ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Keelboat - Wikipedia

キールは竜骨を指す場合と、 ヨットの船底についているヒレのようなものを指す場合の 2 つがあります。 ここでは後者の意味になります。キールボートに付いているヒレのようなものは、 ヨットの場合を除き、大きくありませんが、帆走する場合に随分と安定性を増すようです。

キールボート (Keelboat)

キールボートとは川で貨物を運ぶことができる作業ボート、 あるいは大きさが小型から、中型までのリクリエーション用の 帆船ヨット (sailing yacht) である。 最初のカテゴリーに属するボートは浅い構造キール (shallow structural keels) とほとんど平坦な船底があり、 一方で (第二のカテゴリーである) 現代のリクリエーション用のキールボートは 顕著な固定したフィン・キール (fin keel, ヒレ・キール) があり、 随分と喫水が深い。 二つの用語は同じ起源の言葉から派生したかもしれないが、 最終的には異なる意味になっている。

二種類のハシケ、
長い葉巻型のキールボートがオハイオ川の
フラットボート (flatboat) を通り過ぎる。
  1. 歴史的な北米のキールボート
  2. 英国とアイルランド
  3. 現代のキールボート
歴史的な北米のキールボート

キープ・ボート (Keep boat)、 キール・ボート (Keel boat)、あるいは キール - ボート (Keel - boat) は 通常は、長くて細い、葉巻の形をした川船 (riverboat)、 もしくは屋根のない水上ハシケで、時々 ボールボート (poleboat, 竿ボート) とも呼ばれ、 小さなキールのまわりに建設され、 川、 浅い湖、 そして時には運河の水運用にデザインされたボートで、 アメリカでは普通に使用され、 広く開かれたアメリカ西部フロンティアで一世紀以上も西に向かった移民により、 大量に使用されたものが含まれる。 これらが広範囲に使用されたのものに; 貨物を市場に輸送すること、 探検 (exploration)、 トレードの遠征 (trading expeditions)、 もあった。 というのは水上輸送はかさばったり、重い貨物を移動するには 最も効果的な手段であるからである。

キールボートは川船 [訳注:これはたぶん帆船] に 類似しているが、他のハシケ同様に動力がなく、 典型的にはオールや竿 (setting pole) で駆動・操船し、 通常は竿によっている。 キールボートはルイス・クラーク探検隊 (Lewis and Clark Expedition) のような探検に使用されたが、 主に 19 世紀初頭に、貨物と移民を輸送するのに使用された。 キールボートで川を遡上する行程は極端に困難であるが、川の流れに依存する。 これらのキールボートの大半は 長さが 50 - 80 フィート (15 - 24 m)、 幅が 15 フィート (5 m) である。 これらは通常は中央もしくは後部に船室があったが、 時には (船室がない) 開放甲板で建設された。 マイク・フィンク (Mike Fink) は恐らくは歴史上最も著名なキールボート乗りである。

2004 年の 5 セント硬貨のルイス・クラーク探検隊
のキールボートの側面図

1833 年インディアナ州の元々のラファイエットのクーリエ・ジャーナル ("Courier Journal" Of Lafayette) は 2 隻のキールボートに関しての歴史的な説明を出版した。

我々は印刷機を停止して、 蒸気ボートのレパブリカン (REPUBLICAN, Toll, Master) が今朝、ワバッシュ川 (Wabash River) の急流から到着したことを表明する。 レパブリカンは 2 隻のキールボート "フージェー・レディー" (the Hoosier Lady)、 と "フージェー・ボーイ" (the Hoosier Boy) を牽引し、 以下宛の貨物をラファイエットに持ち込んだ; テイラー & ハーター諸氏 (Messrs Taylor & Harter)、 テイラー & リー J. (Taylor & Li J.)、 マコーミック, J.B. (McCormick, J. B.)、 シーメン & ハンター (Seamen and Hunter)、 そして、ローガンズポートのブリッジのユーイング両氏 (Messrs Ewing of the Bridge at Logansport)。 これは、この年のラファイエットの最初の船便である。 理解していることは、レパブリカンはワバッシュ川を遡上してローガンズポートに行くことを試みる。 もし成功すれば、これは最初のことになり、奨励金を受け取る資格がある。 報奨金はティプトン将軍 (General Tipton) と他の価値ある事業家により、 始めて到着したことにより与えられるものと理解している。 ワバッシュ川は蒸気ボートに良好な状況で、 数日以内に数隻到着することを予期している。
英国とアイルランド

キールの用語は英国では 3 つの特別な可動ボートの形式と結びついている。 ノーフォーク・ウェリーの先祖のノーフォーク・キール (Norfolk Keel)、 ハンバー・キール (Humber Keel)、 及びタイン・キール (Tyne Keel) とキールメン (Keelmen)。 アイルランドでは、ホウス 17 (Howth 17) はサー・ウォルター・ボイド (Sir Walter Boyd) により 1897 年にデザインされ、世界で最古のレース用キールボートのデザインである。

訳注
タイン・キールに関してはキールメンの二章の キールメン/キールで説明がある。
現代のキールボート

キールボートは技術的にはキールを持った任意の帆船ボート (sailboat) のことであり、 キールはセンターボード (centerboard) あるいはダガーボード (daggerboard) と対比される。 ニュージーランドでは、キーラー (keeler) は 一般的な代替用語として使用され、 大きさとは関係なく、キールを持ったすべての帆船ボート (sailboat) のことを意味する。

カリフォルニアのヨット・レース

ISAF (国際セーリング連盟、International Sailing Federation) の 用語ではキールボート (12 メートル・クラスを含む) と一般的に大きなヨットを区別している、 これは 2 つのクラスにボートのサイズに重複部分があるのにもかかわらずのことである。 オリンピック・ゲームではキールボートを乗員が 3 名までのキールの付いたボートと述べており、 12 メートル・クラスの、より大きな乗員のボートと対比している。

ある国々では、ヨットはトイレ、あるいは "ヘッド" (head) が追加されていることで、キールボートと区別されている。 というのは、"キールボート" はキールの付いた帆船で、純粋にリクリエーション用/レース用 の 目的のためにデザインされたものと理解され、 一方、"ヨット" は宿泊が可能なようにデザインされた帆船のことだからである。