ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

List of locks and dams of the Ohio River - Wikipedia

オハイオ川の地図
オハイオ川の地図の kml ファイル

オハイオ川は川自身が運河になっている実例 (運河化河川の実例) で、 川が船の通り道です。 このような川では「水門とダム」 の組が存在しています。 (水門とは閘門の意味で使用しています。) 英語では locks and dam とか lock and dam のように呼び、水門 (lock) が複数あっても、「lock and dam」のように呼ぶことがあります。 これは lock and dam で一組のシステムという意味で使用しているからだと思いますが、 locks and dam のように使用することもあるので、決まっているわけではないようです。 しかし、この場合にせよ、水門とダムは別々にあるわけではなく、1 セットとして存在しているので、以下訳しにくいので 水門&ダム のように表記しています。

初期の運河は川を水源にすることがあっても、運河は川を避けることの方がよくありました。 これは 19 世紀の土木技術では河川を作り変えることが困難だからで、20 世紀に入ると 重機が土木技術に普通に使用されるようになります。これで河川を作り変えることができるようになり、 河川の運河化や水門&ダムが普通のものとなります。

オハイオ川の水門&ダムの一覧
(List of locks and dams of the Ohio River)

これはオハイオ川の水門度ダムのリストで、 オハイオ川はアレゲニー川とモノンガヒラ川がペンシルバニア州ピッツバーグの ザ・ポイント (The Point) で合流する箇所で始まり、 イリノイ州ケアロ (Cairo) の近くで、オハイオ川とミシシッピ川が合流する箇所で終了する。

オハイオ川の水門&ダム
  1. オハイオ川の航行の進化
  2. 下流に向かって、ピッツバーグからオルムステッドへ
オハイオ川の航行の進化

オハイオ川の蒸気ボートによる航行の初期の時代には、 移動を遅らせた主な物理的障壁はケンタッキー州ルイビルの近くの オハイオ川の滝であった。 蒸気ボートは水位が高い時のみに滝の周りを操船できたが、 これは首尾一貫していなかった。 蒸気ボートにとってもっと現実的であったことは滝の一方の端で、 乗客と荷を下ろして、陸上を運び、滝のもう一方の側で別の蒸気ボートに 乗せることであった。 もしも蒸気ボートが高水位を待たずに滝に邪魔されずに通過したければ、運河 + 水門 のシステムが 滝を迂回するために必要になった。

1825 年に運河の建設が始まり、 1830 年までに、私的に資金繰りをしたルイビル・ポートランド運河が完成した。 運河は動物が牽引する scrapper と荷車の助けにより、手作業の道具で建設された。 完成した運河は 2 マイルの長さで、3 基の水門があって、全部で 26 フィートを上昇した。

訳注
scrapper は恐らく綴り字間違いで、 エリー運河に登場したスクレーバー (scraper) のことと思われる。 英語の意味から想像がつくと思うが、これは原始的なブルドーザーのご先祖。
運河化

ピッツバーグから川を下って輸送される石炭の量は南北戦争後に大いに飛躍した。 1 回の牽引量も輸送される石炭と共に増大した。 拡大する石炭トレードにより、米国工兵隊はオハイオ州で信頼できる航路の深さを 造るための方法を研究し始めた。工兵隊は世界中の航行プロジェクトを分析するため二 国際的な研究を開始した。彼らは 水門とダムによって貯水池のシステムを建設することが、 彼らの問題に取り最善の方法であることを決定した。

1885 年のデイビス島 (Davis Island) における 水門&ダム の開通後に、計画は価値があることが分かった。 1910 年に河川・港湾法 (Rivers and Harber Act) が議会により、認可された。 この法律により、オハイオ川沿いに 水門&ダム システムの建設が認可された。 1929 年に、オハイオ川の運河化が完成した。 プロジェクトで、川の全長に沿って 50 基の木造のウィケット・ダム (wicket dam) と 600×100 フィートの (水門の) 隔室が建設された。

1940 年代に、引き船が蒸気駆動からディーゼル駆動にかわり、 ハシケの長さが川の 600 フィートの水門よりも長くすることが可能となった。 これによりハシケは 2 段階で水門を通さなければならなくなった。 この操作は危険で時間を浪費した。 これにより河川交通が渋滞し、牽引産業の出費が増大した。 工兵隊は 1950 年代にオハイオ川航行近代化プログラムを開始した。 プログラムの目的は時代遅れとなったウィケット・ダムと小さな水門を交換することであった。 新しいダムは航行可能でなく、コンクリートと鋼でできていた。 各ダムには 2 つの隣接する水門があり、 1 つは 600×110 フィートの隔室があり、 もう 1 つには 1200 フィート×110 フィートの隔室があって、 15 隻のハシケを収容して、一度に水門を通すことができた。

訳注:ウィケット・ダム (Wicket Dam)

ウィケット・ダム (wicket dam) あるいはウィケット・ゲート (wicket gate) とは、 水量が少ない時に一時的に wicket (木の門) と呼ばれる可動式の堰でダムを構成するもの。 wicket damに写真が載っている。 Wicket Locks and Damsにも写真がある。正確にはシャノワーヌ・ウィケット (Chanoine wicket) と呼び、 ジャック・シャノワーヌ (Jacques Chanoine) の発明である。 ウィケット・ダムは水量が少ない時には川底からウィケットを引き揚げてダムにし、 増水時 (一年のある時期) にはダムを解放して (ウィケットを引き下ろして) 大型船が通れるようにする。 (この操作には専用の船が必要である。) このウィケット・ダムが実際のダムになっている時には、水は堰の上を越えて流れるだけなので Google の衛星写真では注意しないと わからない。また増水時にダムを解放している時には、 写真からではダムが潜んでいることの痕跡が見えない。 現在でもウィケット・ダムが残っているのはオハイオ川の 水門&ダム 52, 水門&ダム 53、 とイリノイ川のピオリア水門&ダムラ・グレンジ水門&ダムです。

下流に向かって、ピッツバーグからオルムステッドへ
エムズワース、ダッシュフィールズ、モンゴメリーの水門&ダム
訳注
リバー・マイルは下流 (ミシシッピ川の合流点) から測るのが普通だが、以下では逆方向に上流から測っている。 (アレゲニー川とモノンガヒラ川の合流点からのマイル数。)

以下、

: ダムは水力発電をしている。
: 現在建設中。
: 水門 及び/もしくは ダムは交換の最中
L&D = Locks and Dam = 水門&ダム
水門&ダム 場所 座標 リバー・
マイル
水門
水門
落差
(ft)
ダム
標高
(ft)
ダム
長さ
(mi)
ペンシルバニア州
エムズワース L&D
Emsworth L&D
ピッツバーグ
Pittsburgh
Pennsylvania
40.50427°N
80.08892°W
6.2 18 710 6.2+
ダシールズ L&D
Dashields L&D
コラオポリス
Coraopolis
Pennsylvania
40.54892°N
80.20592°W
13.3 10 692 7.1
モンゴメリー L&D
Montgomery L&D
モナカ
Monaca
Pennsylvania
40.64857°N
80.38546°W
31.7 18 682 18.4
オハイオ州=ウェスト・バージニア州
ニュー・
カンバーランド L&D

New Cumberland L&D
ストラットン
Stratton
Ohio
40.52766°N
80.62763°W
54.3 21 664 22.6
パイク・アイランド L&D
Pike Island L&D
ホイーリング
Wheeling
West Virginia
40.14983°N
80.70115°W
84.2 21 644 29.9
ハンニバル L&D
Hannibal L&D
ハンニバル
Hannibal
Ohio
39.66706°N
80.86534°W
126.4 21 623 42.2
ウィロー島 L&D
Willow Island L&D
ニューポート
Newport
Ohio
39.36048°N
81.32041°W
161.7 20 602 35.3
ベルビル L&D
Belleville L&D
リーズビル
Reedsville
Ohio
39.11881°N
81.74244°W
203.9 22 582 42.2
ラシーン L&D
Racine L&D
レタート
Letart
West Virginia
38.91735°N
81.91162°W
237.5 22 560 33.6
ロバート C. バード L&D
Robert C. Byrd L&D
ギャリポリス・
フェリー
Gallipolis
Ferry
West Virginia
38.68156°N
82.18829°W
279.2 23 538 41.7
オハイオ州=ケンタッキー州
グリーナップ L&D
Greeup L&D
グリーナップ
Geenup
Kentucky
38.64684°N
82.86077°W
341.0 30 515 61.8
キャプテン・アンソニー・
メルダール L&D

Captain Anthony
Meldahl L&D
フォスター
Foster
Kentucky
38.79720°N
84.17050°W
436.2 30 485 95.2
インディアナ州=ケンタッキー州
マークランド L&D
Markland L&D
ウォーソー
Warsaw
Kentucky
38.77446°N
84.96487°W
531.5 35 455 95.3
マカルパイン L&D
McAlpine L&D
ルイビル
Louisville
Kentucky
38.28280°N
85.78130°W
606.8 37 420 75.3
キャネルトン L&D
Cannelton L&D
キャネルトン
Cannelton
Indiana
37.89990°N
86.70590°W
720.7 25 383 113.9
ニューバーグ L&D
Nweburgh L&D
ニューバーグ
Newburgh
Indiana
37.93090°N
87.37220°W
776.1 16 358 55.4
ジョン T. マイアズ L&D
John T. Myers L&D
マウント・バーノン
Mt. Vernon
Indiana
37.79350°N
87.99090°W
846.0 18 342 69.9
イリノイ州=ケンタッキー州
スミスランド L&D
Smithland L&D
ハムレッツバーグ
Hamletsburg
Illinois
37.16560°N
88.43090°W
918.5 22 324 72.5
L&D ナンバー 52
L&D Number 52
ブルックポート
Brookport
Illinois
37.12644°N
88.65331°W
938.9 12 302 20.4
L&D ナンバー 53
L&D Number 53
グランド・チェーン
Grand Cain
Illinois
37.18380°N
89.06350°W
962 ≦17 290 23.7
オルムステッド L&D
Olmsted L&D
オルムステッド
Olmsted
Illinois
37.18380°N
89.06350°W
964.4 ≦30 - 46.0