 出入口が東に置かれ、東の防御柵が川と交わるまでの 1/4 の箇所にあった。 2 番目の障壁 -- 棒杭の型式のもの -- が防御柵の 14 フィート (4.3 m) 外に設置されていた。 これは攻撃者が敷地内に入った時に活動を遅くするようにデザインされていた。

エンジェル・マウンズの
防御柵の再建区間

1972 年公園は、考古学的証拠に基づき、防御柵の一部を復元した。 これは 12 フィートの高さで、 狭い溝に 4 フィートの深さで設置した木製の柱 (post) で作られた。 柱は土壁 (wattle and daube) -- 棒を緩く編んで泥と草の壁土で覆ったもの -- で覆われた。 防御用の要塞 (bastion) は再建され、 これは 10 - 11 フィート毎に建設され、 11 - 12 フィート (3 - 7 m) 突き出して建設された。 元々の人々は要塞 (bastion) を距離的に計画し、 矢や槍で防御できるようにし、壁を直接の攻撃から保護した。

マウンズ

遺跡には 5 つの大きなプラットフォーム・マウンド、 及び 2 つの大きな広場を取り囲む 7 つの小さなマウンドを含んでいる。 防御の柵が要塞 (bastion) と共に 40 ヘクタールの町を取り囲んでいる。

中央マウンド
マウンド A の光景
狭い端

マウンド A は中央マウンドと呼ばれ、複合施設の中では最高のものである。 これは 2 つのレベルがあり、円錐形のマウンドが南東の角にある。 基礎のマウンドは長さ 644 フィート (196 m) で、 幅 415 フィート (126 m) である。 村人は、マウンドを作るために、村の南側の斜面 (chute) で、 籠に入れた 67,785 立方ヤードの土を運んだ。 下のテラスは 100×100 フィート (30×30 m) で、マウンドの南側にある。 上のテラスはまわりの地域よりも 28 フィート (8.5 m) 上にあり、下のテラスより大きい。 一般的に、社会の上流階級のメンバーが最高のマウンドに住み、 一方、より低いメンバーはより小さな居住空間に住んだと思われている。

州はマウンドを上るために現代的な階段を建設して、 マウンドが歩行者の交通で侵食しないように保護している。 考古学的証拠から示されることは有史以前には丸太の階段があったことである。

米国南東部の初期のヨーロッパ人の探検家 -- 彼らは活動中のミシシッピ文明の村と遭遇した -- の報告に基づけば、 このマウンドは町と周辺の共同体の世襲の酋長のすみかのようである。 地域の中心はエンジェル・マウンズの半径 70 マイル (110 km) 以内の集落と 村に付随していた。

キンケイド焦点

オハイオ川峡谷下流のイリノイ州、ケンタッキー州、及びインディアナ州で、 ミシシッピ文明の町であるキンケイド (Kincaid)、 ウィックリフ (Wickliffe)、トルー (Tolu)、及びエンジェル・マウンズは 1 まとめにされて "キンケイド焦点" (Kincaid Focus) とされている。 これは陶器の組立と遺跡の図面が類似しているからである。 最も目立つのはキンケイド遺跡とエンジェル遺跡の比較で、 これには類似する遺跡の図面、人工物の様式の類似、地理的近さが含まれる。 このような関連から、何人かの学者は建設者と住民が同じ社会の人であったと仮設している。 この型式の人工物と遺跡が見受けられる 300 - 400 年の区間はエンジェル期 (Angel Phase) と呼ばれ、これは 3 つの部分期に分割される:

部分期 (subphases)時期
ジョナサン川 (Johathan Creek)1000 - 1100/1200
アンジェリー (Angelly)1200 - 1300
ティンズリー・ヒル (Tinsley Hill)1300 - 1450
オハイオ川下流のミシシッピ文明の遺跡

ミシシッピ文明の陶器の珍しい彩色と彫刻破片 (incised sherds) がこの 4 ヵ所の遺跡で見つかり、キンケイドの 1% 以内から、 ウィックリフの組立のおよそ 3, 4% に上っている。 これらの遺跡で見られる幾つかの共通のスタイルには: エンジェル・ ネガティブ・ペインテッド、 キンケイド・ネガティブ・ペインテッド、 及びマシュース、インサイスド (Mathews Incised) がある。 この陶器はシェル・テンパーされ (shell-tempered)、 ミシシッピ陶器の滑らかな表面と荒れたテンパーのものから、ベル陶器 (Bell-Ware) のもっと磨かれた表面で、 繊細なテンパーなものまで至っている。

訳注
temper (テンパー) の意味が英和辞典にはっきり書いてありません。 この場合は陶器に混ぜるものを temper と呼んでおり、shell-tempered は貝殻を混ぜたものです。 こうするとカルシュームを混ぜることになる。